【ゴールデン カムイ】モデルがいる登場人物まとめ!現実の方が恐ろしい!?モデルとキャラの共通点とは?

スポンサーリンク

軍人にアイヌに囚人に侍…様々な立場・様々な個性が入り乱れながら、それぞれの目的のために金塊争奪戦を繰り広げている「ゴールデンカムイ」。

登場するキャラクターひとりひとりが強烈すぎることでも話題を集めていますが、実は彼らの多くにはモデルとなった人物が存在していました

しかもモデルの方が強烈だった!?

今回は「ゴールデンカムイ」に登場するキャラクターとそのモデルだと言われている実在の人物についてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】杉元佐一のモデルは作者の曽祖父

スポンサーリンク

杉元佐一

本作の主人公のひとりで、元陸軍第一師団の一等卒。

鬼神のような戦いぶりと驚異的な回復力で数々の戦場を生き残り、いつしか「不死身の杉元」として名を知られるようになりました

戦後北海道に渡り、幼馴染の寅次の妻・梅子の目の治療費を稼ぐため砂金採りをしていましたが、アイヌの埋蔵金の噂を聞いたことをきっかけに金塊争奪戦に足を踏み入れていきます。

 

スポンサーリンク

名前のモデルは作者の曾祖父

杉元のモデルは、作者・野田サトル先生の曾祖父だとブログで公言されています

その名も杉本佐一さん

杉元と同じく日露戦争を駆けた軍人で、第七師団の一等卒として旅順攻囲戦や二百三高地、奉天会戦を経験したそう。

ある戦場では、ひいおじいさんを含む500名ほどの部隊が2000人のロシア兵に包囲されましたが、ひいおじいさんともう1名でその包囲網を駆け抜け、なんと本人たちも馬も無傷で突破し4000人の援軍を連れて戻り、おかげで部隊はひとりの死者も出さなかった、なんて武勇伝もあるそうです。

絶体絶命を切り抜ける度胸と強運はまさに杉元佐一そのものですが、モデルとしては“名前を借りただけ”だそうです。

 

スポンサーリンク

人物のモデルは船坂弘?

杉元のモデルとして有力視されているのが船坂弘

船坂弘は太平洋戦争に出征した軍人(最終階級は軍曹)です。

アンガウルの戦いでは絶望的な状況になっても鬼神のような戦いぶりで次々に敵兵を撃ち倒すなど奮闘し、「不死身の分隊長」と呼ばれました。

他にも“軍医が見放すほどの重傷でも数日で回復していた(作中で杉元も似たようなことを言われています)”“頸部を撃たれ戦死と判断されるも3日後に復活(杉元も戦争中に頸部を撃たれています)”などなど、船坂と杉元には多くの共通点が見られるのです。

船坂は晩年大盛堂書店を設立しました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】白石由竹のモデルは白鳥由栄

スポンサーリンク

白石由竹

刺青囚人のひとりで「脱獄王」の異名を持つ天才脱獄犯

杉元・アシリパと出会い金塊の分け前を条件に協力して以降ともに行動しており、2人と強い信頼関係を築いています。

 

スポンサーリンク

モデルは白鳥由栄

白石のモデルは野田先生によって公言されています。

それは「昭和の脱獄王」と呼ばれる白鳥由栄

白鳥は、強盗殺人で投獄されるも刑務所での理不尽な待遇に腹を立て脱獄、その後も収監と脱獄を繰り返し26年間で4度も脱獄を決行しました

網走刑務所での“手錠と監視口に味噌汁を吹きかけ続け、塩分で錆びさせて脱獄した”というエピソードは有名かと思います。

「脱獄王」と呼ばれ、関節を自在に脱臼できたり多様な術で執念深く脱獄するといった点が白石に反映されていますが、役立たずでお馴染みの白石に対し、白鳥は手錠の鎖を引き千切るほどの怪力も持ち合わせていた様子。

最終的に模範囚として刑に服した後、建設作業員として就労し、71歳で亡くなりました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】二瓶鉄造のモデルは山本兵吉

blank
スポンサーリンク

二瓶鉄造

刺青囚人のひとりで「悪夢の熊撃ち」と恐れられる凄腕猟師

猟師を殺して奪った獲物で金を稼ぐ卑劣なグループを撲殺し網走監獄に収監されました。

猟師としてレタラを狙い、レタラのつがいに首を噛み千切られ死亡しました。

 

スポンサーリンク

モデルは山本兵吉?

生涯で仕留めたヒグマは300頭とも言われる伝説のマタギ

日本史上最悪の獣害事件である三毛別羆事件で活躍した猟師として有名です。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】牛山辰馬のモデルは牛島辰熊

スポンサーリンク

牛山辰馬

刺青囚人のひとりで「不敗の牛山」と呼ばれる柔道王

10年間無敗の柔道家で、羆を素手で投げ飛ばすほど常人離れした肉体と強さの持ち主です。

金塊の分け前を条件に土方に同行しています。

 

スポンサーリンク

モデルは牛島辰熊

牛山のモデルも野田先生によって公言されています。

それは「不敗の牛島」と言われた柔道家の牛島辰熊

圧倒的な強さと気の荒さで攻めに攻め続ける荒々しいスタイルから「鬼の牛島」とも言われていました。

柔道史上最強と謳われる木村政彦の師匠。

作中で牛山が大木に帯を縛り付けて背負い投げの打ち込みをしているのも牛島がやっていた鍛錬の一端であり、屈強な見た目もそっくりです。

晩年まで力が衰えることはなかったと言います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】家永カノのモデルはH・H・ホームズ

スポンサーリンク

家永カノ

刺青囚人のひとりで、女装した天才外科医

患者を殺害しては遺体を利用していた罪で網走監獄に収監されていました。

“同物同治”を信じ最高の自分を追い求め、「札幌世界ホテル」を乗っ取り食人を続けていました。

 

モデルはH・H・ホームズ(ドクター・ヘンリー・ハワード・ホームズ)?

シリアルキラーとして記録された紗初期の人物のひとりで、本名ハーマン・ウェブスター・マジェット

3階建ての豪華なホテルを建設し、宿泊客のうち裕福で美しい女性の一人客を狙い殺害していました。

200人もの被害者がいるのではないかと見られています。

「殺人ホテル」と呼ばれるこのホテルはまさに「ゴールデンカムイ」で描かれた家永のホテルそのままで、全室を秘密の通路で行き来できたり、覗き穴や隠し扉があったり、拷問器具完備の地下室があったりととにかく殺人に効率の良い設計だったそうです

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】江渡貝弥作のモデルはエド・ゲイン

江渡貝弥作

夕張の天才剥製職人

動物の剥製だけでなく、信愛する母を始め炭鉱事故で土葬された遺体を利用し、剥製を作ったり人体を素材にした被服や服飾品を製作したりしていました。

鶴見のために刺青人皮の偽物を製作。

 

モデルはエド・ゲイン?

後世の映画「サイコ」「悪魔のいけにえ」「羊たちの沈黙」などの有名猟奇的作品にも影響を与えている、アメリカ犯罪史を代表するシリアルキラー

母親による歪んだ偏愛を受けて育ち、家族を亡くしてからはカニバリズムや死体や解剖に性的執着を現していきます。

そして墓から死体を盗り、それを素材として家具・食器・ランプシェード・衣類・マスクなど様々なアイテムを製作していました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】長生きしている土方歳三

土方歳三

元新撰組「鬼の副長」で70を超える老人

箱館戦争の後、長い間政治犯として収監されていましたが、網走監獄でのっぺら坊と共謀し、刺青囚人を先導しながら脱獄しました。

「蝦夷共和国」の再建とも言える“北海道を独立させ、海外から移民を募り多民族国家を築く”という目的をもってアイヌの埋蔵金を追っています。

 

史実では

史実でも有名な土方歳三。

もはやここで語る必要はないかと思いますが、新撰組では局長・近藤勇の右腕として組織を支え、戊辰戦争では旧幕府軍の指揮官のひとりとして各地を転戦しました。

そして最後の戦場になった箱館五稜郭の防衛戦、「ゴールデンカムイ」では落ち延びたという設定ですが、史実ではここで銃弾を受け戦死しています

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】見た目そっくりな永倉新八

永倉新八

元新撰組隊士で、隊内最強と謳われた男

近藤と喧嘩別れをして新撰組を離れた後、樺戸集治監で剣術指導を行っていたところ土方と再会。

土方脱獄後に合流し、アジトや武器を提供しながら共に行動しています。

 

史実では

新撰組では二番組組長や撃剣師範を務めるなど隊の中枢を成しながら、剣士としても数々の勇名を轟かせました。

史実では新選組を離れた後に杉村介庵の娘・きねの婿養子となって地元松前に戻り、杉村治備(後に義衛)と改名。

その後北海道の樺戸集治監で4年間剣術指導を行ったり、東京で剣術道場を開いたり、小樽で大学の剣道部を指導したりなど、最後まで剣術一筋の人生を歩みました。

晩年まで豪胆だったという永倉は「ゴールデンカムイ」でもエネルギッシュに描かれており、見た目も晩年の永倉そのままです。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】鶴見中尉のモデルは須見新一郎

blank

鶴見中尉

陸軍第七師団の中尉で、歩兵27聯隊所属の小隊長

情報将校としての情報収集や分析能力を活かしながら、部下を引き連れアイヌの埋蔵金を追っています。

目的は“北海道に軍事政権を作るため”と部下に語っていますが、それだけではなさそうです。

 

モデルは須見新一郎?

鶴見のモデルは、昭和の帝国陸軍軍人・須見新一郎ではないかと言われています。

ノモンハンの戦いでは第七師団歩兵26聯隊長として従事し、生き残ることのできたわずか3人の連隊長のうちの1人。

“サイダー瓶を使った火炎瓶攻撃作戦を指示し83両もの敵戦車を破壊させた”という臨機応変で奇抜な手法や、“上層部の無謀な作戦を拒否したり計画に反対した”という冷静な現状把握や情勢判断力、そして“彼らに対して憤りを覚えていた”という点が鶴見のモデルと思われる所以ですね。

 

スポンサーリンク

【ゴールデン カムイ】第七師団は実在した?

blank

鶴見らが所属している「第七師団(北鎮部隊)」も実際に存在した組織です。

第七師団は、1885年に北海道の開拓と防衛を兼ねて設置された屯田兵を母体として1896年に編成されました

1904年の日露戦争で、旅順攻囲戦・奉天会戦という激戦地に参加し勝利に貢献。

「ゴールデンカムイ」はこの直後の時期が舞台となっていますね。

この後もシベリア出兵に参加したり満州に派遣されたり、須見新一郎率いる歩兵26聯隊が奮闘したノモンハンを経て、1940年に北海道に帰還。

太平洋戦争にも派遣されるものの、師団本体は北方の防衛に専念するため北海道に駐留し、予期された連合軍の襲来がないまま終戦を迎えました。

「ゴールデンカムイ」では歴史の背景や当時の軍服まで忠実に反映されていますので、その点にも注目すると更に楽しめますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

「ゴールデンカムイ」のキャラクターたちは超人・変人ばかりですが、モデルとなっている実在の人物たちはその創作物すら超える超人・変人だったということ。

今回ご紹介したキャラクターだけでなく、「ゴールデンカムイ」の多くのキャラクター(特に囚人)にはモデルと思われる人物が存在しています。

囚人のモデルに関しては恐ろしく猟奇的な人物が多いですが、それを皆こんなに愛されるキャラクターにしてしまっている野田先生が凄いですよね。

そして知識と取材・資料の多さにも驚かされます。

あらゆる史実やエピソードが織り交ぜられているのも「ゴールデンカムイ」の魅力ですので、実際のモデルや歴史と合わせながらも是非楽しんでください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です