【はじめの一歩】必殺技を習得するにはトレーニングが必須!重ねた努力は裏切らない!試合前の合宿や修行とは?

スポンサーリンク

数々の必殺技には弛まぬ努力があります

和気あいあいとしながらも毎日毎日、同じ階段を登るようにやっている。

試合で生かせるパンチはやはり地味な作業が必須みたいです。

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】努力に関する会長の名言とは?

ホーク戦、鷹村の控室にて出たとびきりの言葉

努力した者が全て報われるとは限らん、しかし成功した者は皆すべからく努力しておる」です。

事実、鷹村はこの後ピンチになりましたがホークに練習量の違いで勝利しました

この言葉の通りに鴨川ジムは他のジムより圧倒的に厳しく鷹村や一歩、青木村、板垣の5人以外に選手が居ない事態になっています。

トリッキーが売りの青木でも鴨川ジムに居るから基本は出来ていると評価されていますので基礎はみっちりと鴨川会長の教えで鍛えられていると思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】全ての基礎となるロードワーク

鷹村が一歩と出会ったのはロードワーク中でしたし、葉っぱを掴むテストをしたのも鷹村は早朝ロードワークの途中でした。

作中最強の鷹村でも頻繁に走っていますのでその重要さが分かります

一歩は鴨川会長の乗ったバイクを押して土手の坂道を登ったり同じペースで走り続けるなど足腰と共にスタミナも鍛える事が分かります。

このロードワーク、はじめの頃は鷹村、青木、木村についていけなかった一歩ですが今では青木、木村が一歩に着いて行くのが精一杯になっていますし鴨川ジムに来た新人の入門生もロードワークの洗礼を受けほぼ辞めていきます。

ついていけたのは山田と板垣くらいですので基本中の基礎と言えどレベルは高いですね。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ガゼルパンチを会得した特訓とは?

ヴォルグ戦前に一歩が生んだ必殺技の一つです

立ち上がる力を利用して体ごと突き上げるようにうつ左フックです。

カモシカのような柔らかさという事でプールに入ってスクワットをして鍛えています

日々の鍛錬ではケガをするリスクがありますがプールに入る事によってケガのリスクを抑え、しかもすごく疲れる練習です。

実際にヴォルグ戦で披露し勝ちに繋げています

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】デンプシーロールに繋がる反復練習

blank

会長の持つミットに寸分違わず打ちこみます。

回転力をあげウェービングをする事で凄まじい破壊力を持つデンプシーですがそのは一つ一つは基本動作の繰り返しです。

強靭な足腰はロードワークやジムワークで相手にダメージを与える鴨川会長とのミット打ち。

毎日の弛まぬ努力がデンプシーの魅力ですね。

一歩が毎日、手足に重りをつけているのを見ると相当な鍛錬が必要だと感じさせます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】丸太で身につけた会長の鉄拳

blank

素手で土手に丸太を打ち込む荒技に出たのが若かりし鴨川源二です。

米兵アンダーソン戦にむけての特訓でした。

盟友 浜団吉は無謀だと言いますが鴨川は根性で乗り越えて見事に自分のパンチにしました

アンダーソンは肋骨を粉砕する程にダメージを負い正に根性と勇気を併せ持つ鴨川ならでは必殺技です。

後に一歩もウォーリー戦でみせていますので

鴨川源二の拳を継ぐ者と猫田が言っているのが分かります。

正に師弟の拳です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ミットさばきのために山籠り?

blank

検査異常なしで戻ってきた一歩。

鴨川会長は荷物を背負い旅立ちます。

場所は猫田の所です。

鴨川会長は木に丸太を幾つもぶら下げそれをミットで裁く訓練をしています

猫田は無理するなと言いますがこれくらい裁けなければ一歩のパンチは受けれない、話にならないと言います。

新型デンプシーに向けての訓練です。

会長は顔色も良く笑みを浮かべています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】鷹村と宮田の意外な合宿

blank

鴨川ジム出身の宮田が先輩鷹村の合宿に同行します。

普段は1人でトレーニングをしているという宮田ですが可愛い後輩の1人だと言う鷹村に振り回されます

この体力馬鹿がと宮田が言うほどにロードワークさえも遅れをとります。

いつも1人だからありがたいと宮田の父は言います。

宮田は一歩という言葉に敏感に反応し鷹村に必死についていきます。

宮田はそこで鷹村になまくら刀を鍛え直してやると言われ足腰が弱いと指摘されます

とにかく走れ、1人になっても走り続けろとハッパをかけられます。

鷹村は宮田、一歩と共に強かった方が面白いと言い、宮田父も頷きます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】猫田の民宿で修行?

blank

鴨川会長の盟友で元ボクサーの猫田銀八。

引退後に山の中で生活しペンションを経営し生計を立てています。

その名もペンション、ヨシオ。

そこへ鴨川ジム恒例の夏合宿を海ではなく山で行う事になり訪れます。

自然の流れの中で行う通常では出来ないトレーニングに皆、悲鳴を上げます。

ですが青木、木村は川の流れの中でのスクワットで足腰強化に繋がり、一歩は薪割りで元々ある広背筋をさらに強化します

そして鷹村は遂に野生の熊を倒します

たまたま遭遇した熊を相手にしますがテンプルを集中してパンチを浴びせます。

そしてフラフラになった所を猫田に狙撃され鍋にされます。

作中最強の鷹村と言われる由縁です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ボクシングはすぐに強くはなれない!

blank

ローマは1日にしてならずの言葉通りに日々の積み重ねというのがよく分かります。

鷹村、青木村、一歩とちょっとした事を毎日続けるというのが強くなる秘訣かも知れませんね

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

一歩の成長が分かるのが積み重ねだと良くわかります

会長直々に山籠りを敢行する程なので新型デンプシーロールはやはり見ていた所です。

今現在は鷹村とも少し距離を置いている感じがしますが鴨川会長の弟子2人、是非世界戦をやってほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です