【ワンピース】ロックス・D・ジーベックは生きてる?伝説の大海賊「ロックス海賊団」の船長とはどんな人物!? | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックス・D・ジーベックは生きてる?伝説の大海賊「ロックス海賊団」の船長とはどんな人物!?

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ロックス・D・ジーベックは伝説の海賊であり、ロジャーと並ぶ存在。
  • ロックス海賊団はチームワークが悪く、メンバー同士の仲が悪かった。
  • ゴッドバレー事件で海賊団は壊滅し、ロックスは死亡したとされる。

海賊王ゴールド・D・ロジャーに並ぶ伝説の海賊として、突如その存在が明かされたのがロックス・D・ジーベック、そして「ロックス海賊団」です。

「海軍本部」中将ガープが英雄と呼ばれるようになったキッカケでもある「ゴッドバレー事件」と併せて「ロックス海賊団」そして船長ロックスを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【ワンピース】ロックスのプロフィール

ロックスは本名ロックス・D・ジーベックというDの名を持つ約40年前に存在した海賊です。

「ロックス海賊団」を率いる船長ながら、メンバー同士の仲が悪く、誰も語り継ぐものがいなかったとされ謎に包まれた存在です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワンピース】ロックスの特徴

謎に包まれながら伝説の海賊であるロックスはシルエットしか登場していませんが、逆立った反抗的な髪型と病的に見える恐ろしい表情が特徴的です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックスの性格とは?

未登場で詳しい性格は不明ですが、センゴクが説明するにはロックスの野望は「世界の王」だったと言います。

そして、「テロ組織のように世界政府に牙を剥き」と続けています。

また、ガープも「ロジャーの前は間違いなくロックスの時代だった」と述懐している事から、かなりの強さを持つ凶悪な性格の海賊だったというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックスの能力・強さとは?

「ロックス海賊団」を率いるロックス・D・ジーベックはまだ登場シーンがない為に能力や強さなどは分かっていません

ですが、「ロックス海賊団」の船員にはとんでもないメンツが揃っている所を見るとロックス自身もかなり強者である事を伺わせます。

また、センゴクは「ロジャーにとっても最初にして最強の敵だったかも知れんな」と呟いており、様々な考察がありながら「最強クラス」の海賊だったのではと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックス海賊団とは?

伝説の海賊ロックス・D・ジーベックが率いた「ロックス海賊団」は「とある儲け話」を達成するために結成された海賊団です。

この為にロックスに憧れて加入した海賊ばかりでは無く、海賊界でも御法度である「仲間殺し」が横行していた様子です。

また、「ロックス海賊団」が根城にしていたのが海賊島・ハチノスで、現在は「四皇」黒ひげが根城にしています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックス海賊団のメンバーとは?

とんでもないメンツが揃っている「ロックス海賊団」のメンバーは、後の「四皇」も在籍していました

  • 白ひげ エドワード・ニューゲート
  • シャーロット・リンリン ビッグ・マム
  • 最強生物・百獣のカイドウ
  • 金獅子のシキ
  • 銀斧、王直
  • キャプテン・ジョン

など、個性派どころか塊揃いです。

また、そのほかにもシャクヤクやエドワード・ウィーブルの母ミス・バッキン、シュトロイゼン更に「ワノ国」を混乱に陥れた黒炭ひぐらしも関係あるとされており、やはりとんでもない「海賊団」だった様子です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ゴッドバレー事件とは?

曲者が揃う「ロックス海賊団」でしたが、ある事件をキッカケに壊滅しています。

その事件こそ海軍中将ガープと居合わせた海賊王ロジャーが手を組み、天竜人とその奴隷たちを守った「ゴッドバレー事件」です。

この事件を機にガープは海軍の英雄と呼ばれるようになりますが、自身の口からはあまり語りたがらない様子です。

また、チームワークは0ながらあれだけの海賊が倒されただけにこの事件は世界中に知れ渡ります。

ですが、ゴッドバレーも跡形もなく消滅し、また語り継ぐ者がいなかった事で歴史上からも抹殺された事になっています。

これはセンゴクの言う「世界の禁忌」に触れすぎた事で、「世界政府」に揉み消されたというのが分かります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックスは死亡した?

未だにその存在の全てが明かされていない「ロックス海賊団」のロックスですが、死亡したとされています

ですが、数多くの考察で生きているのではとも考察されていました。

そんな中、センゴクが「もうこの世におらん」と断言している為に死亡しているのは間違いないと思われます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロックス生きてる説

センゴクが「死亡」したと断言するロックスですが、未だに「生きている」という考察がされています。

この原因はガープとロジャーが手を組み戦ったという以外にロックス死亡の経緯が分かっていないからです。

また、「空白の100年」にも関係していると思われており、未だに「生存説」がある理由だと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】今後ロックスが登場する可能性はある?

「死亡説」「生存説」とある「ロックス海賊団」のロックスですが、気になる発言がありました。

それが「海軍本部」中将ヒナの言う「船長を失っても力は増してるわ」という発言です。

また、それを聞いたガープは「復活すりゃ驚異じゃが、事件は必ずわしらの想像を超えてくる」とニヤニヤしながら発言しています。

「黒ひげの父親」など様々な考察もある事から、ロックスの再来や復活の可能性もあるのではと推測されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

「ワンピース」作中突然、センゴクの口から出てきたのが、「ロックス海賊団」そして、船長のロックス・D・ジーベックです。

このロックスは海賊王ゴールド・D・ロジャーに並ぶ伝説の海賊とされ、率いていた船員には後の四皇白ひげ、カイドウ、ビッグマムと錚々たるメンバーです。

ですが、個性派揃いの水と油状態でチームワークは0でした。

そして、海軍ガープと海賊王ロジャーが手を組んだ「ゴッドバレー事件」が起こり、海賊団は壊滅しロックスは死亡したとされています。

この後、この舞台となった島ゴッドバレーは歴史からも抹殺され、語り継ぐ者がいなかった事からロックスはいまや一部の人間しか知らない存在となります。

これは「世界の禁忌」に触れすぎたロックスを「世界政府」が揉み消しているのが原因です。

この事から「ワンピース」に於いて何かの鍵を握っていると思われるロックス。

センゴクが死んだと断言しながらも「生存説」が根強く残っています。

ガープのニヤニヤからもロックスの復活もありそうなこの先の「ワンピース」。

「天竜人」「世界政府」そして「イム様」とも関わってそうなので、この後の展開を楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事