スポンサーリンク

【無職転生】ロウマンの最後は自業自得??ルイジェルドの怒りはなぜ爆発した??

スポンサーリンク

 

主人公ルーデウスは、エリスとルイジェルドと冒険者パーティ・デッドエンドを結成します。

自分達の住んでいた街に戻ろうと、ギルドで依頼を引き受けて資金稼ぎをする事に・・・。

そこでピーハンターを遭遇します。

 

ピーハンターのメンバーの1人であるロウマンは、とある理由でルイジェルドを激怒させます。

そして、ルイジェルドに殺されてしまう結末となるのです。

なぜ、ロウマンは殺されなければならなかったのでしょうか。

今回はその出来事を詳しく語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロウマンはどんな見た目をしている??(小説Ver)

ロウマンは、昆虫の様な顔をしている魔族です。

蜂に似ているような気がします。

顔に傷があり、ガッシリした体格の持ち主です。

オレンジ色の肌をしていて、白目が見えない複眼です。

ルーデウスは、ロウマンを見た際の感じをこのように語っています。

言葉は乱暴で、喧嘩慣れしている風に見える、と。

様々な修羅場を経験してきた貫禄がありそうです。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ロウマンは冒険者パーティ「ピーハンター」のメンバー(小説Ver)

ロウマンは、冒険者パーティのピーハンターのメンバーです。

ジャリルとヴェスケル、ロウマンの3人で構成されたDランクのパーティです。

彼らは、主にリカリスの街で活動しています。

リーダーのジャリルは、蜥蜴の様な顔つきをしているルゴニア魔族です。

ルーデウスは、彼を目から知性の色が溢れているので警戒をしています。

ペッド探しを専門に依頼を熟して行く事を企画して行動しています。

知性が高くてリーダーに相応しいのではないでしょうか。

 

ヴェスケルは、パーティの中で紅一点。

複眼を持ったズメバという名の魔族の生まれです。

ジャリルに忠実で、共に行動して行きます。

 

そして、ロウマンです。

彼らはやがて、ルーデウス達デッドエンドと出会う事になります。

そこで、ロウマンの運命が変わって行くのです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロウマンがピーハンターに入った理由は??(小説Ver)

ロウマンがピーハンターに入った理由は、ジャリル達が悪事をしていたことを見つけたからです。

ピーハンターのパーティは、元々ジャリルとヴェスケルの2人で行動していました。

Eランクのギルドの依頼でペット捜しをして、その報酬で生活していたのです。

 

ジャリル達は、努力してDランクに上がります。

ジャリルは、生まれた頃から一族で習った魔獣の調教が得意です。

そのスキルを利用して依頼を達成し、楽に稼いでいくことが出来たのです。

しかし、2人はとある考えを思いついてしまいます。

 

それは、ペットを誘拐するという事です。

誘拐すれば飼い主達は、ギルドに依頼をしてくると確信します。

そこで、専門分野の自分達パーティが、誘拐したペットを、さも発見したかのように連れ戻すのです。

捜索願いの出たペットを探し出したふりをして返す・・・。

それを繰り返せば、楽に報酬が得られると考えてしまったのです。

 

ジャリルとヴェスケルは、その思い付きを実行に移しました。

金持ちでペットを飼っている家に侵入します。

そして、ペットを誘拐して監禁する事に・・・。

依頼人は見つけて欲しいから高い金額を提示することを、ジャリルたちは計算ずくです。

依頼が出たら、「発見」を装い、報酬を獲得する事を続けます。

この行為は、ギルドの中で禁止事項。

要は、自作自演の悪事を起こしたと言うことです。

ロウマンは、ジャリル達を不審に思い、調べてその事実を知ります。

やがて、ジャリル達がペットを誘拐している現場におもむくのです。

そこで、悪事を追求し、無理矢理強引な形でパーティに加入したのでした。

 

ロウマンは、自分自身もジャリル達が起こしている悪行に加担します。

楽して稼いでいきたいという視点から、ずっとピーハンターから離れることはありませんでした。

きっと居心地が良かったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロウマンがピーハンターでやっていたことは??(小説Ver)

ロウマンは、ジャリル達のピーハンターに入ります。

彼がやっていた事は、パーティが続けているペットの誘拐業です。

誘拐して自分達のアジトに閉じ込める繰り返しの日々。

ここまでは全員同じです。

 

依頼をクリアすると報酬が貰えます。

それを人数分に分割するのが基本です。

でも、ロウマンは、その分け前を多く取ってしまいます。

とてもずる賢い奴ですね。

ジャリル達は、ロウマンが怖くて逆らえなかったはず。

強くてボコボコにされるのもわかっていたから、反論しなかったのだと予想できます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロウマンはなぜルイジェルドに殺された??(小説Ver)

悪事を繰り返すピーハンター。

そこへルーデウス達デッドエンドと遭遇し、ルイジェルドがロウマンを殺害することになります。

一体何があったのか、順を追ってご紹介します。

 

スポンサーリンク

デッドエンド、ピーハンターに遭遇

ルーデウス達デッドエンドは、ギルドの依頼で迷子のペット探しをしていました。

スラムに行き、ルイジェルドの力でとある建物を発見。

その中に侵入すると、目的のペット「ミーちゃん」や他の様々な動物達が閉じ込められていたのです。

ルーデウス達は、ペットを誘拐して探し出し、飼い主に返す組織的犯行だと気づきます。

 

するとピーハンターの3名が帰ってきます。

ルーデウスは、早速、土魔術を使用。

あっと言う間に彼らを拘束することに成功しました。

 

スポンサーリンク

ルイジェルドがロウマンを殺害…そのわけは?

ルーデウスは、ロウマンにいくつか聞きたいことがあると近づきました。

するとロウマンは、突然、激怒して悪態をつき、ルーデウスを蹴り飛ばしたのです。

ルーデウスは、体を一回転させ、後頭部を壁に打ち付けてしまいました。

 

ルイジェルドは、その光景を見て槍を取り出します。

そしてすぐさまロウマンの喉に槍を突き刺したのです。

喉から大量の出血。

やがて、体を痙攣させて動かなくなります。

 

ルーデウスは、ルイジェルドがロウマンを殺したことに衝撃を受けました。

怯えながらもルイジェルドにその理由を聞きます。

ルイジェルドからは、子供を蹴ったからだと言う回答が返ってきたのです。

淡々と当然の事だと言う口調です。

ルーデウスは、理解します。

ルイジェルドのロウマン殺害は、人族と魔族の常識が違ったからした行動だ、という事です。

ルイジェルドにとっては、悪人だから殺害をしたのは当然の結果。

捕虜の立場になったにもかかわらず、立場をわきまえずルーデウスに攻撃をしたロウマンが殺されるのは当たり前だということです。

ルイジェルドは、ラプラス戦役の時代から、ずっと敵を殺し続けています。

ルイジェルドにとっての正義はこのような考えだと、ルーデウスは思い知るのです。

 

呼吸をするが如く、淡々と行動しただけのルイジェルド。

ルーデウスは、ルイジェルドに説得を始めました。

人や魔族を簡単に殺してはいけない、スペルド族の悪評を払拭する為にも重要なことだ、と。

ルイジェルドは、ルーデウスやエリスの思いや考えを知ります。

そして、自分は、もう人を殺さないと約束してくれました。

 

ルイジェルドがロウマンを殺した理由は、少しは納得できる面もあります。

自分がルーデウス達を守って送り届けると約束したのです。

それを有言実行するために、ルーデウス達の危機に身体を張る気持ちも良く解かります。

 

スポンサーリンク

デッドエンドとピーハンターのその後は協力体制?

ロウマンが死んだことでピーハンターの流れにも変化が起こることになりました。

ジャリル達は、ルイジェルドに怯え全てを白状します。

 

ルーデウスは、ジャリル達を見逃すと言い出しました。

その代わりに自分達が故郷に戻るために手伝って欲しいと提案するのです。

それは、依頼の交換をすることでした。

デッドエンドは、冒険者パーティに登録したばかりのFランク。

高ランクのモンスター依頼討伐には参加できない制限があったのです。

ルーデウス達は、旅をするためにお金が必要だったため、報酬額を多く獲得したいと考えていたのです。

でも、低ランクの依頼しか挑戦できないと言う現実。

 

そこでルーデウスは、ピーハンターに高ランクの依頼討伐を受けてもらう様に指示します。

受けたらそれを自分達が引き受けて解決。

ピーハンターには、自分達の命のリスクがない依頼を達成させるように教えます。

お互い証拠等を交換して報酬を得るという条件を出したのです。

ここから、デッドエンドとピーハンターの付き合いが始まります。

ロウマンがもし生きていれば、こう上手くいかなかった可能性があります。

裏切られたり、逆に脅されたりトラブルが発生したのかもしれないです。

 

ルーデウスのこの行為は、決して良くない事です。

しかし、ルーデウス達にとっても、ジャリル達にとっても良い状況だったのではないかと思います。

ルーデウス達がリカリスの街を去るまで、関係は続いていくのです。

 

やがて、デッドエンドは解散の道を辿ることになります。

その数年後には、ピーハンターも同じ道を歩むことになります。

その内容は、また別の機会があれば語りたいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ロウマンは、あまり品行方正なキャラクターではありませんでした。

ピーハンターの悪行に目を付けて、自分の取り分を多く取る生き方は不愉快です。

 

ルーデウス達に捕らえられても悪態を付く様は、様々な立ち回りを経験してきた強みだったのではないかと思います。

ただ、ルーデウスを蹴っ飛ばしたのは良くありませんでした。

ルイジェルドの怒りを爆発させて始末されてしまったのは、当然の結末です。

ロウマンがルイジェルドに殺された事は、デッドエンドにとって転機となりました。

もし、ロウマンが素直でルーデウス達の意見を聞く姿勢を持っていれば違った展開があった可能性もあります。

逆にルーデウスやピーハンターにトラブルを与えていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA