【はじめの一歩】デビュー戦の相手といえば小田祐介!幕之内一歩の快進撃は小田から始まった!?現在の小田とは?

スポンサーリンク

ひょんな事から鷹村と出会い始めたボクシング、いじめられっ子の一歩が遂にプロの舞台に上がります。

相手は経験のあるボクサーで一歩の前に立ちはだかります

それでは見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】才能はあるが練習嫌い

右ストレートが武器のファイターで所属ジムトレーナーの三上がその才能に惚れたほど認められています。

デビュー戦で相手を一発KOし注目を集めた事から天狗になり本気でボクシングには向き合っていません

自分を過信し伸び悩んでいます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】小田祐介のプロフィール

鴨川ジム、木村と同じ階級ジュニアライト級で一発KOと言う華々しい勝利でデビューしています。

しかし、練習嫌いで伸び悩み得意の右ストレートを活かす為、1階級下げフェザー級で戦い次戦負ければジムは試合を組まないと通告されています

トレーナーの三上の娘、玲子と交際していますが父は反対しています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】彼女が一歩の悪口を聞いてしまう?

その三上の娘、玲子は小田の才能を信じていますがたまたま入ったラーメン屋が青木のバイト先でそこに居合わせた鷹村達が小田の悪口を言っているの聞いてしまいます

それを聞いた恋人の玲子は対戦相手である一歩が言っていると思い込み(実際は鷹村、青木、木村)それを沖田に伝えます

バカにして笑っていたと聞かされた小田は怒りに震え玲子の父であるトレーナーに直訴して真面目に練習に取り組みます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】過去最高の状態で一歩戦へ

blank

デビュー以来、過信していた自分を戒め三上トレーナーが唸る程に過酷なトレーニングを乗り越えてプロになってから最高の体、万全の状態で試合当日を迎えます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ジャブの前に敗北!?

blank

気合満々の沖田、睨む小田に気後れするもやる気十分の一歩、ガードの上からいきなり強打を小田に見舞います。

経験にまさる小田は何とか立て直しにかかり、一歩に攻撃をしかけます。

デビュー戦の一歩は初めは戸惑いましたが段々と沖田のパンチに目が慣れていきます

1Rを終えた一歩に鴨川会長は気合でいけと檄を飛ばし次のラウンドに送りだします。

左ボディを見舞う一歩、小田はダウンを喫してしまいます

立ち上がった小田は挽回しようと攻撃に出ますが一歩も引き下がりません。

一歩がまた左ボディを出そうとした時、小田のパンチが一歩の顔面を擦ります。

デビュー戦でいきなりのピンチ、一歩がカットし出血します

視界を奪われた一歩は小田の攻撃にさらされ出血が酷くなります。

ヒットによる出血ですのでこのままでは負けになる一歩は焦りだします。

ドクターチェックで傷の具合を見られますが幸い筋肉には達していない事、デビュー戦である事を考慮し次ひどくなればストップすると言われ再開します。

何とかこのラウンドを凌いだ一歩。

焦る一歩にセコンドの会長は任せれと言います

会長は名トレーナーであり名カットマンです。

止血をしワセリンを塗って最後はおまじないをかけ終了です。

3R開始時には出血が止まりました

しかし同じ箇所を殴られれば傷が開くと言われた一歩は慎重になります。

3Rも息を吹き返した小田の攻撃にさらされ少しづつ出血がはじまります。

一歩は自身の考えでサウスポーにスイッチします。

浅はかだと思われましたがこれが功を奏し見事に右ジャブが小田にヒットします。

ジャブではありますが右強打を貰った小田は遂にダウンしKO負けになります

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】心を入れ替えて再起を目指す?

blank

試合後、本気でやったボクシングは楽しかったと小田は悔し涙を流します。

負ければジムは試合を組まないと通告されていたから出る後悔の言葉です。

三上トレーナーは次また頑張ればいいと言い、会長も再起を促します。

小田は悔しさをバネに再起を誓います

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】引退しトレーナーの道へ

再起を決めた小田ですがその後の一歩の大活躍を目前に引退を決めます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】別人のように太った小田

その後、取材やスパーリング大会に現れた小田はリーゼントはそのままですが肥満体になってます

厳しい世界にいた反動で食事が上手いそうです

スパーリング大会では一歩に詰め寄るなど熱い気持ちは健在です。

 

スポンサーリンク

まとめ

記念すべき一歩のデビュー戦はカットするなど試練のデビューになりました。

鴨川会長は優秀な会長、トレーナーですがカットマンとしての腕も確かで一歩を救いました

対戦相手、小田はムラがあると評判でしたが恋人玲子が聞いた一歩が言っていた悪口(実際にはいってない)もあり熱戦になり一歩にとっては大きな経験になりました。

この勝利を見るとスイッチした一歩が気になります

この試合以降は披露していませんが一歩復活の過程でもしかしたら見れるかもしれないと淡い期待もあります。

新型デンプシーの一部としてスイッチスタイルもあるのかも期待して待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です