スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編でドラケンが稀咲を憎む理由が明かされる?ドラケンにとってエマの存在とは!?

スポンサーリンク

天竺編は東卍VS天竺の抗争を描いた人気の高いエピソードの一つです。

その中でも衝撃を与えたのがエマの死でしょう。

ドラケンとエマの恋、そして死刑囚となっていたドラケンが稀咲を憎む理由もここで明らかに?!

天竺編はドラケンの伏線が回収されるエピソードにもなりました。

ドラケンとエマの切ない関係と天竺編における活躍についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

【東京リベンジャーズ】天竺編のあらすじ

聖夜決戦編でミッションコンプリートを果たしたタケミチは再び現代へ。

しかし、そこで待っていたのは今までで1番最悪の未来でした。

ヒナはもちろん、東卍の主要メンバーはマイキーの手で殺されていました…。

マイキーが変わってしまったのは何故なのか?

過去に再びタイムリープしたタケミチはその真相を探ります。

見えてきたのは”天竺”の存在でした。

天竺はマイキーに因縁のあるイザナと東卍を追放された稀咲、それから極悪世代が集まった巨大なチームです。

後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争が”天竺編”です。

果たしてその結末とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺編は何巻?

公式には天竺編が何話からスタートしているのかは明らかにされていません。

ただ、東京リベンジャーズは話の区切りとしてタケミチのタイムリープが発生するので、ここを起点として考えていいと思います。

それを踏まえると、天竺編は13巻の第114話から21巻の第185話までとなります。

ただし、本編の中で185話で”天竺編完”とされてい

るものの、現代に戻るまでが天竺編という見方もあります。その場合は22巻の192話までがMAXではないかと推察されています。

最悪の未来を引き起こした張本人であるマイキーとの悲しい再会と別れ。

東卍を追放された稀咲のリベンジ。

マイキーを変えてしまったエマとイザナとの出来事…。

多くの人が絡み合った関東事変は、死者まで出す大きな抗争となりました。

東卍史上最大にして最後の抗争と言われる”天竺編”は見どころ満点です。

その熱い戦いを最後まで見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】現代のドラケンとは?

ドラケンの現代の姿はタケミチのタイムリープの結果によって変化しています。

最初のタイムリープ後、ドラケンは8.3抗争で死亡していました。

タケミチはドラケンを救う為、再びタイムリープ。

タケミチの奮闘もあり、8.3抗争でドラケンが死ぬことはありませんでした。

しかし、戻った現代でドラケンは殺人罪により死刑囚になっていたのです。

ドラケンが殺人を犯した理由は稀咲の指示によるもの。

マイキーを自分のモノにしたい稀咲にとって、ドラケンの存在が邪魔だったのでしょう。

聖夜決戦編の後の現代ではドラケンは他の東卍メンバー同様、マイキーに斬殺されています…。

こうして見ると、ドラケンの現代って悲惨なケースばかりですね涙。

そして天竺編の後の現代、ようやくドラケンにも平穏な未来が待っていました。

ドラケンはこの現代でイヌピーとバイク屋を経営していました。

…この後、1人救われないマイキーを助ける為、タケミチは12年前ではなく、10年前にタイムリープします。

そして、ドラケンは10年前の過去で壮絶な結末を迎えてしまうのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編でエマは死亡した?

エマは天竺編で稀咲の手によって殺されています。

2月22日、黒龍が誕生したその日、マイキーとエマは兄妹揃って真一郎の墓参りにきていました。

そこに現れたのは天竺総長の黒川イザナでした。

マイキーはイザナから遠ざける為に、タケミチにエマを任せて離れさせました。

しかし墓地の外でマイキーたちを待つタケミチとエマに、稀咲が半間の運転するバイクに乗って突っ込んできたのです。 

稀咲は持っていたバットでエマを殴りつけ、去っていきました。

「マイキーを…お願いね?」

エマはタケミチにマイキーを託し、マイキーに背負われたまま、その短い生涯を閉じました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】失意のドラケンとマイキー

エマが死亡したことによって、マイキーは失意のどん底に置かれました。

遺体が安置された部屋の外で座り込むマイキーの表情は、これまでのどんなマイキーより深い失意が見て取れます。

エマの死を知って駆けつけたドラケンは現実が受け入れられません。

誰かに気持ちをぶつけなければ自分を保てないほど、ドラケンも失意に暮れていたのでしょう。

ドラケンはすでに放心状態のマイキーを外に連れ出し、殴り続けたのです。

死んだ場地や捕まったパーちん、一虎のこと…それからエマのこと…。

ドラケンはエマの死をきっかけに、失ってしまった大切な人たちのことへの想いが溢れました。

対するマイキーはドラケンに殴られても何の反応もしませんでした。

ドラケンと同じように、マイキーも失ったものの大きさに心が追いついていないのでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】失意のドラケンを突き動かしたものとは?

マイキーとドラケンはエマの死から立ち直ることができません。

それでも時間は無情にすぎていきます。

今日は天竺との決戦の日です。

このまま放っておけば稀咲の思う壺です。

未来を変える使命を持ってタイムリープしたタケミチに退路はありません。

結局、マイキーとドラケン抜きで天竺との決戦に挑むことになりました。

東卍はトップ2人を欠き、圧倒的な戦力差で天竺に苦戦を強いられます。

全員満身創痍で、最後に残ったタケミチもボロボロ。

タケミチにできることは”諦めない”ことだけです。

そして、その粘りが奇跡を起こしました。

失意に沈んでいたはずのマイキーとドラケンが決戦の舞台に現れたのです。

2人を突き動かしたのは…ヒナの言葉でした。

ヒナは2人にタケミチの秘密を話したのです。

タケミチがみんなの未来を救う為に、必死で戦っていることを…。

タケミチの気持ちを知った2人は立ち上がり、決戦の場に現れました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ドラケンVS半間

天竺との決戦で東卍が勝利した時、半間は稀咲を連れてバイクで逃げ出しています。

ドラケンも負けじとバイクにタケミチを乗せて後を追いました。

半間が稀咲を逃す為にドラケンを攻撃してきた為、稀咲はタケミチが1人で追い、ドラケンは半間との一騎打ちに挑みます。

ドラケンと半間の対決はこれが初めてではありません。

2人の実力は拮抗しており、過去の対戦でも決着がついたことはありません。

半間は何度殴っても倒れることなく起き上がってくることから、ドラケンに「ゾンビ野郎」と呼ばれていましたw

ただし、今回の喧嘩はドラケンに軍配が上がりました。

ついに半間が降参したのです。

半間の目的は稀咲を逃すまでの時間稼ぎ。

その目的が達成されれば、ドラケンに勝つことなど二の次。

2人の対決はここで終わりますが、稀咲の死を知った半間はそのまま逃亡。

後に関東卍會のメンバーとして再登場することになります。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の結末

天竺編は、聖夜決戦編の後に起きる東卍史上、最大にして最後の抗争です。

聖夜決戦後に戻った現代は、これまでで最悪の未来でした。

マイキーによって東卍メンバーは殺されていて、マイキー自身もナオトの手によって殺されてしまいます…。

タケミチはこの最悪の未来を変えるため、再び過去にタイムリープ!

マイキーが闇落ちした理由を探り、その元凶と思われるイザナ&稀咲率いる天竺と激突します。

失意の底から復活したマイキーはイザナと兄弟対決!

イザナの悲しい過去が明らかになる中、稀咲の銃弾がカクチョーを撃ち抜きました。

雪が舞う中、イザナはカクチョーを庇い、命を落としました…。

逃げる稀咲をタケミチはドラケンと共に追いますが…タケミチと稀咲の因縁の対決は、予想外の結末を迎えることになります。

稀咲が交通事故で死亡してしまうのです。

天竺編は、エマ・イザナ・稀咲…3名の死者を出す壮絶な幕切れとなりました。

大きな犠牲を払った天竺編を経て、未来は変わりました。

東卍メンバーも、ヒナも、みんなが生きている幸せな未来です。

マイキー1人を除いては…。

タケミチの戦いはまだ続きます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ドラケンにとってエマの存在とは?

ドラケンにとってエマの存在は特別なものでした。

エマが生きている時、エマの想いに気づいていながらも応えることはなかったドラケン。

東卍を強くすることに夢中だったドラケンは、今はまだエマと付き合う時ではないと思っていたのかもしれません。

あの時はまさかこんな悲しい別れが待っているとは思ってもいなかったはずです。

でも本当は、ドラケンもエマのことが大好きでした。

エマの葬式でドラケン自身が「エマさんを好きでした」とハッキリ口にしています。

ドラケンはエマの死後もエマの存在を忘れることはありませんでした。

天竺編の後、タケミチが10年前(天竺編は12年前)にタイムリープした先でもドラケンはエマの写真を部屋に飾っています。

エマ以上にドラケンを愛した人はいないと言うことなのかもしれませんね!

2人は特別な絆で最期まで結ばれていました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ドラケンは稀咲を憎んでいる?

ドラケンにとって稀咲はエマを殺した張本人です。

死刑囚として留置所にいたドラケンは、面会に来たタケミチにその心の内を明かしています。

もしももう一度人生をやり直せるなら「稀咲を殺す!」と…。

その表情は怒りに満ちていました。

その上、理由は明らかにされていないものの、ドラケンが殺人を犯して死刑囚になったのも稀咲の指示によるものです。

マイキーから遠ざけるのが目的だと思われます。

おそらく弱みを握られ、やらざるを得なかったのでしょう…。

タケミチが過去を変えたおかげでドラケンは死刑囚ではなくなり、バイク屋を経営して暮らしています。

それでもエマを忘れることはできません。

エマを奪われたことは、ドラケンにとって許すことができないこと…。

稀咲は既に天竺編で死亡していますが、ドラケンにとっては憎んでも憎み切れないほどの相手と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

天竺編は後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争を描いた人気エピソードです。

ドラケンは天竺編における重要なキーマンの1人。

ドラケンの現代は8.3抗争で死亡→死刑囚→マイキーの手で斬殺→バイク屋と変わって行きます。

タケミチの奮闘のおかげですね!

ドラケンが死刑囚だった時に謎として残されていたのが”稀咲を殺す”という明確な覚悟の理由でした。

天竺編でその理由が明らかになりました。

…エマの死です。

エマを殺した張本人が稀咲だったのです。

ドラケンは失意のどん底に落とされ、天竺との決戦どころではありません。

そんなドラケンを立ち直らせたのはヒナでした。

ヒナはタケミチのタイムリープを話し、ドラケンとマイキーを決戦の舞台まで戻してくれました。

悲しみを乗り越えた2人は、劣勢だった東卍を勝利に導いてくれました。

逃げ出した稀咲をタケミチが追い、半間をドラケンが相手しました。

この時の喧嘩は半間が勝つことよりも稀咲を逃すまでの時間稼ぎを目的にしていた為、ドラケンの勝利で終わっています。

ドラケンにとってエマは大切な女性であり、忘れることのできない存在でした。

ドラケンはエマを失った後も、エマの写真を飾り、その存在を側に感じようとしていました。

それは最期の瞬間まで…。

タケミチがヒナと幸せに暮らす未来を手に入れたように、ドラケンにもそんな未来があったらよかったのに…。

そんな風に思わずにはいられない、切ないエピソードとなりました。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ドラケンとマイキーに幸せな未来は訪れる?ドラケンとマイキー・・

⇒エマとドラケンは恋人以上の関係?ドラケンにとってエマの存在・・

⇒龍宮寺堅(ドラケン)の魅力とは?優しさのヒミツが分かる!?・・

⇒名言・名シーン・有名なセリフ!マイキー・ドラケン・場地など・・

⇒ドラケンのタトゥーにはどんな意味がある?双龍と三ツ谷との関・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA