【はじめの一歩】最強ランキングベスト10!パウンドフォーパウンドを勝手にランキング!

スポンサーリンク

ボクサーが欲しい最強の称号。

もしも同じ階級だと仮定しての最強ランキング

一体誰が強いのかが気になるところです。

チャンピオン、元チャンピオン以外にもワンサカいる強者。

モデルになったボクサーと共に見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】10位世界最強の若武者 ウォーリー

末恐ろしい未完成の天才児。

圧倒的な身体能力の高さを武器にリング上を縦横無尽に駆け回ります。

鴨川源二に2度勝てないと言わせるほど

名伯楽ミゲルに従事していますので野生と理論の融合、近い将来に世界を席巻すると予想されます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】9位 鷹村の調子が悪かった? リチャード・バイソン

元WBA世界ミドル級チャンピオン。

アマ時代からデビット・イーグルのライバルでしたがイーグルが鷹村に敗戦した事からターゲットを鷹村に変更。

本場のフリッカージャブを武器にし、その場に応じて対応出来る能力の高さもあります。

作中、最も鷹村を追い詰めたボクサーです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】8位 ボクサーエリート デビッド・イーグル

アマ五輪金メダルから世界を取った誰からも愛される正統派ボクサー。

元WBC世界ミドル級チャンピオン。

エリートボクサーで人格者。

偵察に来た一歩にも気さくにサインを上げるほどファン思い。

鷹村も驚く程レベルの違うワンツーでKO寸前まで追い込むなど最強に近い1人です

性格も良くダーティーファイトも好みませんが窮地に陥っても諦めない姿は一歩と被ると鷹村も評してます。

もっと非情になる事あれば一位になる存在

モデルは五輪金メダリストで世界5階級制覇チャンピオン オスカー・デラホーヤ。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】7位 息を飲む精密な駆け引き マイク・エリオット

元IBF世界ジュニアライト級チャンピオンで元五輪銀メダリストです。

チェスのようと言われる理詰の頭脳戦を得意としていますが負ける事を厭わない気高いボクサーです。

ヴォルグ戦ではレフリーやジャッジの様子にイーグルが異議を唱えますが、陣営にはそれほど大切にしたいのが見てとれます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】6位 一歩引退のきっかけ アルフレド・ゴンザレス

尊敬するリカルド・マルチネスの模倣と言われる戦いをしますがリカルドと対戦経験のある伊達英二から一級品といわれています

死神の異名を持ち全く違うスタイルになるのも魅力の1つです。

黒星はリカルド・マルチネスに喫した敗北のみ

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】5位 リカルドの膝をつかせた 千堂武士

浪速の虎の異名を持ち対戦相手にまるで檻の中に入れられていると恐れられるスタイル。

好戦的で打ち合いを得意としスマッシュをはじめ左右のパンチも一撃必殺の強さです。

メキシカンキラーとも言われており作中最強になる可能性があります。

現在、世界に最も近い日本人ボクサーの1人です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】4位 鷹村を最も追い詰めた元王者 ブライアン・ホーク

世界の鷹。

ニューヨーク スラム街出身のナチュラルなボクサーではなくストリートで身に付けた喧嘩スタイルが特徴的

セオリーを無視した攻撃、防御で戦うボクシングはただの暴力だと言われています。

性格は最悪ですがデビット・イーグルも認める程の実力者

モデルは元フェザー級世界チャンピオン ナジーム・ハメド。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】3位 無冠の帝王 ヴォルグ・ザンギエフ

blank

旧ソ連出身のアマチュア世界王者。

現在はIBFジュニアライト級チャンピオン。

日本ジム在籍時は倒す事を求められるファイタースタイルですが世界に出てからは頭脳戦も得意とするオールマイティなボクサー。

完成度が高すぎて中々王者に挑戦出来ず一時期は無冠の帝王と呼ばれていました

孤高がよく似合う天才ボクサーです。

白い牙、飛燕、燕返しがフィニッシュブロー

トレーナーは鴨川の盟友 浜団吉です。

モデルはWBC世界フライ級チャンピオン 勇利・アルバチャコフ。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】2位 一歩の目標 リカルド・マルチネス

10年以上負けなし、防衛戦は全てKOのパーフェクトボクサーです。

苦戦といった苦戦はなく、スパーリングでも一歩のデンプシーロールを左だけで止め試合では日本第一人者の伊達英二を子供扱いし渾身のハートブレイクショットを受けた後も動揺をみせずに対処するなどまさに人外です。

負ける姿も誰かが勝つ姿も思い浮かばないほどの圧倒な王者です。

モデルはWBC世界ミニマム級チャンピオン リカルド・ロペス。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1位 作者が認める最強ボクサー 鷹村守

blank

日本の鷹。

現WBA,WBC世界ミドル級統一チャンピオン。

名伯楽ミゲルからは野生と理論の融合、ボクサーとしての理想と言われています。

不利でも1発で終わらせる事の破壊力を持ちいきなりフリッカーを試みるなど身体能力、ボクサーの資質も高いのは分かります。

しかも野生の熊にも勝っていますのでまさに人外と言えますね。

間違いなく最強です。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

ランキングを見ても熊に勝ったボクサーはいないので鷹村守の1位は間違いないですね。

どの選手を見ても一癖二癖あるボクサーばかりですがアルフレド・ゴンザレスを含め野生が際立つボクサーがランクインしているのが注目されます

それにランキング中3人に勝っている幕之内一歩がいないのが寂しい限りです。

新型デンプシーロールを武器にランキング入りしてもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です