【はじめの一歩】弱点は見当たらないのに決め手に欠けるボクサー!?木村達也とはどんな人物? 

スポンサーリンク

鴨川ボクシングジム所属で幕之内一歩の鴨川ジムの先輩に当たるボクサー。

弱点は見当たらないのに、どこか決め手に欠ける部分がある木村達也とは、どのような人物なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】青木とは幼稚園からの幼なじみ

青木勝とは幼稚園の頃からの幼馴染であり、親友兼悪友で共に高校中退しています。

作中でよく2人がセットで登場するシーンが見られます。

 

【はじめの一歩】実家は花屋

一人っ子であり、自宅で花屋を営む両親と3人暮らし

父親とは一時険悪になりつつも、家業を継ぐ意思はある模様です。

 

【はじめの一歩】鷹村とのケンカに負け鴨川ジムに入門

不良時代、青木と共に因縁を吹っ掛けた鷹村守に負けた事をきっかけに鷹村への復讐心に燃え、鷹村のいる鴨川ジムに入門します。

しかし、練習を続けていくうちにボクシング自体が楽しくなり、デビュー戦では初勝利を飾ります。

これをきっかけに、更生していくのでした。

 

【はじめの一歩】ハイレベルなアウトボクサーだが決め手に欠ける

ずば抜けた才能は無いが、アウトボクサーと言われ、鋭い洞察力を持ちます。

一歩とのスパーリングでは、真田対策として「飛燕」もくり出すなど器用な一面もあります。

間柴戦を直後に控えての宮田一郎からの評価は「弱点は見当たらない、国内では相当ハイレベルなボクサー」と言われます。

弱点はないのですが、なぜか決め手に欠けるところもあり、試合では時折消極的になることもあります。

 

【はじめの一歩】ライト級がベストなのに青木のために下の階級へ

プロテストを受ける際、青木との直接対決を避ける為に本来の階級のライト級ではなく、一つ下のジュニアライト級を選択している

このため、木村は青木よりも苦労していることを、青木は察しており、青木は「一つ勝つために俺より倍苦労している。(だからこそ)勝ってほしい」と発言しています。

このシーンは、2人の友情がより一層深まる瞬間なのではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】間柴戦のためにドラゴンフィッシュブロー会得

当時の日本ジュニアライト級王者・間柴了を相手にタイトルマッチに挑戦します。

その際に、ペットのアロワナがエサを捕る場面をヒントに必殺技が出来ます

その名も「ドラゴンフィッシュ・ブロー」と言い、身長の高い間柴の顔面をとらえるために編み出した技だと言われています。

右の威力は大きいが、大振りなので単体では当たらず、ストレート系のパンチにカウンターを貰い易く、先に相手の意識を下に向かわせるか、相手が対応しきれない程疲労を蓄積させる事が必要不可欠な技として、かなり難題な技だと言われています。

そんな技を編み出すほどの実力を持っていながらも、どこか決め手に欠ける部分も持っているのがたまにキズ…

 

【はじめの一歩】引退を賭けて戦った間柴とのタイトルマッチ

得意の「ドラゴンフィッシュ・ブロー」で、間柴との試合に臨みます。

フリッカージャブに打たれながらも間柴のスタミナが少なくなるまで待ち、さらに自身が打たれるのを覚悟で首から上を一切狙わず執拗にボディブローのみを狙い続ける戦略で、間柴の意識をボディに釘付けにし、ボディを狙う低姿勢のままで間柴の顔面を撃ち抜きダウンを奪います。

何度もボディからのブローを繰り返し、間柴にダメージを与えKO寸前にまで追い込むが、あともう少しと言ったところで、自身の大きなダメージに、遂にファイティングポーズをとったまま気を失って敗戦してしまいます。

 

【はじめの一歩】木村達也として引退し木村タツヤとして復帰

間柴との対戦で敗北を味わった木村は、試合後に記者たちの前で引退宣言を発表しますが、悔いを残していたことに気づき、ボクサーとしてカムバックします。

その際に改名した名前が「木村タツヤ」です。

漢字をカタカナに改名したようですね。

 

【はじめの一歩】木村は再びタイトルマッチに挑む事ができる?

木村タツヤとして再デビューしたことは、鷹村にツッコミを入れられましたが、それでも、ボクシングを止められないと、理屈ではない何かが動いたのではないかと思われます。

木村VS間柴の戦いは、作中でもすごく印象に残るようなシーンの一つではないでしょうか

再びタイトルマッチに挑むことが出来る日を、心待ちにしている読者は多いのではないかと思います。

 

まとめ

いろいろとお話をしましたが、木村達也の魅力について、少しは分かってもらえたように思います。

いつ青木と一緒につるんでいるので、木村もギャグキャラクターのようなくくりとして見られていますが、木村達也と言う存在感はしっかりとあります

作中での、青木との友情や間柴との試合のシーンでは、すごく印象に残っているのではないかと思います。

一度は引退を考えつつも、再度ボクサーとしてデビューを果たした木村。

タイトルマッチで今度こそ間柴に勝てると良いですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です