【ブラッククローバー】紅蓮の獅子王の団長・フエゴレオン!熱い魂で向上心のある者を好んでいる!!

スポンサーリンク

ブラッククローバーでアスタが目指す魔法帝はクローバー王国の魔法騎士の頂点と言われています。

そのクローバー王国には9つの魔法騎士団が存在します。

それぞれの団長達も強者癖者揃いですがその実力は折り紙つきで次期魔法帝候補に数えらる団長もいるほどです。

その団長の1人であるフエゴレオン・ヴァーミリオンを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】フエゴレオンのプロフィール

王族の血筋であるヴァーミリオン家の長男であるフエゴレオン・ヴァーミリオンはオレンジ色の長髪と紫の瞳、両耳に菱形のピアスをつけて額に菱形の印を刻んでいるのが特徴です。

また、メレオレオナ・ヴァーミリオンとレオポルド・ヴァーミリオンは姉と弟になり、キルシュ・ヴァーミリオン、ミモザ・ヴァーミリオンとは従兄弟の関係になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブラッククローバー】フエゴレオンは紅蓮の獅子王の団長

王族の血筋であるフエゴレオンはクローバー王国にある9つの魔法騎士団の一つ「紅蓮の獅子王」の団長を務めています

一癖も二癖もあるの魔法騎士団団長の中においては最も高潔で真面目な性格であり、普段は落ち着きのある理知的な態度を見せています。

ですがいざ有事が発生した際は熱血漢の顔に変貌する熱い心の持ち主になります。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】フエゴレオンは弱い者よりも弱いままの者を嫌う

魔法騎士団団長の中で最も真面目であり人格者とされるフエゴレオンですが下層階級や魔力に乏しい相手を露骨に見下す王族や貴族と違っており、どんな相手でも自分と対等の立場として扱って話をしています

魔法帝になる」と言うアスタの事も「ならば君も私のライバルだな」と応えたり、戦場にて若い魔法騎士が迷いを見せた時などは叱咤しつつアドバイスを送るなど素晴らしい一面を見せています。

また、四等上級魔法騎士に昇進を拒み辞退しようとする実弟のレオポルドには「仲間達がお前を信じ未来を託したのか」や「その称号に恥じない人物になって見せろ」と叱咤激励し、家族・兄弟・仲間の成長を心から願い現状より良くなる様にアドバイスしています

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】フエゴレオンは性格通りの熱い炎魔法の使い手

魔法騎士団「紅蓮の獅子王」の団長であるフエゴレオンの魔法属性は炎で炎魔法の使い手になります。

王族が持つ特性である高い魔力からなる豪快な魔法と相手の隙を突く繊細な魔法を使い分ける事ができ、フエゴレオンの高い洞察力も併せて戦闘能力は極めて高いと言われています。

その後、転生魔法発動によるエルフたちの襲撃を受けた時にサラマンダーに選ばれたことで昏睡状態からも目覚め、更に炎の義手と同時に炎精霊魔法も扱えるようになっています。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】フエゴレオンが囮となったダークドライアドとの戦闘

スペード王国のダークドライアドによって「金色の夜明け」団長ウィリアムと「黒の暴牛」団長ヤミが拉致されてしまいます。

この時に行われた緊急会議で熱くなり単身で乗り込もうとする「翠緑の蟷螂」団長ジャックとそれに反対する「銀翼の大鷲」団長ノゼルとの小競り合いを仲裁するフエゴレオン。

その後、乱入してきた「黒の暴牛」副団長ナハトからクリフォトの樹に関する情報を聞き、スペード王国打倒の精鋭部隊の1人としてスペード王国に乗り込みます

ナハトの影魔法でスペード王国城内に潜入したナハト・ジャック・フエゴレオンの3名は漆黒の使徒に遭遇してしまいます。

この時、フエゴレオンは自ら囮となる事を選び戦闘を開始します

第一関門が開き大量の悪魔と対峙しますが何とかピンチを脱しています

 

スポンサーリンク

まとめ

王族の血筋でありクローバー王国にある9つの魔法騎士団の一つ「紅蓮の獅子王」の団長を務めているのが王族の血筋を引くフエゴレオン・ヴァーミリオンです。

曲者揃いの魔法騎士団団長の中では理知的で最も高潔で真面目な性格と言われています。

その真面目さから「黒の暴牛」団長のヤミからは「熱血真面目大王」と呼ばれる程です。

そんなフエゴレオンですが魔法騎士団団長だけあり戦闘能力は非常に高く、属性である炎魔法を王族特有の高い魔力だからこそ出来る豪快な魔法と繊細な魔法を使い分ける事ができます

また、王族にありがちな人を見下す様な素振りは一切なく、誰にでも平等である事から人望も厚く兄弟や家族、仲間や部下からも実力と人間性を含め「最高の団長」と思われています。

ハート王国の修行で一緒だったアスタも白夜の魔眼の罠によって片腕を失ってしまい昏睡状態に陥ったフエゴレオンが目覚めた時は涙を浮かべた程でした。

この昏睡から目覚めフエゴレオンは炎の義手と炎精霊魔法をも使えるようになっています

作中きっての人格者でありその実力も高いフエゴレオン。

まだまだ大活躍の予感が漂います。

衰え知らずの人気を誇るブラッククローバーがこの先、どう展開していくのかを楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA