スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】三天時代を制するのは関東卍會?関東卍會の総長やメンバーを大紹介!!

スポンサーリンク

最終章でタケミチは10年前の2008年にタイムリープ

東卍解散後となるその時代は「三天」がしのぎを削る三天時代になっていました

そこで本記事では三天の一角である「関東卍會」を大紹介!

総長を始めとするメンバーから彼らの目的、三天戦争の結末まで詳しくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】三天とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

三天とは関東事変後にタケミチがタイムリープした時代(2008年)に東京の勢力を三分していた3つの暴走族のこと。

港区を拠点とする『最大』の勢力・六破羅単代(ろくはらたんだい)

新宿区を拠点とし『最強』を謳う謎の愚連隊・梵(ブラフマン)

渋谷区を拠点と『無敵』を謳う関東卍會(かんとうまんじかい)

東京はこの「三天」と呼ばれる3チームによる三つ巴の均衡状態となっていました

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】三天戦争のきっかけ

東京リベンジャーズ/©和久井健

三天時代に突入したのは、関東を制した東京卍會(東卍)が解散したから。

関東事変で天竺に勝利した後、東卍はマイキーの意思により解散してしまいます。

すると、まとめる者のいなくなった東京の不良界は「我こそは」と新しいチームが出来ては潰れていく群雄割拠の時代へと突入しました。

その戦国時代に終止符を打ったのが、それぞれ圧倒的な力を持ったリーダーが率いる「三天」でした。

タケミチは目的(マイキーをぶっ飛ばす)のための仲間探しをしていたことから、利害が一致し、ドラケンも所属していた梵に加入します。

そして2008年7月7日、三天の直接全面対決「三天戦争」が勃発

きっかけは、梵の首領・瓦城千咒とともに遊園地にいたタケミチを狙って六破羅単代の下っ端が襲来し、その危機を救ったドラケンが死亡したことでした

ドラケン死亡のニュースは瞬く間に広がり、現場に梵と六破羅単代、さらには関東卍會も駆けつけ、そのまま三つ巴の大抗争・三天戦争が始まってしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會は「三天」に名を連ねる暴走族

渋谷区を拠点としており、『無敵』と謳われる総長が殆ど1人で敵チームを倒してしまうようなチームでした。

さらに三天戦争後には勢力を拡大し、三天の幹部メンバーを多数擁して最強のチームになります

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會の総長とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會の総長は佐野万次郎

言わずと知れた東京卍會の元総長であり『無敵』のマイキーです。

天竺との抗争・関東事変の後2006年3月に東卍を解散させましたが、タケミチがタイムリープしてきた2008年には関東卍會の総長として再び東京に君臨していました。

東卍を解散させたにもかかわらず関東卍會を設立したのは、自身に潜む“黒い衝動”への恐れが原因となっている様子

そのため東卍メンバーを暴力によって無理やり遠ざけ決別していました。

ちなみにタイムリープ前の現代(2018年)では日本の裏社会を牛耳る犯罪組織「梵天」の首領になっていました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會のメンバーとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會のメンバーは三天時代から所属しているメンバーと三天戦争後に加入するメンバーがいますので、それぞれ簡単にご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

参謀:九井一(ここのいはじめ)

九井一(通称ココ)は乾青宗(イヌピー)の幼馴染。

重度のヤケドになったイヌピーの姉・赤音の治療費を稼ぐ経緯で金を作る天才となり、各方面から“財力”として求められる存在になっていました。

聖夜決戦時には柴大寿が率いていた十代目「黒龍」の親衛隊長、その後の関東事変では黒川イザナ率いる「天竺」の幹部となり、三天時代で「関東卍會」の参謀になります。

現代では「梵天」の幹部になっていました。

 

スポンサーリンク

副総長:三途春千夜(さんずはるちよ)

三途春千代は元東京卍會の伍番隊副隊長。

関東事変では伍番隊隊長・武藤泰宏(ムーチョ)に付き従い「天竺」に加入しましたが、実はマイキーを「王」としており、ムーチョを出所後に裏切り者として殺害していました

梵の瓦城千咒は妹であり、明石武臣は兄。

千咒曰く、梵のトップが千咒であること、千咒が最強であること、明司が千咒を持ち上げることが気に入らないため関東卍會についたとのことですが、春千夜がマイキーの傍にいる理由にはどうもマイキーへの異常な敬愛と執着がありそう。

現代では「梵天」No.2になっていました

以下メンバーは三天戦争後に加入します。

 

スポンサーリンク

親衛隊長:鶴蝶(かくちょう)

鶴蝶はタケミチの幼馴染であり、元「天竺」四天王筆頭

「喧嘩屋」の異名を持つ実力者で、三天時代では「六破羅単代」の首席でしたが、三天戦争後に「関東卍會」の親衛隊長になります。

現代では「梵天」No.3になっていました。

 

スポンサーリンク

特攻隊長:灰谷蘭(はいたにらん)

灰谷蘭はS62世代の1人で、黒川イザナの招集により「天竺」四天王となり関東事変に参戦

関東事変で逮捕された後、三天時代には「六破羅単代」第二席となりますが、三天戦争後に「関東卍會」の特攻隊長になります。

現代では「梵天」幹部になっていました。

 

スポンサーリンク

特攻隊副長:灰谷竜胆(はいたにりんどう)

灰谷竜胆は灰谷蘭の弟

常に蘭と行動を共にしており、「天竺」幹部→逮捕→「六破羅単代」第三席を経て、三天戦争後に「関東卍會」特攻隊副長になります。

現代では「梵天」幹部になっていました。

 

スポンサーリンク

幹部:望月莞爾(もちづきかんじ)

望月莞爾(通称モッチー)はS62世代の1人であり、「呪華武」総長からイザナの招集により「天竺」四天王となり、関東事変にて逮捕

三天時代では「六破羅単代」第肆席でしたが、三天戦争後に「関東卍會」幹部になります。

現代では「梵天」幹部になっていました。

 

スポンサーリンク

幹部:班目獅音(まだらめしおん)

班目獅音はS62世代の1人であり、元「黒龍」九代目総長から「天竺」四天王となり関東事変にて逮捕

三天時代では「六破羅単代」第伍席でしたが、三天戦争後に「関東卍會」幹部になります。

現代では「梵天」幹部になっていました。

 

スポンサーリンク

遊撃隊隊長:今牛若狭(いまうしわかさ)

今牛若狭(通称ワカ)は初代「黒龍」特攻隊隊長。

「黒龍」以前は「煌道連合(こうどうれんごう)」総大将として後述の荒師慶三のチームと関東を二分しており、“白豹”の異名で恐れられていました

三天時代では「梵」の大幹部として千咒を支えていましたが、三天戦争後に「関東卍會」の遊撃隊隊長となります。

 

スポンサーリンク

遊撃隊副長:荒師慶三(あらしけいぞう)

荒師慶三(通称:ベンケイ)は初代「黒龍」親衛隊隊長。

「黒龍」以前は「螺愚那六(ラグナロク)」総長としてワカのチームと関東を二分しており、“赤壁(レッドクリフ)”の異名で恐れられていました

三天時代ではワカ同様「梵」の大幹部として千咒を支えていましたが、三天戦争後に「関東卍會」の遊撃隊隊長となります。

 

スポンサーリンク

遊撃隊:半間修二(はんましゅうじ)

半間修二は稀咲鉄太の相棒として暗躍していた人物で、これまで稀咲の行動と共に「愛美愛主」総長代理→「芭流覇羅」初代副総長→「東京卍會」陸番隊隊長→「天竺」幹部と様々に立場を変えてきました。

関東事変で稀咲が死亡した後、指名手配犯として逃亡生活を送っていましたが、三天戦争後に「関東卍會」遊撃隊として姿を現しました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會の目的とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會の目的はやはり関東、いずれは日本を制することなのでしょう

後の梵天に属するメンバーを多く擁していることから、このままいくと2018年には裏社会を牛耳る日本最大の組織になっていると思われます。

ただしワカ・ベンケイ・半間の3人は関東卍會への加入経緯は不明であり、後の梵天にも名を連ねていないため、目的が今のところ謎に包まれています。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會のチーム名の由来とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會のチーム名の由来は明らかになっていません。

これまで過去未来で一貫して「東京卍會」であったにもかかわらず「関東」と名称を変更したのは、東卍解散を決意し東卍メンバーと決別したマイキーの「東京卍會を守りたい」という本心の表れなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東卍會の特攻服とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會の特攻服は白を基調としたロングタイプの上着に黒のブーツという、十代目黒龍に似たスタイリッシュなデザイン。

右腕に「天上天下」左腕に「唯我独尊」背中に「関東卍會」の刺繍が入っています

十代目黒龍と似ているのはココが関わっているからなのか、それとも何か重要な理由があるのかは分かりません。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】三天の中で一番強いのは関東卍會?

東京リベンジャーズ/©和久井健

三天の中で一番強いのは関東卍會です。

なぜなら三天戦争で勝利したのが関東卍會だから。

三天戦争は“黒い衝動”が発現したマイキーが六破羅単代総代・寺野サウスを殺害したことをきっかけに、関東卍會が六破羅単代を吸収、梵は解散という形で終結し、関東卍會が三天時代を制したのでした。

関東卍會が一番強いというよりマイキーが強いという感じですね

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東卍會は東京卍會を解散したマイキーが、ココと春千夜を仲間にして新たに創ったチーム

梵&六破羅単代と「三天」として東京を三分していましたが、“黒い衝動”マイキーが圧倒的強さと恐ろしさで三天戦争を制し、時代を手に入れました

さらに六破羅単代を吸収&ワカ・ベンケイ・半間の加入で、もはや誰も手がつけられないほどのチームとなり始めていますので、このまま梵天のような極悪組織になってしまうのか阻止できるのか、タケミチの動きに懸かっています!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒マイキーの闇落ちが止められない?なぜマイキーは毎回闇落ちし・・

⇒三途春千夜の謎!性別や兄弟、年齢、身長、傷、黒幕と噂される・・

⇒他とは違う強さの持ち主!九井一(ここのいはじめ)とは?・・

⇒喧嘩屋・鶴蝶(かくちょう)の強さはイザナ並!?四天王の中で・・

⇒『呪華武(ジュゲム)』の元総長!極悪の世代のモッチーとは?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA