【東京リベンジャーズ】『呪華武(ジュゲム)』の元総長!極悪の世代のモッチーとは?

スポンサーリンク

 

『天竺』の四天王の一人、そして現代では『梵天』の幹部の一人となるモッチーですがどんな人物なんだろうと思う方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は

  • 極悪の世代について
  • モッチーについて
  • 「関東事変」について

をお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】モッチーのプロフィール

  • 名前:望月莞爾(もちづき・かんじ)
  • 通称:モッチー
  • 所属:『呪華武(ジュゲム)』(総長)→『天竺』(四天王、望月隊トップ)→『梵天』(幹部)
  • 備考:S62世代(通称”極悪の世代”)
  • 13歳で公務執行妨害により少年院に入り、イザナたちと出会う。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】少年院育ちの恐怖の「極悪の世代」とは?

13歳のころ少年院で出会った6名がS62世代、通称”極悪の世代”と言われています。

少年院で出会ったから極悪なの?と思う方もいるかと思うのでメンバーと、それぞれの罪状をお伝えして説明したいと思います。

極悪の世代の罪状と内容
  • 黒川イザナ : 罪状は明かされていません。

12歳の時に集団に襲われ重傷を負いましたが、回復したイザナは一人ずつお礼参りをして全員再起不能。

最後に襲った集団のリーダをツメて首吊り自殺をしたため、おそらく自殺関与罪にあたりそうです。

  • 望月莞爾(モッチー) : 公務執行妨害

喧嘩を止めに入った警察官をボコボコにしました。

  • 武藤泰宏(ムーチョ) : 傷害

相手をコンクリートに投げつけ、脊髄損傷・下半身不随の重傷を負わせました。

  • 灰谷兄弟 蘭・竜胆(りんどう) : 傷害致死

六本木灰狂戦争にて都内最大の暴走族『狂極』の総長を蘭が一瞬でノシて竜胆対副総長のタイマンに乱入。

竜胆に関節を決められている副総長の顔面を蘭が殴り続け、副総長は顔面陥没頭蓋骨骨折で病院に運ばれ、その後死亡しました。

  • 班目獅音(まだらめ・しおん) : こちらも明かされていません。

おそらく『東卍(トーマン)』との抗争で捕まったのではないかなと思っております。

罪状をみていただくとわかるようにちょっとの暴力ではなく、死者も出しているためかなり罪は重いと思われます。

中でもイザナはその圧倒的戦才がカリスマで、暴力で全てをねじ伏せてきたという記述があります。

 

少年院でイザナが同じ少年院に入っている人の顔を殴っているシーンがあり、ムーチョが「俺らを束ねられるのはお前だけだ」と言っていることから、イザナの戦才に惹かれイザナのもとへ集まったと考えられます。

死者を出すような血気盛んな面々がいるのにも関わらず、全員がイザナのもとへ行きたいと思うということはそれだけ5人にとってイザナは魅力的な人物だったことがわかります。

そうして罪が重い5人が集まり、同世代だったため”極悪の世代”と言われたのだと思われます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】モッチーはなぜ恐れられている?その強さとは?

モッチーは『天竺』所属の前は『呪華武(ジュゲム)』というチームの総長で、その強さは『東卍』肆番隊隊長&副隊長のスマイリーとアングリーが語っていました。

 

双子が『双悪(スゴアク)』というチームを組んでいた頃『呪華武』と抗争を繰り返していました。

チーム同士だと決着がつかないため総長同士で決闘をすることとなりましたが、スマイリーは完敗。

その後アングリーも勝負を挑みましたが返り討ちになったそうです。

そして2人はそろって白目を向いていたということで、おそらく失神状態にあったのかと思われます。

スマイリー・アングリーの双子はモッチーのことを「ゲロ強い」と表現しています。

また『東卍』の集会でモッチーの名前が出たときにメンバーがざわつき、有名人と口をそろえて言っている表現がありましたので、おそらく喧嘩が強く名を轟かせていただのではないかと考えます。

双子が気絶し完敗するほど喧嘩が強く、またその強さから周りから恐れられていたと思われます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺四天王とは?最強のメンツ!

天竺四天王メンバー
  • 班目獅音:『黒龍(ブラックドラゴン)』元9代目総長、「天竺きっての狂犬」
  • 灰谷蘭:六本木をチームなしで仕切る『灰谷兄弟』の兄
  • 望月莞爾:元『呪華武』総長
  • 鶴蝶(かくちょう):筆頭

四天王のメンツをみていただくと、3/4は”極悪の世代”です。

元々『天竺』に入る前は別のチームの総長をしていたり地区を仕切っていることから、強さは明白です。

 

鶴蝶に関しては、極悪の世代ではないですがイザナと孤児院で出会っており、イザナ曰く「オレの最強の戦闘マシーン」です。

元々孤独に生きていた鶴蝶は、イザナと出会うことにより生きる意味を見つけたと言っていました。

そのため、イザナのためならという気持ちから強さを得て、またイザナ自身も鶴蝶に信頼をおいていたのではないかと考えます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】モッチーvs『東卍』弐番隊隊長三ツ谷隆!

『東卍』に急襲をかけるべく東京に乗り込んできた横浜『天竺』。

モッチーは乗り込んだ渋谷でタケミチたち壱番隊の面々を襲い、タケミチと同行していた千冬を失神させます。

タケミチたちを追い込んだところで、「新宿で(東卍)弐番隊とカチあった」と連絡を受けたモッチー。

タケミチたちを望月隊に任せ、そのまま新宿へ向かい三ツ谷と激突します。

モッチー三ツ谷とのタイマンでは、お互いボロボロになっていながらも意識はありまっすぐ立っていることから、互角であり様子見をしていたと思われます。

「面白くなってきた」とモッチーが本気を見せたところで、三ツ谷の背後からやってきた灰谷兄弟。

兄・蘭がふいにコンクリートブロックで三ツ谷の頭部を殴りつけ、三ツ谷は倒れてしまいました。

 

灰谷兄弟が現れずに戦いを続けていたら勝敗がどうなったのかはわかりません。

しかし結局灰谷蘭が三ツ谷を不意打ちで倒してしまったため、モッチーと三ツ谷の勝負はモッチーの不戦勝となりました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】「関東事変」で『東卍』と激突!

「関東事変」とは、「聖夜決戦」で現代(未来)を変えた後に発生した、『天竺』と『東卍』の抗争のことを指します。

「聖夜決戦」の結果を変えた後タケミチが現代(未来)で仕入れた情報では、「関東事変」は『東卍』と『天竺』が合併することになり幕を閉じました。

その結果、トップにマイキー、No.2が稀咲、No.3がイザナといった面々で極悪犯罪組織『東京卍會』が成り立ちます。

この未来では『東卍』は“史上最悪の愚連隊”と呼ばれていました。

ここでは「関東事変」が起こった原因とその概要、タケミチが関わることで変わった結果についてまとめます。

 

スポンサーリンク

黒川イザナの私怨

「関東事変」が起こった原因に黒川イザナの私怨があります。

それはイザナの過去に由来していました。

 

黒川イザナはエマと兄弟で、マイキーとも異母兄弟の関係にあります。

小さな頃エマと離されて孤児院に入れられたイザナは、“イザナの兄だ”といって会いに来てくれたマイキーの兄・真一郎を慕っていました。

喧嘩の仕方も服も笑い方も全部教えてもらい、“自分だけのお兄ちゃん”と思っていたのです。

そのため、真一郎にはマイキーのことを口に出してほしくないぐらい、マイキーに嫉妬していました。

 

あるときイザナは、真一郎の率いていた黒龍を継がせてほしいと真一郎に申し出ました。

イザナは「兄貴が大事にしていたものをオレが守りたい」と思ったのです。

それに対して真一郎は受け入れたのですが、「黒龍は兄弟に引き継ぐのが夢であり、イザナとマイキーに継いでほしい」と語ったのです。

そこで真一郎を自分だけの兄にできないと悟ったイザナ『黒龍』を腐らせてしまいました。

マイキーに対してさらに激しい嫉妬や私怨を抱き続けます。

 

スポンサーリンク

稀咲の暗躍

激しい嫉妬の中にいたイザナは、真一郎が『東卍』の羽宮一虎に殺害されたことで廃人になっていました。

そこに現れたのが稀咲(きさき)でした。

稀咲の悪意に惹かれたイザナは稀咲の持つ野望・“自分に都合の良い『東卍』を作ること”に乗り、マイキーを苦しめるべく『天竺』を作ります。

 

『天竺』は稀咲のブレーン・九井一(ココ)の財力、そしてマイキーのカリスマ性を基に日本の闇社会を牛耳る極悪組織を目指しました。

その足掛けとして、マイキー率いる『東卍』をつぶし、マイキーから全てを奪って“空虚(カラ)”にした上でいわば操り人形にすることを目的に起こしたのが「関東事変」です。

 

「関東事変」を始めるにあたり、前述した『天竺』による『東卍』の急襲を行って三ツ谷やスマイリーといった『東卍』の幹部戦力をそぎ落し、ココの『天竺』への奪還を行いました。

さらに稀咲は「関東事変」を確実にものにするために、決戦直前にマイキーとイザナの妹であるエマを殺害し、マイキーとドラケンの戦意を喪失させました。

 

スポンサーリンク

「関東事変」決戦の概要

『天竺』400人とマイキーやドラケンのいないタケミチたち『東卍』50名で始まった「関東事変」。

『東卍』の圧倒的不利な状況の中、タケミチや千冬、ぺーやん、八戒、アングリーたち『東卍』はモッチー達『天竺』四天王を戦闘の軸にした『天竺』相手にボロボロになりながら奮闘します。

 

そこに現れたマイキーとドラケン。

ヒナの活躍により、戦意喪失していた二人を立ち直らせたのです。

最終的にマイキーとイザナの頂上決戦となったところで、『天竺』のほころびが出始めました。

 

スポンサーリンク

「関東事変」の結果

タケミチが関与した「関東事変」は、『天竺』幹部5名(モッチー、ムーチョ、灰谷兄弟、班目)が逮捕、死者は3名(エマ、稀咲、イザナ)を出す凄惨な結果で幕を閉じました。

しかし、『天竺』と『東卍』の合併による極悪犯罪組織『東卍』の成り立ちは防ぐことができ、現代(未来)をヒナの生存する、今までで一番幸せなものに変えることができました。

『天竺』や「関東事変」についてはかなり複雑な人間ドラマがありますので、詳しくまとめたこちらをご紹介します。

最強最悪の敵イザナ!元黒龍(ブラックドラゴン)八代目総長の強さは半端ない!東卍(トーマン)は勝てるのか!?

天竺(テンジク)の幹部と四天王が強すぎ!?東卍(トーマン)ツートップ不在で勝てるのか!?

 

スポンサーリンク

まとめ

こちらでは

  • 極悪の世代について
  • モッチーについて
  • 「関東事変」について

をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

 

モッチーは『東卍』への急襲から「関東事変」まで登場しました。

タイマンに応じたり、三ツ谷に対する蘭の不意打ちや稀咲の策略に不満を持っていた描写がありましたので根は真っすぐなところがあるのかもしれません。

モッチー達“極悪の世代”の「関東事変」での所業もきっとイザナのためにやったことだと思いますし、イザナの気持ちもわかる気はします。

どこで道を間違えたのか、きっと別の道を生きていたら幸せな人生も待っていたのではないかなと思います。

モッチーは『梵天』にも所属しているので、今後『梵天』編に再登場することが予想されます。

今後どのようにモッチーが活躍し、物語が進んでいくか楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒三途春千夜(さんずはるちよ)について徹底解説!性別や黒幕と・・

⇒巨体と圧倒的な攻撃力!ムーチョこと武藤・・

⇒人気キャラクターランキングベスト10!1番好きなキャラクター・・

⇒アングリー(河田ソウヤ)とは?性格やその強さについても徹底・・

⇒強さランキング!登場キャラTOP10をキャラの魅力も合わせて・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です