スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】タケミチは最終話で死亡する?数々の死地を乗り越えたタケミチの壮絶な人生とは!?

スポンサーリンク

本記事は東京リベンジャーズ主人公・花垣武道(タケミチ)のタイムリープについての総まとめです。

何のためにタイムリープしたのか、何回目のタイムリープで何が起きたのか、そしてその結末をエピソードごと時系列順にまとめながら、壮絶なタイムリープ人生を一気に振り返っていきます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】タケミチの目的とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

タケミチのタイムリープの目的は、犯罪組織「東京卍會」の抗争に巻き込まれ死亡する橘日向(ヒナ)を救うこと。

同じくヒナを救いたいと願うヒナの弟・橘直人(ナオト)をトリガーとして12年前の時代にタイムリープし、元凶である「東京卍會」との交流を通してヒナ死亡や東卍の犯罪組織化に至る悪因を取り除いていきます。

またタイムリープを通し東卍総長マイキーを知るにつれ、目的はマイキーを救うことへと発展していきます。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】タケミチ最初の死亡とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

最初のタイムリープはヒナ死亡のニュースを聞いた後、バイト帰りに誰か(後にアッくんと判明)に線路に突き落とされ、死を覚悟した瞬間に発現しました。

 

1回目:2017年7月4日→2005年同日

死を覚悟した瞬間にヒナのことを思い出したタケミチは、彼女と付き合っていた中学2年生時代にタイムリープ。

タケミチ自身は走馬灯だと思っており、うだつの上がらない日々を送ることになった元凶・渋谷三中のキヨマサに半殺しにされるという過去をなぞりました。

ただしキヨマサたちが東卍だったことでヒナの死を思い出し、彼女の顔を思い出したくなって会いに行きます。

その帰り道に偶然カツアゲに遭っていたナオトを助け、「自身がタイムリープしたこと」と「ヒナとナオトが2017年7月1日に死亡すること」を伝え握手した瞬間、現代に戻ってきました。

1回目改変後の現代

タケミチとの接触が影響し、この現代ではナオトが生存し、ヒナを救うために刑事になっていました。

タケミチは電車に轢かれそうになったところをナオトに救われたようで、ナオトから「ヒナを殺したのは犯罪組織・東京卍會であること」を聞き、「東卍トップ2である佐野万次郎と稀咲鉄太の出会いを阻止して東卍創設を食い止めること」をミッションとして再びタイムリープします。

 

2回目:2017年7月6日→2005年同日

キヨマサ主催の喧嘩賭博中にタイムリープ。

「佐野か稀咲に会いたい」という旨を伝えるも半殺しにされ逃げ帰ってしまいますが、その後ヒナと会ったことでタケミチは奮起し、翌日の喧嘩賭博でキヨマサにタイマンを申し込みます。

どんなにやられても何度も何度も立ち上がり続けていた時、マイキーとドラケンが現れ喧嘩は終了し、マイキー&ドラケンと友達になりました。

その後ヒナと花火を見ている時、間違えてナオトと握手してしまい現代に戻ってきます。

2回目改変後の現代

現代のマイキーの事を知るためにアッくんと再会。(改変により東卍の末端から幹部になっていた)

アッくんは「自分がタケミチを線路に突き落とした犯人である」「稀咲への恐怖」「ドラケンが死んでマイキーが変わった」と吐露し、飛び降り自殺してしまいました。

アッくんの言葉を受けたタケミチは「2005年8月3日に死亡したドラケンを救うこと」をミッションとして再びタイムリープします。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】8.3抗争編

東京リベンジャーズ/©和久井健

3回目:2017年7月19日→2005年同日

東卍の集会に初参加。

現代のナオトの話では「ドラケンはマイキー派とドラケン派の抗争で死ぬ」と聞いていましたが、東卍は「愛美愛主」との抗争に臨もうとしていていました。

タケミチはどちらにせよドラケンを守れるようにとドラケンの付き人になろうとしますが、ドラケンとマイキーの関係性を見て2人が揉める可能性はないと確信。

そのため現代に戻って愛美愛主総長・長内信高に当時の話を聞くことにします。

3回目改変後の現代(進展はないため改変はなし)

長内に話を聞くと「愛美愛主との抗争は火種でしかなく、長内はマイキーとドラケンを対立させたい誰かに利用されていただけ」ということが発覚。

そのためタケミチは「愛美愛主との抗争を阻止する」ことをミッションとして再びタイムリープします。

 

4回目:2017年7月下旬→2005年同日

愛美愛主との抗争を止めるためマイキーを説得するも失敗。

そこへ愛美愛主が乱入し、その末にパーちんが長内を刺し逮捕されてしまいます。

そのパーちんの扱いを巡ってマイキー派とドラケン派が生まれてしまいますが、タケミチがマイキーとドラケンを仲直りさせ、ミッションは成功したかに思われました。

ところが8月3日の祭りの日、喧嘩賭博の件でドラケンを恨んでいたキヨマサと、パーちんの件で反ドラケン派だったペーやんが、半間修二を仮総長とした愛美愛主と手を組みドラケン狩りを決行。

東卍vs愛美愛主の大抗争に発展し、その中でドラケンがキヨマサに刺されてしまいます。

しかしタケミチが過去のトラウマを乗り越えキヨマサに勝利したことで、ドラケンの救命が間に合い今度こそミッション成功。

マイキーから東卍創設時の特攻服を預かり、ヒナにネックレスをプレゼントし晴れて現代に戻りました。

4回目改変後の現代

8月10日、美容師となったアッくん、大人になったヒナと再会。(ヒナとは12年前にタケミチの方から振って別れていたそう)

しかしヒナと再会中、アッくんの乗ったトラックがヒナの乗っていた車に突っ込み、アッくんもヒナもタケミチの目の前で焼死してしまいます。

キーマンであったはずのドラケンは死刑囚になっており、彼と面会し「稀咲が元凶」と聞いたタケミチは「東卍のトップになること」をミッションとし改めてタイムリープします。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】血のハロウィン編

東京リベンジャーズ/©和久井健

5回目:2017年10月20日→2015年同日

新興勢力「芭流覇羅」との抗争に備え、東卍の勢力拡大を目的として「愛美愛主」だった稀咲が東卍参番隊隊長に任命されてしまいます。

同時に壱番隊隊長・場地圭介が東卍を脱退し芭流覇羅への加入を宣言したことで、タケミチはマイキーと「場地を東卍に連れ戻したら稀咲を東卍から外す」という約束をしました。

タケミチは三ツ谷隆率いる弐番隊に加入。

その後同じ中学にいた芭流覇羅No.3羽宮一虎に連れられ芭流覇羅アジトに行き、東卍壱番隊副隊長・松野千冬に出会います。

タケミチは“場地は稀咲を探るために芭流覇羅に入った”と語る千冬と「場地を連れ戻す」という目的を共有し相棒関係に。

芭流覇羅と稀咲の繋がりを調べるため千冬と共に長内に話を聞きに行くと、8・3抗争の裏に稀咲がいたことや芭流覇羅の半間修二との繋がりが発覚しますが、不明な点が増えたため一度現代に戻ることにします。

5回目改変後の現代(進展はないため改変はなし)

再びドラケンに会いに行ったタケミチは、「芭流覇羅はマイキーのために創られたチーム」であり、“血のハロウィン”をきっかけに芭流覇羅を母体とした新生東京卍會ができたことを知ります。

その結末をもたらしたのが「一虎が場地を殺したためマイキーが一虎を殺した」ことだと聞いたタケミチは、「場地を救うこと」をミッションとして再びタイムリープします。

 

6回目:2017年10月30日→2005年同日

タケミチは場地に身の危険を伝え、翌10月31日“血のハロウィン”が勃発。

結局場地が一虎に刺され死亡してしまうも、タケミチの警告により即死を免れたことで死亡原因が場地の自決へと変化します。

そして場地の想いを受けたタケミチが必死に説得し、マイキーが一虎を殺害することを阻止、一虎は死亡ではなく逮捕に変わりました。

ミッション成功かと思いきや、東卍が芭流覇羅を陸番隊として吸収したことで、東卍悪化のキーマンと思われる半間と稀咲が東卍に揃ってしまうことになります。

しかし千冬からの指名でタケミチは壱番隊隊長となることができ、希望を繋げるために一度現代に戻ることにしました。

6回目改変後の現代

東卍の壱番隊隊長になったことで、現代のタケミチは東卍の最高幹部になっていました。

しかしその東卍はやはり稀咲が実権を握っており、しかも柴八戒・乾青宗・九井一といった“元黒龍組”という見知らぬ顔ぶれがありました。

その後タケミチは稀咲に捕らえられ、目の前で千冬を銃殺されてしまいます。

タケミチは一虎に救われ命拾いするも警察に捕まってしまいましたが、それは再会するためのナオトの策であり、そこでタケミチは自分がアッくんにヒナ殺害を指示していた事実を知りました。

自棄になりかけるタケミチでしたが、ナオトの励ましを受け「元黒龍組と稀咲を東卍から追い出すこと」をミッションとしてタイムリープします。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編

東京リベンジャーズ/©和久井健

7回目:2017年11月下旬→2005年同日

ボーリング場にて柴八戒&柚葉姉弟と出会い、現代で“元黒龍組”だった八戒が2005年では東卍弐番隊副隊長だったことを知ります。

仲良くなり柴家に行くと、乾・九井ら十代目黒龍と遭遇。

タケミチは十代目総長であり柴家の長男である大寿に半殺しにされ、タケミチを助けるために八戒が未来通りに黒龍に加入することになってしまいました。

その後タケミチは千冬にタイムリープのことを話し、一緒に未来改変を決意。

柴家の事情を聞いたタケミチと千冬は“八戒が柚葉を守るために大寿を殺す”ことが元凶だとしてそれの阻止を目指すことにし、一時的に稀咲・半間と協力関係になりました。

八戒が大寿を狙うだろう12月25日、タケミチはヒナに別れを告げ“聖夜決戦”に臨みます。

稀咲・半間・千冬が大寿を叩き、教会で大寿を待つ八戒をタケミチが説得するという予定でしたが、やはり稀咲・半間が裏切り大寿が教会に現れてしまいます。

そして戦いの最中、柚葉が大寿を刺し、そこで初めてタケミチは「稀咲に唆された柚葉が大寿を殺し、柚葉を守るために八戒が稀咲の言いなりになって黒龍を継ぎ、東卍を悪に染めた」という事実に気づきました。

だからこそタケミチは大寿に立ち向かい、そして三ツ谷・千冬が合流、さらにはマイキーとドラケンが駆けつけたことで黒龍に勝利し、柴家の確執を解消し1人の犠牲者もなく“聖夜決戦”が終わりを迎えます。

ヒナとも復縁し、新年一発目の集会で乾と九井がタケミチ(東卍壱番隊)の傘下に入り、裏切りを理由に稀咲と半間が東卍から追放され、無事ミッションを成功させ現代に戻ることになりました。

7回目改変後の現代

しかし戻るとなんと三ツ谷の葬儀中であり、三ツ谷だけでなく東卍の主要メンバーが全員殺害され、マイキーが容疑者として手配されている最悪の現代になっていました。

タケミチはマイキーが出したと思われる手紙を元にフィリピンに行き、初めて現代のマイキーと会います。

マイキーがタケミチに銃を向けたことでナオトがマイキーを撃ち、マイキーはナオトに感謝しながら「やっと終わるんだ」と涙し、タケミチの腕の中で息を引き取ったのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編

東京リベンジャーズ/©和久井健

8回目:2018年1月?→2006年同日

千冬と再会し“マイキーをぶっ飛ばす・東卍のトップになる”ことを目標にして一念発起します。

そこへ横浜のチーム「天竺」が襲来し、天竺の総参謀となった稀咲と遭遇。

東卍が天竺との抗争に意気込む中、タケミチは“稀咲の思惑通りに進んでいる気がする”と感じ、一度現代に戻ることにしました。

8回目改変後の現代

柴大寿と再会し、ナオトと共に黒川イザナ・黒龍・天竺と“関東事変”について話を聞きます。

そこへ現代の東卍幹部・乾&九井が黒川イザナの命により襲来。

大寿のおかげでその場から逃げるも稀咲の銃撃に遭い、ナオトがタケミチを庇い撃たれてしまいます。

さらにイザナと鶴蝶も登場し、タケミチも鶴蝶に撃たれ瀕死に。

しかしナオトと最後の握手が成功しギリギリでタイムリープします。

 

9回目:2018年1月?→2006年同日

天竺創設メンバーであった陸番隊隊長・武藤泰宏がタケミチと乾・九井を拉致し、2人を助けるため九井が天竺に加入してしまいます。

その出来事を機にタケミチは乾に懇願され十一代目黒龍総長に。

三ツ谷・スマイリーが天竺の襲撃で重症になり、佐野エマが稀咲によって殺害されマイキー・ドラケンが戦意喪失してしまいますが、東卍はタケミチを総長代理として天竺との最終決戦に臨むことを決意します。

天竺とは圧倒的戦力差がありましたがタケミチを中心に東卍は立ち向かい続け、最終的にマイキー&ドラケンも到着。

マイキーvsイザナとなった後に、稀咲の銃弾でイザナと鶴蝶が倒れ稀咲は逃走。

稀咲を追い直接対決となったタケミチは、稀咲のヒナへの想いがヒナ殺害へと繋がっていたことを知り稀咲を殺すことを決意しますが、ヒナが駆けつけた隙に稀咲がさらに逃走。

しかし稀咲がタケミチの言葉に足を止め「俺がタイムリーパーだと思っているのか。俺は…」と言いかけた瞬間にトラックに撥ねられ死亡してしまいます。

関東事変の後、タケミチがマイキーに全てを語った後に東卍は解散。

東卍メンバーとタイムカプセルを埋め、ヒナへプロポーズをして晴れて現代に戻りました。

9回目改変後の現代

パーちんの結婚式に参列中であるなど、東卍メンバーは皆裏社会には行かず“普通の生活”をしていました。

ヒナも存命であり、タケミチと結婚式を控えた関係となっていました。

ただしマイキーは皆と離れ、日本最大の犯罪組織「梵天」の首領になっていました。

真実を確かめるため再びタイムリープしようとしますが、ナオトがトリガーの役目を終えたようでタイムリープが出来ませんでした。

そんな中、タケミチはタイムカプセルに入っていたマイキーのビデオメッセージによってマイキーに“黒い衝動”なるものがあると知ります。

やはりマイキーを放っておけないと考えたタケミチは、同じ気持ちを持つ一虎の協力を得ながら現代のマイキーに会うことに成功。

するとマイキーに銃で撃たれてしまった上に、マイキーは屋上から飛び降りてしまいますが、タケミチが瀕死ながらもギリギリでマイキーを掴みました。

そしてタケミチが叱咤しながら「お前を絶対助けてやる」と誓い、それにマイキーが「助けてくれ」と応えた時、偶然掴み合った手からマイキーをトリガーとしたタイムリープが発動したのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】高校生編

東京リベンジャーズ/©和久井健

10回目:2018年6月下旬→2008年同日

今回のタイムリープは12年前ではなく10年前であり、タケミチは高校2年でした。

東卍メンバーはマイキーと決別し普通の生活を送っている一方で、マイキーは「関東卍會」の総長となっており、東京は「関東卍會」「梵」「六破羅単代」の三天時代になっていました。

マイキーが皆の幸せのために決別したのだと考えるタケミチは、マイキーを救うために動き出し、同じくマイキーを救おうとしていたドラケンのいる「梵」に加入します。

そんな中、ドラケンが六破羅単代の急襲で死亡し“三天戦争”が勃発。

抗争の末に六破羅単代が関東卍會に吸収され、梵は解散し、関東卍會が時代の覇者になってしまいました。

心身共に深い傷を負ったタケミチでしたが、ヒナと千冬に支えられながらかつての東卍メンバーを集め、タケミチを総長とする二代目東京卍會を発足。

仲間たちと共に「マイキーをぶっ飛ばし救う」ことを目的とした関東卍會との抗争に挑むのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】タケミチ最後の死亡とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

壮絶な出来事を何度も乗り越えながらタイムリープし、ヒナや東卍メンバーの生存という前向きな未来を導いてきたタケミチ。

だからこそファンの間では「タケミチは最後に死亡してしまうのでは」という予想も生まれています。

物語はすでに最終章ですが、もし第208話でヒナが言った「最悪の未来」がタケミチの死亡を示唆するのであれば…。

しかし皆のために頑張り続けているタケミチこそ一番ハッピーエンドを迎えて欲しい存在ですので、絶対に生存し、仲間たち全員にヒナとの結婚を祝福される姿が見たいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

タケミチは9回のタイムリープを経て最大の目的である「ヒナ死亡」の未来を変え、東卍メンバーが裏社会に踏み入らない世界を掴み取りました。

ヒナが何度も何度も死亡してしまう、仲間たちやマイキーも死亡してしまう、自身も殺されかけるなど壮絶な未来を目にし、それを変えるために心身ボロボロになりながらも何度でも立ち上がり過去を変え、人知れず皆を救ってきたのです。

しかしマイキーだけが救われていないということが許せず、今度はマイキーを救うためにタイムリープ。

マイキーがトリガーのため一発勝負と言える戦いの中、死亡説まで出ていますが、タケミチの奮闘は最高のハッピーエンドへと実を結ぶのか最後まで目が離せません!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒千冬が現代では死亡する?千冬を殺した人物とその理由とは!?・・

⇒天竺編での死亡者は誰?なぜ死亡した?その理由とは!?・・

⇒天竺編で起きた抗争とは?天竺編の主要人物や死亡者を徹底解説・・

⇒仲間のために死亡した場地(ばじ)圭介!松野千冬との絆や東卍・・

⇒佐野真一郎の魅力について紹介!家族関係や死亡した理由も徹底・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA