【ブラッククローバー】麗氷の聖者といえばザクス・リューグナー!王撰騎士団試験は偽ザクス?「紫苑の鯱」副団長の知られざる真実とは?

スポンサーリンク

麗氷の聖者ザクス・リュグナー

王撰騎士団の試験を受けたのは偽ザクスだったのか、「紫苑の鯱」副団長の知られざる真実について説明します。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】「紫苑の鯱」副団長ザクス

団長のゲルドルが悪事を働いていたせいか、団員のモラルも低めの「紫苑の鯱」

その騎士団の副団長を務めているのがザクスです。

国境の警備に付いているため、素顔を知る人があまりいません。

「麗氷の聖者」と呼ばれていますが、実は若い女性を誘拐したり、逆らった人物を公務執行妨害を称し暴行するなど、非道で横柄な性格の持ち主です。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】氷魔法の使い手

ザクスが使用するのは氷魔法

アイススライサーという地面や壁から無数の氷の刃を放って攻撃する魔法を操ります。

貴族出身なので、魔力は強いはずですが魔法はこの1種類しか使えないようですね。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ロイヤルナイツ編冒頭で敗北

王撰騎士団選抜試験に行く途中、老婆に孫娘を返してほしいと懇願されたザクス。

そんな老婆に暴行しようとしたところ、ゾラに倒され「騎士団のロープはもったいない」とローブを奪われてしまいました

ローブを奪われただけではなく、ザクスは瀕死の状態にまで叩きのめされていました

貴族という立場を利用し、弱いものをいじめ、それが当たり前だと思っているザクスによほど腹が立ったのでしょうね。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】偽ザクスの正体はゾラ!?

blank

王撰騎士団選抜試験に現れたザクスの名乗る男はアスタとミモザと同じチームになり戦うことになります。

ザクスは団員にあまり顔を知られていなかったため、魔法帝ユリウス以外の人物には気づかれることなく、成りすますことができたようです。

序盤は横柄な態度でその場を引っ掻き回し、足をひっぱる男でしたが、アスタの戦う姿、言動に亡き父親を重ね、それからはアスタと共に闘うようになりました。

この男の正体は実は黒の暴牛団の団員、ゾラ・イデアーレでした。

試験終了後、みんなに正体がバレたゾラは行方をくらましましたが、父が憧れていた「真の魔法騎士」になるために、改めて「黒の暴牛団」の団員としてみんなの前に現れました

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ゾラの父親とザクスの関係は?

ゾラの父親は下民出身で初めて魔法騎士になった人物です。

明るく前向きな性格で、魔法騎士団に入るという目標のために努力を惜しまず、諦めず夢を叶えました。

そんな父親をゾラはとても誇らしく思い、尊敬していました。

しかし、「紫苑の鯱」に所属し、仲間と共に闘う喜びを噛み締めていたゾラの父親は下民出身だということが気に食わない貴族出身のメンバーに後ろから撃たれ、亡くなってしまいます

明らかにわざとですが、任務中の誤射として処理されます。

ゾラは「紫苑の鯱」の団員で、下民をバカにし、横柄な態度を取り、数々の悪事を働いているザクスに父親を殺した貴族の姿を重ねたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】回想で明かされる「紫苑の鯱」の横暴

「紫苑の鯱」は団長が部下を虐げ、その部下がまたさらに下の団員に暴力を振るうため、退団率がトップの魔法騎士団です。

貴族至上主義が浸透しているため、その立場を利用して悪事を働く団員があとを立ちません

国宝級の魔道具を横領したり、横流し、危険魔法薬の密輸など犯罪も横行しています。

また、ゾラの父親が死に、お墓の前でゾラが悲しんでいる時、ゾラに「下民のくせに魔法騎士面で戦場をウロチョロするから仲間に後ろから撃たれるんだよ

そもそも下民が我々貴族と仲間などずうずうしい

と言い捨て去っていくなど、人としてもモラルも欠けた言動をくりかえしています。

また、ユノから魔導書を奪おうとした盗賊レブチ、禁術で死体を操るラデス。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】若い女性を誘拐する魔法使いだった?

blank

表では人徳があると思われていたザクスですが、裏では若い女性を自分の欲望のために誘拐したりしています

そして孫をザクスに連れ去られたまま、帰ってこないので、返してくださいと懇願する老婆に「老い先短い命・・・私の魔法で美しく散るか?」という暴言も吐き、殺そうとまでしている実に非道な人物です。

そして、その老婆に暴行しようとしているところにゾラが現れて倒されます。

この他にも子供を誘拐するなど、裏ではひどいことをたくさんしています

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】団長失脚後に団を立て直す?

blank

団長ゲルドルは白夜の魔眼との関係、その他の悪事が全て明らかになり、地下牢に拘束されることとなりました。

ゲルドル失脚後、「紫苑の鯱」が復興したのはザクスの人望と功績のおかげだと言われています

とても聖者とは程遠い中身ですが「麗氷の聖者」という異名を持っています

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

聖者とよばれていたザクスですが、実はとんでもない悪行の数々を行っていたことが判明しました

紫苑の鯱には新しい団長もやってきましたので、これからどうなるのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です