スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編で黒龍(ブラックドラゴン)の歴史が明かされる?歴代の総長やイザナとの関係性とは!?

スポンサーリンク

天竺編は東卍VS天竺の抗争を描いた人気の高いエピソードの一つです。

その中で黒龍は大切なキーワードの一つでした。

関東事変が起きたのはイザナと黒龍の歴史とも関係があったのです。

天竺編で明かされる黒龍の歴史と歴代総長についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編でミッションコンプリートを果たしたタケミチは再び現代へ。

しかし、そこで待っていたのは今までで1番最悪の未来でした。

ヒナはもちろん、東卍の主要メンバーはマイキーの手で殺されていました…。

マイキーが変わってしまったのは何故なのか?

過去に再びタイムリープしたタケミチはその真相を探ります。

見えてきたのは”天竺”の存在でした。

天竺はマイキーに因縁のあるイザナと東卍を追放された稀咲、それから極悪世代が集まった巨大なチームです。

後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争が”天竺編”です。

果たしてその結末とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺編は何巻?

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には天竺編が何話からスタートしているのかは明らかにされていません。

ただ、東京リベンジャーズは話の区切りとしてタケミチのタイムリープが発生するので、ここを起点として考えていいと思います。

それを踏まえると、天竺編は13巻の第114話から21巻の第185話までとなります。

ただし、本編の中で185話で”天竺編完”とされてい

るものの、現代に戻るまでが天竺編という見方もあります。その場合は22巻の192話までがMAXではないかと推察されています。

最悪の未来を引き起こした張本人であるマイキーとの悲しい再会と別れ。

東卍を追放された稀咲のリベンジ。

マイキーを変えてしまったエマとイザナとの出来事…。

多くの人が絡み合った関東事変は、死者まで出す大きな抗争となりました。

東卍史上最大にして最後の抗争と言われる”天竺編”は見どころ満点です。

その熱い戦いを最後まで見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】初代ブラックドラゴンの総長とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

初代黒龍の総長は佐野真一郎です。

マイキーとは10歳歳の離れた兄弟です。

真一郎が黒龍を作ったのは15歳の頃。

当時、関東は西と東に割れていました。

西関東を率いていたのは日本最大のチームといわれた螺愚那六(ラグナロク)、東関東は螺愚那六に対抗するため、12のチームが集まって煌道連合(こうどうれんごう)を組み、バチバチの睨み合いを効かせていました。

そんな関東をまとめあげたのが、当時無名だった真一郎だったのです。

真一郎はマイキーによれば喧嘩にも女にも弱かったとされています。

それでもここぞと言う時には自分より強い者にも平気で挑み、いるだけで頼りになる存在でした。

マイキー同様カリスマ性があり、多くの仲間に慕われ、囲まれていました。

優しい性格の持ち主で、歳の離れた弟のマイキーや妹のエマの父親代わりとして面倒も見ていました。

血の繋がりのないイザナのことまで気にかけていたのです。

黒龍引退後はバイク屋を営んでおり、ここでもかつての仲間や若い不良に囲まれていました。

この中にはイヌピーも含まれています。

世代を超え、家族にも仲間にも愛された真一郎ですが、一虎の手によって殺されてしまいました。

享年23歳。

真一郎は死してなお、多くの人の心に残るカッコいい男です。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ブラックドラゴンとイザナの関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

イザナは八代目黒龍の総長でした。

黒龍は七代目までは初代の志を継いでいましたが、イザナの代で完全に方向転換しています。

ゆすり、強盗、クスリ、なんでもありの最悪なチームに成り下がってしまったのです。

そこには初代の志は影も形もありませんでした。

でもイザナは最初から黒龍を変えるつもりではありませんでした。

『兄貴の大事なモノをオレが守りたいから』

黒龍を継ぎたいと真一郎に言った時には、真一郎との確かな絆を感じ、輝く笑顔を見せていましたからね…。

そんなイザナが黒龍を変えたのは、マイキーへの嫉妬があったからではないでしょうか?

真一郎は「兄弟で繋いでいくのが夢だった」と語っています。

イザナに黒龍を継がせ、最後にはマイキーへ…。

イザナは、真一郎に”オレだけのお兄ちゃん”でいて欲しかったのです。

イザナの願いは叶わず、真一郎への歪んだ独占欲のせいで、イザナは黒龍を全く別のチームに変えてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ブラックドラゴンと乾青宗の関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

イヌピーはただの不良少年だった頃、真一郎が引退した後に経営していたバイク屋に出入りしていました。

そこには初代黒龍の仲間たちもたくさん遊びにきていました。

みんなギラギラしたカッコよさを持ちつつも、真一郎の前では礼儀正しく、本当に楽しそうに昔の話をしていました。

イヌピーはそんな初代黒龍に憧れていたのです。

そしてイヌピーにとって、真一郎は”ヒーロー”でした。

イヌピーは黒龍に憧れを持ち続け、ついに黒龍に入りますが…その時は運悪く八代目、イザナが総長の時でした。

イヌピーが憧れた黒龍は見る影もありませんでした。

イヌピーは“真一郎が作った初代黒龍を再興させたい”と思うようになります。

イヌピーにとって黒龍は人生の大切な一部になっていくのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ブラックドラゴンと斑目獅音の関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

斑目獅音はあんなんですがw一応、九代目黒龍の総長でした。

獅音の代も基本方針はイザナと同じですが、決定的に違ったのは九代目で黒龍は一度潰されている!という事実です。

初代黒龍は関東統一までした伝説のチームです。

ところが九代目は結成したばかりで無名な上に、たったの6人しかいない当時の東卍に潰されてしまったのです。

これでは初代メンバーの1人・ベンケイに「黒龍のツラヨゴシ」と罵られても文句は言えませんよね…。

そんな過去があっても獅音には関係ありませんw

関東事変でも、その後に起きる三天戦争でも、“元黒龍総長”の肩書きを名乗り続けていますw

獅音にとって黒龍の総長だった事実は数少ない栄光のようですね!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】十一代目ブラックドラゴンの総長とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

イヌピーは九代目で黒龍が潰されてからも諦め切れず、柴大寿を総長にたてて十代目として復活させました。

この十代目とぶつかったのが聖夜決戦です。

イヌピーは聖夜決戦でどんなに強い相手でも仲間のために立ち上がり、決して負けないタケミチの姿を見ました。

その姿に初代・真一郎の面影を重ねたのです。

イヌピーはココを奪われた時、タケミチを頼りました。

タケミチなら…自分達を救ってくれると感じたのでしょう。

十一代目黒龍総長を継いで欲しい、とイヌピーは頭を下げました。

イヌピーはココを救うために戦おうとしています。

タケミチも、ヒナを救うためにここまでやってきました。

誰かを守るために戦う気持ちはよくわかります。

タケミチはイヌピーの気持ちを受け取り、十一代目黒龍総長を継ぐことを決めました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーは十一代目ブラックドラゴンを受け入れた?

東京リベンジャーズ/©和久井健

実は、イヌピー…聖夜決戦敗北後、東卍の傘下に降る決断をした時にはすでにマイキーにタケミチを十一代目黒龍総長に指名する意志を伝えていました。

東卍総長であるマイキーには、タケミチが壱番隊隊長と兼務とは言え、十一代目黒龍総長に推すことを報告しておくべきだと思っていたようですね。

マイキーはタケミチに兄・真一郎の面影を既に感じていました。

「ヤダ」

最初、マイキーはイヌピーの報告を拒否。

タケミチを最初に見つけたのは自分であり、自分のモノだと思っていたのでしょう。

だからイヌピーがタケミチと真一郎が似ていると気がついたことにちょっとしたジェラシーも感じたようです。

最初こそいじけたマイキーですが、タケミチが「どーしても」と言うなら…と条件をつけて十一代目黒龍の存在を認めました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】2月22日とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

2月22日は初代黒龍が誕生した日です。

この日は黒龍にとってはもちろん大切で特別な日です。

イヌピーはタケミチが十一代目黒龍総長になったことを2月22日のこの日に、真一郎の墓前で報告しました。

マイキーとエマもこの日に墓参りをしていました。

真一郎は初代黒龍総長であり、真一郎を慕う人たちにとっても2月22日は大切な日となっているのです。

また、イザナは真一郎に心酔していたのでこの日を関東事変の日に選んでいます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は、聖夜決戦編の後に起きる東卍史上、最大にして最後の抗争です。

聖夜決戦後に戻った現代は、これまでで最悪の未来でした。

マイキーによって東卍メンバーは殺されていて、マイキー自身もナオトの手によって殺されてしまいます…。

タケミチはこの最悪の未来を変えるため、再び過去にタイムリープ!

マイキーが闇落ちした理由を探り、その元凶と思われるイザナ&稀咲率いる天竺と激突します。

圧倒的な強さを誇る天竺に、満身創痍の東卍は苦戦します。

タケミチは気持ちでは負けていませんが、戦況はどんどん厳しいものになって行きました。

エマの死に打ちのめされていたマイキーとドラケンを立ち直らせたのはヒナでした。

マイキーはイザナと兄弟対決!

イザナの悲しい過去が明らかになる中、稀咲の銃弾がカクチョーを撃ち抜きました。

雪が舞う中、イザナはカクチョーを庇い、命を落としました…。

逃げる稀咲をタケミチはドラケンと共に追いますが…タケミチと稀咲の因縁の対決は、予想外の結末を迎えることになります。

稀咲が交通事故で死亡してしまうのです。

天竺編は、エマ・イザナ・稀咲…3名の死者を出す壮絶な幕切れとなりました。

大きな犠牲を払った天竺編を経て、未来は変わりました。

東卍メンバーも、ヒナも、みんなが生きている幸せな未来です。

マイキー1人を除いては…。

タケミチの戦いはまだ続きます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】十一代目ブラックドラゴンのその後とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

十一代目黒龍としての活躍は実は描かれていません。

十一代目黒龍総長と東卍壱番隊隊長を兼務して戦った関東事変後、タケミチは未来に帰ります。

その後、タイムリープしたのは12年前ではなく10年前の過去でした。

その時には東卍は解散してバラバラ。

タケミチはどこにも属さない普通の高校生でした。

この2年の間に黒龍がどうなったのか、全くわからないままなのです。

当時、十一代目黒龍総長に推してくれたイヌピーとの再会も果たしましたが、黒龍のことには触れていません。

黒龍の伝統は消さないでほしい気もしますが、時代は変わるもの。

最後の総長が真一郎の面影を持つタケミチというのもアリなのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争を描いた人気エピソードです。

関東事変を起こした天竺の総長は黒川イザナですが、彼は黒龍と深い関係を持っていました。

初代黒龍の総長は佐野真一郎。

マイキーの実兄です。

イザナは真一郎を兄と慕い、八代目黒龍総長も務めていました。

しかし、イザナはマイキーへの嫉妬が原因で黒龍を変えてしまいました。

九代目を引き継いだのは斑目獅音です。

九代目は結成したばかりの東卍に潰される屈辱を味わいました。

黒龍復興に燃えたのは初代黒龍に強い憧れを持つイヌピーです。

イヌピーは柴大寿を十代目総長に据え、黒龍を復活させました。

しかし、その十代目も再び東卍に潰されてしまいます。

聖夜決戦を経て、イヌピーはタケミチに初代の面影を見ていました。

今度こそ、憧れの黒龍を取り戻したい…。

イヌピーはタケミチを十一代目黒龍の総長に推薦、タケミチもイヌピーの熱い想いを受け止めて東卍壱番隊隊長と兼務でその話を受けることに。

黒龍の歴史は脈々と繋がりました。

その後、関東事変は東卍の勝利で終わり、黒龍のその後もここまでしか描かれていません。

後世にも大きな影響力を残す初代黒龍と真一郎。

彼らの志を胸に、タケミチには早く全てのミッションコンプリートを期待したいところですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA