【無職転生】前世の男のつらい過去!!彼は人生をやり直すことはできるのか??

スポンサーリンク

 

「ルーデウス」は「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場する主人公ですが、彼はいわゆる「転生者」です。

ある出来事がきっかけで命を落とし、前世の記憶を持ったまま新しい世界に生まれ変わります。

しかし、転生前の彼は「ニート」でした。

高校で受けたイジメが原因で人を信用することができず、自分の殻に閉じこもっていたのです。

そして死ぬ間際、「もっと別の生き方ができたんじゃないか」と彼は後悔します。

その気持ちから、転生した異世界では「本気」を出して人生を歩みはじめるのでした。

果たして、転生した彼は新しい世界でしあわせになれたのでしょうか?

今回は無職転生に登場する「前世の男」について、詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男のプロフィールは??(小説Ver)

彼は、34歳の無職で童貞です。

そして、10年以上も家に引きこもったニートでした。

体重100キロを超え、本人は、「ブサメンのナイスガイ」と言っていましたが、見た目にも恵まれていません。

前世の男は、一般の家庭よりも少し裕福な家に生まれました。

兄弟は5人おり、彼は三男で、兄弟の中では4番目です。

彼の本名が気になるところではありますが、原作の中でも生前の名前は明かされていません。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】前世の男はなぜ引きこもりのクズニートになった??(小説Ver)

前世の男は、小学生時代は頭が良いとほめられて育ち、勉強は得意ではありませんでしたが、お調子者で、ゲームが得意なクラスの人気者でした。

中学生のころはパソコンが得意で、自作で組み立てるほどの腕前だったようです。

そのため、パソコンが苦手な家族は彼に一目置いていました。

しかし、このころから彼の人生は少しずつ歪んでいきます。

「俺は、ほかの馬鹿どもとはちがう」と思っていた彼は、パソコンにハマり、勉強をおろそかにしてしまいました。

その結果、県内でも最低底辺と言われる高校に進学します。

それが、彼の人生を大きく変えてしまいました。

前世の男は、この高校生活で酷いイジメを受けます。

イジメを受けた原因は、些細なことでした。

お昼ご飯を買おうと購買に並んでいた彼の前にある生徒が割り込み、それを注意しただけです。

少しカッコよく思われたいという気持ちもあったようですが、その行動は正義感から生まれたものでした。

やがて、殴られたり、裸の写真を撮られたりと、イジメはエスカレートし、わずか一カ月で彼は不登校になります。

それ以降、前世の男は誰も信用せず、無職のニートになりました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男は記憶を残しながら転生!!ルーデウスとして生まれ変わった!!(小説Ver)

前世の男は10年以上も引きこもったあげく、親の葬儀にも出席しなかったことから、家を追い出されます。

これからのことを考えながら町をさまよっていると、彼の目に3人の高校生が見えました。

3人の高校生は口論していましたが、そこに居眠り運転をしているトラックが迫ります。

前世の男は咄嗟に彼らを助けようとしましたが、その事故に巻き込まれて命を落としました。

人生の終わりを受け止める彼は、後悔したまま意識を失います。

 

彼が目をさますと、そこには金髪の美人と茶髪の男性がいました。

その男女は知らない言葉を話し、自分に笑いかけてきます。

今の状況を聞くために、2人に話しかけようとしますが、言葉が出ません。

不思議に思いながらも、体を起こそうとしても起き上がれません。

事故の後遺症かと前世の男は考えましたがその1カ月後、記憶を持ったまま生まれ変わった「転生者」だと彼は気づきます。

そして「ルーデウス」という新しい名前をもらい、2度目の人生を歩みはじめるのでした。

前世の記憶を持ったまま生まれ変わるというのは、誰もが抱く妄想かもしれません。

知識や経験があるため、まったく記憶がない人間よりも一歩リードしているからです。

転生した場所が、「剣と魔法」が存在する異世界であればなおさらでしょう。

ゲーム好きだった1人のニートが、今度こそ「本気」で生きようと思うのも当然です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男はなぜ六面世界へ転生した??(小説Ver)

簡単に説明すると、「再生の神子」であるリリアの力で、前世の男は六面世界へ転生しました。

この「リリア」という人物は、同じ人生を繰り返し生きていました。

つまり、何度も転生しているということです。

結末を知っていながら、同じ人生を生きるわけですから、こんなにつらい人生はありません。

いつしかその思いは彼女を追い詰め、「誰か助けて」とリリアは願うようになります。

やがて王宮の命令で召喚の儀式をすることになり、リリアは1一人の少年を呼び出します。

その少年は彼女にやすらぎを与えてくれる人物で、リリアにとってかけがえのない存在でした。

しかし戦争が起き、その少年はフィットア領のロアの町で戦死します。

彼女はその戦争で自分の命が尽きる瞬間、「もう1度、彼と一緒に生きたい」と強く願いました。

そして、「過去を改変する能力」を使い、彼女は過去へとループします。

ですが、少年をすぐに生き返らすことはできませんでした。

彼女の力と、世界の力が拮抗したためです。

そんな中、彼女の力と世界の力が拮抗してできた「時空の裂け目」から、1つの魂がこの世界に迷い込みました。

それが「前世の男」の魂です。

彼の魂は、死産するはずだった夫婦の子供の中に入りこみました。

こうして、前世の男は「ルーデウス」となって、異世界に転生したのです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男がエロゲで鍛えた能力とは??(小説Ver)

前世の男は「エロゲ」で鍛えあげた能力を、「人をなぐさめる」ときに使っています。

ルーデウスが3歳のとき、ロキシーからはじめて魔術を教わった際、ゼニスが大切にしている木を魔法で折ったエピソードがありました。

ゼニスはロキシーにきびしく注意し、彼女は激しくヘコみます。

そのときにルーデウスは、エロゲで培った経験を存分に発揮しました。

「先生は失敗したんじゃありません。経験を積んだんです」というセリフは、ある意味、無職転生の名ゼリフと言えるかもしれません。

この言葉でロキシーは立ち直ったのですから、あながち間違いではないでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男が転生後も持ち続けたつらい記憶とは??(小説Ver)

前世の男がイジメを受けて引きこもりになったのは、先ほど説明しましたが、そのトラウマは相当なものでした。

さまざまな思いが、彼の心の中で複雑に絡み合っていたからです。

イジメを受けて引きこもった前世の男は、まず、人を信用することができませんでした。

そのため、必死に励ましてくれた家族の言葉も、彼の心には届かなかったのです。

友人も、彼を元気づけようと様子を見に来てくれたこともありました。

しかし彼は、その友人すらも、自ら遠ざけてしまいます。

 

本当は「このままではいけない」と彼自身もわかっていましたが、何とかしようと思うだけで、行動を起こすようなことはしていません。

自分自身を「クズ」を言ってしまうのは、自分をイジメた人間への憎悪だけではなく、立ち直れなかった自分への怒りだったのではないでしょうか。

これは、ある意味「恐怖」です。

人と接することで、自分も傷つき、誰かを傷つけてしまうことを、彼はもっとも恐れていました。

この記憶は、前世の男がルーデウスに転生し74歳で生涯を終えるまで、ずっと消えずに持ち続けた記憶です。

このことから、彼の心の傷がとても深かったことがわかります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の男は作中ではどんな存在??(小説Ver)

見た目がまったく違う「ルーデウス・グレイラット」という人物として、新しい人生を歩みはじめた前世の男ですが、中身は34歳の成人です。

ルーデウスというキャラクターが、とても子供とは思えない行動や言葉づかい、考え方をしているのはそのためです。

作中の前世の男は、この34歳の目線で考えて話をしています。

前世の男の目線で見れば、新しい自分の両親である、パウロやゼニスは、彼より年下です。

また、シルフィエットやエリスは、親子ほどの年の差があります。

前世の男にしてみれば、「やれやれ」と思うことも多くあったでしょう。

そのため、ルーデウスという少年の見た目と、前世の男の考え方のギャップが、この無職転生という物語を面白くしているのは間違いありません。

 

アニメでの無職転生では、声優の杉田智和さんが前世の男を演じ、ルーデウスを内山夕実さんが演じています。

書籍のような文章だとイメージが伝わり難いですが、声になるとそのギャップの面白さが際立ちます。

特に、誰かの行動や言動に対して、前世の男がツッコミを入れるシーンは、無職転生の人気につながっている魅力の1つではないでしょうか。

実に面白い設定です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ルーデウスが転生する前の「前世の男」について、詳しくご紹介しました。

自分で立ち直るきっかけを自ら放棄していた彼は、死ぬ直前に後悔し新しい世界では「本気」で生きることを決意します。

やがて、ロキシーという魔術の師匠によってトラウマを克服し、自分の殻を破りました。

その後、生涯に渡って天才魔術師として活躍し、彼の2度目の人生は最高のものとなります。

現世では味わうことのなかった幸せを、彼は手に入れたわけです。

 

現実において時間を戻すことはできません。

しかし、彼のように「後悔しない生き方をしたい」と思った読者は多いのではないでしょうか。

無職転生という物語を通じて、「悔いのない人生を送れよ!」と前世の男は教えてくれたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です