PR

スポンサーリンク

【リゼロ】最後の獅子王と契約を交わしたボルカニカ!その末路は記憶が薄れゆく??

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • ボルカニカは魔女サテラの封印に関与した強力な存在
  • レイドとの契約により最後の獅子王となり、龍の血を授けられた
  • 亜人戦争では助力を拒否し、体は生きているが精神は成仏している

今回は、神龍ボルカニカについての紹介です。

 

リゼロをご覧になったことのある方は覚えていますか?

ボルカニカという名前だけは聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

実際、アニメでは名前しか出ておらずその姿はまだ描かれていません。

原作では少し話に触れているところはありますが、未だ多くは語られていないとてもレアなキャラクターです。

 

しかし、神龍ボルカニカはリゼロの世界ではとても重要な存在で、昔に魔女サテラの封印にも関与していたほどの実力を持ちます

そんな神龍ボルカニカを今回、細かくご紹介していきますので是非記事を読んで、よりリゼロの世界を楽しんでください!

 

スポンサーリンク

 

【リゼロ】ボルカニカのプロフィール

神龍ボルカニカのプロフィールをご紹介いたします。

 

ボルカニカのプロフィール

名前:ボルカニカ

性別:不明

年齢」約400歳

 

400年前に嫉妬魔女サテラを封印した一人です。

ボルカニカの情報は今現在は少なく、嫉妬の魔女に対するための保険として、現在でもエキドナの魂をこの世に繋ぎ止めているのはボルカニカだといわれています。

 

また、3英傑で、「賢者シャウラ」「神龍ボルカニカ」「初代剣聖レイド」と名前は知られていますが、実はシャウラ曰く「皮肉屋」と伝えられています。

そして、エキドナに嫌がらせ用の魔法器(ミーティア)を作らせたり、剣聖レイドに返り討ちにあったり、レイドを嫌うシャウラからも「レイドが死ぬくらいならボルカニカが死ねば良いのに」と残念なことばかりを言われていました

 

また、怠惰の魔女・セメクトにタコ殴りにされ、大瀑布の向こうに追いやられたことで苦手意識があるともいわれており、これらの事を知ってしまうと、嫉妬の魔女サテラを封印した人物とは思えなくなってきますね。

このように、神龍ボルカニカはサテラ封印した伝説的な人物ではあるが、少し残念なところを持つ、未だ謎多き存在なのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】ボルカニカは最後の獅子王と呼ばれる人物と契約した?

レイド・フリューゲルと神龍ボルニカは、ルグニカ王国のフランダースで友誼を結んだとされています。

レイドが神龍ボルカニカを倒したという逸話があり、それが獅子王との契約に関係していると言われているので先にその逸話を2つご紹介いたします。

 

『初代剣聖レイド・アストレアが神龍ボルカニカを下した宝剣』

『かつて龍が撤去して押し寄せたとき、その尽くを切り倒した伝説の剣』

 

この2つの逸話のことを考えると、レイドが神龍ボルカニカを倒したことで、最後の獅子王ファルセイルとボルカニカが盟約を結び、この戦いで倒された龍の「龍の血」を司法として授けたのではないかと思われます。

 

このことと、400年前に最後の獅子王と呼ばれる人物と盟約を結び、『賢者』『剣聖』とともに、『嫉妬の魔女』を封印し、ルグニカに庇護を与えてきた存在ともいわれているため、ボルニカは最後の獅子王とは契約ではなく、盟約は結んだといわれています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ボルカニカは三英傑と共にサテラを封印した

神龍ボルカニカは400年前に「賢者シャウラ」「初代剣聖レイド」と共に嫉妬の魔女サテラの封印をしています。

 

3英傑とは「賢者シャウラ」「初代レイド」「神龍ボルカニカ」の3人のことを指しており、それぞれの情報は未だおおくは語られてはおりませんが、リゼロの世界では伝説の英雄的な立ち位置で語り継がれています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ボルカニカはルグニカに加護を与え続けるために存在している?

ボルカニカは400年前にルグニカ王国と盟約を結んでいます。

その盟約の内容ですが、『ルグニカの繁栄』とだけ書かれており、細かいことはあまりわかっていません。

 

その後、ルグニカ王国の王族が亡くなり、後継ぎが不在の時についても盟約によってどのようにするのかも記されています。

ルグニカ王国には龍との盟約を語り継ぐ宝珠がありますが、それをはめ込んだ紋章は刺客にふさわしい者の中で輝くとされています。

 

それが、現在行われている王選候補です。

王戦の候補者5人は、神龍ボルカニカと新たに盟約を交わす存在として、選ばれました。

 

このように、ボルカニカは王がなくなってもなお、争いが起きないように、盟約の中で縛りを与え、ルグニカ王国に加護という形で存在と記憶が残っています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ボルカニカは龍の中でもかなり老いた存在??

リゼロの世界ではアニメ二期が終了した 現在で龍と呼ばれる存在は、地竜のみとなっており、大昔には存在していたのか、わからない状態です。

しかし、400年前には神龍と呼ばれる存在がいたことは明らかになっています。

 

そう、神龍ボルカニカです。

今後、400年前のことが明らかになっていく過程で他の龍も出てくる可能性はありますが、現状は神龍ボルカニカは、龍と呼ばれる存在の中ではかなり老いた存在と言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】亜人戦争での呼びかけにボルカニカは応じなかった

剣鬼恋譚によると、約50年前から40年前にかけて8年間続いたルグニカ王国の亜人との内戦。

これが亜人戦争です。

 

内容は、嫉妬の魔女の災厄によって、ハーフエルフウィはじめハーフ種族は異端児としてされ、さらに、ハーフが生まれる原因になりかねない亜人達そのものの存在が、多数派の人間方恐れられており、亜人族と人族の間には不満が燻っていました。

 

Web版と書籍版では亜人戦争のきっかけは少し違っています。

Web版では、一つの亜人族の集落と人族との争いが勃発したことが発端です。

 

自体の収拾を図るための会談で、王城から使者と族長達が揃って皆殺しにされました。

下手人は今をもって不明ではありますが、当時の人族と亜人族は揃って「相手の企みだ」と判断した結果、小さな火種は大火となり、易々と消し止める事ができず、ルグニカ全土へとその手を伸ばしていきました。

 

最終的に、会談の件で加担を認めたわけではないが純粋に争い続けることの無意味さを先に認めた亜人族の降伏といった形で終結しました。

書籍版では、亜人族の商団と国境警備隊との衝突が原因です。

 

ヴォラキア帝国との国境沿いを通った商団に対し、密輸のための超境の疑いがかかったことがきっかけという話だが、実態は定かではありません。

衝突の結果商団は壊滅し、それにより、人間族に対して亜人族が武器を持って奮起下のことが原因とされています。

 

これらの亜人戦争、神龍ボルカニカはこの内戦に際して、王家からの助力を求める嘆願をされていましたが、耳を貸さず助力に現れなかったとされています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ボルカニカは体のみ生きていて精神は成仏している?

神龍ボルカニカは、現在リゼロの世界ではあまり登場していなく、登場した時も体は大きい龍としての姿ではありましたが、生きているというよりは、人の記憶から再現されているような状態でした。

 

そのため、体が生きていて、精神は成仏しているように感じるかもしれませんが、どちらかというと体はなくなったが、人々の記憶に残っているため、体は再現され、精神だけは何かしらで維持されている状態と考えるのが妥当です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の神龍ボルカニカの記事はいかがだったでしょうか。

 

なかなか、原作やアニメではまだ登場していなく、少し会話の中で名前を聞いたことがあるだけといった方のほうが多いのではないでしょうか?

しかし、大昔の英雄『神龍ボルカニカ』が重要なキャラクターであることは間違いありません。

 

今回の記事を読んでそのことに気づいてもらえたらうれしいです。

そして、今後神龍ボルカニカがどのような形で登場し、ストーリーの展開に関与してくるかはまだわかりませんが、その登場を心待ちにしましょう!

 

そして、ここで知った知識を覚えてから見ることにより、より理解が深まるのでリゼロがもっと面白くなりますよ!

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA