【ワンピース】火災のキングが麦わら一味の仲間になる?キングが待ち望んでいたジョイボーイとは!? | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【ワンピース】火災のキングが麦わら一味の仲間になる?キングが待ち望んでいたジョイボーイとは!?

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 「火災のキング」は「百獣海賊団」の大看板で、「四皇」カイドウの右腕。
  • キングは「ルナーリア族」という絶滅した種族で、「ジョイボーイ」の伝説を知っている。
  • ルフィが「ジョイボーイ」として現れる可能性が高く、キングが麦わら一味に加入する可能性は低い。

「四皇」カイドウ率いる「百獣海賊団」で最高幹部「大看板」を務めているのが、カイドウの右腕のキングです。

「四皇」カイドウからは絶大な信頼を置かれている「大看板」の筆頭で、「百獣海賊団」結成前から仕えている古株です。

そのキングが「四皇」カイドウに語っていたのは伝説の存在ジョイボーイです。

キングとジョイボーイは関係あるのかなど、今後は火災のキングを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【ワンピース】キングのプロフィール

キングは「火災のキング」の異名を持つ「百獣海賊団」大看板の筆頭海賊です。

「百獣海賊団」結成前から「四皇」カイドウに仕えている古株で、最も信頼されている部下になります

黒服の軍服のような格好と威圧感のある鋭い赤い瞳の眼光が特徴で、6メートルを超える大男です。

また、刀を帯同しており剣豪のような佇まいをしています。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワンピース】キングの種族とは?

「火災のキング」は本名アルベルと言う「ルナーリア族」です。

「ルナーリア族」は既に絶滅した種族とされており、非常に珍しい種族です。

「四皇」ビッグマムが治める「万国」にもいない種族で、ビッグマムも欲しがるほどです。

また、「世界政府」は「ルナーリア族」だということを知らせるだけで1億ベリーの報奨金を支払うとしており、異例の扱いをしています。

これはマリージョアがある赤い土の大陸に「神の国」を創り暮らしていたとされているからで、「ワンピース」に於いてもかなり重要な種族だと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】キングの悪魔の実の能力とは?

「ルナーリア族」という珍しい種族のキングは動物系古代種の「リュウリュウの実 」モデル・プテラノドンの能力者です。

巨大なプテラノドンに変身できる能力で、元々の種族の特徴も相まって「ワンピース」作中でもかなり厄介なヤバさを持ち合わせています

実際、「ビッグマム海賊団」の船を発見した時は戦闘機と見間違うようスピードで飛行しており、「ビッグマム海賊団」の将星が乗っているにも関わらず、「キングの空の守りがあればもう近付けない」と言うほどでした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】キングの強さとは?

「リュウリュウの実 」モデル・プテラノドンの能力者キングは、カイドウの右腕だけにかなりの強さを誇ります

「四皇」ビッグマムからも「ウチに来い」と勧誘されるほどで、サンジと対峙し攻撃された際にはルフィもサンジの死を覚悟したほどです。

また、元「白ひげ海賊団」の一番隊隊長「不死鳥のマルコ」を相手にした時も徐々に劣勢に追いやっており、能力だけでなく基本の戦闘力も高いのが分かります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】キングVSゾロ

ライブフロアでマルコに足止めされていたキング、重症から復活してきた「麦わらの一味」ゾロとの戦いになります。

そして、その戦いの中でマスクを傷つけられたことに「ブチ切れモード」になったキングはゾロに猛攻撃を仕掛けていきます。

ですが、それをものともしないゾロは炎を消しての高速突進の際に攻撃できる事に気づき「極虎狩り」のカウンターでキングのマスクを破損させました。

素顔を晒したキングでしたが、「悪魔の実」の能力と「ルナーリア族」の種族の特性を活かした戦法で優位に立ちます

ですが、その戦いの中ではゾロがキングの攻略法を理解した事で徐々におされていく事になります。

この成長していくゾロに王でもなるつもりかと聞くキングは必殺技「御守火龍皇(おおもりかりゅうドン」を放ちます。

一方、「閻魔」が何故自分の所に来たのか理解したゾロは渾身の「”閻王えんおう三刀龍・一百三情飛龍侍極じごく”」を繰り出しました

この攻撃により大ダメージを負うキング、サンジに負けたクイーンと同じように鬼ヶ島から落下します

この時、キングが残した言葉は「カ、カイドウさん」 でした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】キングは死亡した?

ゾロに敗れたキングでしたが、カイドウが敗れた後も「兎丼」の囚人採掘場で生き残り、姿を隠していました。

ですが、突然現れた海軍大将「緑牛」が来襲に晒された上、養分を吸われてしまいました。 

その後はどうなったかは描かれておらず、生死は不明となっています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ジョイボーイとは?

「ワンピース」作中でも最重要なキーワードの「ジョイボーイ」は、空白の100年に実在した人物です。

ジョイボーイは魚人島との約束を守れなかったことを謝罪する旨をポーネグリフに残し、代わりにいつかその約束を果たしにくる者が現れると伝えています。

ラフテルに莫大な宝を残した人物でもあり、「解放のドラマ」を聞いた象主もジョイボーイが帰ってきたと喜んでいました。

その素性や詳細はまだ不明なものの「ワンピース」に於いての最大の伏線であり、重要な人物だと思われています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ジョイボーイはカイドウ?

キングはルナーリア族に伝わる伝説「ジョイボーイ」を信じている1人です。

そして、人体実験の日々から救ってくれたカイドウに恩義を感じ、忠誠を誓っていました。

「最強生物」と言われるカイドウとも「ジョイボーイ」の事を語りあっていますが、カイドウは自身ではないと否定しています

そして、カイドウはキングに「オレを倒す者が現れたらそれがジョイボーイだ」とキングに伝えています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ジョイボーイはルフィ?

「ゴムゴムの実」が覚醒した事で「四皇」カイドウを倒したルフィ。

その時、「ワノ国」に接近していた象主は「ジョイボーイ」が帰ってきたと嬉しそうに話していました

また、カイドウも倒している事からルフィが「ジョイボーイ」の可能性が高いと思われます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】キングが麦わら一味の仲間になる可能性はある?

マリージョアのある赤い土の大陸に「神の国」を創り暮らしていたとされる「ルナーリア族」の生き残りキング。

「ワンピース」でもかなり重要なキャラクターだと思われます。

この為にこの先も関わってくると思われますが、「麦わらの一味」への加入の可能性は低いかなと思われます。

ですが、「ジョイボーイ」に関わる事からルフィとは何らかの絡みもあるかと推測されます

 

スポンサーリンク

まとめ

「四皇」カイドウが率いる「百獣海賊団」で総督カイドウが最も信頼しているのが、最高幹部「大看板」のキングです。

キングは「ルナーリア族」という「神の国」を作っていた種族の生き残りで、「ジョイボーイ」の伝説もしっていました。

この為、「最強生物」と言われるカイドウを「ジョイボーイ」と思っている時期もありました。

ですが、否定され「オレを倒す者がジョイボーイ」と聞いたキングの前に現れたのがルフィでした。

そして、覚醒した事でカイドウを倒す事になります。

キングはゾロに敗れた事からルフィとはまだ遭遇していません。

ですが、その種族も併せてかなり重要なキャラクターだと推測されます

この先に「ルナーリア族」キング、そして「ジョイボーイ」が描かれる事があるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事