スポンサーリンク

【無職転生】ドーガは強さと情熱を兼ね備えた野獣!?恋の行く末はどうなる??

スポンサーリンク

無職転生の物語に登場するドーガは、温厚で心優しき性格の持ち主です。

しかし、戦いになるとその巨体と怪力で敵を倒す驚異的な強さを持っています

そんな彼は、1人の女性に恋をしてしまいます

次第に心境に変化が発生して、ある行動を起こしてしまったのです。

そんなドーガの辿る道を紹介していきましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガのプロフィールは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、北帝の称号を持つ北神流の戦士です。

戦斧を武器に戦い、豪快な一撃を放っていきます

無口で目立たない性格の持ち主です。

大柄な体格で、身長は2メートル以上ある男性です。

仕事に対して誠実で、真剣に取り組んで行く姿勢が作中で見られます。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ドーガはアスラ七騎士の北帝!!その強さは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、アスラ七騎士で、北神流の北帝の称号を持っています

彼が戦いで見せる強さは、人族以上の強力なパワーを見せています。

小さな村に生まれ育ったドーガが北帝の座に就き、その強さを得たのか興味津々です。

それでは、その部分について話をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ドーガ、シャンドルの弟子となり北神流の北帝の称号を獲得する!

ドーガは、アスラ七騎士として王の扉の門番を担当する事になりました

彼をそのポジションに推挙したシャンドルは、再びある話をしようとやって来ます。

実は、シャンドルの正体は、北神流の二代目北神アレックス・カールマン・ライバックだったのです

アレックスは、シャンドルの名前を名乗り、世界各地を放浪。

そして、自分が身に付けた北神流を教えていたのです。

アレックスは、ドーガの戦いぶりを見て才能を感じます。

そんな彼は、ドーガに北神流を学ぶように勧めます

ドーガは、それを素直に受け入れました。

それから、ドーガは、正式にアレックスの弟子となり、門番の業務を行いながらも修行に励みます。

彼の才能は開花し、北帝の称号を獲得しました。

ドーガの努力がそれを可能としたのです。

シャンドルにスカウトされた話は、後ほど語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

ドーガは、地竜達を一撃で殺害できる驚異的なパワーの持ち主だった!

ドーガの恐ろしい強さが描かれている場面があります。

それは、主人公ルーデウスがギースと戦う為にビヘイリル王国を訪れます

ギース側に味方した元剣神ガル・ファリオンの一撃を受けて、地竜の谷へ落下してしまいました。

ルーデウスは、気を失ってしまいます

その後、時間が経過し、目覚めます。

するとルーデウスの傍に1人の男が居ました。

それは、ドーガだったのです。

彼は、ルーデウスを救出する為にやって来たのです

ルーデウスは、ドーガに質問します。

ドーガは、落下した光景を見たので助けに来たと言いました。

ルーデウスは、ドーガに感謝の言葉を述べます。

すると、ドーガの斧に真っ赤な血が付いていたのを発見。

更に、その周辺に地竜が3匹死骸となっていたのです

ルーデウスは、ドーガに何があったのかと再び聞きました。

ドーガは、自分がルーデウスを守る為に戦って殺したと告げたのです。

その後、ドーガ達は、魔導鎧の場所まで向かいます。

その道中、再び地竜と遭遇します。

ドーガは、地竜を一撃で倒しました。

愛用の巨大な斧を一振りして、地竜の頭を吹き飛ばす程の威力を見せています

ドーガの力は破壊力高すぎです。

味方にすればとても頼もしいですが、敵にしたら恐ろしいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガの出世??なぜ王都アルスの門番から王の門番になった??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、王都アルスの門番から王の間の扉の門番に昇格しています。

これは、ドーガに取って出世とも言えるのではないのでしょうか。

しかも、王の門番になったきっかけは、ある人物と出会ったからでした

ドーガが、王の門番に登り詰めた道のりがとても興味深いです。

その内容について述べて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ドーガ、村の門番から王都の小さな門番になる

ドーガは、アスラ王国のドナーティ領の小さな村で誕生。

彼の父親は、村を守る兵士でした。

ドーガが5歳になった時、妹が生まれます。

しかし、出産後、彼の母親は死んでしまいました。

深い悲しみを受けて、泣き出してしまいます。

ドーガの父親は、彼にこれから妹を守ってくれと頼みます

純粋なドーガは、素直にそれに従います。

それから、家の門や村の門を黙って守り続けて行きます。

ある日、多くの魔物達が大暴走を起こし、ドーガ達の村に襲来します

ドーガは、戦いで父親を失います。

でも、ドーガは、勇猛果敢に木こり斧で応戦して行きます。

そして、魔物達を全滅させたのです

村を助けにやって来た騎士が、ドーガの強さを見ました。

騎士は、ドーガを王都の守備隊に推薦します

ドーガは、両親も亡くなり妹を養っていくのは自分しかいないと覚悟を決めます。

そして、王都に妹と共に引越しします。

彼は、スラムと下級市民街を隔てる小さな門の門番を担当する事になったのです。

 

スポンサーリンク

ドーガ、盗賊団を全滅させて昇進し、別の門を守ることになる

ドーガは、愚直に自分の与えられた任務をこなしていきます。

彼は、純朴な性格と妹を大事にする態度を見られて仲間の兵士達に熱い信頼を受けて行くようになりました。

小さな門番となった2年目にある大事件が起こります。

深夜、ドーガが守る門に1人の女性が逃げてきます

助けを求められた彼は、判断に迷ってしまいます。

すると、険しい顔をした男達が女性を寄こせと怒鳴って行きます。

一緒に当直を担当していたハンスは、居眠りをしていました。

困惑するドーガを見た女性は、その脇を通り抜けようとします。

ドーガは、女性の襟首を掴み戻し、通過を許しません

彼は、夜の間は誰も通さないという使命を全うしたのです。

今度は、男達がドーガに襲い掛かってきました

ドーガは、戦斧を振るいます。

すると男達は、全員殺されます。

ハンスは、物音に気づき起きます。

そこには、血まみれのドーガが仁王立ちしていました。

男達を確かめると、下級市民街で大暴れしていた盗賊団の一味だったのです

ドーガは、この活躍が認められて昇進。

今度は、中級市民街から下級市民街を繋ぐ門を守る兵士にレベルアップしたのです

妹の為に必死で業務をこなすドーガが素敵です。

一生懸命に任務に取り組む彼の姿勢が真っ直ぐ過ぎて痺れます。

 

スポンサーリンク

ドーガ、アリエルの戴冠式で王城の勝手口の門番を担当する事になる

ドーガは、真面目に門を守り続けて行きます。

妹は、同僚のハンスと結婚しました。

1人になったドーガは、父親の言いつけを守り通し、門を守る必要が無くなりました。

しかし、それでもドーガは、門を黙って守り続けて行きます。

ある日、アスラ王国の国王となったアリエルが戴冠式をすると宣言

戴冠式は、数日間続くお祭りでした。

ドーガ達兵士は、給料も上がり別の重要な場所の警備を担当する事が決まります。

ドーガは、ハンスと共に妹に何か買ってあげる為に喜んで働きます。

そして、王城の勝手口の門番の仕事をしていきます

通行許可証を持った使用人が通り抜ける門を、しっかり守護していきます。

でも、数日後、ドーガの運命を変える事件が発生してしまいます。

 

スポンサーリンク

ドーガ、男と戦い門を必死に守り気絶する

ドーガは、他の兵士達と勝手口を守っていました。

すると1人の男がやって来ます。

古い鎧を装着していて、長い棒を持っていた男は、アリエルに謁見したいから通して欲しいと告げます。

兵士達は、許可証が無いと通行不可能だと断ります

すると男は、強行突破を開始します。

不規則で軌道の読めない動きで棒を使い、兵士達を倒します

しかし、ドーガだけは倒れなかったのです。

男の棒は、ドーガの急所にヒットして行きます。

それでも、ドーガは立ち続けて門を守ります

彼の攻撃は、不思議と男に当たりません。

男は、タフなドーガを見て歓喜したのです。

こんな人物が兵士で居るのは、素晴らしいと発言。

門を通るのを止めると言います

同時に、男は、ドーガに自分の弟子になれば強くなると誘ってきたのです。

攻撃に耐え続けてきたドーガは、男が門の通過を諦めたと理解します。

そして、立ったまま気絶してしまったのです

そして、目覚めるとそこには、男が居ました。

男は、兵士達に囲まれながらドーガの斧を持って門を守っていたのです

ドーガの絶対門を守るという強い信念が伝わってくる光景です。

そして、男の攻撃に耐え続けたドーガの体力も凄いとしか言えません。

 

スポンサーリンク

ドーガ、アリエルの所に連れて行かれて王の間の扉の門番となる

ドーガは、男の名前がシャンドルだと知ります

シャンドルは、ドーガに付いてこいと命じます。

彼は、今度は許可証を見せて通過して行きました

ドーガは、シャンドルと共に王城の中に入って行くと、金髪の女性と対面することになります。

ドーガは、その女性が戴冠式をするアリエルだと知り、膝を付いて礼をしました

緊張の最中、アリエルと会話をして行くことになります。

アリエルは、ドーガが妹を守る為に仕事をしてきた事を立派だと褒め称えます。

彼女は、今度は妹とその夫であるハンスを守ることを目的にすれば良いと提案。

そして、今度は自分も守ってくれないかと懇願します。

更に、国も家族も守れるので、忠誠を誓ってくれと言葉巧みに誘ってきたのです

ドーガに断る理由はありません。

彼は、素直に従います。

その場で、アスラ七騎士の1人に任命されました

それから、王の間の扉の門を担当する事になってしまったのです。

ドーガの出世物語が凄まじいです。

出世欲が無いのにアリエルの傍に仕えるサクセスストーリーは、羨ましいです。

彼の純粋で素直で、国と家族を愛する思いが認められたのは当然かもしれません。

ドーガにしかできない大役です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガをスカウトしたのはシャンドル!?二人の出会いは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、シャンドルに自分の教えている北神流の弟子にならないかと誘っています。

そんな2人は、王の勝手口の門で出会いました

シャンドルは、通行証を持たずに王女アリエルに会いに行こうとしていました。

門を守る為に必死で阻止するドーガは、彼と戦います。

シャンドルは、攻撃しても倒れないドーガに興味を抱きます

彼の体力と頑丈さに、アスラ七騎士に相応しいと認識。

北神流の剣術を教えれば、より強くなる素質を感じたのかもしれません。

シャンドルのお陰で、ドーガはアリエルと出会うことが出来ました。

そして、イゾルテと結婚する事にもなりシャンドルは

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガはルーデウスと共に鬼神マルタと交戦へ!!勝負はどうなった??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、ルーデウス達と共に鬼神マルタと戦っています

怪力を誇る彼もマルタに苦戦しています。

しかし、戦いは、アトーフェの介入で中止となり、ドーガは命拾いします

何故、この様な結果になってしまったのか信じられません。

その状況を少しずつ見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ドーガ、ザノバと共に戦うも鬼神マルタに攻撃が効かない?!

ルーデウスは、ギースと決着を付ける為にビヘイリル王国に向かいます。

そこでアレクサンダー・カールマン・ライバックと出会い戦闘に突入します。

ドーガは、ザノバと共に鬼神マルタの相手をします

ザノバは、近くの木を引き抜いて殴りつけて行きます。

ドーガもマルタの体に強大な斧を何回も叩きつけて行きます。

しかし、ドーガの攻撃は通用しません

マルタは、傷が付かない耐久力があり頑丈だったのです。

強いドーガの攻撃が効果が無かったのは、とても衝撃的です。

 

スポンサーリンク

ドーガ、追い詰められるもアトーフェに救われる?!

ドーガは、諦めずにマルタに攻撃を仕掛けて行きます。

でも、その度にマルタは、ドーガを吹き飛ばして行きました。

容赦ないマルタの攻撃に、ドーガの兜は外れ、鎧も凹んで行きます。

頭から出血し、満身創痍の状態

それでも、斧を手放さずに挑み続けます。

ルーデウスの回復を受けながらも戦いますが、マルタにぶん殴られて次第に追い詰められて行きました。

すると、不死魔王アトーフェラトーフェが乱入

彼女は、マルタに対し鬼ヶ島を制圧したと叫びます。

従わなければ、仲間達を皆殺しにすると撤退を命じます

マルタは、仕方なく戦いの場から姿を消しました。

ドーガの生命の危機を迎えた事が、悪夢の様でした。

強きドーガを圧倒する存在が居たことが、衝撃的過ぎます。

アトーフェの助力が無ければ、命を失っていたかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガはイゾルテに完敗!!なぜ恋に発展した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、イゾルテに敗北した過去があります

それがきっかけで、彼は、イゾルテに恋心を抱く事になります

ドーガは、何故そんな気持ちになってしまったのか知りたいです。

イゾルテに恋する状況を見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ドーガ、シャンドルの提案でイゾルテと試合をする事になる

ドーガは、アリエルの命でアスラ七騎士の1人になります。

王の門番として、左翼の三騎士として名が轟くようになりました。

彼は、王の間の扉の門を守り始めた時に、イゾルテと出会います

ドーガは、アリエルに与えられた仕事に誇りを持ち忠実に努めて行きます。

そんな中、自分が任せられる者にしか王の間の扉を担当させないと決意。

その人物が現れない限りは、役目を交代する考えはありませんでした。

それを見かねたシャンドルは、ある事を思いつきます。

イゾルテとドーガを呼び出して、試合を始める準備をしたのです

この試合結果が、ドーガの運命を変化させてしまいます。

 

ドーガ、イゾルテを認めると同時に恋心を抱く

ドーガは、水神流の剣士であるイゾルテと試合を始めます。

その当時、北王の称号を持っていたドーガは、本気を出して戦いに挑みます。

しかし、その攻撃は、イゾルテに回避されていきます

水神流は、防御とカウンターをメインにした剣術です。

相手の攻撃に速やかに対処でき、攻撃の意志や殺気には敏感に反応できました。

イゾルテに取っては、ドーガはとても倒しやすい楽な相手だったのです。

結局、ドーガは触れることが出来ず完敗しました

その結果を受け入れ、イゾルテが自分の代わりを務めるに相応しいと判断。

そう認めたと同時に、彼女に恋をしてしまったからです。

ドーガも強い筈ですが、流派の相性があまり良くなかったのかもしれません。

でも、この敗北がイゾルテという素敵な女性と縁を結ぶことになって行くのです

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガのプロポーズ!!1回目は道場で??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、イゾルテに第1回目のプロポーズを水神流の道場に来てしています

それは、彼がイゾルテが結婚するかもしれないと不安になり起こしたアクションでした。

どんな気持ちでイゾルテに求婚したのか述べて行こうと思います。

 

ドーガ、礼服に身を包み花束を持ち道場へ向かう

ドーガは、イゾルテが婚活をしていた事を知っていました

しかし、連敗続きの彼女が遂に結婚するという噂を聞き、次第に落ち着かなくなります。

ドーガは、自分の気持ちを伝えようと決断します。

騎士の礼服に着替え、大きな花束を準備。

そして、イゾルテの屋敷内にある水神流道場に向かいます。

道場の門下生達は、ドーガを見て大騒ぎしました。

それは、ドーガの体格を見て道場破りが来たと勘違いしたのです。

騒ぎを聞きつけて、イゾルテは、道場内にやって来ました。

 

ドーガ、第1回目のプロポーズは失敗に終わる

ドーガは、イゾルテと対面します。

突然の訪問に驚くイゾルテに対して、彼は、結婚してくれとプロポーズしたのです

困惑するイゾルテは、場所を変えてドーガと話をしに行きます。

イゾルテは、ドーガの気持ちや身の上話を静かに聞いて行きます。

しかし、彼女の出した答えは、断るという選択でした

イゾルテは、ドーガに自分は王女アリエルの紹介で王族と結婚する段取りになっている事を打ち明けます。

更に、ドーガは自分と同じアリエルの下で働く騎士。

アスラ国王の意向には逆らえないと告げたのです。

ドーガは、静かにそれを受け入れて去って行きました。

ドーガのド直球なプロポーズは、嫌いではありません。

彼が花束を持って帰る光景は、少し哀愁が漂っています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガのプロポーズ!!2回目はアリエルの執務室で??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、第2回目のプロポーズをしました

しかも、した場所がアスラ王国の国王となったアリエルの執務室だったのです。

ドーガはとても度胸のある人物です。

何故、彼は、一度断られた相手に果敢に再度告白したのか注目してしまいます。

2回目のプロポーズの行方について語って行きましょう。

 

ドーガ、アリエルに騎士を辞めると訴えた?!

翌日、イゾルテは、アリエルの呼び出しを受けました。

執務室に行くと、花束を持ったドーガが何故か居たのです。

アリエルは、イゾルテに話を始めました。

ドーガからイゾルテにプロポーズした話も聞いたが、受け入れてもらえなかったのでアスラ七騎士を辞任するという話をしたと言います

イゾルテは、その内容に驚き、言葉を失いました。

ドーガは、アリエルを守ることがアスラ王国を守護して行くことになる重要さを理解していました。

こんな自分でも、アリエルとアスラ王国も大好きだし守っていきたいと本心を打ち明けました

しかし、意向には逆らえないのは悲しいと話を始めて行きます。

それでも、イゾルテは特別な存在で愛している女性。

これからは、アリエルの騎士を辞めてイゾルテを守り続けたいと発言しました

 

ドーガ、イゾルテのプロポーズに成功する!

イゾルテは、戸惑いながらもドーガを見て行きます。

自分は、今までイケメンが好きで王族と一緒になる為、自分磨きに精を出していました。

しかし、水神流の掟がずっと邪魔をしていたのです。

水神の称号を持つ彼女と結婚すると、相手は名字と家を捨てる条件がありました

直前で何度も駄目になってしまっていたのです。

でも、心境が変化して行きます。

自分と同じ実力を持ち、ドーガの顔もそんなに悪くないと考えを改め始めたのです。

そして、身分を捨ててまで一緒になりたいというドーガの気持ちがよく理解できました。

アリエルは、イゾルテに王族の見合い話は無視しろと宣言。

ドーガは、イゾルテに再度プロポーズしました

イゾルテは、OKを出しました。

こうして、ドーガは、イゾルテと結婚する運びとなります

ドーガのプロポーズが上手くいって本当に良かったです。

この光景は、少し嬉しくて涙が出てしまいました。

ドーガの熱くて一途な思いが、胸に響きます。

イゾルテも遠回りしてきましたが、全てはドーガと結婚する為の試練だったのかもしれません。

因みにドーガは、アリエルの巧みな策略と話術で引き続きアスラ七騎士の任務に就いています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ドーガはついにイゾルテと結婚!!子供はいる??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、イゾルテとめでたく結婚しました。

子供も生まれ、女の子が1人居ます

結婚するまでは、交際期間を1年かけて付き合ったみたいです。

ドーガの事をダーリンとイゾルテは呼んでいる様です

仲睦まじい様子が見れて幸せな気分です。

ドーガは、美人の奥様をゲット出来て羨ましいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ドーガは、寡黙ですが心優しく真面目な人物です。

彼の様なキャラクターを見ると穏やかになってしまいます。

でも、戦う時のギャップの激しさが違います。

一撃で魔物達を倒す強さもあり、カッコ良いです。

妹を守る為に決意した場面は、涙なしでは語れません

村の門番からの出世物語が、もう彼の誠実さと強さをより一層魅力的にさせてくれています。

盗賊団を倒したり、シャンドルとの戦いは、もう伝説級なんじゃないかと感じてしまいます。

イゾルテを大好きになりプロポーズする光景は、素敵としか言いようがないです。

断られても再度挑む所は、彼なりの思いや言葉が聞けて心が温かくなりました

本当にイゾルテと結婚出来て良かったです。

ドーガが綺麗なお嫁さんと子供と、幸せな人生を歩んでくれればとても嬉しいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA