【無職転生】世界で4番目に強い剣王ギレーヌ、最強ですが、性格が可愛い。そのギャップにキュンです。

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場する女剣士といえば、「ギレーヌ」でしょう。

ギレーヌは、剣神流の「剣王」であり、世界で4番目に強い剣士といわれています。

愛刀は、剣神七本剣の1つ「平宗」。

この剣と共に、彼女は多くの敵を倒してきました。

しかし、最強剣士と呼ばれているギレーヌも、その見た目とは違って少し間の抜けた可愛い一面をもっています。

また、詐欺にあって一文無しになるなど、情けない姿もみせていました。

今回は、そんなちょっと天然で可愛い性格の「最強女剣士」ギレーヌについて、詳しくご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】猫系獣族 “剣神流”を使う女剣士、ギレーヌとは何者?(小説Ver)

本名はギレーヌ・デドルディア。

パウロがいた「黒狼の牙」の元メンバーで、S級の冒険者です。

故郷は大森林にある、ドルディア族の族長の家系に生まれています。

村きっての“悪童”といわれ、10歳で旅の剣士にあずけられました。

当時剣聖にはなりましたが、その性格が災いし、あらゆるパーティーから爪弾きにされていたようです。

そして、ようやく居着いた冒険者パーティーが、黒狼の牙でした。

 

猫系獣族の女性ですが、剣神流の「剣王」でもあります。

服装は、露出度の高いレザーの服を着用。

チョコレート色の肌には無数の傷があり、筋肉質です。

グレーの髪色で、耳としっぽがあるため、「ファンタジーな女戦士」といった容姿をしています。

性格は短気で直情的なところもありますが、さっぱりとした性格で「姉御肌」タイプです。

相手のいうことを真にうけて、冗談の通じない一面もあります。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】 パウロとの関係は?剣では負けないが、ベッドでは負けていた!!!(小説Ver)

黒狼の牙でメンバーだったパウロとギレーヌは、“ただならぬ”仲でした。

ルーデウスがボレアス家に行くときに渡されたパウロの手紙には、「腕前は保障する。父さんは1度も勝ったことがない。ベッドの上以外ではな」と書かれています。

事実、パウロはギレーヌに剣術で1度も勝ったことがありません。

また、手紙のつづきには、「俺の女だから手をだすな」と書かれてもいることから、2人の関係が親密だったとわかります。

どうやら冒険者だったころ、寝苦しい夜にパウロが「水浴びでもしよう」とギレーヌを誘ったことがあり、そこから2人は関係をもってしまったようです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ギレーヌのターニングポイント、エリスとの出会い(小説Ver)

ギレーヌは、黒狼の牙解散後、お金の計算ができずに詐欺に遭って一文無しになります。

空腹で餓死寸前のところを、ボレアス家のサウロスとエリスに助けられました。

そのため、ボレアス家に恩義があり、サウロスとエリスに敬意を払っています。

ボレアス家では、エリスの護衛と剣術の師範を兼任で務めていました。

暴力的なエリスを返り討ちにしたことから彼女に尊敬され、非常に懐かれています。

エリスの剣士としての才能を早くから認めており、剣聖のレベルになったらギレーヌの師匠である「剣神ガル・ファリオン」に会わせようと考えていたようです。

エリスの10歳の誕生日には獣族の習慣でプレゼントを用意していませんでしたが、ルーデウスのアドバイスをうけて、自分が身につけていた魔よけの指輪をエリスにあげています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】剣王の称号は、どのぐらい強いの?そのレベルは?(小説Ver)

ギレーヌは、剣士としても世界で4番目に強いといわれている「剣王」です。

まず、剣聖になるだけでもかなりの修行が必要とされています。

剣聖になるためには、すべての基礎を完璧にこなし、状況に応じて使えるようにならなければいけません。

さらに剣聖以上になると、たゆまぬ努力と才能が必要です。

強さには、初級<中級<上級<剣聖<剣王<剣帝<剣神の7段階のランクがあります。

比較として、パウロは全流派の上級を習得していました。

ご存じのとおり、パウロも“天才剣士”といわれるほどの強さをもっています。

そのパウロが、一度も勝ったことがない相手としてギレーヌをあげていることから、「剣王」というレベルがいかに強いのかがわかるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【無職転生】速すぎて圧倒!剣神流「光の太刀」の凄さとは(小説Ver)

「光の太刀」は「光剣技」ともいわれている剣神流の奥義で、上級技である「無音の太刀」の上位技です。

また、剣聖になるためにはこの光の太刀の習得が条件になっています。

極めれば、剣先が光の速さに達するほどです。

一振りに闘気をつぎ込み、抜刀のタイミングがわからないほどの速さを誇ります。

利き手と逆の手を活用してブレを無くして放つため、その威力は絶大です。

三大流派のなかでも剣神流が最強といわれている理由の1つに、この技の存在があります。

例外として、本来両手でなければ放てない技ですが、オルステッドはこれを片手もしくは手刀で放つことが可能です。

 

しかし、無敵というわけではなく、実力差次第で受け流すことも回避することもできます。

実際に、剣神流のなかに「光返し」という技がありました。

光の太刀が届く前に、最高速度に達していない位置で、その速度に追いつき両断する技です。

原作の163話「狂剣王対龍神」で、エリスが使っています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ギレーヌの右目の魔力眼はどんな能力?(小説Ver)

特殊な能力を持った眼のことを「魔眼」といいます。

「魔力眼」は、直接魔力が見られる魔眼です。

もっともポピュラーな魔眼の1つで、1万人に1人がもっているといわれています。

魔眼は魔力で制御するものですが、制御が難しい場合が多いのです。

制御できないと常時能力を使ってしまうので、眼帯で能力を抑える必要が出てきます。

ギレーヌの眼帯も魔力眼の制御のためにつけているものでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】剣は最強、頭脳は「小学1年生」レベル。ルーデウスと師弟関係に(小説Ver)

ルーデウスに剣術を教えるかわりに、自分も算術や読み書きを習いたいとギレーヌは申し出ました。

彼女は剣術の腕は最強ですが、勉強はあまり得意ではありません。

黒狼の牙時代にもメンバーに「脳筋」とからかわれていました。

算術ができないために詐欺にも遭い、餓死寸前になった過去もあります。

そのため、ルーデウスから魔術と算術を教わることにしたのです。

物覚えはいい方ではありませんでしたが、努力の甲斐あって2年という短期間で「火」と「水」系の初級魔術をマスターしています。

 

ルーデウスのもつ子供とは思えない戦闘センスや、効率的でわかりやすい勉強方法を考え出す能力には敬意を払い、彼のことを「先生」として認めています。

ルーデウスからは、魔術に使う杖までもらっていました。

また、ルーデウスもギレーヌに対して、教え方が具体的で剣術の教師としても優秀だと認めています。

このことから、ギレーヌとルーデウスは、良い師弟関係だったといえるでしょう。

 

ちなみに、本来ならギレーヌから剣術を教わると、アスラ金貨2枚かかります。

アスラ金貨1枚の価値はおおよそ10万円。

ロキシーが、ルーデウスの家庭教師をしていたときの報酬がアスラ銀貨5枚だったので、ざっと2倍の料金ということです。

さすがは「剣王」といったところでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリスとの再会。エリスと”剣の聖地”へ(小説Ver)

ギレーヌは、エリスが魔大陸から戻ったときに難民キャンプで再会を果たしました。

ギレーヌは執事のアルフォンスと一緒でした。

お互いの無事を確認し、再会を喜んだ2人でしたが、ギレーヌはきびしい現実をエリスに伝えなければなりません。

サウロスを含め、エリスの両親が亡くなったことを話し出しました。

転移事件により、ギレーヌは紛争地帯に飛ばされていたのです。

その場所はエリスの両親(フィリップとヒルダ)と同じでした。

その紛争地帯を徒歩で突破する最中、エリスの両親が無残な遺体となっているのを見てしまったのです。

やがて、エリスの両親を殺害した犯人と遭遇、討ち取って仇を取りました。

 

家族を失ったエリスの今後の話をするなか、執事のアルフォンスはフィットア領を守るため、エリスに「ピレモンの妾になるよう」にすすめます。

しかし、そのすすめに対してギレーヌは激怒しました。

ギレーヌは、ルーデウスと結婚して逃げるようにエリスに提案しますが、彼女は別の道を選択します。

エリスには「ルーデウスの隣にいるために、強くなりたい」という考えがあったからです。

その思いを知ったギレーヌは、エリスと一緒に剣聖の地へと向かい旅立って行くのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、無職転生に登場する女剣士「ギレーヌ」についてご紹介しました。

パウロには“筋肉ダルマ”と呼ばれるほどの肉体派剣士の彼女ですが、やさしく面倒見が良い性格でもありました。

ですが、冗談が通じないところや、少し間が抜けているところもあり、見た目とのギャップに、ファンになった方も多くいるでしょう。

また、どんなに年齢が自分より下であろうと相手を認め、しっかりと敬意を払うなど、まじめで硬派なキャラクターともいえます。

原作のなかでは彼女が活躍する場面も多く出てくることから、無職転生という物語にとって、ギレーヌという人物が欠かせない存在であるのは間違いありません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です