スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いで見せた羌瘣の怒りとは?羌瘣に飛信隊副長としての自覚が芽生え始める!?

スポンサーリンク

黒羊編は飛信隊が桓騎軍と共に趙の要衝・黒羊丘へ侵攻するエピソード。

桓騎軍と組むのは初めてであり、桓騎ならではの戦い方に飛信隊は大きく揺れることになりました。

中でも羌瘣はそんな桓騎のやり方と真っ向からぶつかる展開となります。

それでは黒羊丘の戦いにおける羌瘣の動きを分かりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】黒羊丘の戦いのあらすじ

紀元前238年、加冠の儀を終えた秦王・嬴政のもとでようやく国内がまとまった秦は、いよいよ本格的に国外=中華統一へと舵を切り始めます。

そして紀元前237年、趙攻めを決定した昌平君の方針に従い、飛信隊に趙攻略の足掛かりとなる黒羊への侵攻が言い渡されました。

合流するよう命じられたのは本軍となる桓騎軍5万。

飛信隊8千と合わせて5万8千の秦軍で、慶舎軍4万・紀彗軍3万の趙軍7万と対峙することとなりました。

黒羊は広大な樹海で、落とすべき城がない代わりに5つの丘があり、その「丘の占拠」が勝利条件となります。

特にカギとなる中央丘の占拠を目指し、飛信隊は秦軍右翼として進軍。

しかし李牧も認める慶舎の実力、離眼兵の強さ、黒羊丘という土地、そして何より味方であるはずの桓騎の戦略に飛信隊は翻弄されていくのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】黒羊丘の戦いは何巻?

黒羊丘の戦いはコミックス41~46巻で描かれているエピソードです。

昌平君が算出した「中華統一に秦が高い士気で挑める年数」はたったの15年。

黒羊丘の戦いはこれから本格的にその偉業に着手するための前哨戦のようなもので、黒羊を拠点とした趙西部攻略を目指す戦いです。

ちなみに黒羊丘の戦いは史実にはありませんので、桓騎軍とのエピソードを描く目的が大きいのかもしれませんね。

一番の見どころも桓騎軍との接触です。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中央丘を巡る戦いへ

黒羊は城などない広大な樹海のため、「5つの丘を占拠すること」が勝利・攻略条件となります。

特に勝敗のカギを握るのが「中央丘の占拠」

そのため右翼に配置された飛信隊は左翼の雷土軍と共に、いち早く進軍して出来る限り中央丘より奥に前線をつくる役目を与えられました。

ただし当然趙軍も同じ考えを持っているため、出だしはどちらがより前線を押し込めるかの勝負となりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】羌瘣は飛信隊の斥候として前線へ

黒羊丘の戦いでまず羌瘣に与えられた大事な役目が斥候です。

羌瘣は趙軍の動きや黒羊の地形などを密かに偵察するため、飛信隊本隊に先駆けて少人数で最前線へと赴きました。

黒羊は見渡す限りの密林地帯なので信は心配しますが、「これに似た所で育ったため問題ない」と羌瘣。

ただし何かを感じたのか、信と河了貂に「ここはきっと丘の取り合いだけの単純な地じゃない」と忠告して出て行ったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】集落発見?混バアとの出会い

斥候として先に進んでいた羌瘣小隊は、樹海の隙間で予想外のものを目にします。

それは秦趙の戦を知ってか知らずか、のんびり村人たちが過ごしている集落でした。

こうして戦の情報が伝わっていない僻地は黒羊に限らずあり、ましてここは趙の土地。

そのため「これは奴ら(趙)の問題だ」と仲間たちは言うものの、羌瘣は集落を放っておけず、皆の反対を押し切って警告しに向かいました

羌瘣は集落の長である老婆(混バア)と出会い、皆を急ぎ避難させるよう伝えます

しかしやはり彼らにとって秦国民である羌瘣は仮にも侵略者。

「忠告しに来るくらいなら最初から他人の土地に入ってくるんじゃない」と突っぱねられてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】羌瘣VS劉冬

日が落ちた頃、羌瘣斥候隊はまだ本隊と合流できていませんでした。

飛信隊本隊が前線の押し上げに失敗してしまったため、気づけば羌瘣隊は趙軍の背後の位置で孤立してしまっていたのです。

羌瘣が戻って来ないことを受け、信と河了貂は心配していました。

「密林」「夜」…これは羌瘣にとって得意な状況下であるため、無茶するのではないか…と。

そしてやはり羌瘣は「好機」と捉えていました。

必死で止める仲間たちに「飛信隊のためにやるんだ」と語り、蚩尤の誇りをもって単身で敵将の暗殺に向かってしまったのでした。

羌瘣は堅牢な敵陣に忍び込み、寝所で人形に祈りを捧げていた劉冬と遭遇。

“命を賭して守るべきもの”を問うてきた劉冬とそのまま一騎討ちになりました。

羌瘣は劉冬に傷を負わせたものの、返り討ちに遭い崖から転落してしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】深手を負った羌瘣が再び集落へと舞い戻る

深手を負った羌瘣に劉冬軍の捜索が迫りましたが、羌瘣は混バアの元で介抱されていました

羌瘣の馬が、一度来たこの集落の場所を覚えていたのです。

目覚めた羌瘣は、雑談がてら混バアに「離眼の悲劇」を聞くことになりました。

紀彗や劉冬たちの強さ、彼らが無名だった理由、離眼兵の士気の高さ…離眼について知るほどに彼らが強敵だと認識する羌瘣

しかし羌瘣は「だからこそ負けられない」という思いが強まり、早く仲間たちのところに戻らないと…と焦るのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】羌瘣VS劉冬 再戦

羌瘣が飛信隊本隊に戻ったのは黒羊丘の戦い4日目のことでした。

戦場におびき出された慶舎に追い打ちをかけていた飛信隊が劉冬に行く手を阻まれていた時、援軍に入ったのが羌瘣でした。

羌瘣は自らの隊と合流してその場を請け負い、信たちを先に行かせて再び劉冬と交戦します。

互いに傷が開きながらも死闘を繰り広げ、最終的に羌瘣が勝利

劉冬は死の間際まで「離眼へは行かせない」と離眼への想いを零していました。

羌瘣は劉冬の“離眼の守り子”を手渡しながら、「お前が恐れるようなことは離眼では起こさせない」と伝えたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】桓騎のやり方に羌瘣激昂!その理由とは?

5日目の朝、黒羊のあちこちで煙が立ち上っていました。

桓騎軍が樹海に点在する村々を焼いていたのです。

その1つには混バアの集落もあり、羌瘣が駆けつけると、集落の焼け跡と無惨な姿になった村人の姿、それを積み込む桓騎兵の姿がありました

そしてその死体の山の中に混バアの姿も…。

羌瘣は思わず桓騎兵を次々に斬り刻んでしまいます。

そしてそこで桓騎兵から出た「全部お頭(桓騎)の命令でやっただけ」という言葉に激昂した羌瘣は、信と共に怒りに震えながら桓騎のもとに乗り込みました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】羌瘣が尾平を軽蔑?

飛信隊と桓騎軍が戦争になりかねない一触即発の状況になってしまいます。

羌瘣は桓騎の首に剣を当てるほど激昂。

しかし代わりに田有が首を斬られそうになったところで、騎軍に交換配属になっていた尾平が仲裁に入りました。

すると尾平の懐から「黒羊特産の紫水晶の腕飾り」が落下

それは明らかに略奪品であったため、尾平は信に「二度と飛信隊に戻ってくるな!」と殴られ、隊を追放されてしまいました。

しかしそれよりも怒りに震えていたのは羌瘣でした。

なぜなら尾平が持っていた腕飾りは混バアの物だったから。

混バアは羌瘣を見送る際、同じ物を作って待っていると言ってくれていました。

そうした混バアとの温かな交流があったからこそ余計に怒りと悲しみが収まらない羌瘣

羌瘣は助けを求める尾平を「自業自得だ」と殴って見放したのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いの結末

黒羊丘の戦いは秦の勝利で終わりました

ポイントの1つは飛信隊(信)が総大将の慶舎を討ったこと。

そしてもう1つが桓騎の策により、慶舎亡き後に指揮を執っていた紀彗を撤退させたことでした。

紀彗を撤退させる方法は“村焼きで集めた死体で作った『贈り物』と「離眼城でこれ以上の悲劇を起こす」という強迫”だったため、飛信隊にとっては非常に後味の悪い結末ではありました。

しかしこの“大人の戦い方”は「戦死者の数が開戦前の予想の半分以下」しかも「5日というスピード攻略」という成果をあげ、桓騎の凄さも実感させられたのでした。

それでも桓騎のやり方を認められない信は「桓騎より先に大将軍になる」と決意。

羌瘣は「お前のやり方で天下の大将軍になればいい」と背中を押しました。

ちなみに追放された尾平は無事信と和解して飛信隊に戻り、さらに尾平と交換で飛信隊に一時配属していた那貴が正式に飛信隊に移ってきたのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

黒羊丘の戦いで羌瘣は斥候として出たまま、劉冬と戦い負傷して混バアに治療されており、4日目まで別行動となっていました。

混バアとの触れ合いを経て国を超えた人と人の繋がりを知る一方で、戦争の非情さ・桓騎の非道さを実感する、しかもそのやり方で戦争としては正しい結果(勝利)を得られている…というなかなか考えさせられることの多いエピソードとなっています。

また、どんな事情があると知っても大事なものを守るために戦わなくてはならないという劉冬との戦いも深いです。

黒羊丘の戦いは飛信隊の戦いが描かれる一方で、羌瘣視点で読むとさらに面白いので注目です!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒強くて美しい羌瘣(きょうかい)!闇から脱出できたキッカケと・・

⇒王弟謀反編で羌瘣が飛信隊に復帰?羌瘣が離脱していたその理由・・

⇒合従軍編に羌瘣(きょうかい)は登場しない!?秦国がピンチな・・

⇒映画第2弾の主役は羌瘣?羌瘣役を演じたのは今最も旬なあの女・・

⇒混バアって何者?羌瘣との出会いとは!?・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA