【東京リベンジャーズ】聖夜の兄弟抗争!「聖夜決戦」とは?柴兄弟に未来はあるのか?

スポンサーリンク

 

「聖夜決戦」とは柴3兄弟の問題を中心に巻き起こる抗争です。

圧倒的な暴力で支配する兄・大寿から大切な家族を守るため、兄殺しを決意した八戒(はっかい)

タケミチのミッションはそれを止めることです。

戦いの最中、意外な事実が明らかになり戦いはクライマックスへ!

熱い戦いとなった「聖夜決戦」についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴大寿と柴八戒兄弟とは?

柴兄弟は長男・大寿、長女・柚葉、次男で末っ子の八戒の3人兄弟です。

大寿『黒龍(ブラックドラゴン)』十代目総長です。

大柄で力自慢、その圧倒的なケンカの腕で求心力を保っているタイプです。

思い通りにいかないと暴力で解決しようとするので、柚葉や八戒からは恐れられていました。

 

柚葉は携帯の待受を八戒にする程、弟が大好きなブラコンで、常に2人は一緒です。

 

八戒『東卍』の弍番隊副隊長を務めています。

すらっとした長身でスタイルも抜群。

三ツ谷のことを兄のように慕っています。

女の子が苦手という特徴を持ち、柚葉以外の女の子とはほぼ話せません。

 

大寿は『黒龍』の総長、八戒は『東卍』の弍番隊副長・・・。

つまり、柴家の兄と弟は敵同士だったのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】タイムリープ前の柴八戒は?大寿を殺害!?

6回目のタイムリープで現代に戻ってきたタケミチは『東卍』の最高幹部となっていました。

幹部会に参加したタケミチはパーちんや千冬など、懐かしい顔ぶれの中に見慣れない連中がいることに気づきます。

千冬は彼らのことを「黒龍が」と軽蔑したようにつぶやきました。

 

幹部会の途中で稀咲(きさき)に呼ばれたタケミチと千冬は、薬入りの酒を飲まされ嵌められてしまいます。

千冬は殺され、タケミチは一虎に間一髪で救われるのですが・・・。

一虎から聞かされた今の『東卍』は悲惨なチームでした。

女を襲い、多くの悪事にも手を染めています・・・。

 

なぜ『東卍』は変わってしまったのか?・・・その答えの一つは『黒龍』にありました。

『黒龍』はお金を生み出す天才九井一(ココ)を有しており、『東卍』はその巨額のお金のせいで腐りきっていたのです。

『黒龍』が『東卍』と結びついたのは『黒龍』総長が十一代目の時でした。

十一代目の総長は柴八戒・・・。

一虎の話によると、八戒はお金のために先代の総長・・・つまり兄である大寿を殺して『黒龍』を乗っ取ったとされています。

お金のために人殺しまでする八戒とは過去でどんな男だったのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】「聖夜決戦」!今回のタケミチのミッションは?

一虎に救われたタケミチはナオトに引き合わせてもらうことになります。

しかし、ナオトはタケミチを突然逮捕!

逮捕された先でタケミチが聞かされたのは最悪の事実でした。

この現代のタケミチは稀咲に騙され、アッくんにヒナを殺すように指示した張本人でした。

絶望するタケミチをナオトは鼓舞しました。

 

稀咲はなぜ何度もヒナを殺すのか?

なぜタケミチにこだわるのか?

今回のミッションは最悪の現代を変えるため、過去に稀咲とタケミチ、ヒナの間に何があったのかを探ることです。

 

過去にタイムリープして早々、タケミチは過去の八戒に出会います。

八戒は気さくで優しく、とてもお金のために兄を殺すような奴には見えません。

しかし大寿が登場した途端、八戒の空気は変わりました。

タケミチも『東卍』の一員なのに『黒龍』のシマに入り込んでいた為、ボコボコにされてしまいます。

八戒はケジメをつけるため、柚葉を守るため、『東卍』を抜け、『黒龍』に入ることを決意してしまいます。

そして八戒はタケミチに「大寿を殺す」と決意表明・・・。

 

あの最悪な未来につながっていくシナリオが見えてきました。

もしも、八戒の『黒龍』行きを止めることができたなら。

八戒の兄殺しを止めることができたなら。

未来で『東卍』を狂わせたあの『黒龍』もなくなるのではないか?

 

タケミチのミッションに八戒の兄殺しを止め、『黒龍』を潰すことが加わりました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】『東卍』vs『黒龍』(ブラックドラゴン)

大寿はいつも部下を数人連れていました。

でも12月25日だけ1人になる・・・。

熱心なクリスチャンだという大寿は、毎年クリスマスだけは深夜に教会に1人で礼拝に行くのです。

八戒大寿を狙うなら間違いなくこの日でしょう。

 

重要な情報を入手したタケミチたちは、決戦の日を聖夜(クリスマス)に絞ります。

今回の戦いに『東卍』は関係ありません。

三ツ谷が八戒を『黒龍』に渡す代わりに柚葉の解放を約束させ、『東卍』は約束が守られる限り『黒龍』と争わない和平協定を結んでいたからです。

 

だから今回の参加者はタケミチ、千冬、稀咲、半間の4人だけ。

たった4人で挑む「聖夜決戦」の作戦・・・まずはタケミチが先に教会で待っているであろう八戒を説得。

その間、残りの3人はやってくるはずの大寿を叩く・・・!

『東卍』抜きの孤独な戦いの結末はいかに?!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】奮闘するタケミチ!三ツ谷と千冬登場!

ここでは「聖夜決戦」序盤の出来事をご紹介します。

 

スポンサーリンク

「聖夜決戦」開幕

教会には予想通り八戒がいました。

しかし、八戒を説得している途中で想定外の出来事が起こります。

来るはずのない大寿が入ってきたのです。

 

大寿を見た瞬間、八戒はナイフを構えて一直線に走り出していました。

相手は強敵である大寿、八戒は動きを読まれており、ナイフは無情にも転がっていきました。

タケミチと八戒が大寿と向き合っている隙に、音もなく忍び寄ったのは柚葉でした・・・。

柚葉は大寿の背後に迫り、ナイフを突き立てたのです。

 

スポンサーリンク

稀咲裏切る

本来なら千冬たちが叩くはずの大寿がなぜ現れたのでしょうか・・・?!

実は稀咲が裏切り千冬を捕らえていました。

 

では柚葉は何故ここに来たのか?

八戒がこの日に大寿を殺そうと決意していることを知っているのはタケミチたちだけのはずでした。

これも稀咲の仕業でした。

 

稀咲は八戒の大寿殺しをタケミチたちから知り、仲間のフリをしました。

裏では千冬を捕らえ、大寿を教会の中に入れる。

そして柚葉をけしかけ、大寿を殺させる。

でも未来では八戒が大寿を殺したことになっていました。

つまり、八戒は柚葉を庇うわけです。

全てを知る稀咲に逆らえなくなった八戒は、未来で『黒龍』を悪に染め、『東卍』も堕ちてしまうのです。

 

スポンサーリンク

vs太寿。三ツ谷・千冬登場

過去と未来がつながったタケミチ。

やるべきことがハッキリしました。

「大寿をブッとばす!!」

ここで大寿を止められれば、柚葉を守れる。

そうすれば八戒は稀咲の手に落ちなくてすみます。

・・・しかし、わかったところで相手は大寿です。

タケミチたちだけでなんとかなる相手ではありませんでした・・・。

 

そこで現れたのは三ツ谷と千冬でした!

千冬が稀咲の裏をかき、三ツ谷にだけ今日のことを伝えていたのです。

おかげで三ツ谷に縄を解いてもらうことができ、千冬も参戦です。

 

三ツ谷は大寿と真正面からやり合い、弟分である八戒に”兄”としての姿を見せました。

しかし、『黒龍』のイヌピーとココの登場で形勢は一気に劣勢に。

絶体絶命のタケミチたち。

「聖夜決戦」はいよいよクライマックスへ向かいます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】「聖夜決戦」!タケミチのミッションは成功するのか?

「聖夜決戦」で本当にやるべきことがわかったタケミチ。

ここでは「聖夜決戦」のクライマックスから結末までをまとめます。

 

スポンサーリンク

未来を変えるために

タケミチは再びナイフを構える八戒を止めました。

立ち向かうということは相手を殺すことではありません。

代わって太寿に挑むタケミチ。

 

大寿にどんなに殴られても、タケミチが諦めることはありませんでした。

(こんな兄がいるから 『黒龍』があるから 八戒は立ち直れないんだ。だったら・・・)

「大寿・・・お前を倒して黒龍をもらう!!」

未来を変えるにはここで大寿を死なせるわけにはいきません。

ボロボロのタケミチは決死のカウンターパンチで太寿に一撃を食らわせ、一度だけ膝をつかせることができました。

 

「万が一、未来を変えれるなら命を懸ける価値はあるだろ?」

「八戒、頑張ることは辛くねぇよ。一番辛い事は“孤独”なことだ」

 

スポンサーリンク

八戒の告白

傍から見れば勝てるはずもない相手・太寿に、あきらめずに立ち向かうタケミチ。

そんなタケミチを見て、八戒は”今まで柚葉を守ってきた”のは嘘で、実は自分が柚葉に守られてきたという真実を告白します。

八戒の告白に驚く『東卍』の面々でしたが、タケミチは言いました。

「そんな嘘でお前を見捨てねぇ、それが東卍だぁ!!!」

 

全てを告白し、『東卍』の面々に受け入れられて吹っ切れた八戒。

八戒も加わり大寿に立ち向かいますが、もともとボロボロだったタケミチたちは苦戦を強いられます。

 

スポンサーリンク

マイキーとドラケン登場

限界を超えた頃・・・マイキーのバブの音が教会に響きました。

「メリークリスマス」

涼しい顔をしたマイキーが教会の中に入ってきました。

この日、マイキーは兄・真一郎のバイクに乗り、場地のお守りを持ってドラケンと走っていました。

その時に聞こえたのは三ツ谷のインパルスの音でした。

何かを察知したマイキーがドラケンと駆け付けたのです。

 

マイキーは仲間を苦しめる大寿を一撃で沈めます・・・!

外にいた『黒龍』100人はドラケンが一人で鎮圧!

『東卍』トップ2人の登場で『黒龍』は敗北、『東卍』が勝利を収めたのでした。

 

柴3兄弟、大寿・柚葉・八戒についてもう少し詳しく・・・という方はこちらをどうぞ。

『黒龍』10代目総長モンスター大寿(たいじゅ)の強さや経歴を紹介!

柴柚葉(しばゆずは)について紹介!兄弟関係や片想いの相手まで大公開!

長身から繰り出される最強パンチ!はっかい(八戒)とは?

 

スポンサーリンク

「聖夜決戦」の結果

大寿も、柚葉も、八戒も・・・みんな生きています。

誰も犠牲になることなく「聖夜決戦」を終わらせることができました。

「ミッションコンプリートだ」

これで未来は大きく変わるはずです。

さらに「聖夜決戦」での稀咲の裏切り行為を知ったマイキーは稀咲を除名処分(クビ)にしました。

稀咲まで『東卍』から引き剥がすことに成功したタケミチは、12年後の未来へと戻ることを決めました。

 

しかし・・・ミッションコンプリートしたはずの未来は、さらに最悪なものに変わっていました。

タケミチの戦いはまだまだ続くのです・・・!

 

スポンサーリンク

まとめ

柴家は暴力で支配する兄・大寿に完全に押さえつけられていました。

弟である八戒は大寿を恐れ、姉・柚葉に守られる日々を隠していました。

 

このままじゃいけない・・・!

八戒は大寿を殺して柚葉を救う道を選んでしまいます。

そのことを知ったタケミチたちは、八戒の兄殺しを止めるべく、稀咲とさえ手を組んで「聖夜決戦」へと臨むのです。

それが未来を変えることにも大きくつながると信じて・・・。

 

ところが、稀咲はいつものように裏切ります。

千冬を捕らえ、柚葉にナイフを渡したのです。

 

タケミチはどんな困難な状況になっても諦めませんでした。

その諦めの悪さが八戒の目を覚まさせます。

最後はマイキーとドラケンが参戦し、「聖夜決戦」は『東卍』の勝利で幕を下ろしました。

 

柴3兄弟は誰も命を落とすことなく、それぞれの道を歩くことになりました。

今はまだ完全な和解、とは言えないかもしれませんが、いつの日か3人が笑って話せる日が来るといいですね!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒黒幕は本当に稀咲(きさき)鉄太?それとも半間修二?実は橘直・・

⇒主要キャラのアニメ声優一覧!実写版の俳優もまとめて大紹介!・・

⇒一虎は正気を戻せるか?血のハロウィン事件!相棒・場地(バジ・・

⇒『東卍』の荒ぶる二匹の龍!双龍とは?・・

⇒苦難の道を歩むキヨマサとは?彼に明るい未来はあるのか?・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です