【ブラッククローバー】珊瑚の孔雀団長ドロシー・アンズワース!寝ている団長で大丈夫!?ドロシーの強力な魔法とは?

スポンサーリンク

珊瑚の孔雀の団長ドロシー・アンズワースは常に寝ていますが、団長がそれで平気なのか・・・と感じますが、実際はどうなのでしょうか。

そして、気になるドロシーの強力な魔法とは一体どんな魔法なのでしょうか。

その強さについてもお届けしていきたいと思います。

ドロシーの魔法の正体を見破いたのが「黒の暴牛」って本当なのか、それとも違うのでしょうか。

また、見破られた事はどんな事なのか、についてもお話ししていきたいです。

ドロシーが知っているとされるシルヴァ家の秘密はなんなのでしょうか。

果たして、シルヴァ家には本当に秘密があるのか、ないのか・・・という事についてもお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】公式の場でも寝ているドロシー

珊瑚の孔雀団長・ドロシーは、公式の場でも寝ているらしい・・・です。

果たしてそれは本当なのか、本当であればなぜなのでしょうか。

それも彼女の魔法の一部なのでしょうか。

どうやらドロシーは公式の場でも寝ているのは本当のようです。

寝ているだけで何もしていない・・・と思われてしまいます。

しかし実際は、魔法を発動させる為であるようです。

公式の場面でも寝ているドロシーですが、きちん「意味」があるのです。

 

【ブラッククローバー】ドロシーのプロフィール

ドロシー・アンズワースは、魔女の森出身であり、珊瑚の孔雀の団長を務めています。

3月21日生まれの27歳で、カラフルなものとマカロンが好きなようです。

魔法属性は「夢」で、夢魔法を使います

彼女の夢魔法は、魔法が発動すると対象となる者は、なす術もなく夢の世界に連れていくのです。

一見暗そうに見える彼女ですが、かなり明るくハイテンションな性格のようです。

そして寝ている事が多い、ほとんどと言える彼女の特技は、”寝ながら“会話を交わす事です。

 

【ブラッククローバー】寝ている団長を支える副団長キルシュ

ドロシー団長を支える副団長キルシュが気になります。

彼はミモザ・ヴァーミリオンの兄であり、20歳という若さで副団長を務めます。

性格がかなりにナルシストでポジティブと多少の問題があるが、実力は副団長を務めるだけのことはあります。

実際に、彼はドロシー団長に代わり実務をほとんどこなしていると言えます。

彼の魔法属性は「桜」で桜魔法を使います

キルシュは洞察力も鋭く、チームメイトの良い所を引き出すアドバイスが的確です。

ちなみに妹・ミモザは、ナルシストな兄があまり好きではない様子です。

王撰騎士団の選抜試験の時も、キルシュが兄であるとアスタに知られるのを嫌がっています

 

【ブラッククローバー】エルフのレーヴが転生

ドロシー団長に転生したエルフは、レーヴです。

エルフ族が転生する先の人間は、同じような魔法を使える魔法騎士が多いようです。

レーヴもきっとドロシーの夢魔法と似たような魔法の使い手と考えられます。

エルフが転生したドロシーと戦う事になったのは、サリーと黒の暴牛メンバー、バネッサ、マグナ、ラック、チャーミーです。

夢の世界へと連れていかれて、戦いに苦戦します。

しかし、戦いながらその糸口を見つけていくのです。

それは以外にも、ドロシーの夢魔法を利用する事でした。

最終的にレーヴが相手したのは、ドロシー本人だったのです。

 

【ブラッククローバー】黒の暴牛が夢魔法の正体を見破る!

エルフが転生したドロシーとの戦いで、黒の暴牛のメンバーは何に気づいたのでしょうか。

最初に気づいたのは、研究が大好きなサリーです。

それは、夢魔法はイメージしたものをそのまま構造するので現実世界と同じであるが、出現したものを思い通りにしたり、攻撃を自由に操作する事ができない事です。

その為、1度出現させたものは消せるが消すのが相当難しいみたいです。

ですので、戦う上で「出口」を出現させる事に成功しますが、すぐにガードされます。

ここでラックが気づくのは、彼女の中に存在するレーヴとドロシー本人の2人の意識がある事です。

そして次に、ドロシー本人を想像させ本人の登場となります。

夢の世界で転生した者、された者が戦う事になるのです。

ラックがこの事に気づいたのは、自身がエルフに転生した時の感覚を知っているからかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】目覚めたドロシーの性格は?

夢の世界で目覚めたドロシーの性格は、本来の彼女らしい明るさでした。

転生された事を感じさせない・・・といった感じです。

自分が現れるまで戦っていた黒の暴牛メンバーに「グッジョブだよ〜!!」と明るく話しかけ、後は自分に任せるように話します。

普段は、寝ている事が多いからこそ、彼女の明るさがハイテンションに見えるのかもしれないです。

あまりの明るいドロシーにみんなが驚きます。

そしてエルフ・レーヴと戦い終わると自身の意識の中へと消えていきます。

きっと目覚めているドロシーはかなりのレアな状態だったと思います。

 

【ブラッククローバー】ドロシーの強力過ぎる夢魔法

夢魔法はどれほど強力なのでしょうか。

それは、対象となるものを自身の世界へと連れていき閉じ込めるのは相手の自由がなくなります

しかもエルフへの転生でその対象が必ずしも、1つでなくても可能なのが分かります。

そして彼女の夢魔法は、想像を現実のものとして出現させる事ができるのも強みだと思います。

相手と閉じ込め、攻撃を防ぐと共に攻撃をする事ができるのです。

イメージした物を自由にコントロールできないですが、それを差し引いても彼女の強さは無敵に近いのではと感じます。

戦う相手にそのイメージ・想像に影響を与えられないように、強い精神力も必要とするとかなりの強さだと言えます。

しかしドロシーの夢魔法については、知られていないこともまだあると感じます。

例えば、寝ている事がどれほど力に影響するのか、という事です。

これから明らかになっていく事を期待します。

 

【ブラッククローバー】ドロシーが知るシルヴァ家の秘密とは?

シルヴァ家の秘密とはなんなのでしょうか。

ドロシーは本当に秘密について何か知っているのでしょうか。

その秘密というは、ノエルの母の死に関係することです。

どうやらノエルの母の死には、悪魔が関わっているようです。

その悪魔の名は「メギキュラ」です。

ドロシーはなぜこの事を知っているのでしょうか。

それは彼女自身も自分の母も殺されているからです。

この事実は、シルヴァ家長男・ノゼルも知っていたがノエルをはじめ他の兄弟も誰も知らなかったようです。

この悪魔・メギキュラは、アスタを救う鍵にもなります。

今後どのように登場してくるのかと気になります。

 

まとめ

今回は、珊瑚の孔雀団長ドロシーについてお届けしてきました。

彼女が常に寝ている事が事実であると分かりましたが、それは魔法を使う上で必要なことである可能性が高いと分かりましたね。

そして彼女の夢魔法が“無敵”であると同時に、突破できる点も明らかになっています

しかしドロシー本来の戦い方は、まだまだ明らかになっていないこと、知られていないことも多いように感じます。

ちなみに夢の世界では“無敵”に近いドロシーの夢魔法は、悪魔にも通用するのではと考えます。

ドロシー自身、母を殺されている悪魔・メギキュラはアスタを救う鍵ともなる悪魔ですので、今後もドロシーは悪魔との戦いに大きく関係してくると考えます。

悪魔・メギキュラがどんな悪魔なのかと明らかになるのも後少しとなりそうです。

その時には戦うドロシーを見る事ができそうです。

今後の戦いの中で、明るくハイテンションなドロシーが見られるのは楽しみの1つです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です