【無職転生】ルーデウス、元家庭教師のロキシーと結婚!?シルフィーはどうなるの?

スポンサーリンク

 

物語に登場する主人公とヒロインが「その後どうなるのか?」という考察はネット上でもよく見ます。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」にも、3人のヒロインが登場しますが、ルーデウスと彼女達がどうなるのか、さまざまな考察がささやかれました。

中でも人気ヒロイン「ロキシー」とルーデウスがどうなるのか?という話題がもっとも多くありました。

結果的にみなさんご存じのとおり2人は結婚しますが、そこに至るまでにはパウロの死があったり、修羅場があったりと、決して穏やかなものではありませんでした。

それをふまえて今回は、ルーデウスとロキシーが結婚するまでの経緯を詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウス、不屈の魔法使いロキシーと転移迷宮での再会(小説Ver)

魔界大帝キシリカ・キシリスの力を借りて、行方不明となっていたゼニスの情報を得たロキシーは、ミリスにいたパウロと合流し、ベガリット大陸にある迷宮都市ラパンに向かいました。

パウロ達と一緒にゼニス捜索のためロキシーは迷宮に入りましたが、そこで彼女はトラブルに遭います。

迷宮でもっともやっかいな、「転移魔法陣の罠」にハマったのです。

戦闘中、攻撃を避けようと後退したロキシーはよろめいてしまい、その先にあった転移魔法陣に足を踏み入れ、飛ばされてしまいます。

 

ロキシーが転移した先には大量の魔物がおり、それを1人で倒すことになりました。

しかし、彼女自身、多数の魔物を相手にするのは慣れていたため、慌てることもなく、すぐに全滅させようという考えに至ります。

ですが、迷宮の魔物は、そんなに甘いものではありませんでした。

何度倒しても、水のように湧き上がって来るからです。

いくら魔術師として優秀なロキシーでも、魔力は無限ではありません。

食料も尽き、体力の低下を実感したロキシーは、限界を感じて死を覚悟します。

魔物を目の前にしながらも、とうとう魔力が枯渇し「誰か助けて」と、ロキシーは願うしかありませんでした。

そんな絶体絶命のピンチに現れたのが、ルーデウスです。

彼は、フロストノヴァを使い、その場にいた魔物を殲滅しました。

このときロキシーは、ルーデウスが5歳のときに別れて以来、実に11年ぶりの再会を果たします。

 

再会時のエピソードでは、ロキシーに気づいてもらえなかったルーデウスが、ショックのあまり嘔吐してしまうというシーンがありました。

ロキシー自身は、自分が臭くてルーデウスが吐いたと思っていた様子でしが、彼自身は、彼女のことをずっと忘れていなかったのに、覚えてもらえていなかったのが、相当ショックだったようです。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】パウロの死、ゼニスの廃人、それでも前向きになれた、ロキシーの慰め(小説Ver)

ゼニス救出のため、ヒュドラと戦ったロキシー達でしたが、その結末はあまりにも悲しいものでした。

ルーデウスの父親である、パウロが亡くなったからです。

ヒュドラの攻撃に反応できなかったルーデウスをかばって、パウロは命を落としました。

 

母親であるゼニスの救出には成功しましたが、自分の責任で父親が亡くなったことは、ルーデウスにとってあまりにつらい現実となりました。

しかも、助けたゼニスは廃人同然の状態で、しゃべることすらできませんでした。

父親が亡くなったとしても、ゼニスが無事であればルーデウスの気持ちも晴れたでしょう。

しかし、その希望すら無くなってしまい、ルーデウスの心は折れてしまいました。

後悔と悲しみが繰り返えすように、彼の心を襲ったからです。

 

そんなとき、無気力になってしまったルーデウスを、ロキシーが慰めます。

両親が生きているロキシーには、自分の気持ちはわからないと感じたルーデウスは、彼女の慰めの言葉に反論しました。

しかし、かつて冒険者を始めたばかりのロキシーも仲間を失った経験があり、また、ロキシーにしてみれば、ルーデウス達は第2の家族同然です。

彼女は、ルーデウスの気持ちを誰よりもわかっていました。

彼を抱きしめたロキシーは、「つらいことでも、2人で分ければきっと薄くなります」とルーデウスに伝え、その言葉を受けて、2人は結ばれることになります。

 

ルーデウスにとって、師匠であるロキシーの言葉は、誰よりも心に響いたようです。

その日を境に、ルーデウスは逃げずに前を向き、困難を乗り越えることを決めました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーの一目惚れは誰?(小説Ver)

ロキシーが恋に落ちた相手は、ルーデウスです。

迷宮で絶体絶命だったとき、助けに来てくれた彼を見て、ロキシーは一目惚れをしています。

颯爽と現れ、瞬く間に魔物を殲滅したルーデウスを見て、カッコイイと思ったのでしょう。

やわらかそうな髪に、優しい顔立ち、背は高く、ローブ姿でもわかるがっちりとした体型。

まさに、ロキシーを助けに来てくれたルーデウスは、彼女の理想でした。

しかし、迷宮のピンチを救ってくれたとき、この理想の男性がルーデウスだということに、ロキシーは気づいていません。

11年も離れていたのですから、無理もないでしょう。

それだけルーデウスが成長し、素敵な男性になっていたということです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クズ男ルーデウスの浮気、結局パウロと同じ(小説Ver)

ルーデウスが最初に結婚したのは、シルフィエットです。

もともとブエナ村にいるときから、お互いに思うところはあったので、2人の結婚については、当然の結果ではあります。

ルーデウスとシルフィエットは、フィットア領転移事件後、お互いの安否がわからず、それぞれの時間を過ごしていました。

やがて、ラノア魔法大学で2人は再会し、その後さまざまな経緯を得て、結婚までたどり着いています。

 

一方ロキシーは、迷宮で助けられた少し後に、ルーデウスが結婚していることを知りました。

しかも、シルフィエットの祖母であるエリナリーゼから、その話を聞いたのです。

愕然とするのも、無理はありません。

ロキシーにしてみれば、自分の弟子で、しかも一目惚れした相手がすでに結婚していたのですから、動揺したのは間違いないでしょう。

しかし、それを知っていながらも、ロキシーは彼を慰めるため、ルーデウスに身体をあずけました。

ロキシーの中では、覚悟のうえの行動だったのです。

それだけ、ルーデウスのことが好きだったということでしょう。

 

ルーデウス自身も、「浮気をした」という自覚は当然ありました。

父親が亡くなって落ち込んでいたときに、ロキシーに許されたからとはいえ、関係を結んだのですから、言い逃れはできません。

ですが、ロキシーに対しての「好き」という気持ちは、シルフィエットに申し訳ないと思いながらも、止めることはできなかったのです。

 

こうして、ルーデウスとロキシーは、帰郷後に修羅場になることを覚悟のうえ、家族会議を開くことになります。

結局ルーデウスは、パウロと同じように浮気をした「クズ男」だったというお話でした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーとの結婚、家族から大反対、シルフィーの合意は?(小説Ver)

ベガリット大陸から帰郷後、パウロの死、ゼニスの状態を説明した後、ルーデウスはロキシーとの関係について、話を家族に切り出します。

「ロキシーと結婚したい」

そうシルフィエットにルーデウスが話したとき、身重の妻よりも怒ったのはノルンでした。

シルフィエット自身は、困ってはいましたが、取り乱すようなことはありません。

しかし、このノルンの怒りは仕方ありません。

妊娠中のシルフィエットは、ずっとルーデウスのことを心配しながら、彼の帰りを待っていました。

なんとか無事に戻って来たとはいえ、夫は左腕を失くし、父親を亡くし、母親は廃人同然という状態で、別の女性と結婚させてほしいと言っているのですから、ルーデウスが怒られても文句は言えないのです。

ミリス教徒であるノルンには、ルーデウスが言っていることは理解できなかったでしょう。

やがてノルンの怒りの矛先は、ロキシーへと向けられました。

責められたロキシーは、その場を去ろうとします。

 

ですが、それを止めたのはシルフィエットでした。

ロキシーを責め立てるノルンを注意し、彼女は、ロキシーに意外な言葉を伝えます。

「ルーデウスが別の女性を連れて来るのは、時間の問題だと思っていた」というものです。

この言葉、さすがは、ルーデウスの「妻」といったところでしょう。

シルフィエットはルーデウスという人間を、誰よりも理解していたというのがわかります。

「ノルンちゃんはああ言ったけど、ボクは歓迎します」

「一緒にルディを、支えていこう」

このシルフィエットの言葉を得てロキシーは、ルーデウスの2番目の妻になりました。

しかしながら、シルフィエットの寛容さには、脱帽です。

彼女でなければ、違う結果になっていたかもしれません。

シルフィエットという女性がいかに素敵な人物であるかを証明した、ある意味素敵なエピソードでした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスが惚れた、ロキシーの魅力(小説Ver)

ルーデウスがロキシーのことをずっと尊敬し、好きでいられたのは、やはり彼のトラウマを克服する「きっかけ」をくれた人だからでしょう。

異世界に来ても人と接すること、外に出ていくことは、ルーデウスにとって大きな壁でした。

その壁を、ロキシーはあっさりと取り払ってくれたのです。

豊富な経験から得た彼女の知識や教えは、ルーデウスを幾度となく助けています。

また、どんなことがあっても、彼を見放さず、ずっと気づかってくれました。

自分を犠牲にしてでも、ルーデウスを支えようとする姿は、実に健気です。

少しドジなところや、いざというとき頼りになる魔術師としての強さも、ルーデウスには魅力だったかもしれません。

もちろん、ロキシーの見た目の可愛さも、彼の理想でしょう。

ロキシーという女性は、「ルックス」「性格」ともに極上なのですから、ルーデウスが彼女を好きになるのは当然です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスのプロポーズの言葉(小説Ver)

シルフィエットに対する申し訳ないという気持ちもありましたが、ルーデウスはロキシーにプロポーズをします。

エリナリーゼの後押しもありましたが、ルーデウスは自分がロキシーを「好き」だという気持ちを捨てることはできませんでした。

確かに、好きな人を両方手に入れたいという自分勝手な考えは、虫の良い話かもしれません。

しかし、ルーデウスは、「パウロのように2人の女性を手に入れる努力をしても良いのではないか」と思ったのです。

シルフィエットもロキシーも失うくらいなら、彼は「クズで良い」と決意しました。

 

エリナリーゼの後押しもあり、ルーデウスはロキシーに気持ちを伝えます。

「ロキシー・グレイラットに名前を変えるつもりはありませんか?」

ロキシーはその告白を聞いて、すぐに返事はせず、シルフィエットの話を聞いてから、返事をすると答えました。

結果は言うまでもなく、ルーデウスの希望通りになったわけですが、それだけ、ルーデウスという男性が、魅力的だったということでしょう。

経緯はどうあれ、ルーデウスとロキシーの気持ちが報われて、2人の関係がハッピーエンドになったことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ルーデウスとロキシーが結婚に至るまでの経緯をご紹介しました。

迷宮で絶体絶命のロキシーをルーデウスが救い、2人は11年ぶりの再会を果たします。

ゼニス救出の際はパウロが亡くなり、ルーデウスは深い悲しみの中にいましたが、今度はロキシーが、彼を救いました。

 

この物語の展開を見れば、どんなに離れていても、2人の気持ちが、ずっとつながっていたのがよくわかります。

つまり、お互いに必要な存在だったのです。

修羅場はありましたが、シルフィエットの理解を得て、ルーデウスとロキシーは結婚できました。

ルーデウスにしてみれば、好きな人を2人も妻にできたのですから、こんな幸せなことはないでしょう。

これも、「本気」を出した結果なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA