【はじめの一歩】板垣のライバル今井京介!プロ入りは打倒一歩のため?板垣との戦歴は?

スポンサーリンク

幕之内一歩、宮田一郎、千堂武士など他にも強豪揃いのフェザー級ですが世代交代を目論む新世代の実力者達は果たして。

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】高校ボクシングのエリート

インターハイ、国体を2年連続で制覇し高校4冠を達成した元トップアマで高校ボクシング界のエリートです。

強打が武器のボクサーでファイトスタイルは幕之内一歩に似ていますが元トップアマだけあって基本がしっかりし、技巧派も苦にしない完成度の高いボクサーです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】今井京介の性格は?

実家が資産家のお坊ちゃん育ちでそう言われるのが嫌でボクシングを開始、いいとこのでだけあり実直な正直者で勤勉です。

真っ直ぐ過ぎて空気の読めない所があり周りに迷惑がられる事もあるみたいなのが伺えます。

かなりの自信家で本来ならB級6回戦のデビューも可能でしたが、新人王を取る為にあえてC級4回戦でデビューしています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】憧れの一歩を倒すためにプロ入り

同タイプである幕之内一歩に憧れてますが一歩を超える為あえて音羽ジムからプロデビューしています

今井の所属する音羽ジムはかつての一歩の対戦相手の速水龍一が所属しロシアからの輸入ボクサー ヴォルグ・ザンギエフも所属していました。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】高校時代は板垣学に3戦3勝

blank

双方共に認めるライバルの鴨川ジム所属の板垣学とは高校時代に対戦し3戦3勝3KOと完全に勝利しています。

板垣はその後、どうしても今井に勝つ為にボクシング界でも厳しいと噂の鴨川ジムへ入門しています。

その板垣も今井と対戦する為にC級からデビューしています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】今井が板垣の妹にベタ惚れ

ライバルである板垣には美人の妹 菜々子がいます。

今井は菜々子に惚れており、アプローチしていますが菜々子自身は一歩に気があり一向に相手にされていません

板垣もそれに気がついていますが敵に塩はおくれないと断固拒否しています。

ですが今井が板垣の実家に食事に行った際、今井の実家が資産家である事を知った板垣の両親は菜々子を差出そうとしています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】プロ入り後の初対戦で敗北

blank

新人王戦を順調に勝ち上がり東日本新人王決勝の舞台でプロになって初めて対戦します。

プロ入り後無敗の今井とプロデビュー戦黒星スタートと対象的なスタートを切った両者ですが板垣は覚悟を決め今井相手にインファイトを挑みます

今井はまさかの展開に戸惑い、序盤はポイントを失っていきます。

ポイント劣勢の今井はボディで削っていきポイント無視で自慢の強打で1発に賭けます。

しかしKO寸前まで追い込むものの板垣の脅威とも言える執念で粘りを見せられポイントを挽回出来ないままに判定負けを喫しプロ初黒星、板垣戦においても初黒星をつけられます

これで対板垣戦 4戦3勝3KO1敗です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】短期決戦で仕留めたクロノス

blank

初黒星後、自分自身を見つめなおします。

一歩だけではなく初黒星を喫した板垣も目標に力をつけていき日本ランキング2位まで浮上します。

日本王者は幕之内一歩ですがアルフレド・ゴンザレスとの世界前哨戦が決定し返上する事になり1位と2位の王座決定戦が決まります。

相手はA級トーナメントを制した板垣学です。

通算5度目の対決の舞台は遂にタイトル戦しかも前日本王者である幕之内一歩と同日のセミファイナルです。

通算成績では上回る今井ですが予想では不利の予想が出ています。

ライバル板垣はその後、不戦勝で新人王になった星、唐沢、冴木にも勝利しその次元の違うスピードにクロノスと言われる程にまで成長していたのです。

一歩含め鷹村や鴨川ジムの面々も今の板垣の勝利を疑っていない程です。

試合は開始直後、真っ直ぐに板垣のコーナーまで間合いを詰め押し込む作戦でいきなりダウンを奪います。

残りもまだ体が暖まっていない板垣を執拗にコーナーに押し込みボディブローを連発します。

板垣のクセを読み絶対にコーナーから脱出させません。

板垣はカウンターを狙い誘いますが今井は耐えられると絶対に下がりません。

そして今井のボディブローで板垣はカウンターを狙いますがダメージの蓄積により自慢のスピードが鈍っていた事に気付かず攻撃しようと顔面がガラ空きになった瞬間 今井の強打が炸裂しTKO勝ちします。

通算成績5戦4勝4KO1敗

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ライバルとの6戦目はいつ?

blank

日本王者となった今井は前にもまして自信を深めているのが分かります。

一方の板垣は絶不調のままです。

一歩の引退により混沌としている国内フェザー級ですが板垣の再々覚醒が核となるような気がしています。

プロになってからは1勝1敗ですので菜々子との関係含め次戦が決着戦になるような感じがしますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

新世代のトップ、今井と板垣の関係を見ましたがいいライバル関係にあると思いますね。

一歩と同じファイタースタイルの今井がどのスタイルチェンジを選ぶのかも気になるところですし、板垣はメンタルと体が万全ならば作中最強ボクサーになる可能性もあるんで今井との事と共に楽しみですね。

そこに先輩一歩もどう絡むのかも見ものになると思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です