【はじめの一歩】アニメ第2期New Challenger(ニューチャレンジャー)!気になるあらすじは?主題歌は?

スポンサーリンク

人気漫画はじめの一歩のアニメシリーズ。

ハイビジョン制作も加わりますます迫力がましています。

物語にとって外せない試合も。

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】2009年1月~6月に放映されたアニメ2期!

ハイビジョンになってはじめての放送です。

第1期とほぼ変わらない声優陣で日本TV系列で放映されていました。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】キャストやスタッフは?

監督は宍戸淳、製作は前作同様にマッドハウスになっています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】OP・EDを担当したのは?

blank

オープニングはHEKIREKのタイトルでLAST ALLIANCEが唄っています。

エンディングは「8AM」というタイトルでcoldrainが担当しています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】宮田VSアーニー・グレゴリー

海外武者修行から帰国した宮田一郎が迎える一戦、東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ。

オーストラリア出身の荒荒しくフックを振るうファイター、クロコダイルの異名を持つチャンピオンのアーニー・グレゴリー。

宮田からブラッディクロスでダウンを奪います

しかし立ってきた宮田のボクサーとしての意地を称え打ち合いの末に宮田の必殺のカウンター、ジョルトに沈みます

試合後に宮田に自身の被っているテンガロンハットを受け渡します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】伊達VSリカルド・マルチネス

blank

復帰後、待望の伊達の世界戦が決まります。

相手は前回と同じ無敵のチャンピオン リカルド・マルチネスです。

最強チャレンジャー幕之内一歩をKOし国内最強を証明、ハートブレイクショットを武器に世界2度目のチャレンジです。

初挑戦は鼻に傷を負わされてのKO負け、帰国後は妻である愛子の流産というショックで1度は引退しますがサラリーマン生活を送る伊達に愛子は魂はメキシコに行ったまま帰って来てないと言われカムバックしてきます。

前回の悪夢のKOラウンドを乗り越え善戦しますが拳の骨折でハートブレイクショットも完全ではなくリカルド・マルチネスに惜敗します。

その後、入院したベッドの上で幕之内一歩にバトンを渡し次に託します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】一歩VSハンマーナオ

blank

日本王者一歩の2度目の防衛戦でかつての鴨川ジム練習生で可愛がっていた後輩、山田直道を相手に迎えます。

鴨川ジムで練習していた頃の弱々しい柔らかいイメージはなくスキンヘッドになっています。

元々はジュニアウェルター級でデビューしていますが一歩との対戦の為にフェザー級まで落としています

噛ませ犬、鴨川会長は言います。

デビュー以来、新人王なども通らずランキングを上げたのは不利な条件を受けた証。

尊敬する先輩の一歩に成長した姿を見せたいと思うハンマーナオは一歩に本気になってもらえる為にワザと高圧的な態度に出ます。

試合は後輩であるハンマーナオこと山田直道を相手に非情になれない一歩は早く試合を終わらせようとします。

しかし、ハンマーナオは反則まで繰り出した上練習生だった頃より格段にスピードもパワーも増していました

ボクサーとして成長したハンマーナオに一歩は本気ではないのは失礼と遂に本領を発揮します

追い詰められていた一歩ですが徐々に盛り返しボディブローの連打でKO勝ちします。

試合後、控え室に運ばれたハンマーナオは以前のような柔らかな表情をしています。

リング上では一歩が後輩だったハンマーナオの成長を称えています。

引退の選択肢もあったハンマーナオは先輩一歩の言葉で現役を続行する事になります。

そこには元いじめられっ子、ゲロ道の姿はありません。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】鷹村世界戦までの日々

blank

世界前哨戦を控えた鷹村、木村、板垣が海合宿に出かけます、試合後の一歩、予定のない青木は同行しませんが鷹村はワンポを強引に連れていきます。

その後、青木、トミ子、久美の誘いで一歩も海に行く事になりますが偶然にも鷹村達が合宿に行っている海と同じで猫田銀八も加わります。

鷹村に見つかってしまった一歩達は散々な目にあいます。

青木はその仕返しにフナムシを捕まえてお好み焼きに挟み鷹村に食べさせるという復讐にでますが半分に分けられてしまい青木も被害に。

そして迎えた前哨戦の当日、才能豊かで負ける要素のなかった板垣が敗れる波乱が起きます

その上、鷹村はフナムシの影響か減量失敗しており鴨川陣営に暗雲が漂いはじめます。

案の定苦戦する鷹村ですが観客席を見て急に猛反撃に出て対戦相手をリング外に吹っ飛ばす豪快なKOを決めます。

その先にはWBA世界ジュニアミドル級チャンピオン ブライアン・ホークの姿があります。

試合後、鷹村の控え室に来たホークですがあまりに傍若無人な振る舞いに鷹村は殴りかかります。

ホークは鷹村の素手のパンチを受け止めます。

減量に入る鷹村、1回級下という事もあり中々体重が減りません

そんな鷹村に鴨川ジムの面々は干し椎茸やガムなど水分を吸収してくる物をこんな事しか出来ないと渡し減量を後押しします。

そして迎えた計量、鷹村は何とか無事にパスしますがまたもホークは悪態をつき鷹村を挑発します。

その後の会見でも記者や日本人を侮辱した発言を繰り返しその場にいた人は怒りを覚えます。

一方の鷹村ですが終始落ち着いた態度をみせ、模範的な回答に従事します。

最後に写真撮影となった所で鷹村、ホーク共にファイテングポーズをとった際ホークの拳が鷹村に当たります。

乱闘になるかもと飛び出す鴨川陣営ですが鷹村は冷静であっちを止めろと言います。

何と鴨川会長がホークに怒り爆発していました

ホークが振りほどいた際、鴨川会長は流血しそれを見た鷹村はゾクっとする程キレています

しかし、ぐっと抑えゴングを待つのです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】鷹村VSブライアン・ホーク

blank

迎えた試合当日、鷹村は落ち着いています

控え室には続々とボクサー仲間が激励にきて日本ボクシング界の未来を鷹村に託します。

遂にゴングの時がやってきます。

試合はホークの変幻自在のボクシングに戸惑いますがオーソドックスなスタイルで応戦します

実力は伯仲している両者、途中からケンカファイトの様相を呈してきます。

減量の影響、ホークのパンチによるダメージによって鷹村は絶対絶命のピンチに陥ります

しかしその背中には会長、一歩達ジムメイトによって支えられているとダウンを拒否し反撃を開始します。

何とかパンチを繰り出しますがホークにダメージを与えることが出来ません。

その時、ホークのパンチが鷹村のテンプルを捉え意識が飛びます。

古くからの付き合いのある青木、木村も見た事がないというキレた姿を鷹村が見せます。

鷹村は全てのパンチをホークの急所を的確に狙い、ホークからダウンを奪います

反撃されたホークは自分しか持っていないはずの殺人許可証を鷹村も持っているのか驚愕し少し怯えた様子をみせます。

途中、意識の戻った鷹村は倒れているホークにビックリし覚えてないのはシャレにならねぇと腕をグルグル回し倒しにいきます。

しかし、ホークも鷹村に何度も浴びせている背面反りで避けてからのカウンターで迎撃しますが何と鷹村はそのカウンターにカウンターをあわせます

野性と理論の融合、冷や汗をかくホークのトレーナーも驚くほど素晴らしいと言います。

鷹村は遂にホークをKOしWBC世界ジュニアミドル級チャンピオンに輝きます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】一歩の新たなる決意

blank

試合後、鷹村はインタビューでは失言しそのままニュースに出て自慢している。

鷹村像を発注していてそれが届くなどいつもの日常に戻っていきます。

そこへライバル宮田が現れて一歩に試合を申し込んでいるのに先延ばしになっているのは何故かと問い詰めます

その事実を知らない一歩。

会長に問いただすと一歩のデンプシーロールは宮田には通用しない、最大の弱点であると。

一歩は目の色を変えて練習に取り組みます。

会長は一歩と共にスピードアップなどのデンプシーロールの強化し世界に通用するボクシングを決意します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】アニメ2期を観るならオススメは?

blank

作中でも重要な試合が目白押しです。

やはり伊達の一歩にバトンを渡すシーンと鷹村の世界戦ですね。

ホーク戦には急な指名で準備期間が短い、壮絶な減量、試合中のトラブルなどボクシングの奥深さやボクサーの矜持を見ているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

第2期は伊達、鷹村の格好良さがよく分かるシーズンですね。

一歩の今後も気になりますが宮田はもちろんハンマーナオもどうなるか見ていきたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です