PR

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編にパーちんがいない理由とは?パーちんのいない参番隊を守ったのはペーやん!? 

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • パーちんは少年院に入る直接の要因は傷害罪であり、愛美愛主のメンバーにボコボコにされた事件がきっかけだった。
  • パーちんの代わりに参番隊を守ったのはぺーやんであり、彼は隊長代理として活躍した。
  • 天竺編ではパーちんが登場せず、彼が少年院に入っているため参番隊の隊長代理を務めたぺーやんが活躍した。

天竺編は東卍VS天竺の抗争を描いた人気の高いエピソードの一つです。

しかし、天竺編に参番隊隊長のパーちんの姿はありません。

そこには悲しい理由がありました。

パーちん不在の間、参番隊を隊長代理として守ったのはぺーやんでした。

パーちんとぺーやんの絆と参番隊の天竺編での活躍についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

【東京リベンジャーズ】天竺編のあらすじ

聖夜決戦編でミッションコンプリートを果たしたタケミチは再び現代へ。

しかし、そこで待っていたのは今までで1番最悪の未来でした。

ヒナはもちろん、東卍の主要メンバーはマイキーの手で殺されていました…。

マイキーが変わってしまったのは何故なのか?

過去に再びタイムリープしたタケミチはその真相を探ります。

見えてきたのは”天竺”の存在でした。

天竺はマイキーに因縁のあるイザナと東卍を追放された稀咲、それから極悪世代が集まった巨大なチームです。

後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争が”天竺編”です。

果たしてその結末とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺編は何巻?

公式には天竺編が何話からスタートしているのかは明らかにされていません。

ただ、東京リベンジャーズは話の区切りとしてタケミチのタイムリープが発生するので、ここを起点として考えていいと思います。

それを踏まえると、天竺編は13巻の第114話から21巻の第185話までとなります。

ただし、本編の中で185話で”天竺編完”とされてい

るものの、現代に戻るまでが天竺編という見方もあります。その場合は22巻の192話までがMAXではないかと推察されています。

最悪の未来を引き起こした張本人であるマイキーとの悲しい再会と別れ。

東卍を追放された稀咲のリベンジ。

マイキーを変えてしまったエマとイザナとの出来事…。

多くの人が絡み合った関東事変は、死者まで出す大きな抗争となりました。

東卍史上最大にして最後の抗争と言われる”天竺編”は見どころ満点です。

その熱い戦いを最後まで見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】東京卍會参番隊とは?

東卍には全部で壱番隊から陸番隊まで6つの隊がありますが、壱番隊から参番隊までは東卍創設メンバーが隊長を務めていました。

(※場地が死亡してからはタケミチが壱番隊隊長を務めています。)

参番隊の隊長は林田春樹(通称:パーちん)です。

副隊長はパーちんの親友・林良平(ぺーやん)が務めています。

東卍が創設された時、場地はパーちんに旗持ちを任せていました。

その理由は「力自慢」だから。

参番隊はパーちん、ぺーやんのおバカコンビが隊長・副隊長を務めていることもあり、頭を使うより体を使う方が得意な隊と言えます。

東卍の中で参番隊は特攻担当なのです!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編にパーちんがいない理由とは?

パーちんは東卍創設メンバーであり、参番隊隊長です。

しかし、天竺編にパーちんの姿はありません。

代わりにペーやんが参番隊の隊長代理として活躍しました。

では、なぜパーちんは天竺編に登場しなかったのでしょうか?

その理由は、パーちんが少年院に入っていたからです。

パーちんが少年院に入る直接の要因は傷害罪です。

きっかけは、パーちんの親友が”愛美愛主(メビウス)”のメンバーにボコボコにされ、さらに目の前で彼女をレイプされた上、お金も奪われるという事件が発生したことでした。

特に彼女は頭7針縫う大怪我を負い、歯は折れ、左目網膜剥離に全身打撲、肋骨も骨折しており、5日間意識が戻らない重症でした。

あまりの惨状っぷりに、友達想いのパーちんの怒りは収まりません。

東卍として愛美愛主とぶつかる決意を固めますが、逆に愛美愛主の方から奇襲をかけられてしまいます。

パーちんは親友の仇である愛美愛主総長・長内と正面からぶつかりました。

パーちんはぺーやん曰く、バリバリの武闘派で、1人でチームを潰せるほどの強さを待っていますが…。

長内は2歳年上に加えてボクシングをかじっていることもあり、一方的にやられてしまいます。

パーちんは立ったまま気絶してしまうのでした。

マイキーはパーちんの戦いを最後まで見届けてから長内を一撃で倒し、愛美愛主を東卍の傘下に置きました。

これで全て解決するはずでした。

でもパーちんだけはまだ長内を許していませんでした。

マイキーの蹴りで気絶してる無防備な長内を背後からナイフで刺したのです。

この事件でパーちんは自首して少年院に入所することになるのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】パーちんとペーやんの関係性とは?

パーちんにとってぺーやんは親友の1人でしょう。

同い年で同じ参番隊に属する2人は常に一緒です。

ペーやんは”パーちんはオレの全部”というほどパーちんが大好きなのですw

その割にパーちんの脳みそについて辛辣なコメントを度々残していますw

例を挙げると…パーちんの脳みそは「ミジンコ以下」、「空気でできている」、「干からびている」、「真空パック」などなど…。

パーちんのおバカなところも愛しているのですね!

ぺーやんも負け時とおバカなところがまたお似合いですw

しかも、パーちん自身もぺーやんに脳みそをいじられても「おう」と答えるだけで受け入れちゃってるんです。

本当にパーちんとぺーやんは仲良しコンビです。

そのため、パーちんが長内を刺して少年院に入ったことは、ぺーやんにとっては大きな出来事でした。

この時の対応についてはマイキーとドラケンの間でも揉め事になりましたね。

パーちんを逃したいマイキー、パーちんの気持ちを汲んだドラケン。

ぺーやんから見たらドラケンの対応はパーちんを見捨てたとしか思えなかったのです。

結果、ぺーやんは長内から愛美愛主を引き継いだ半間に唆され、8.3抗争で起きるドラケン狩りに参加してしまうのです…。

パーちんへの思いが人一倍強いからこそ起きてしまった悲劇でした。

また、ぺーやんはどの未来でもパーちんの側にいます。

東卍幹部として、ビジネスパートナーとして!

“パーちんはオレの全部”という言葉通りですねw

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】東卍にとってパーちんの存在とは?

パーちんは東卍結成時、チームの旗持ちを任されていました。

チームの象徴である旗を持つことは、チーム内で信頼されていることを意味します。

おバカだけど腕っ節が強くて仲間思いのパーちんは、みんなに愛され、頼りにされていたのでしょう。

それはパーちんが長内を刺して捕まった時の東卍メンバーの対応を見てもわかりますよね。

場地は「参番隊隊長はパーだけだ」とハッキリ口にしています。

その言葉通り、聖夜決戦までは稀咲がパーちんの後継者として参番隊隊長を務めていましたが除名され、その後もパーちんのために参番隊隊長の席は空席のまま置かれています。

ぺーやんは参番隊隊長代理を務めながらパーちんが戻ってくるのを待っています。

パーちんは東卍メンバーにとってかけがえのない仲間なのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編でのペーやんの活躍

天竺編で起きた関東事変で、ぺーやんは四天王の1人・斑目獅音との魁戦を任されました。

ぺーやんは堂々と「参番隊隊長代理」であることを名乗りますが、獅音は隊長でもないぺーやんのことなど眼中にありません。

完全にぺーやんを見下していたのです。

スーパーポジティブな獅音は「東卍は全員俺1人で殺る」と本気で思っていましたが…w

喧嘩が始まるや否や、ペーやんの拳が獅音の顔を直撃します。

おバカなぺーやんには獅音が何を言っているのかわからなかったようで…「日本語しゃべれ」と決めゼリフで締めました。

(ちなみに獅音はそれほど難しい話はしていませんw)

ぺーやんの一撃で獅音は気絶してしまいました。

このあっけない幕切には周りも絶句するしかありませんでした。

ぺーやんは隊長でこそありませんが、喧嘩の実力だけなら三ツ谷よりも上です。

獅音は隊長代理という肩書きや、マイキーやドラケンに比べて無名であることでペーやんを舐めていました。

その薄っぺらい判断能力が彼の敗因でしょう。

関東事変における魁戦はチームの士気を上げる重要な喧嘩でした。

ぺーやんの圧勝で東卍は一気に盛り上がりました。

魁戦でのぺーやんの功績は大きいと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の結末

天竺編は、聖夜決戦編の後に起きる東卍史上、最大にして最後の抗争です。

聖夜決戦後に戻った現代は、これまでで最悪の未来でした。

マイキーによって東卍メンバーは殺されていて、マイキー自身もナオトの手によって殺されてしまいます…。

タケミチはこの最悪の未来を変えるため、再び過去にタイムリープ!

マイキーが闇落ちした理由を探り、その元凶と思われるイザナ&稀咲率いる天竺と激突します。

圧倒的な強さを誇る天竺に、満身創痍の東卍は苦戦します。

タケミチは気持ちでは負けていませんが、戦況はどんどん厳しいものになって行きました。

エマの死に打ちのめされていたマイキーとドラケンを立ち直らせたのはヒナでした。

マイキーはイザナと兄弟対決!

イザナの悲しい過去が明らかになる中、稀咲の銃弾がカクチョーを撃ち抜きました。

雪が舞う中、イザナはカクチョーを庇い、命を落としました…。

逃げる稀咲をタケミチはドラケンと共に追いますが…タケミチと稀咲の因縁の対決は、予想外の結末を迎えることになります。

稀咲が交通事故で死亡してしまうのです。

天竺編は、エマ・イザナ・稀咲…3名の死者を出す壮絶な幕切れとなりました。

大きな犠牲を払った天竺編を経て、未来は変わりました。

東卍メンバーも、ヒナも、みんなが生きている幸せな未来です。

マイキー1人を除いては…。

タケミチの戦いはまだ続きます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】現代に戻ったパーちんの未来とは?

パーちんの現代はタケミチのタイムリープと共に何度か変化しています。

血のハロウィン後の現代では東卍の最高幹部になっていましたが、稀咲の手によりぺーやんと共に殺害されてしまいます。

聖夜決戦後の現代では他の東卍メンバー同様、マイキーに殺害されています。

そして、天竺編後の現代では…家業(不動産経営)を継いでお金持ちになり、幼なじみと結婚して幸せを手に入れています。

ぺーやんはこの現代でもパーちんの側近として共に仕事をしています。

タケミチの奮闘が実を結んだ瞬間でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

天竺編は後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争を描いた人気エピソードです。

ところが、そこにパーちんの姿はありません。

パーちんは東卍の創設メンバーであり、参番隊隊長です。

副隊長はパーちんの親友・ぺーやんです。

2人とも難しいことを考えるのは苦手で身体が先に動くタイプ。

そんな2人が率いる参番隊は、東卍の中でも特攻担当なのです。

パーちんが天竺編に登場しない理由は、パーちんが少年院に入っているからです。

パーちんは親友の敵を討つため、”愛美愛主(メビウス)”の総長である長内をナイフで刺してしまいました。

この事件により、パーちんは少年院に入ることになりました。

このことについては大きな騒動になり、8.3抗争と呼ばれる悲しい事件も発生しています…。

参番隊隊長はパーちんしかいない。

紆余曲折を経て、東卍はそう判断しました。

東卍メンバーにとってパーちんはかけがえのない存在なのです。

パーちんが少年院に入っている間、参番隊の隊長代理を任されたのがぺーやんです。

ぺーやんは天竺との関東事変で獅音との魁戦に臨みました。

ぺーやんは獅音を一撃で沈め、東卍に勢いを与えました。

これは大きな功績と言えるでしょう。

ぺーやんも、他の東卍メンバーもパーちんを待ち続けています。

みんなに愛されたパーちんは、天竺編後の未来では幸せを手に入れています。

あの後、少年院を無事に出所し、祖の親の家業を継ぎ、幼なじみと結婚!

もちろん、その側にはいつもぺーやんがいます。

頭はちょっと弱いけど仲間思いで熱い気持ちを持ったパーちん。

これからも仲間に囲まれ、愛されて生きて行ってほしいですね!

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒パーちんの友達想いは憎めない!今後少年院から出られるのだろ・・

⇒ペーやんとパーちんとの関係とは?・・

⇒パーちんの自首とマイキーvsドラケン!・・

⇒パーちんの愛用バイク・・

⇒パーちんが犯した罪とは?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA