【ワンピース】天竜人にもいいやつはいた?ミョスガルド聖を改心させたきっかけとは!? | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【ワンピース】天竜人にもいいやつはいた?ミョスガルド聖を改心させたきっかけとは!?

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ミョスガルド聖は「天竜人」でありながら常識的な思考を持つ人物。
  • ミョスガルド聖はドンキホーテ一族の末裔であり、ドフラミンゴの親戚筋。
  • オトヒメ王妃との対話を通じてミョスガルド聖は真人間に変わり、魚人島の面々を守る決意をする。

「ワンピース」作中で、最も印象的であり傲慢で最悪な姿を見せている「天竜人」。

「世界政府」からも特別扱いされている人物達であり、一般人が逆らう事は「死」を意味するほどです。

このかなり嫌われている「天竜人」ですが、実は中には「人格者」といえる人物も存在しています

それが、「天竜人」ミョスガルド聖です。

今回はこの「天竜人」唯一の人格者ミョスガルド聖とは一体どんな人物なのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【ワンピース】天竜人とは?

「天竜人」とは約800年に「世界政府」を創設した20人の王達の末裔です。

正式には「世界貴族」と呼ばれ、その最高権力者に五人の老人「五老星」からなる人種です。

この為に「世界政府」の加盟組織である「海軍本部」も手が出せないというより「言いなり」になるしか無いほどの力を持っています。

「海軍大将」おろか一般人含め誰も逆らう事はできない事から、「ワンピース」作中に於いては嫌われている人達といえます。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワンピース】ミョスガルド聖のプロフィール

「天竜人」であるミョスガルド聖は、聖地マリージョアに住む「世界貴族」です。

ミョスガルド聖は、あの「ドレスローザ王国」を手に入れようとしていたドンキホーテ・ドフラミンゴの一族の末裔でもあります

ドンキホーテ・ホーミング聖は、28年前に「天竜人」の地位を放棄していますが、ミョスガルド聖はその息子であるドフラミンゴやコラソン親戚筋に当たります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖の特徴

「天竜人」であるミョスガルド聖は、他の「天竜人」に比べると「馬鹿そう」な顔や、鼻をほじっている様な姿を見せず、精悍な顔つきをしているのが特徴です。

また、同じ「天竜人」のログワード聖からは「ドンキホーテ・ミョスガルドは天竜人にして奴隷を一人も持たぬ奇人!! 30年も前に下界に降りたホーミング然り ドンキホーテの一族は どうかしてるえ!!」と言われており、「天竜人」でも変わり者だという認識をされているのも特徴的です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖の性格とは?

ロズワード聖から変わり者と評されるドンキホーテ・ミョスガルド聖ですが、当初は「天竜人」らしい傲慢でワガママな性格でした。

ですが、ある事件をキッカケに出会った人物のおかげで現在は非常に思慮深く常識的な思考を持つ性格に変化しています

実際、喋り方や顔つきも変わっており、現在は信念ある性格になっている様子が描かれています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖の初登場はいつ?

「天竜人」ミョスガルド聖が初登場したのは原作「ワンピース」第625話「受け継がない意思」です。

この時は魚人島編における回想シーンでしたが、ミョスガルド聖はまさに「ザ・天竜人」と呼べるような非常に傲慢で我儘、最悪な性格を晒しての登場となります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖の過去とは?

魚人島での回想シーンでの登場となったミョスガルド聖は、ジンベエの「王家七武海」加盟で解放される事になった奴隷の魚人を取り戻そうと「魚人島」に来ていました。

航海の途中で船が難破し、船も自身もボロボロの壊滅状態で「魚人島」に辿り着きます。

この時、ミョスガルド聖は「天竜人」らしい部下を罵倒し、自身の偉さを誇りわがまま放題の最悪な性格を見せます

ですが、自身の偉さしか語らないミョスガルド聖は、積年の恨みを抱かれている事など全く感じないまま「魚人島」の魚人の怒りを買い、殺されそうになってしまいます

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖とオトヒメの関係性とは?

奴隷を取り戻しに来ながら、「魚人島」に着いた時にはボロボロの状態だったミョスガルド聖。

積年の恨みから殺されそうになりますが、これを止め救ってくれたのが、「リュウグウ王国」王女オトヒメでした

そして、「魚人族と人間との交友の為 提出された署名の意見に 私も賛同する」という署名を「魚人島」にとっては重要な一歩を歩みだすキッカケを得ることになります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】世界会議編で再登場

「リュウグウ王国」王女オトヒメに助けられた「天竜人」ミョスガルド聖。

「世界会議」に参加した同じく「天竜人」であるチャルロス聖は、「リュウグウ王国」しらほしを奴隷にしようとしていました

「海軍本部」の海兵ですら、文句も言えない状況で、しらほしを守る為に戦う決意をする人物がいる中、登場したのがドンキホーテ・ミョスガルド聖です。

そして、ミョスガルド聖はこの時、予想に反して意外な姿を見せる事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ミョスガルド聖はいいやつになっていた?

「世界会議」で、ミョスガルド聖はしらほしを奴隷にしようとするチャルロス聖を棍棒で殴り飛ばすというインパクトで登場します。

初登場時に最後まで悪態をついていたミョスガルド聖でしたが、何とその後、オトヒメ王妃との対話を通して変わっていたのです。

そして、ミョスガルド聖はオトヒメを「自分を『人間』にしてくれた恩人」として敬意を表し、しらほし達「魚人島」の面々を「世界会議」の間中、同じ「天竜人」の立場から守る事になります

因みに「この身分に生まれたことが人の役に立つなら本望だ」「姫様を守る戦いならば私が全て責任を取ろう」と発言するなど、完全な「真人間」に変わっていました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アニメ・ミョスガルド聖役の声優は誰?

「天竜人」の真人間ミョスガルド聖をアニメ「ワンピース」で演じているのは、声優の後藤哲夫です。

映画の吹き替えなどで活躍する声優でしたが、食道癌により死去した事で、その後は菊池正美に変更となっています

 

スポンサーリンク

まとめ

「ワンピース」作中で最も嫌われている「天竜人」ですが、その中で常識を持ち合わせた思慮深い「天竜人」がドンキホーテ・ミョスガルド聖です。

ミョスガルド聖はドンキホーテ一族で、ドフラミンゴの一族の末裔です。

当初こそ、「天竜人」らしい「天竜人」でしたが、「リュウグウ王国」オトヒメ王妃との対話から真人間として生まれ変わっています

同じ「天竜人」のロズワード聖からは「奴隷を持たぬ変わり者」と呼ばれているミョスガルド聖。

「世界会議」での再登場から、その後の動向が不明な為に様々な噂が流れています。

「ワンピース」に登場する「天竜人」の中でも、重要な「天竜人」であるミョスガルド聖が、次いつ登場するのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA