【七つの大罪】死者の魂を操れる!?十戒「信仰」のメラスキュラの強さと正体とは!?

スポンサーリンク

魔神族のメラスキュラ。

魔神族なのに「信仰」という2つ名を持っているということはどういうことなのでしょう?

イメージ的に魔神族は「悪」という感じがします。

そんなことはないのでしょうか。

今回はメラスキュラの正体や強さに迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】魔人王直属部隊「十戒」の一人

メラスキュラは十戒の一人です。

常に冷静沈着に物事を見ていて暴走するガランを諫める発言も目立ちます。

一方でお酒好きな一面もあり、バーニャエールをふるまったエスカノールだけはいかしてやるという放言もはなっています。

魔界で300年間、強い瘴気を浴び続けながら生きた毒蛇が魔力を得たものであり、本来の姿は巨大な毒蛇です。

エスカノールの魂を食らうも逆に焼き尽くされ谷に落ち、体が真っ二つになり重体となります。

その後、バイセル大ゲンカ祭りの際に起こったメリオダスと十戒の戦いについてメリオダスの魂を喰おうとしたため、メリオダスを助けに来たバンに心臓をつぶされてれます。

その後、子ランドにてやっきた大罪たちを始末しようとしたが彼らの実力を甘く見た故にエリザベスによって瘴気をぬかれ、ただの毒蛇に戻され、マーリンに捕獲されました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】不信を抱いた者は目を焼かれる「信仰」

魔神王により与えられた能力です。

メラスキュラの場合、彼女の前で不信を抱いたものは目を焼かれます。

blank blank

その性格は冷静沈着で、お酒好きです。

しかし、酔ってしまうとかなりテンションが上がってしまいます。

148話でガランとテンションあげあげで酒盛りする姿は必見です。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】短気なガランをリード

blank

ガランは「真実」の2つ名をもっています。

次回の中でも古株で991歳という歳は平均寿命が1000年前後の魔人としてはかなり老齢です。

お爺さんを絵にかいたような性格で戦いを好む武人気質の一方、弱者には一切興味を示さず容赦なく一瞬で葬り去ります。

本来の力のメリオダスとの再選を望む一方で、敗北の屈辱に対して激高するなど直情的な思考を見せます。

キャメロットでメリオダス一行と交戦となり、終始圧倒します。

フラウドンが彼らをあっさり倒したことに疑問を持ち、再び赴こうとしますがそこで記憶を消されたディアンヌにあいます。マトローナに足止めされます。

その後、本来の力を取り戻したメリオダスに叩きのめされ、打倒メリオダスを誓います。

メラスキュラとは喧嘩が好きなガランを止めに入る仲です。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】生死を問わず魂を操る魔力「獄門」

「獄門(ヘルゲート)」という能力をもち、「暗澹の繭(あんたんのまゆ)」は対象を影で包み込む。

blank

「怨反魂の法(おんはんこんのほう)」死者の未練を増幅させ、憎悪に凝り固まった存在として蘇生される禁呪。

蘇生された死者は整然と変わらず魔力を吸うことができ身体能力は向上さえしているものの、増幅させた怒りに抗うと即時に衰弱する。

blank

 

「修羅の怨讐(しゅらのおんしゅう)」は怨反魂の法でよみがえった死霊に「暗憺の繭」内の負のエネルギーを追加する術。

しかし、異常なまでのエネルギーを追加すると体が耐え切れず破裂してしまう。

「招来魂(しょういらいこん)」は呪文を唱え、対象の魂を取りだします。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】エスカノールの「太陽」に全身を焼かれる

七つの大罪離散後は<麗しの暴食>亭という酒場を営み隠遁しており、七つの大罪の名誉回復についても知らなかったが、<十戒>ガランとメラスキュラの追撃を受けるバンとジェリコ、エレインが偶然酒場に逃げ込みバンと再会、彼らをかくまいます。

酒場の酒が上等だったお陰でガランとメラスキュラに気に入られて命拾いし、夜が明けたことで本領を発揮すると両者を全く相手にせずに撃退。

王国の危機を知り、再び騎士として魔神族との戦列に加わります。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】聖戦ではゴウセルの言いなり

無欲のゴウセルは、人形を作り、その人形を通して、外の世界と接していました。

人形のほうは、彼の目となり耳となり、戦い続けていたのです。

しかし、精神が限界となり、3千年前の聖戦の最中にメラスキュラの精神を操り、牢獄の門を開かせて脱獄しました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】正体は毒蛇!?

blank

エリザベスに瘴気を取られ、ただの小さな毒蛇に。

マーリンにつかまりました。

小さな毒蛇となったメルスキュラはマーリンが捕獲し、飼っているようです。

その十戒の中で人気が高いメラスキュラは、エスカノールと対決した時に「太陽」の力で焼き尽くされました。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

メルスキュラは元は蛇で300年瘴気を浴び続けた結果、毒蛇となり、人間の姿になりました。

そして、十戒では「信仰」の2つ名を持ち、メルスキュラの目の前で不信を持ったものは目を焼かれてしまいます。

そして聖戦の最中にエスカノールの「太陽」に焼かれて毒蛇になり、マーリンに飼われています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です