【東京リベンジャーズ】柴柚葉(しばゆずは)について紹介!兄弟関係や片想いの相手まで大公開!

スポンサーリンク

 

「東京リベンジャーズ」の三大ヒロインと言えば橘日向(ヒナ)、佐野エマ、柴柚葉(しばゆずは)!

3人とも可愛さとかっこよさを併せ持ったとても魅力的な女の子です。

 

その中でもこの記事では、「聖夜決戦」編で多くの読者の心を掴んだ柴柚葉をご紹介していきたいと思います。

柚葉は本当に強くかっこいい女の子で、知れば知るほど好きになること必至!

それでは柚葉の兄弟関係や好きな相手、現代での柚葉までたっぷりまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴柚葉(しばゆずは)とは?

柴柚葉(しばゆずは)おでこを出したロングヘアに猫目の大人っぽいギャル。

制服はミニスカのセーラーにルーズソックスです。

姉御肌で強気な性格の持ち主。

9巻第77話から登場しました。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)の兄弟とは?

柚葉(ゆずは)柴家の長女で、3兄弟のうちの真ん中です。

兄は『黒龍(ブラックドラゴン)』総長の柴大寿(たいじゅ)。

弟は『東卍』弐番隊副隊長の柴八戒(はっかい)。

大寿が89年生まれ、八戒が91年生まれのはずなので、柚葉は恐らく90年生まれ(マイキーたちと同い年)かと思います。

 

柴家の母は彼らが幼い頃(八戒が小学校に上がるより前)に病死し、母と仲が良かった柚葉は墓前で「家族は私が守るから」と誓いました。

父は不在のことが多く、母の死後は兄の大寿が柴家を仕切っています。

しかし兄弟の所属チームが違う通り柴家は少し特殊な家庭環境であり、そのことが「聖夜決戦」に繋がりました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)は八戒(はっかい)のことをどう思っている?

初登場時、柚葉(ゆずは)は八戒とボウリングをしていました。

柚葉弟の八戒が大好き。

携帯の待ち受け画面を八戒にしてしまうほど溺愛しているんです。

(ちなみに八戒の待ち受けは三ツ谷)

遊びに行くのも買い物に行くにも一緒で、女子に話しかけられるとフリーズしてしまう八戒のフォローも担当。

また、八戒にちょっかいを出す者には容赦なく、八戒にナイフを突きつけた乾には跳び回し蹴りを食らわせたのでした。

八戒と一緒にいる柚葉は可愛さとかっこよさ、どちらもMAXです!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)は大寿(たいじゅ)のことをどう思っている?

柚葉(ゆずは)は大寿に指示され、『黒龍』がビジネスする金持ちとの間の集金役を担っていました。

 

柚葉にとって兄の大寿は絶対王。

母が亡くなってから大寿が圧倒的な暴力で柴家を支配していたからです。

大寿は躾と称し、理不尽なほど毎日毎日柚葉と八戒に暴力を振るっていました。

柚葉は八戒の分まで殴られることを自ら提案しながら八戒を大寿の暴力から守りますが、しかし大寿は変わらず八戒のことも殴りました。

そんな中、柚葉は

「アタシが絶対守るから!!!アタシがママの代わりになるから!!!」

と涙を流しながら、これまで八戒をずっと一人で守り続けていたのでした。

 

その環境を変えるべく、八戒が「大寿を殺す」と動き出し起こったのが「聖夜決戦」です。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)は聖夜決戦(クリスマス決戦)にいた?

「聖夜決戦」は八戒が大寿を殺害したとされる抗争であり、それを止めることがタケミチのミッションになりました。

そして当日、八戒は大寿を刺すことが出来ずミッションは成功。

かと思われた時、突如柚葉が乱入し大寿を刺してしまったのです。

実は元の過去でも大寿を殺害したのは柚葉。

しかし今回は直前にタケミチが気付き叫んだため、致命傷には至りませんでした。

 

その代わり大寿の反撃が待っていました。

柚葉は大寿に本気のグーパンを顔面に叩きこまれてしまったのです。

大寿が女の子の柚葉にもまるで容赦ないということが見せつけられた衝撃シーンでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)をそそのかした人物とは?

実は柚葉が乱入した裏にはある人物の手引きがありました。

その人物とは稀咲(きさき)鉄太!

やはり抗争の裏にはこの人ありですね。

稀咲が事態を柚葉に密告し、「八戒を守ってやれ」とナイフを渡したのです。

そして柚葉はずっと一人で八戒を守ってきたため「一人でやらなきゃ」と背負い込み、稀咲の思惑通りに大寿を刺してしまったのでした。

 

稀咲が柚葉を唆した目的はもちろん、『東卍』を手中に収めること。

柚葉が大寿を刺殺してしまったタイムリープ前の現代では、その柚葉を庇った八戒をそのまま稀咲が言いなりにして『黒龍』を継がせ『東卍』に吸収し、まんまと『東卍』を悪に染めていました。

稀咲は“八戒を守りたい柚葉”と“柚葉を守りたい八戒”の心を巧みに利用したわけですね。

 

タイムリープ後の「聖夜決戦」では大寿が生き延びたため、稀咲の目論見は不発に終わりました。

そして柴家は新しい家族の形に代わり、柚葉は大寿に「死んで欲しいほど嫌いだけど、愛してる」と伝えたのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柚葉(ゆずは)が片想いしている人物とは?

「聖夜決戦」を経て、柚葉には好きな人ができました。

それは大寿と八戒を変え、柴家の在り方を変えてみせた花垣武道(タケミチ)です。

しかし柚葉はタケミチにはヒナがいることも分かっているため、

「一方的な想いは罪じゃねぇだろ!?」

とその想いを心の内に押し込めたのでした。

 

割り切っている柚葉が切ないですが、タケミチとヒナの幸せを壊したくないという柚葉の優しさが分かりますよね。

ちなみに仲の良い八戒の兄貴分・三ツ谷は、柚葉にとって兄弟にしか見えないそうです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】現代の柚葉(ゆずは)は何してる?

「関東事変」後の現代では、柚葉トップモデルとなった八戒のマネージャーをしています。

仲良し姉弟はいつまでも一緒にいるということですね。

八戒は世界で活躍する人気モデルなので、2人は忙しく海外を飛び回っているようです。

『東卍』が極悪組織になり八戒が殺されたこともあったこれまでの現代と比べ、八戒と一緒に笑顔でいられている今は柚葉にとっても幸せな未来になったと言えますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

柴柚葉(しばゆずは)は八戒のため不良相手にも戦い、八戒の代わりに大寿に殴られることも厭わず、八戒のために大寿を殺す覚悟も出来る、芯の強い女の子。

女の子なのに自ら身代わりとなって傷つくなんて、よほどの覚悟がないと出来ません。

その覚悟の理由は「私が柚葉を守る」と言ってくれた母のように、弟・八戒を、柴家を守ろうとしていたから。

大寿も大寿で八戒を強くしようとしていたのですが、柚葉のその優しさが八戒の強さを閉じ込めてしまったのかなとも思いつつ、大寿の圧政はどうにもならなかったよなと何ともやりきれない経緯だったと思います「聖夜決戦」は。

 

しかしタケミチら心強い仲間たちのおかげで八戒は大寿に立ち向かう強さを手に入れました。

柚葉はもう一人で背負い戦う必要はなくなったのです。

家族の確執が解け、好きな人ができたことでようやく自分のために生きられるようになったと思いきや、相手が彼女持ちのタケミチというところがまた不遇の柚葉。

それでも八戒と一緒に明るい未来を送っていることが嬉しいですね。

可愛く優しく、強くて本当にかっこいい女の子なので、「聖夜決戦」はもちろん柴柚葉の活躍に注目してください!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒主人公・花垣武道(はながきたけみち)の魅力について徹底解説・・

⇒長身から繰り出される最強パンチ!はっかい(八戒)とは?・・

⇒『黒龍』10代目総長モンスター大寿(たいじゅ)の強さや経歴を・・

⇒弐番隊隊長の三ツ谷隆はやっぱりカッコいい!人気の理由とは?・・

⇒聖夜の兄弟抗争!「聖夜決戦」とは?柴兄弟に未来はあるのか?・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です