【はじめの一歩】アニメでも盛り上がったチャンピオン熱唱の祝勝会!チャンピオンまでの経緯は?ゲロ道とはお別れ!?

スポンサーリンク

鴨川ジム所属の3人、一歩、青木、木村が揃って出場したA級トーナメント。

観戦組の鷹村、プロテスト合格の山田直道が見守る中でその力を発揮します。

その後のカラオケ、送別会になります。

見ていきたいと思います、

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】A級トーナメントに勝利した3人

A級トーナメントで優勝を目指す3人。

鴨川陣営初戦ではスピードスター冴木に大苦戦しながらも勝利した一歩

青木、木村も何とか切り抜け勝利します。

青木はこの試合で初めてカエル跳び披露しています

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】カラオケボックスで祝勝会

観戦組の鷹村が発起人になり祝勝会を行うことになります

メンバーは鷹村、一歩、青木、木村、山田直道の5人です。

一歩はカラオケボックスに初めて来たとドキドキしています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】歌が上手いゲロ道

鷹村から景気づけに下っ端から唄えと言われアタフタする一歩ですがゲロ道が1番下だと気づき先輩風を吹かします。

トップバッターはゲロ道です。

顔を赤らめ恥ずかしながらもサザンオールスターズの最期のKISSを熱唱します。

木村にほぉと言わせるくらいに上手いようです

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】鷹村の歌うチャンピオン

blank

ゲロ道の唄を聴いて盛り上がった鷹村。

青木に番号を伝え唄を入れます。

本を見ずに番号を言えるくらい歌っている鷹村の十八番です。

アリスのチャンピオンです。

チャンピオンがチャンピオンを歌うと期待する一歩ですが木村から上手いと思ったのかと言われます。

とりあえずは一曲終わるまで我慢やと木村は言います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】カラオケ映像の速水とは?

blank

青木はまあ映像に出演している女性が綺麗だからこれに集中しようと言います。

その画面の中、振り向いたチャンピオンは何と一歩と対戦経験のある速水龍一でした。

元々から女性人気の高い速水ですがそのルックスの良さとボクシングの才能で芸能活動をしていたのです。

その映像の中に青木曰く美味しいシーンがあり羨ましく画面を見つめていると歌に聞き入っていると勘違いした鷹村がアンコールだと思います

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】皆でエンドレスチャンピオン!?

blank

そして、鷹村によるチャンピオンを連続して聞くことになります

そして、何度も聞いている内に速水がベルトを巻く姿を見て自分に重なり青木、木村、一歩が参戦します

ゲロ道曰く10回以上は歌っている様子です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】引っ越しを隠していたゲロ道

blank

祝勝会も終わり店の前で2次会だと鷹村は言います。

しかし試合後のダメージがある3人は帰る事にしますが唐突に一歩のボディブローのエグさの話になります。

同じファイタータイプのゲロ道に一歩の踏み込みの速さもさる事ながらもこれだけ近い距離に行く、勇気も必要だと木村は言います。

そして実演して見せる一歩。

カラオケ店の看板を吹き飛ばします。

走って逃げる5人、落ち着いた所で解散になります。

挨拶をしてまた走って帰るゲロ道。

鷹村は試合前だから口止めされていた、けど終わったからいいかと喋ります。

ゲロ道は父親の都合で転勤になり引っ越す事になっていたのです。

水くさいと言う一歩ですが鷹村はゲロ道なりに気を使っていたといいます。

自宅に帰ったゲロ道は母親と引っ越しの準備をします。

母親はごめんね、引っ越す度にいじめられていたんだろう?また引っ越すけど大丈夫?とゲロ道に言います。

ゲロ道は一歩に憧れて鴨川ジムに来ました。

そして尊敬する一歩もまたいじめられていた事実を知ります

自分が変わったから大丈夫とゲロ道は言います

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】鴨川ジム式の送別会!

blank

次の日、鴨川ジムに挨拶に来たゲロ道はマネージャーの八木からみんなが送別会するから地下で待っていると聞かされます。

ゲロ道は嬉しい感じで地下へ向かいます。

そこにいたのはウォームアップして体を温めていた鷹村、青木、木村でした。

鷹村は鴨川式送別会と言い、忘れられないようにスパーで見送るというものです。

着替えたゲロ道はまず鷹村とスパーをします。

前日の試合でダメージある一歩はセコンドに着く事になりますが鷹村の場合はアドバイスは無理だからとにかく逃げて頑張ってね。

と送り出します。

何とか1R終わったゲロ道、次は青木、木村の順番です。

青木、木村ならアドバイスできると一歩は言いますが流石に経験の差があります。

しかしJウェルター級のジャブは迫力があり並みの4回戦なら楽勝だと評価されます。

すると一歩が準備しています。

僕も忘れて欲しくないからと送別スパーリングに参加します。

ボクシングを続けるというゲロ道に対する優しさ、同じファイタースタイルの手本を間近で1番参考になる一歩が見せます

ゲロ道憧れの先輩、一歩と向き合い本気で打ってくる左ボディを目を離さず確認します。

まともに食らったボディでゲロ道は悶絶しリング上で青木が用意したバケツに戻します。

最後までゲロ道だったなと言う青木を背にシャワーを浴びに行くゲロ道。

受けた傷を確認しながらも喜びに浸かります

そして、ゲロ道は引っ越ししていきまた1番下っ端になった一歩は元の生活に戻ります。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

トーナメント戦が開始し初戦を快勝した3人。

ゲロ道の引っ越しもあり突如、手荒い送別会になりましたが絆を感じさせるものになりました。

その後、ゲロ道はまた登場しますが成長していました

鷹村、一歩、青木、木村とはじめの一歩には欠かせないキャラクターです。

またの登場機会を楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です