スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いで信と桓騎が一触即発?天下の大将軍を目指す信!飛信隊の想いはひとつ!!

スポンサーリンク

黒羊編は飛信隊が桓騎軍と共に趙の要衝・黒羊丘へ侵攻するエピソード。

この桓騎軍との共闘は、信が自分の目指す天下の大将軍像をハッキリと見据え、その想いに呼応して飛信隊がさらにひとつになった大きな出来事となりました。

それでは黒羊丘の戦いはどんなエピソードだったのか詳しくまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】黒羊丘の戦いのあらすじ

加冠の儀を終え、秦は嬴政のもといよいよ中華統一への船出の時を迎えます。

昌平君の算出では、中華統一に秦が高い士気で挑める年数はたったの15年

無謀とも思える厳しい計画となりますが、嬴政は信に改めて自分の意志を語り、「ゆくゆく復活する六大将軍の一席を掴み取れ」と信を奮い立たせました。

そして紀元前237年、趙攻めを決断した昌平君の意向に従い、飛信隊は桓騎軍に組み込まれ趙の黒羊丘攻めに参戦します。

すると飛信隊は相対する離眼軍に苦戦させられるどころか、味方であるはずの桓騎の戦いに翻弄されることに。

新六将の候補と言われる桓騎の“大人の戦い”を目の当たりにし、信は強烈な拒絶を覚えながら改めて自分の目指す天下の大将軍像を胸に抱くのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】黒羊丘の戦いは何巻?

黒羊丘の戦いはコミックス41~46巻で描かれているエピソード。

41~45巻で黒羊丘の戦いが描かれ、45~46巻では飛信隊のパワーアップ、そして趙攻めに関する衝撃の展開へと発展していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】共闘!飛信隊と桓騎軍

黒羊攻めの特徴は、初めて桓騎軍下で戦うこと。

桓騎軍とは山陽や函谷関で共に戦いましたが、直接組んで共闘するのはこれが初めてです。

すると信は思わず剣を抜いてしまいそうになるほど、桓騎の異様な存在感を拒絶してしまいました。

そんな信に桓騎は「大人の戦いを覚えていけ」と不敵に笑ったのでした。

また桓騎軍は「他軍と行軍する際、互いの軍の理解を深めるために隊の入れ替えを行っている」らしく、尾平と桓騎軍の那貴が一時的に隊を交換することになりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中央丘を巡る戦いへ

黒羊丘の戦いは秦軍5万8千(桓騎軍5万+飛信隊8千)と趙軍7万(慶舎軍4万・離眼軍3万)の対峙となりました。

黒羊は広大な樹海であり、城はないため「5つの丘を占拠すること」が勝利条件となります。

特に中央丘を手に入れられた側がほぼ勝利確定。

そこで右翼の飛信隊と左翼の雷土軍に「中央丘より奥に前線をつくる」という重要な役割が命じられました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊が早くも失態を犯す?

趙軍も同じく「中央丘より奥に前線をつくる」ことを狙っているはずのため、飛信隊は羌瘣隊を斥候に出し、密林の中を急ぎ進みます。

ところが途中で趙(離眼軍)馬呈隊が飛信隊を奇襲

崩された飛信隊は信の鼓舞によって立て直しを図りますが、なんとその間に自軍側の丘が趙(離眼軍)劉冬隊に占拠されてしまいました。

馬呈が退いたため飛信隊は急いで丘の奪取に向かうも、すでにそこには敵の姿はなく…。

趙軍に翻弄されたと気づいた時にはもはや“前線の押し合い”を趙軍に先行されることとなり、飛信隊は請け負った作戦を霧散させてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】渡河の戦い攻略へ

2日目は本格的に「中央の丘取り合戦」が始まるため、それを有利に運ぶために平地(右翼・左翼)が前線を押し込むことがさらに重要になりました。

初日に失態を犯してしまった飛信隊は挽回すべく前進。

ところが対峙する馬呈軍が川岸に陣を敷き待ち構えており、飛信隊は橋も舟もない“無手”の状態で「対岸を陣取られた渡河の戦い」という難題を突き付けられてしまいます。

すると河了貂が信と河了貂を囮にした、助攻をさらに助攻にした作戦を捻り出し、飛信隊は決死の渡河を成功させたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信VS慶舎

渡河を成功させた飛信隊はそのまま前線を押し上げ、中央丘の戦局に影響を与えるまでに進軍しました。

4日目その飛信隊のもとに、桓騎の策によっておびき出された慶舎が襲来

ゼノウ一家や離眼軍も加わり大混戦となりますが、最終的に肝心の慶舎を逃がしてしまいました

しかし飛信隊は慶舎の動きを捕捉し、慶舎本陣への襲撃に成功

劉冬や慶舎の親衛隊に足を止められるも、信は「俺の背だけを見て追いかけてこい!」と仲間たちを鼓舞しながらついに慶舎まで辿り着きました。

そして一騎打ちの末、信の刃が慶舎を貫き、信は高らかに勝利を宣言したのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信と桓騎が一触即発?

ただし飛信隊の動きは丘の裏で起こったためすぐに桓騎には伝わらず、趙軍は慶舎の死を隠して紀彗を大将に戦いを続けました

そして飛信隊が翌朝目にしたのは、趙軍に取られた中央丘と黒羊の樹海から立ち上る煙。

なんと桓騎は優勢だった軍を中央丘から撤退させ、代わりに樹海に点在する“戦に無関係の集落”を襲わせていたのです。

集落の惨劇を目にした信と羌瘣は激昂して桓騎本陣に乗り込み、飛信隊と桓騎軍が戦争になりかねない一触即発の状況に発展してしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信と尾平が決別?

信たちと桓騎軍の衝突を止めに連れて来られたのは、桓騎軍に交換入隊していた尾平でした。

ところが尾平の懐から「黒羊特産の紫水晶の腕飾り」が落下

それは明らかに略奪品であったため、信は尾平を殴り「二度と飛信隊に戻ってくるな!」と隊から追放したのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信が目指す天下の大将軍とは?

その後、桓騎兵に暴行されて飛信隊に担ぎ込まれた尾平に、信は「漂と語り合っていた“天下の大将軍”像を色褪せさせたくない」と話し始めました

その大将軍像は子どもの想像力の中だけあって、凌辱や虐殺などの暗い部分が一切ありません。

今たとえそれが“ガキみてえなことを言っている”と分かっていても、漂と胸高鳴らせた誰よりも強くてかっこいい天下の大将軍になりたいのだと、そして飛信隊もそういう隊でありたいのだと信は語りました。

そしてその想いを受け、飛信隊の心も改めてひとつになったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いの結末

しかし黒羊丘の戦いを桓騎は、信が絶対に認められない凌辱や虐殺を利用したやり方で勝利したのも事実です。

黒羊丘の戦いは、樹海の集落の死体でつくった“贈り物”を「離眼城でこれ以上の悲劇を起こす」という伝文をつけて送り付けたことで、紀彗率いる離眼軍が撤退して秦の勝利となりました。

しかも終わってみれば「戦死者の数が開戦前の予想の半分以下」「5日というスピード攻略」という圧倒的な勝利

新六将候補と言われる桓騎の凄みを見せつけられた結果となったのでした。

それでもやはり信は桓騎のやり方を認められず、それを止めるために「桓騎より先に大将軍になる」と決意しました。

そんな信の熱に当てられ、飛信隊に交換入隊していた那貴が正式に移ってきます。

さらに飛信隊は後日入隊試験を行い、軍のさらなる強化を図るのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

黒羊丘の戦いで飛信隊は桓騎軍のもとで戦い、“大人の戦い方”を目の当たりにしました。

いよいよ中華統一を目指すというタイミングで、向き合わなければならない現実と向き合ったといえます。

そして信は向き合った結果、桓騎のようなやり方を止めるべく、桓騎よりも先に大将軍になることを決意。

改めて漂と抱いていた目標を胸に刻むと共に、その想いを飛信隊皆と共有し、よりひとつになってさらに大きくなっていくという熱いエピソードとなりました。

これから本格的に中華統一に向け奮闘していく信や飛信隊を見届ける上で絶対に見逃せないエピソードなので注目です!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒信が目指す大将軍までの階級について徹底解説!将軍と大将軍の・・

⇒信にはモデルがいた?その人物の名前と概要は?作中への影響は・・

⇒李信は実在した?史実をもとに今後の展開を徹底考察!!・・

⇒キングダム信の嫁は誰!?歴史上では〇が嫁であると…・・

⇒黒羊丘の戦いで尾平が飛信隊を脱退?信の熱い言葉に尾平たまら・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA