スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスの威厳と威圧感にゾクゾク!!強さと優しさが共存する甲龍王とは??

スポンサーリンク

無職転生の物語に、甲龍王ペルギウスが登場します。

彼は、威厳と重厚な威圧感を持っていて厳格すぎるイメージがあります。

強さもありますが、意外に寛容で親しみやすい面も見せています。

そんな甲龍王の事について、詳しく話して行きましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスのプロフィールは?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウス・ドーラは、ラプラス戦役において魔神殺しの三英雄の1人です。

初代甲龍王ドーラの子供で、転生法により現代に転移した古代龍族。

空中城塞ケイオスブレイカーを拠点にしています。

魔術にも優れている強き存在。

常に険しい表情をしていていますが、信頼できる者に対しては寛容です。

食通や芸術にも精通している面も持っています。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ペルギウスの召喚魔術と結界魔術はどんなレベル??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスの召喚魔術と結界魔術は、神級のレベルに到達しています。

特に召喚魔術において、ペルギウスは世界的な権威と崇められています。

特に精霊召喚は、太古から存在する十一の精霊を召喚しているのです。

1日しか存在できない精霊を、何百年も維持できる術を開発。

光輝のアルマンフィ等を配下として、有効に活用しています。

結界魔術も強力なものを作成する事が可能です。

それは、闘神を完全に封じ込める威力を持っています。

その内容は、また後程語って行きましょう。

ペルギウスは、召喚魔術と結界魔術に非常に優れています。

他の魔術も聖級レベルで駆使することが出来るのです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスはアトーフェラトーフェとの戦いを勝利に導く??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、アトーフェラトーフェと戦う事になったルーデウス達に助力しています。

そして彼らを勝利に導く行動を起こしています。

ペルギウスは、どうしてこのような事を行ったのか気になってしまいます。

その点について述べて行きましょう。

 

スポンサーリンク

ペルギウス、ルーデウス達を魔大陸に向かわせる?!

ペルギウスは、親交のあったナナホシがドライン病に罹ったことを知ります。

彼は、ナナホシを救う為に転移魔法陣の準備を開始。

ルーデウス達は、ペルギウスの指示で、ナナホシの病を治す為に治療法を知るキシリカの居る魔大陸へ向かいます。

運よくキシリカと出会い、治す為に必要なソーカス草が魔王の城の地下にあると教えられました。

そこには、不死魔王アトーフェラトーフェが居ると聞かされました。

仕方なくルーデウス達は、アトーフェラトーフェと対面する事になります。

アトーフェラトーフェは、ルーデウス達にキシリカを連れてきてくれたので褒美を渡すと言います。

でも、その内容は、アトーフェラトーフェの部下になるという事でした。

ルーデウスは、一生涯使われて帰れないのは嫌だと拒否します。

すると、アトーフェラトーフェは大激怒したのです。

 

スポンサーリンク

ペルギウス、ルーデウス達の危機に駆けつける

ルーデウス達は、ソーカス草を回収し魔王の城から逃走。

しかし、アトーフェラトーフェと親衛隊が追ってきました。

ルーデウス達は、力を合わせて立ち向かいます。

強力な魔術を駆使しても、アトーフェラトーフェの再生能力と親衛隊の連携に苦戦して行きます。

クリフは、ルーデウス達の危機を救う為、転移魔法陣へと向かいます。

ペルギウスの助けを借りようとしますが、親衛隊に阻まれます。

更に、ルーデウス達は、アトーフェラトーフェの力の強さに劣勢になって行きます。

すると、転移魔法陣から誰かがやって来ます。

それは、ペルギウスと空虚のシルヴァリルや光輝のアルマンフィがやって来たのです。

ペルギウスの登場は、カッコ良くて痺れます。

 

スポンサーリンク

ペルギウス、アトーフェラトーフェを真っ二つにする!

アトーフェラトーフェは、ペルギウスを見て激しい殺意を剥き出しにします。

彼女は、夫の初代北神カールマンとの盟約があったのでそれを守れと絶叫。

実は、カールマンとペルギウスは、ラプラス戦役の際にアトーフェラトーフェとの殺し合いをする事を禁じる約束をしていたのです。

しかし、ペルギウスは、淡々と語っていきます。

自分は、カールとの約束は守るが、ルーデウス達は自分に助力を願い出たから登場したと告げます。

更に自分が一方的に攻撃する事は、殺し合いにならないし問題ないと宣言しました。

するとペルギウスは、魔力を集中させ前龍門と後龍門を出現させます。

アトーフェラトーフェの魔力と闘気を簡単にはがして行きました。

そして、右手を白く発光させて振り下ろします。

それは、ペルギウスの強力な必殺技である甲龍手刀・一断でした。

アトーフェラトーフェは、体を縦に真っ二つにされて吹き飛んでいったのです。

ペルギウスの強さが凄まじいです。

あまり戦闘シーンが見られないペルギウスですが、この光景はとてもレア過ぎます。

甲龍王、恐るべしです。

ペルギウスの活躍で、ルーデウス達は、アトーフェラトーフェに勝利。

ナナホシを回復させることに成功しました。

 

スポンサーリンク

ペルギウス、実はアトーフェラトーフェに恨みがあった?!

ペルギウスは、過去にラプラス戦役と呼ばれた大きな戦いでアトーフェラトーフェと出会っています。

この頃の彼は、戦闘力も低い時期でした。

そんな時に敵としてアトーフェラトーフェと遭遇してしまいます。

戦闘で何度も殺され掛けそうな状況に陥ってます。

しかし、その度に龍神ウルペンや北神カールマンに救われていました。

ペルギウスにある思いが生まれます。

それは、いつかアトーフェラトーフェに復讐したいという感情が発生したのです。

でも、ラプラス戦役が終結した後、カールマンとアトーフェラトーフェが結婚してしまったのです。

カールマンは、ペルギウスにアトーフェラトーフェとの殺し合いを認めないと命じます。

ペルギウスは、親友カールマンの約束をずっと守って行きます。

今回、ルーデウスの助けを求める声を受けて、長年の思いを晴らすチャンスだと喜んだのかもしれません。

一方的に容赦なく攻撃しています。

ペルギウス、やはり怖い存在です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスはバーディーガーディーを結界魔術で封印した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、バーディガーディを結界魔術で封印しています。

どうして、彼は、そのような行動を起こしたのか非常に興味深いです。

その状況を説明して行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ペルギウス、ルーデウスがバーディガーディに勝利した為に封印を手伝う?!

主人公ルーデウスは、ヒトガミの手先となったギースと戦う事になります。

ビヘイリル王国で、過去に友好関係であった魔王バーディガーディがギース側に味方します。

ルーデウス達は、闘神鎧を着たバーディガーディに苦戦。

しかし、最後の力を振り絞り、撃退する事に成功しました。

でも、バーディガーディは、不死身の肉体の持ち主だったのです。

そこで、ペルギウスは地竜の谷に向かいます。

ルーデウスとオルステッドが立ち合いの中、彼は、結界魔術を構築して行きます。

やがて、神級の結界魔術を発動。

バーディガーディを完全に封印します。

ペルギウスの使用した結界魔術は、封印対象と媒介になる魔道具が強い程協力になって行く封印でした。

バーディガーディが身に纏う闘神鎧と王龍剣カジャクトを使用し、強固で解除が難しい術を施したのです。

オルステッドは、自分でも脱出できないと発言する描写があります。

ペルギウスの結界魔術には、絶対入りたくありません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスの12の使い魔とは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスには、12の使い魔が居ます。

正確には、召喚した11の精霊と1人の天族を配下としているのです。

何百年も姿を維持し、更に死んでしまっても、ケイオスブレイカーの力で復活も可能。

そんなペルギウスの使い魔達について少し紹介をしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ペルギウスの12の使い魔は、優秀で強い?!

ペルギウスの使い魔達は、彼の為にどんな事でも行います。

仮面を付けて独特の制服を着用しているのがとても特徴的です。

リーダーの空虚のシルヴァリルは、天族の女性です。

それ以外の11精霊は、光輝のアルマンフィ、轟雷のクリアナイト、時間のスケアコート、

贖罪のユルズ、洞察のカロワンテ、生命のハーケンメイル、波動のトロフィモス、破壊のドットバース、大震のガロ、狂気のフュリアスファイル、暗黒のパルテムトが居ます。

ただ、全員の能力が判明しているわけではありません。

アルマンフィは、光速で移動できます。

以前、ルーデウスを守るギレーヌと互角に戦闘。

ギレーヌは、剣王の強さを持っていたのでその域までの戦闘力を持っていたのではないかと想像してしまいます。

時間のスケアコートは、人の時間を停止する能力。

ナナホシが現代に帰れるまで、定期的に眠る様に対処する描写があります。

破壊のドットバースは、契約を破壊する能力を秘めています。

ルーデウスが誤って、アルマンフィを呼び出して契約した内容を破棄しているのです。

轟音のクリアナイトは、音を操り長距離の聴覚を得ることが可能でした。

洞察のカロワンテは、相手の能力や隠し事を簡単に見破れるようです。

贖罪のユルズは、他人の体力を他の者に移動させる事を得意としています。

シルヴァリルは、美味しいお茶を入れるという戦闘と全く関係ない能力の持ち主です。

しかし、ペルギウスは、彼女の淹れるお茶を大絶賛していました。

主の様々な要求に対処しています。

また、ナナホシに格闘術を指導している光景があります。

シルヴァリルも本気で戦えば、とても強い女性なのかもしれません。

本当に個性的な能力を持つ者達が多いです。

ペルギウスには、頼りとなる圧倒的な戦力があって羨ましいと思います。

個人的に彼の使い魔が欲しいと感じてしまいます。

 

スポンサーリンク

ペルギウスの使い魔達は、姿の維持も復活も可能な存在?!

ペルギウスの使い魔達は、シルヴァリル以外は全員精霊です。

彼らは、ペルギウスが主となってから環境が変化して行きます。

今までは、使い魔達の姿を保つことが1日しか持ちませんでした。

しかし、ペルギウスが改良を重ね、何百年も維持できる術の開発に成功。

それ以来、ずっと長い年月存在出来る様になったのです。

更に戦闘で死亡してしまった場合、空中城塞ケイオスブレイカーで復活もできます。

主人公ルーデウスは、第二王女アリエルをアスラ王国の国王にする為に奮戦。

そこで、ペルギウスの使い魔達も協力をします。

でも、水神流の最強剣士レイダ・リィアの奥義が発動します。

剥奪剣界の技で、アルマンフィとトロフィモスは瞬殺され消滅してしまいました。

ルーデウスは、騒動の後に、ペルギウスの所に行きます。

彼は、アルマンフィ達が死んでしまった事を悔やみます。

ペルギウスは、表情も変えずにケイオスブレイカーに行けば復活が出来ると告げたのです。

その後、アルマンフィ達は変わりなく、ペルギウスに忠義を尽くしいつもの様に働いています。

ペルギウスの力で使い魔達は、復活できる機能もあって無茶が出来るのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスは空中要塞ケイオスブレイカーの主人??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、巨大な空中城塞ケイオスブレイカーの主です。

彼は、これに乗りラプラスの復活に備えて世界各地を注視し、動向を伺う為に移動しています。

ケイオスブレイカーのスケールが物凄いと解かる描写が多々あります。

少しその説明をしてみようと思います。

 

スポンサーリンク

ペルギウスのケイオスブレイカーは、規格外のスケールを持っていた?!

ペルギウスの所有するケイオスブレイカーは、空中に浮かぶ巨大な城です。

彼は、その城を拠点に生活し、ラプラスの復活に注意しながら世界を見続けています。

ケイオスブレイカーは、アリエルの居るアスラ王国のシルバーパレスよりも大きいです。

しかも、入口から謁見の間まで歩いて1時間掛かる長さを誇っています。

作中では、ルーデウス達は、度々ケイオスブレイカーに訪れています。

その際にペルギウスから貰った笛を吹きます。

すると、轟音のクリアナイトが音を即座に確認。

直ぐにアルマンフィが迎えに来るというスタイルになっています。

この描写だけでもケイオスブレイカーのとてつもない大きさが、ひしひしと伝わってきます。

 

スポンサーリンク

ペルギウスは、ケイオスブレイカーに魔族が立ち入ることを禁止している?!

ペルギウスは、ルーデウス達は歓迎しています。

しかし、魔族が入ることを頑なに禁止しています。

それは、使い魔達も厳しいチェックをしているのです。

ルーデウスの妻であるロキシーは、ミグルド族で魔族と見なされています。

彼女が来ることを快く思っていません。

でも、転移魔法陣の利用は渋々許可をしています。

ただ、例外も存在しています。

ルイジェルドは、スペルド族ですが自分の命を救ってくれた過去があります。

ルイジェルドの人形を発売する際には、許可を出す程です。

ペルギウスは、実は義理に熱い人物なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ペルギウスのケイオスブレイカーは、実はもっと巨大であった?!

ペルギウスが乗るケイオスブレイカーは、元々2倍の大きさがあったと言われています。

それを初代の龍神がケイオスブレイカーにある技を放ちます。

それは、神刀という技でした。

その威力は、ケイオスブレイカーの上下の部分を2つに切り裂きます。

その後、ずっとペルギウスは使用しています。

彼が今使っているのは、初代龍神が分断した下の部分のみを使用しています。

上の部分がどうなっているかわかりません。

もし、それがあればより巨大で無敵の要塞だったのかもしれないです。

ケイオスブレイカーで1つの国が出来そうです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスとオルステッドの関係は!?なぜ龍族同士でも敵対関係にある??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスとオルステッドは、とても仲が良い関係とは言えません。

しかも、将来的に敵対する運命が待ち受けているのです。

どうして、ペルギウスは、そんな状態になっているのか興味津々です。

その背景について語ってみたいと思います。

 

ペルギウスとオルステッドは、同じ龍族であるがあまり仲が良くない?!

ペルギウスとオルステッドは、龍族で同じような容姿をしています。

しかも、2人は前龍門と後龍門の魔術を発動しています。

ペルギウスは、長い詠唱で使用していますが、オルステッドはそれが短いです。

無職転生の作品の中で、ペルギウスとオルステッドの名前は必ず出てくるし登場も多いです。

しかし、2人が直接会う機会は、非常に少ないのです。

まともに対面し、会話した光景は1回しかありません。

それは、ルーデウスが倒した闘神バーディガーディの封印についてでした。

オルステッドは、バーディガーディの封印をペルギウスに依頼します。

その時にペルギウスは、対面してますが淡々と会話し終了。

それぞれ大人の対応をしていますが、とても親密で友好的な雰囲気には見えないです。

その部分についても後程話していきます。

 

ペルギウス、オルステッドに敵視されるのは五龍将である為?!

ペルギウスがオルステッドと敵対関係になってしまうのは、ペルギウスが五龍将の一員であるからです。

オルステッドは、ヒトガミを倒す為に幾度も転生を繰り返していました。

そして、ヒトガミの下に辿り着き殺害する計画をずっと立てています。

ヒトガミが無の世界に居ることを突き止めて行きます。

しかし、そこに到達する為には、とある物が必要となります。

それがペルギウスを含めた五龍将の秘宝だったのです。

これを入手するには、五龍将を殺害。

奪った神玉から秘宝を取り出さねばなりませんでした。

オルステッドは、当初からあまりペルギウスに関わらないのはその様な理由があったからです。

ペルギウスもそれを理解していたのかもしれません。

将来的にヒトガミを倒す為に、オルステッドにとってペルギウスは邪魔になる存在。

ペルギウスがいつか、オルステッドと戦う日はそう遠くはないのかもしれないです。

ペルギウスは、戦ったとしても強大な魔術や優れた12の使い魔が居ます。

簡単には、負けないとは思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスはなぜアリエルに協力!?国王になるための要素とは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、アスラ王国の第二王女であるアリエルが国王になる為に協力をしています。

それは、彼がアリエルに理想の王になる為の答えに納得したからです。

ペルギウスは、どうしてアリエルを応援してくれる事を決めたのか気になってしまいます。

その話をしてみたいと思います。

 

ペルギウス、アスラ王国と深い関わりがあった?!

ペルギウスは、ルーデウスとナナホシの話を聞きます。

それは、アスラ王国の第二王女であるアリエルが国王になりたいので助力したいという内容でした。

ペルギウスは、機会を作りアリエルと対話をします。

彼は、アリエルに王に取って重要な要素は何かと質問します。

アリエルは、色々考えますが答えることが出来ずに失敗。

ペルギウスは、ある思いを抱いていたのです。

かつてアスラ王国の国王と対等に付き合っていました。

しかし、王宮内の醜い利権関係を目撃し、次第に嫌気が差したのです。

それ以来、アスラ王国と距離を置く様になりました。

ただ、ペルギウスには、親友と呼んだアスラ国王のガウニス・フリーアン・アスラの姿がずっと脳裏に焼き付いていたのです。

ペルギウスは、その後、再びアリエルと対面する事になります。

 

ペルギウス、アリエルに協力する事を決定する

それから、4か月後、再びペルギウスの所にアリエルがやって来ます。

ペルギウスは、当初に質問した同じ内容をアリエルにぶつけます。

すると、アリエルは、時間が掛かったが答えを見つけたと発言。

それは、意思を継ぐ事だと堂々と答えます。

更にこの回答が否定されるのなら、もうペルギウスの助力は要らないと宣言したのです。

ペルギウスは、そんなアリエルを見てガウニスの理想とする王の話を思い出します。

彼女の回答とガウニスの理想が重なったと判断。

ペルギウスは、アリエルを認めて協力を約束します。

その後は、アスラ王国に出向き、第一王子グラ―ヴェルを牽制し存在感を見せつけていきます。

シルヴァリル達配下を使い、アリエルを最大限にフォローしました。

そして、アリエルは、無事にアスラ王国の国王に就任します。

その後も、変わらぬ付き合いをする関係となっています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ペルギウスはザノバと仲良し!?きっかけはなに??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、無職転生の作中でザノバととても仲の良い関係になっています。

それは、芸術面で造形が深く気が合ったからです。

ペルギウスは、どうやってザノバと交流を深めて行ったのか知りたいです。

その様子を話していきましょう。

 

ペルギウス、ザノバと会話し好感を抱く?!

ペルギウスの空中城塞ケイオスブレイカーにルーデウス達がやって来ます。

ザノバは、ペルギウスに丁寧に挨拶します。

その直後、彼は、一枚の冊子を取り出します。

それは、ルーデウスの屋敷の地下で見つけた人形の設計図にあった紋章でした。

ザノバは、ペルギウスに紋章について質問します。

ペルギウスは、それは、狂龍王カオスの物だと回答。

そこから、会話がスタートして行きます。

ペルギウスは、人形について興味を抱きます。

ザノバは、人形愛や思いを素直に打ち明けていきます。

すると、ペルギウスは、ザノバを芸術の理解ある人物だと感心します。

更にカオスの作品を見せてやると言いました。

その後、ザノバと意気投合して行くペルギウスがとても面白いです。

 

ペルギウス、ザノバと会話したりゲームをしたり仲を深める?!

ペルギウスは、ザノバと仲良くなり良く会話もして行きます。

ザノバが、ルーデウスとアトーフェラトーフェとの武勇伝に耳を傾けています。

彼の話を上機嫌で楽しそうに聞いている表情を見せています。

また、ザノバがスペルド族の悪評を払う為にルイジェルド人形の感想を聞いていきます。

その際には、自分の命を救った人物だと理解し販売を許可します。

更にルーデウスが土魔術で作成したシルヴァリルの人形も大絶賛。

その数年後は、サンドイッチを食べながらザノバとチェスの様なゲームを楽しそうに遊んでいるのです。

ペルギウスは、非常にザノバを気に入ったのだと思います。

孤高で厳しい表情を見せている彼が、唯一素の部分を正直に見せられる友人が欲しかったのかもしれません。

良好な関係が築けて良かったと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ペルギウスは、強大な魔術と強さがあります。

彼の召喚魔術と結界魔術はオルステッドでも敵わないレベルの持ち主だと思います。

手刀でアトーフェラトーフェを切断する力も持っているので、本気で戦えば強いと驚いてしまいました。

シルヴァリルの有能な配下も居て、とても羨ましいです。

ケイオスブレイカーに乗り、ラプラスの復活の動向を常に注視しています。

そんな中でのザノバとの交流がとても印象的です。

戦いに明け暮れていたペルギウスにとっては、刺激的だったのかもしれません。

オルステッドとは、いずれ敵対し戦う運命を持っています。

が、個人的には戦わないで生存してもらいたいです。

厳格ですが、ルーデウスやナナホシを助ける兄貴肌の様な面もあって大好きなキャラクターです。

ペルギウスの過去の話や、更なる活躍を見てみたい気がします。

シルヴァリルと一緒になれば面白いなと思っています。

ペルギウスにはとても魅力があります。

無職転生の作品を見て行けば、理解できるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA