【ブラッククローバー】ヴァーミリオンの名を持つものは王家の人間!ヴァーミリオン家とシルヴァ家の関係とは??

PR

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ヴァーミリオンの名を持つものは王家の人間!ヴァーミリオン家とシルヴァ家の関係とは??

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • ヴァーミリオン家は王族の血を引いている
  • ヴァーミリオン家は高い魔力値を持っている
  • ヴァーミリオン家とシルヴァ家は関係がある

大人気連載中のブラッククローバーはクローバー王国最果ての村の教会で孤児として育ったアスタが魔法帝を目指す物語です。

アスタが住むクローバー王国はダイヤモンド王国、スペード王国、ハート王国に並ぶ主要国家の1つになります。

それぞれの国に王様や王族が存在していますが今回はその中の1つであるクローバー王国・ヴァーミリアン家を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【ブラッククローバー】ヴァーミリオン家は王族の血を引いている

クローバー王国では恵外界、平界、王貴界の3つの地域に分けられています。

恵外界の住民は下民が住み、平界は平民が住んでいます。

そして、王貴界には貴族や王族が住んでいる地域となっています。

ヴァーミリオン家は王族の血を引いている為に王貴界に住んでおり、9つの魔法騎士団の「紅蓮の獅子王」の団長であるフエゴレオン・ヴァーミリオンや「金色の夜明け」の団員ミモザ・ヴァーミリオンはクローバー王国の王族の血をひくヴァーミリオン家の一員です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブラッククローバー】ヴァーミリオン家は高い魔力値を持っている

ヴァーミリオン家やその他の貴族や王族は生まれながらにして高い魔力を持っているのが特徴になります。

逆に下民や平民、特に下民は生まれ持った魔力が低い為に生活していくのに最低限の魔法しか使えない者たちが多くいます。

この為、クローバー王国では地域や身分における差別が根強い国でもあるとされています。

この事から下民でも王族、貴族に負けず劣らずの高い魔力を持つものが生まれても、下民としての身分から結局認められないといったケースも多くあるようです。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】フエゴレオン姉弟は王族にしては珍しく差別をしない

クローバー王国とり闇の部分であるのが差別になります。

クローバー王国の多くの貴族は生まれた地域で差別をする事があります

ですがフエゴレオン姉弟、特に魔法騎士団「紅蓮の獅子王」団長フエゴレオン・ヴァーミリオンは身分に関係なく「恥ずべきは弱い者ではない、弱いままの者だ」と言える実力主義の人格者です

また、ヴァーミリオン家の一族でフエゴレオンの従兄弟であるミモザ・ヴァーミリオンもうっかり発言はあっても差別をしない王族となっています。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】王族や貴族の人間は基本的に努力をしない?

王族や貴族では魔法騎士は生まれながら持っている魔力で戦うものであり努力は身分の低い者がする事という考えが根付いている為に一部の王族、貴族を除き努力はしない事が基本になっています

ですが銀翼の大鷲団長ノゼル・シルヴァとフエゴレオン・ヴァーミリオンはお互い小さな頃から切磋琢磨しお互いを高めています。

また「黒の暴牛」ノエル・シルヴァも魔力コントロール出来ず他の兄姉からは「できそこない」として嫌われいじめられた過去があります。

この事から努力をする王族や貴族がいる様子も分かります。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ヴァーミリオン家とシルヴァ家の関係とは??

王族の血を引くヴァーミリオン家ですが銀翼の大鷲団所属のシルヴァ家とは大きく関わりがあります

同じ王族の血筋となっており、ノエルの母方のいとこがミモザ・ヴァーミリオン。

ミモザから見た父方のいとこがフエゴレオンやレオポルドになります。

この為、ノエルは昔からミモザや兄キルシュと顔見知りであり、銀の大鷲団団長のノゼルは「紅蓮の獅子王」団長のフエゴレオンと仲が良くお互いが切磋琢磨していました。

ノゼルとノエルはシルヴァ家ながら努力する王族ですが銀翼の大鷲団所属のシルヴァ家は特に差別主義であると言われています。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】白夜の魔眼となんかしらの因縁を持っている?

クローバー王国の裏で暗躍するテロ組織である「白夜の魔眼」ですが王族と何らかの関係があるとされています。

「白夜の魔眼」頭首リヒトはエルフ族の長であり、エルフ族は王族そして人間に滅ぼされた過去があります

これにより「白夜の魔眼」はクローバー王国の王族を恨み「クローバー王国を滅ぼし、独立国家を建国する」を目的としています

 

スポンサーリンク

まとめ

主要国家の1つであるクローバー王国では平界や王貴界と王族と平民が住む地域が分かれています。

この為、王貴界に住み高い魔力を持ち生まれてきた王族や貴族は平界に住む魔力が少なく弱い者を下民と呼び、差別しています。

王族や貴族は元々持つ魔力が高い事と努力は身分の低い者がする事という考えがある事から努力をしない者が多くいます。

クローバー王国にとり王族、貴族の努力はしないと生まれた地域や身分による差別は闇の部分だと言えます。

ですが魔法騎士団「紅蓮の獅子王」の団長であるフエゴレオン・ヴァーミリオンや「金色の夜明け」団員ミモザ・ヴァーミリオンのヴァーミリオン家も王族になりますが努力を怠らず差別をする事はありません。

銀翼の大鷲団所属のシルヴァ家は特に差別主義だと言われていますが銀翼の大鷲団の団長ノゼル・シルヴァもフエゴレオンと切磋琢磨しているようなので王族、貴族でも全てではなく一部は努力し差別しない者がいるのが分かります。

王族や貴族にはまだ隠されている事実もあると思われますのでフエゴレオンやミモザの活躍と共にブラッククローバーを楽しみたいですね。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒おバカなレオポルド・ヴァーミリオン!アスタをライバル視!?・・

⇒王貴界出身の魔法使いメレオレオナ・ヴァーミリオン!魔法騎士・・

⇒銀翼の大鷲団長ノゼル・シルヴァ!妹ノエルとの関係は?ロイヤ・・

⇒素直になれないノエル・シルヴァ!アスタに想いは届くのか!?・・

⇒白夜の魔眼といえば絶望のヴェット!三つ目が開けば最強!?海・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA