スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスは何度も死亡の危機に!!窮地をどう脱した??彼の最後はどうなる??

スポンサーリンク

無職転生の主人公ルーデウスは、何度も生命の危機を迎えています

その度に強運なのか、死亡回避に成功している持ち主なのです

彼の最後がどうなって行くかも興味津々です。

それでは、その詳細について話をしていきましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】北神流を使う敵との初めての殺し合い!!ルーデウスVSエリスの誘拐犯!?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、少年時代にエリスの誘拐犯の中にいた北神流の使い手と戦っています

彼は、そこで命を失いかけています。

この戦いについて話していきましょう。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、エリスの信用を得る為に誘拐事件を提案する?!

ルーデウスは、ボレアス家の家庭教師としてエリスの面倒を見ることになりました

しかし、エリスは、年下の彼を見て教わりたくないと大激怒。

彼女の我儘放題で、気性の荒い性格は、ルーデウスの入る余地が全くありません

そこで、ルーデウスは、エリスの父親であるフィリップと相談。

誘拐事件を発生させて、自分とエリスを誘拐してもらう事を提案します。

そして、ルーデウスは、エリスの目の前で実力を見せて誘拐犯を倒す姿を見せる作戦を語っていきます。

魔術の強さを見せれば、流石のエリスも納得するだろうと確信したのです

フィリップは、執事のトーマスにその手配をさせます。

こうしてルーデウスとエリスは、誘拐されてしまいました。

しかし、この大掛かりな誘拐騒動がルーデウスの命の危機を迎えることになっていくのです。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、北神流の剣士と対決し殺されそうになる

ルーデウスは、エリスと共に誘拐されました。

しかし、打ち合わせと違い違和感を覚えます

それでもエリスを連れて、誘拐犯に監禁されていた場所から脱出。

ボレアス家のあるロアの街に向かいます。

ルーデウス達は、戻ってこれて安心します。

が、到着した瞬間にエリスが再び誘拐犯達に攫われてしまったのです

ルーデウスは、エリスと誘拐犯達を発見しました。

彼は、岩砲弾等の魔術を使いエリスを救います

しかし、1人の誘拐犯は、剣を使い、岩砲弾を切り落とし追いかけてきます。

火球や泥沼の魔法を使い、足止めして逃亡します。

が、ルーデウスに向かって剣が放たれます。

彼は、父親のパウロから以前教わった事を思い出します。

北神流の剣術使いは、状況に応じて臨機応変に対処する事が得意

特に剣を投げて突き刺す事を得意とすると説明されていました。

ルーデウスは、誘拐犯が北神流の剣士であったと理解します。

でも、向かってくる剣が避けられないと死を覚悟します。

その寸前に、ギレーヌが助けにやって来ます。

彼女は、剣神流の奥義・光の太刀を放ちます

ルーデウスに直撃する剣と共に、北神流を使う誘拐犯の首を刎ね飛ばします。

これは、執事のトーマスが企てた誘拐事件でした

エリスを変態貴族に売る為に、手引きをしていた本当の誘拐事件だったのです。

ルーデウスにとっては、初めての殺し合いでした。

もし、ギレーヌが助太刀に来てくれなければ、きっと死んでいた可能性は非常に高かったでしょう。

生きていたとしても、無傷では済まなかった筈です。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】赤竜の下顎で作中最大の危機!?ルーデウスVS龍神オルステッド!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、赤竜の下顎で龍神オルステッドと遭遇

圧倒的な力で敗北し、ここで殺害されています

が、ナナホシの提言でオルステッドに治癒を施されて復活しています。

ルーデウスが、死んだのにどうして生き返ることが出来たのか非常に気になります。

その一部始終を述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、赤竜の下顎で龍神オルステッドと戦う事になる?!

ルーデウスは、エリスとルイジェルドと共に魔大陸で冒険者パーティ・デッドエンドを結成。

フィットア領に帰還する為に旅を続けて行きます。

彼らは、赤竜の下顎付近を通過しようとします。

するとそこに凄まじい威圧感を放つ1人の男と若い女性とすれ違います

エリスとルイジェルドは、男を見て恐怖を覚えます。

男は、ルーデウス達に声を掛けてきます。

その者は、七大列強の1人である龍神オルステッドだったのです

彼は、ルーデウス達にヒトガミを知っているかと質問。

ルーデウスは、素直にそうだと回答します。

すると、オルステッドの表情が急変します。

ヒトガミに関わる者は、容赦できないと殺意を剥き出しにしてきたのです

 

スポンサーリンク

ルーデウス、龍神オルステッドに殺害される?!

エリスとルイジェルドは、オルステッドを危険と判断し攻撃を開始

オルステッドは、ルイジェルドを殴り飛ばし気絶させます。

エリスは、オルステッドに最速で切り掛かります。

しかし、水神流の奥義・流で受け流されてダメージを受けました。

ルーデウスは、石砲弾や火魔術で応戦。

でも、乱魔で魔力をかき消されて、前龍門の魔術で吸い取られてしまいます

そして、オルステッドに素手で胸を貫かれてしまいました

ルーデウスは、その場で即死してしまったのです。

ルーデウスの魔術が全く通用しません。

オルステッド、恐るべき存在です。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、龍神オルステッドに回復されて復活を遂げる

ルーデウスは、龍神オルステッドに圧倒的敗北。

殺されてしまった事を理解します。

死ぬ前に故郷に戻りたかったと、様々な記憶が走馬灯のように駆け巡ります。

ふと、目覚めると不安そうに見つめるエリスの顔が見えました

ルーデウスは、オルステッドに貫かれた胸の傷が回復していることに驚きます

エリスは、事の詳細を彼に伝えて行きます。

ルーデウスは、確かに殺されました。

しかし、傍にいた女性ナナホシが彼を活かしておいた方が後々良いと提言

オルステッドは、溜息を付きながらもその意見に納得します。

そして、ルーデウスの傷を治してその場から去って行ったのです。

一度は、失ってしまった命がまた戻るのは奇跡としか言えません。

ナナホシの助け舟に感謝です。

ルーデウスは、数年後、再びオルステッドと戦う事になります

その話は、また後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】転移の迷宮での死闘!!ルーデウスVS  魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、転移の迷宮で魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)と戦っています

辛くも勝利しましたが、身体にダメージを負ってしまいました

その内容について触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、転移の迷宮で魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)と対峙する

ルーデウスは、父親パウロと奇跡的に再会を果たします

彼から、フィットア領転移事件で行方不明になった母親のゼニスがいる場所を突き止めたと聞かされます。

ベガリット大陸の迷宮都市ラパンに存在する転移の迷宮にいるとの情報だったのです。

ルーデウスは、パウロに従いゼニスの救出に向かいます

以前パウロが結成した冒険者パーティ・黒狼の牙の元メンバーであるギースやタルハンド、エリナリーゼも同行。

ルーデウスの魔術の師匠であるロキシーも参加します。

ルーデウス達は、転移の迷宮を進んで行き、1番奥の大きな部屋に到達。

その中に入ると、巨大な魔物を発見します。

エメラルドグリーンの鱗を持ち、9本の首を持った巨大なドラゴンが居たのです。

それは、魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)でした

その後ろには、緑色の魔力結晶があり中にゼニスが閉じ込められていたのです

ロキシーは、魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)が第二次人魔大戦の頃に存在。

絶滅したと言われている魔物を見て驚愕しています。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)に勝利するも左手を失う

ルーデウス達は、ゼニスを救出する為に魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)と戦います。

果敢に攻撃を仕掛けて行きますが、苦戦します。

体は、赤竜の2倍もあり、表面の皮は、魔術を悉く無効化。

更に9本の首が、ルーデウス達を翻弄して行きます。

首を切断しても、直ぐに再生する驚異的な能力があったのです

それでも、ルーデウスは、仲間達と協力し少しずつ魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)にダメージを与えて行きました。

そして、傷口を焼き最後の首だけとなりました。

ルーデウスは、倒す最大のチャンスと理解。

反射的に自分の手を目の中に突っ込みます。

火傷するような熱さを感じながらも、岩砲弾の魔術を発動します。

そして、魔石多頭竜の退治に成功しました。

しかし、ルーデウスは、左手を失ってしまいます

瞼に就いた鱗で皮と肉と骨を砕かれ、ちぎり取られたのです。

更に彼は、とても大切な者も失ってしまいました。

それは、父親のパウロだったのです。

パウロは、ルーデウスを魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)の攻撃から守ってくれました

その影響で、体を切断されて死亡

勝利の代償は、あまりにも大きかったのです。

パウロが身代わりとなってくれなければ、ルーデウスは生存していなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】廃村での因縁の再戦!?ルーデウスVS龍神オルステッド!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、大人になり再び龍神オルステッドと廃村で再戦しています。

ここでも、敗北してしまいました

彼は、オルステッドの圧倒的な力で死にそうな目に合っているのです。

2回目となる戦いがどうなってしまったのか、気になって仕方ありません。

その部分について話をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、ヒトガミの助言で龍神オルステッドと戦う事になる?!

ルーデウスは、成長しシルフィと再会して結婚しました。

しかし、ある日、ヒトガミが夢の中に登場。

龍神オルステッドを殺害しないと、家族に危険が及ぶと脅しを掛けます

彼は、仕方なくヒトガミのお告げに従う事を決意します。

オルステッドを倒す為に、ザノバ達の力を借りて魔導鎧を作成

様々な準備をして行き、戦う場所を魔法都市シャリーアからだいぶ離れた郊外の廃村を選択します。

ルーデウスは、手紙を使い、オルステッドを呼び出したのです。

全ては、家族を守る為の闘いが始まろうとしていたのです

 

スポンサーリンク

ルーデウス、善戦するも致命傷を負う?!

ルーデウスは、オルステッドを誘き寄せます。

彼は、全力で雷光や轟雷積層雲等の魔術を発動

更に開発した魔導鎧のガトリング砲で果敢に攻めて行きます。

しかし、オルステッドは、ルーデウスの右腕を斬り、魔導鎧を破壊。

この戦いでも致命傷を負ってしまいました。

ルーデウスは、オルステッドと戦ったのはヒトガミのお告げがあったからと告白します。

そして、自分はどうなっても構わないので家族の命は助けて欲しいと懇願しました。

でも、オルステッドは、ヒトガミに関わる者達は容赦なく滅ぼすと断言。

ルーデウスは、泣きながらも彼の足に必死に噛みつきます。

この戦いでは、1回目の時と違いかなり善戦。

オルステッドを傷付けている過程は、彼の成長を見ることが出来ます。

その内容を知りたい方は、無職転生の小説を読んで頂ければ良く解かる筈です。

 

スポンサーリンク

ルーデウス、オルステッドに敗北宣言し、命を救われる?!

ルーデウスに死が迫る中、1人の女性が乱入しました。

それは、剣の聖地に修行に行っていたエリスだったのです

彼女は、磨き上げた剣神流の剣技と、師匠ガル・ファリオンから教えてもらった戦術やアドバイスを実行。

それでも、彼女の力でオルステッドを倒す事は不可能でした。

しばらくするとシルフィやロキシーも加勢にやってきます

オルステッドは、それを見て溜息を付き、ルーデウスにある提案をします。

それは、ヒトガミを裏切り、自分の味方になれという内容だったのです

それを受け入れれば、ルーデウスの家族を守ることを約束。

生活も困窮しない様に資金援助する事も話して行きます。

ルーデウスは、オルステッドの配下になる事を決断

こうして、ヒトガミとの縁が切れてしまいました。

もし、エリスが助太刀に来なければ、命は無かったでしょう。

そのまま抵抗を続けていれば死んでいたのかもしれません。

ルーデウスは、家族を守る為にオルステッドの軍門に下ったのは屈辱的だったと思います。

しかし、この選択が彼の人生と世界の歴史を変えて行くことになるのです。

ルーデウスは、強き運命の持ち主です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】急襲で斬られる!?ルーデウスVS北神アレクサンダー・C・ライバック!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、北神アレクサンダー・C・ライバックに吸収されています

しかし、彼はアレクサンダーからは攻撃を受けていません。

一緒にいた元剣神であるガル・ファリオンの斬撃を受けてしまいました

致命傷を負いましたが、何とか生きていたのです。

何故、ルーデウスは、アレクサンダーの急襲を受けることになってしまったのか興味深いです。

その点について、説明してみましょう。

 

ルーデウス、アレクサンダー達の急襲を受ける?!

主人公ルーデウスは、ヒトガミのお告げに従うギースと戦う為にビヘイリル王国に向かいます。

彼は、スペルド族の村に行き首都に戻ることになりました。

村を出て、ガリクソンとサンドルという騎士達に警護されて地竜の谷に近づきます。

ルーデウスは、桟橋を渡りますがある事に気づきます

何故か、前方にいるガリクソンとサンドルに挟み撃ちにされていたからでした。

するとガリクソン達の姿が変化して行きます

彼らは、アスラ王国に伝わる変装の魔道具である指輪の力で変装していたのです。

その姿は、元剣神のガル・ファリオンと北神カールマン三世・アレクサンダーだったのです

ルーデウスは、狭くて足場の悪い状況で追い詰められてしまいました。

 

ルーデウス、ガル・ファリオンの斬撃で谷底に落とされたが無事だった?!

ルーデウスは、魔導鎧一式を召喚しようとします。

しかし、ガル・ファリオンの一撃で両腕を切断。

それでもルーデウスは、生きる為に逃亡しようとします。

が、ガル・ファリオンの容赦ない斬撃が襲い掛かります。

彼の剣神流の最大奥義・光の太刀が背中を切り裂きます

ルーデウスは、魔導鎧を制御できずに、地竜の谷に落下して行きました。

でも、ルーデウスは、ドーガによって命を救われています

ルーデウス、死んでいてもおかしくない状況でした。

死なずに済んだのは、ガル・ファリオンの使っていた武器がビヘイリル王国の配布される剣だった事

更に、ルーデウスの着用していた魔導鎧の強度が頑丈だったからです。

ガル・ファリオンの使用した剣は、根元から折れていました。

もし、持っていたのが魔剣だったら、ルーデウスの命は無かったのかもしれません。

 

ルーデウスに攻撃を仕掛けなかったアレクサンダーには、理由があった?!

ルーデウスを攻撃して谷底に落としたのは、ガル・ファリオンでした。

しかし、一緒にいたアレクサンダーは、一切攻撃をしていません。

彼は、ルーデウスを逃がさない様に退路を塞いでいただけです

そして、アレクサンダーは、ガル・ファリオンにその役目を譲ったと発言している光景があります。

自分の七大列強の順位を上げる事ではなく、父を超える英雄になる事が目的だと告げているのです。

もし、アレクサンダーがガル・ファリオンと一緒に容赦なく攻撃していたのなら、ルーデウスは死亡したでしょう。

アレクサンダーが攻撃しなかった事が、ルーデウスの存命に繋がったのかもしれません

ルーデウスの強運は、凄いです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの最後は老衰!?彼はどう生き何を残した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスの最後は、老衰で亡くなります

74歳で彼の人生は、幕を閉じます。

彼の生き様は、世界を自分の都合の様に乱すヒトガミを封印する将来に繋がって行きました。

ルーデウスは、生前、オルステッドの配下となり世界各地を駆け回ります。

ヒトガミの野望の阻止や、ラプラスの復活に備えて様々な活動に取り組んで行きました

彼の行動は、歴史の改変やヒトガミを封じる未来に自然に結びついたのです。

ルーデウス自身は、よく理解していませんが異世界に最大の偉業や功績を与えています。

彼は、家族に囲まれて死亡

葬儀には、5000人が参列したそうです。

その中には、上司であるオルステッドも参列したと言われています。

個人的にルーデウスが、戦いで戦死するという結末を迎えずに済んで安心しています。

前世と違い、家族と世界の為に全力で生きた彼の死は、穏やかでした。

彼の人柄や生き方は、本当に素敵だったとしか思えません。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ルーデウスは、無職転生の作品内で何度も死にかけてしまう経験をしています。

でも、その度に乗り越えて復活して行くので強い運を持つキャラクターです。

幼少の頃から、北神流の剣士に殺されそうになったり、2度も龍神オルステッドに殺され掛けています。

その際に、誰かの助言や助太刀に救われていて奇跡を起こしているから驚きです。

どんな状況に陥っても諦めず、懸命に足掻く彼の姿は応援したくなります

彼が死んでしまえば、世界を変化させる事が出来なかったでしょう。

ルーデウスの本気で全力で生きた結果が、良い方向に結び付いたのかもしれません。

彼の死が、誰かに倒されるという結果にならなくて良かったです。

ルーデウス、最強の主人公過ぎます。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA