【東京リベンジャーズ】天竺(テンジク)の幹部と四天王が強すぎ!?東卍(トーマン)ツートップ不在で勝てるのか!?

スポンサーリンク

この記事では『東卍(トーマン)』を最も苦しめた『天竺(テンジク)』についてご紹介!

『天竺』との抗争「関東事変」は突然の襲撃に始まり、マイキー&ドラケンというツートップと三ツ谷&スマイリーの隊長格が不在という、『東卍』にとって圧倒的不利な戦いとなりました。

この戦いが過去最悪の『東卍』の未来へと繋がっていったのですが、この抗争の裏にもやはり稀咲(きさき)の影があったのです。

そこで今回は四天王を含む『天竺』幹部メンバーやその裏で動く稀咲の思惑、そして衝撃の「関東事変」の結末まで詳しくまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺とは?

『天竺』は横浜に拠点を置く暴走族。

赤い詰襟の学ランのような特攻服が特徴です。

短期間のうちに神奈川の不良をまとめあげた上で、『東卍』を潰すべく約300人の兵隊をもって、各地で武器に不意打ちなど何でもありの手段で『東卍』メンバーを襲撃し始めました。

 

総長は黒川イザナ。

イザナは力と恐怖によって、幹部すらも逆らえない絶対的な王として『天竺』をまとめ上げており、未来の『東卍』はこのイザナがNo.3として実権をふるう史上最悪の愚連隊となっていました。

『天竺』の恐ろしさは最凶たる戦力。

各地で名を馳せてきたトップクラスの実力者たちがイザナを中心に集まっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺四天王のメンバーとは?

最凶戦力の要となっているのが「天竺四天王」と呼ばれる者たち。

メンバーは以下の4人です。

 

望月 莞爾(もちづき かんじ)

海苔のようなモヒカン頭とキレのある眉毛が特徴の通称モッチー。

元・川崎『呪華武(ジュゲム)』の総長で、『双悪(スゴアク)』時代の河田ナホヤ・ソウヤ兄弟に完勝したという戦歴を持ちます。

「関東事変」では望月隊を率いて壱番隊を倒した後に三ツ谷とタイマン。

最終決戦では千冬(ちふゆ)と対峙しました。

 

灰谷 蘭

長い髪を三つ編みにした、穏やかな表情の男です。

特定の暴走族を作らず六本木を縄張りにするカリスマ兄弟“灰谷兄弟”の兄。

「関東事変」では望月とタイマン中の三ツ谷を不意打ちで襲撃。

最終決戦では八戒と対峙しました。

 

班目 獅音(まだらめ しおん)

左側頭部の獅子の刺青が特徴。

元・9代目『黒龍(ブラックドラゴン)』総長で、イザナの跡を継ぎマイキーを潰すために一虎にちょっかいをかけていました(『東卍』が創設されたきっかけとなります)

イザナに「天竺きっての狂犬」と言われてはいたものの、その後のやり取りから「最弱」ともされているような節も。

「関東事変」では各地で『東卍』メンバーを倒しながら、灰谷竜胆(りんどう)と共に三ツ谷とナホヤを襲撃。

最終決戦では魁戦(さきがけせん)を担うも、ペーやんに一撃で倒されました。

 

鶴蝶(かくちょう)

頭部から左目を貫く稲妻のような傷が特徴です。

『喧嘩屋』といわれる四天王最強の男で、その強さはイザナが「鶴蝶の強さからしたら他の四天王などザコ」と評するほど。

「関東事変」では倉庫でタケミチらを待ち構えていました。

最終決戦では『東卍』の主力メンバーを一撃ずつで倒し、別格の強さを見せつけた上でタケミチと対峙します。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺の幹部メンバーとは?

四天王だけでなく幹部にも注目!

未来で最悪の極悪組織となった『東卍』を形作っているメンバーでもあります。

 

黒川 イザナ(総長)

元8代目『黒龍』総長。

引退から3年後に『天竺』を創設しました。

 

稀咲 鉄太(総参謀)

元『東卍』参番隊隊長。

「聖夜決戦」で『東卍』をクビになった後、イザナに接触し『天竺』に加入しました。

 

半間 修二

元『東卍』陸番隊隊長。

稀咲について行く形で、隊員たちを引き連れ『天竺』に加入しました。

 

九井 一(ここのい はじめ)

元10代目『黒龍』親衛隊長の通称ココ。

金を作る天才で、その能力をイザナに求められたことでムーチョに拉致され、乾とタケミチを助けるためにやむなく『天竺』に加入。

しかし最終決戦では『天竺』として乾と対峙しました。

 

武藤 泰宏

元『東卍』伍番隊隊長の通称ムーチョ。

マイキーに強さを買われ『東卍』の特務隊・伍番隊隊長を担っていましたが、本来の姿は『天竺』の創設メンバーでした。

『東卍』を抜けココを手土産としてイザナの元に戻りました。

 

灰谷 竜胆(りんどう)

丸眼鏡をかけた、灰谷蘭の弟。

高い実力に加え、蘭とのコンビネーションは特筆すべきものがあります。

「関東事変」では班目と共に三ツ谷とナホヤを襲撃し戦線を離脱させます。

最終決戦ではソウヤと対峙しました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺のS62世代とは?

『天竺』の強さの所以は、「絶対にまとまるはずがない」といわれていた『S62世代』が集まっていること。

『S62世代』はイザナ、望月、灰谷兄弟、班目、ムーチョの6人で、それぞれが名を馳せ「極悪の世代」として恐れられていました。

 

そんな彼らが『天竺』としてイザナの元に集まることが出来たのは、そもそも5年前に少年院で出会い、すでにイザナの支配下にあったから。

望月は喧嘩を止めに入った警察官をボコボコにしたことでの「公務執行妨害」。

灰谷兄弟は当時都内最大の暴走族・六本木『狂極(キョウゴク)』の総長を倒し、副総長を病院送りにした後に死亡させたことでの「傷害致死罪」。

ムーチョは柔道技で相手をコンクリートに投げつけ脊髄損傷で下半身不随にさせたことでの「傷害」。

班目は不明ですが、それぞれに重い犯罪で少年院に入った彼らをイザナはあっという間に制し、「いつかみんなで集まろう。その時までもっと極悪(きわめ)ろ」と告げたのでした。

 

そうして彼らはイザナの言葉通りそれぞれに悪を極めた上で、イザナの復活と共に『天竺』に集まったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺の総長イザナとマイキーとの関係とは?

イザナが『東卍』を潰しにきた理由はマイキーを「空虚」にするため。

実際に、タイムリープ前の現代ではイザナとの出会い=「関東事変」がマイキーの闇落ちする原因となっていました。

 

2人の関係は真一郎を巡る複雑なものでした。

イザナはエマの兄でありマイキーの異母兄弟でしたが、真一郎に心を寄せ過ぎていたため、マイキーに激しい嫉妬と恨みを持っていたのです。

その上イザナが知ることになったのは、自分が母の“前の旦那がフィリピンの女と作った連れ子”であったこと。

母ともエマや真一郎・マイキーとも、誰とも血が繋がっていなかったと知ったイザナは、“孤独”の苦しみをマイキーにぶつけたのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺四天王の鶴蝶とタケミチとの関係は?

「関東事変」でもうひとつ注目したい関係が、タケミチと鶴蝶です。

実は2人は幼馴染。

鶴蝶が小2の時に転校して以来疎遠になっていましたが、「関東事変」で『東卍』壱番隊隊長と『天竺』四天王として再会したのでした。

タケミチは当時の鶴蝶にとってヒーローであり、敵同士としての再会ではあったものの2人の間にはあの頃と同じ笑顔がありました。

 

しかし今の鶴蝶がヒーローとしているのはイザナ。

イザナに忠誠を誓う鶴蝶と『東卍』のために戦うタケミチは互いの立場を再認識します。

 

ところが鶴蝶はタケミチに「黒川イザナを救ってくれ」と告げたのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺の鶴蝶のイザナへの想いとは?

鶴蝶がタケミチにイザナの救済を頼んだのは、イザナを誰よりも知っているから。

鶴蝶は両親が亡くなった後に入れられた施設でイザナに出会い、「オレの下僕として生きろ」と“生きる価値”を与えられたことで、イザナのために生きることを決めました。

以来兄弟のように育った2人の間には、孤独を知る者同士の“孤児の絆”があったといえます。

 

その中でイザナが王として「身寄りのない奴らをみんな国民にして居場所を創ってやる」と考えていたことも鶴蝶だけは知っていました。

その後イザナは真一郎に出会ったことがきっかけで孤独に狂ってしましたが、鶴蝶はそんなイザナの抱える気持ちを誰よりも理解していたため救いたいと考えたのでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺までも裏で支配!?稀咲の企み(たくらみ)とは?

抗争の裏には稀咲あり。

これまで散々色んな抗争の糸を引いてきた稀咲でしたが、「関東事変」にもやはり稀咲の企みがありました。

稀咲は『東卍』をクビになった後イザナに接触して『天竺』入りし、まんまと総参謀になります。

 

その目的は「オレの東卍」を創るため。

稀咲は一貫してマイキーを手に入れ自分に都合の良い『東卍』を創ろうとしており、そのために今度は『天竺』を利用してきたのです。

そうして「関東事変」を仕掛けてきた稀咲は、なんと自らエマを殺害してマイキーとドラケンの戦意を喪失させたのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺チームは高校生!?

『天竺』はS62世代を中心に構成されています。

S62はタケミチより4つ上の世代なので18歳。

『東卍』は15歳のマイキーたちを中心に構成されているので、『東卍』vs『天竺』は中学生vs高校生とも言えます。

とはいえ『天竺』は暴走族の喧嘩として「関東事変」を仕掛けてきたわけではありません。

 

彼らの目的はこの先。

『東卍』に勝利して東京中の不良を抱え、日本の闇をすべて牛耳る最強の犯罪組織を創ることでした。

18歳である彼らは、“悪ガキ”を卒業して大人の闇社会へと足を踏み入れようとしていたのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺と東卍の抗争は終わるのか!?

最強の犯罪組織を創るためにイザナが利用すべきと考えたのが、九井の財力、稀咲のブレーン、マイキーのカリスマ性でした。

そして残る要素・マイキーと『東卍』を手中に収めるべく始まった「関東事変」。

 

体格の違う中学生と高校生、その上『東卍』50人で『天竺』400人、さらにはマイキーとドラケンや隊長格の不在という、『天竺』に圧倒的有利な形で最終決戦が始まりました。

それでも『東卍』はタケミチを総長代理として、ペーやん、八戒、ソウヤ、千冬、乾を中心に奮起。

見どころは彼らと四天王の戦いです。

タケミチは皆に助けられながら、抗争を操る稀咲の元を目指すのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編は終了!?稀咲の野望も絶え未来はどうなる?

「関東事変」はマイキーとドラケンの到着により形勢が逆転し、最後は鶴蝶を撃とうとした稀咲の銃弾を受けたイザナの思いがけない死亡によって突如幕を閉じます。

こうして『天竺』編は、責任をとったS62世代5名の逮捕と、エマ、イザナ、稀咲という3名の死者を出す凄惨な結果となったのでした。

 

注目は、抗争終焉後にタケミチに追い詰められた稀咲がトラックに引かれて死亡したこと。

これまでの抗争を仕組んできた稀咲の死亡は、タケミチの戦いの終わりともいえます。

しかし稀咲と行動を共にしていた半間がひとり逃走していることも気がかりであり、果たしてこれで未来は良い方向へ変わるのか気になるところ。

 

もし稀咲がいなくなっても未来が変わらないとすれば、物語には更なる黒幕が存在することになりますので、天竺編を乗り越えた後の『東卍』にさらに注目ですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

『天竺』は“極悪の世代”といわれる最強の不良たちを、マイキーに匹敵する強さを持つイザナがまとめる最強のチームでした。

相手があまりに強い上に、副隊長たちにスポットが当たる戦いでもあったため、「関東事変」はいつもと違う見応えがあります。

他にもイザナという大きな存在や彼を支える鶴蝶の想い、そして稀咲との決着など見どころも多い重要な抗争となっているので『天竺』編をぜひじっくり読んでください!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒黒幕は本当に稀咲(きさき)鉄太?それとも半間修二?実は橘直・・

⇒最強キャラランキングTOP10をご紹介!各キャラの名シーン含・・

⇒最強最悪の敵イザナ!元黒龍(ブラックドラゴン)八代目総長の・・

⇒佐野万次郎がカッコ良すぎる!その強さや魅力に迫る!マイキー・・

⇒喧嘩屋・鶴蝶(かくちょう)の強さはイザナ並!?四天王の中で・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です