スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編で起きた抗争とは?天竺編の主要人物や死亡者を徹底解説!!

スポンサーリンク

天竺編は東卍VS天竺の抗争を描いた人気の高いエピソードの一つです。

これまでのタイムリープの中でも最も規模が大きく、最も多くの死者をだした天竺編

主要人物にはどんなメンバーがいるのでしょうか?!

また、誰が命を落としてしまうのでしょうか?!

複雑に絡み合う天竺編の全容についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編でミッションコンプリートを果たしたタケミチは再び現代へ。

しかし、そこで待っていたのは今までで1番最悪の未来でした。

ヒナはもちろん、東卍の主要メンバーはマイキーの手で殺されていました…。

マイキーが変わってしまったのは何故なのか?

過去に再びタイムリープしたタケミチはその真相を探ります。

見えてきたのは”天竺”の存在でした

天竺はマイキーに因縁のあるイザナと東卍を追放された稀咲、それから極悪世代が集まった巨大なチームです。

後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争が”天竺編”です。

果たしてその結末とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺編は何巻? 

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には天竺編が何話からスタートしているのかは明らかにされていません。

ただ、東京リベンジャーズは話の区切りとしてタケミチのタイムリープが発生するので、ここを起点として考えていいと思います。

それを踏まえると、天竺編は13巻の第114話から21巻の第185話までとなります

ただし、本編の中で185話で”天竺編完”とされているものの、現代に戻るまでが天竺編という見方もあります。

その場合は22巻の192話までがMAXではないかと推察されています

最悪の未来を引き起こした張本人であるマイキーとの悲しい再会と別れ。

東卍を追放された稀咲のリベンジ。

マイキーを変えてしまったエマとイザナとの出来事…。

多くの人が絡み合った関東事変は、死者まで出す大きな抗争となりました

東卍史上最大にして最後の抗争と言われる”天竺編”は見どころ満点です。

その熱い戦いを最後まで見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺とは、横浜に拠点を置き400人を超えるメンバーを抱える巨大な暴走族のチームです。

目立つ赤い特攻服が特徴で、奇襲もありの暴力集団です。

メンバー構成は総長の黒川イザナを始め、極悪の世代と呼ばれるS62のメンバーが主に幹部を務めています

天竺が結成されたのはイザナが黒龍8代目総長を引退した3年後のことです。

その裏には聖夜決戦での裏切り行為がバレて東卍を除名(クビ)になった稀咲の存在がありました

天竺はイザナの圧倒的なカリスマと暴力による恐怖の支配によって成り立っており、東卍のような一体感はありません。

まさに付け焼き刃のチームなのです。

それでも400人を超えるメンバーを持ち、極悪の世代をまとめ、圧倒的な強さを誇るイザナが総長を務めた天竺は間違いなくあの時代における最強のチームの1つでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編で起きた抗争とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編で起きた抗争はのちに「関東事変」と呼ばれています

発生日時は2006年2月22日。

2月22日は真一郎が初代黒龍を結成した日です

真一郎に心酔するイザナにとって、この日は特別なのです。

東卍VS天竺で勃発した関東事変は東卍史上最大にして最後の抗争となりました。

多数の死者まで出すに至った関東事変。

これまで過去の人物としては千冬しか知らなかったタケミチのタイムリープをマイキー&ドラケン、そしてヒナが知ることになりました

未来の状況を知ったマイキーが、東卍を解散することを決めたのも関東事変がきっかけです。

東卍最後の抗争は、これまでタケミチが経験してきたどの抗争よりも悲しく、切ない結末が待っているのです…。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】抗争のきっかけとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変が起きたきっかけは、大きく2つです。

1つ目は稀咲が東卍を除名(クビ)されたことです。

想定外の事態に稀咲も焦ったことでしょう。

稀咲の最終目標は日本一のヤクザになることです。

そのためにはマイキーの容貌(カオ)がどうしても必要でした。

稀咲はマイキーを取り戻し、私物化するための手段として関東事変を起こすことにしたのです

2つ目はイザナがカレンと再会してしまったことです。

幼い頃に施設に預けられたイザナは、兄である真一郎だけを拠り所に生きてきました。

ところが、再会したカレンに信じられない真実を突きつけられてしまうのです。

「アンタはアタシの子じゃない」

イザナは自分が誰とも血の繋がりがないことをこの時知ってしまいました

異母兄弟だと信じていた真一郎とも、異父兄妹だと信じていたエマとも…血の繋がりはない。

この真実を知ったイザナは孤独を深めていくことになります。

そして、マイキーに匹敵する強さを持つイザナは稀咲に目をつけられることに。

孤独を抱え落ちぶれていたイザナは、稀咲の甘い囁きに抗うことはできず、関東事変のコマは揃ってしまいました

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】抗争の首謀者とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変の首謀者は稀咲とイザナです。

稀咲は日本一のヤクザになるための足掛かりとして、関東事変を計画しました。

関東事変を起こすにあたり、東卍に対抗できるチームが必要でした。

そこでマイキーに匹敵する強さを持つイザナに目をつけたのです。

イザナを新たな容貌(カオ)として総長に置き、天竺を結成、自分は参謀として参加しました

参謀として稀咲が計画したのは”エマを殺すこと”です。

最愛の妹を奪えば、マイキーは心の拠り所をなくし、自分の傀儡にできる…と企んでいたわけですね。

対するイザナはマイキーを自分と同じ”空虚にすること”を目的にしていました

これはイザナの私怨とも言える理由です。

イザナはマイキーの兄・真一郎を心から敬愛していました。

黒龍の総長をついだのもその想いからです。

でも、真一郎は常にマイキーのことも思いやっていました。

そのことにイザナは強い嫉妬心を抱いていました。

追い打ちをかけるように、カレンから血の繋がりがないことを知ってしまい、イザナは孤独の中に落ちていきました。

マイキーにとってのエマは、血の繋がりがある最後の兄妹です。

エマを奪えば、マイキーも自分と同じ孤独を味わうはず…。

最悪なことに、稀咲とイザナの利害が一致してしまいました

結果として、イザナは稀咲に利用されていると知りながらも、エマ殺しを受け入れてしまいました。

関東事変はエマを殺し、マイキーを壊し、思い通りにするために計画された最悪な抗争なのです…。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の主要人物とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は東卍史上最大の抗争になったこともあり、関わった主要人物も多く登場しました

東京卍會からは、関東事変直前の奇襲で離脱したスマイリーと三ツ谷。

稀咲とイザナの目的となってしまったマイキー。

マイキーを支え、立ち上がったドラケン。

本戦に参加し、魁戦で獅音を破ったぺーやん。

灰谷兄弟戦で大活躍したアングリー&八戒。

モッチーと熱戦を繰り広げた千冬。

ココを取り戻すために奮闘したイヌピー。

そしてタケミチが大きく関わりました。

天竺からは首謀者とも言える稀咲&イザナ。

イザナを本気で救いたかったカクチョー。

稀咲の逃亡に力を貸した半間。

以下、幹部として抗争に参加した灰谷兄弟、ムーチョ、モッチー、獅音、ココが主要人物として参戦しました。

天竺編は現代でも主要人物がいました

タケミチを救うために体を張ったナオト。

重要な情報を与えてくれた大寿。

また最後に忘れてはいけないのがエマとヒナの存在です。

エマは関東事変の犠牲者の1人。

マイキーを孤独にするために利用されてしまいました。

そして、絶望に陥るマイキーとドラケンを立ち直らせたのがヒナでした。

天竺編は多くの人がそれぞれの目的や希望のために絡み合い、複雑な人間模様が織り成す切ない抗争となりました

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編での死亡者とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編では多数の死者も出てしまいました

まず、聖夜決戦後の現代として東卍メンバーの大半がマイキーに殺されていました。

そのマイキーも、タケミチとの再会時にナオトの手により死亡しています。

タケミチはこの悲惨な現代を変えるべく、天竺編に挑んでいるのです

また、天竺編ではタイムリープ後に情報収集のために一度現代に戻っています。

その際に今度はナオトが稀咲に銃で撃たれ、死亡してしまいます…。

死ぬ直前に過去にタイムリープしたタケミチですが、トリガーであるナオトが死亡したことで、もう現代に帰ることができなくなりました。

過去を変えるしか、道は残されていません。

しかし、過去でも悲しい死の連鎖は止まりませんでした。

関東事変当日、真一郎の墓参りに来ていたエマが稀咲に襲撃され、殺されてしまうのです…。

エマの死はマイキーたちに大きな衝撃を与えました

ヒナがタケミチのタイムリープの真実を伝えたことでマイキーとドラケンは復活、関東事変に途中参加!

ところが喧嘩に負けそうになったイザナが銃を構えたことで事態はさらに悪い方に…。

イザナを止めるために立ち上がったカクチョーを稀咲が銃で撃ち殺そうとしたのです。

想定外だったのは、イザナがカクチョーを庇ったことでした。

稀咲の銃弾はイザナを貫き、イザナは死亡。

関東事変はイザナが敗北を認めていたことで、東卍の勝利が確定しました

稀咲はエマ&イザナを殺している自分の立場の悪化に気がついていました。

半間と共に逃げ出します。

ところが、追われた先でまさかの事故死を遂げるのです…。

タケミチの目の前で、稀咲はトラックに轢かれ、ボロボロになりながら絶命しました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は、聖夜決戦編の後に起きる東卍史上、最大にして最後の抗争です。

現代ではマイキーが東卍メンバーを次々と殺していました…。

タケミチはマイキーが闇落ちした理由を探り、その元凶と思われるイザナ&稀咲率いる天竺と激突します。

圧倒的な強さを誇る天竺に、満身創痍の東卍は苦戦します

タケミチは気持ちでは負けていませんが、戦況はどんどん厳しいものになって行きました。

エマの死をヒナの言葉でなんとか乗り越えたマイキーはイザナと兄弟対決

喧嘩の中でイザナの悲しい過去が明らかになっていきました。

結局、イザナを迷わせるカクチョーを殺そうとした稀咲の銃弾にイザナは倒れ、命を落としました。

追い詰められた稀咲もまた、まさかの事故死。

天竺編は、過去でエマ・イザナ・稀咲…3名の死者を出す壮絶な幕切れとなりました

大きな犠牲を払った天竺編を経て、未来は変わりました。

東卍メンバーも、ヒナも、みんなが生きている幸せな未来です。

マイキー1人を除いては…。

タケミチの戦いはまだ続きます!

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争を描いた人気エピソードです。

天竺編はこれまでのエピソードの中でも壮絶!

まず聖夜決戦を経て戻った現代では、マイキーの手により、東卍メンバーの大半が殺されているという信じられない状況でした。

さらに、現代で再会したマイキー自身も死を望んでいて、ナオトの手により死亡してしまいます。

こんな未来は受け入れられない

タケミチはこれまで以上に強い決意で過去にタイムリープ

そこで天竺というチームが関わっていることを知ります。

初めて聞く天竺という名前を聞いたタケミチは情報収集のために現代に戻りますが…。

その途中で現代のイザナたちに襲撃されてしまいます。

この襲撃でナオトは死亡。

タケミチは過去を変えない限り現代には戻れなくなってしまうのです。

しかし死の連鎖は止まりません

マイキーを追い詰めるために稀咲がエマを殺してしまうのです…。

一方でこれまで活躍する機会がなかったぺーやん、八戒、アングリーの奮闘も見逃せません。

マイキーたち不在の中、意地を見せてくれました。

エマの死をヒナの言葉で何とか乗り越え、関東事変に参戦したマイキー&ドラケン。

ところが今度は稀咲が放った銃弾がイザナに命中、イザナはカクチョーを庇い、命を落としてしまうのです。

関東事変は東卍の勝利で終わりました

稀咲は追い詰められ逃げ出しますがトラックに轢かれて衝撃的な死を遂げました。

死の連鎖が続いた天竺編。

タイムリープの真実を知ったマイキーは、東卍を解散する決意を固めました。

それが、みんなの未来を守ることに繋がると信じて…。

タケミチが現代に戻ると、そこはみんなが生きて笑っている最高の未来でした

ただ1人、マイキーを除いては…。

まだまだタケミチの戦いは終わりません。

本当のハッピーエンドを手に入れるため、これからも続くリベンジに期待しましょう!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒天竺編で起きた天竺VS東卍の戦いとは?東卍史上最大にして最・・

⇒天竺編で黒龍(ブラックドラゴン)の歴史が明かされる?歴代の・・

⇒天竺編に登場したカクチョーはタケミチと知り合いだった?カク・・

⇒天竺編に登場した灰谷蘭は超凶悪!竜胆とのコンビネーションは・・

⇒稀咲はタイムリーパー?天竺編で稀咲との決着にタケミチが終止・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA