PR

スポンサーリンク

【推しの子】112話ネタバレ最新!ついに有馬が卒業!?キャスト選びは想定外の選択へ?!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 有馬は高校卒業し、芸能界で女優として生きる決意をする。
  • 映画「15年の嘘(仮)」の主演キャストは予定外の選択で、不知火フリルが候補に上がる。
  • アイが残した2枚のDVDにはルビーを傷つける何かが映されている可能性がある。

季節は卒業シーズン。

高校3年生だった有馬も無事に卒業の日を迎えていました。

有馬の門出をルビーは毒を持ってお祝いしますw

「これで晴れて高卒だね!」

有馬はルビーに散々大学に行くように話していましたが、結局自分は受験すらせずにこの日を迎えていました。

返す言葉もなく、有馬は悔しそうではありますが、これは有馬の心境に大きな変化があったから。

有馬が高卒を選んだ理由とは?!

 

スポンサーリンク

 

『推しの子』112話!のネタバレ

それでは『推しの子』112話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

有馬の進む道

有馬はもともと大学に行くつもりだったと思われます。

ルビーたちにそう勧めていたくらいですからね。

でも結局は進学せず、高卒の道を選びました。

「私の人生は私が決める」

有馬は自分の人生に”学歴”はいらないと判断しました。

学歴はこと会社員として生きていく上では、さまざまなシーンで引き合いに出されるステータスです。

初任給然り、昇進然り、卒業大学による派閥なんてものもあります。

では、なぜ有馬は自分の人生に学歴不要と判断したのでしょうか?

その答えは「女優として、この芸能界に骨を埋める覚悟ができたから」です。

死ぬまで女優として生きるなら、会社員として重要なステータスである学歴はいりませんよね!

アイドルとしての活動も、夏のライブで卒業を決め、役者に専念することを決めました。

「B小町の活動を糧に」

ルビーにとっては寂しい話ですが、これは有馬が決めた有馬の人生。

「卒業は笑顔で見送るものだからね」

ルビーは寂しそうに笑顔を浮かべました。

 

スポンサーリンク

アイ役のキャスティング

ところ変わって、鏑木Pは五反田にアイ役のキャスティングについて話をしていました。

想定ではアイ役は黒川あかねでしたが、ここにきて不知火フリルの名前が上がってきました。

想定キャストはあくまで想定。

その通りになることの方が珍しいのです。

フリルは予定していた仕事がトんでしまった為、スケジュールを押さえられることになったのです。

主演キャストは作品の顔になりますから、興収的にも知名度は必須。

もともとは人気者の片寄ゆらも候補の1人でしたが急に音信不通(※ヒカルに殺害されている)になってしまい、オファーができていません。

その点、フリルは人気も知名度もあります。

フリルなら、主演を任せてもいいのかもしれません。

鏑木Pは前向きでしたが、五反田はどこか腑に落ちない顔をしていました。

アイ役には並々ならぬこだわりがありそうです…w

 

スポンサーリンク

鍵はDVD?

苺プロの事務所にやってきた五反田は、事務所の前で猫と必死に意思疎通を図るルビーを発見しますw

ルビーは道端にいる猫に猫語(?)で必死に語りかけていました。

五反田が声をかけると、我に帰りましたが。

五反田が最後にルビーに会ったのは15歳の時。

久しぶりに顔をあわせたルビーを見て、五反田は遺伝子は残酷だと感じていました。

ルビーはますますアイとそっくりな美人に成長していました。

五反田がルビーに何をしていたか尋ねると、ルビーは「顔を合わせたくない人がいる」と濁しました。

相手はどう考えてもアクアでしょう。

五反田はまだ兄妹ケンカしていることに呆れ気味でしたが…ルビーは本気でした。

「ママの秘密をあんな風に暴いておいて許せるわけないでしょ」

普段のルビーとは全く違う、本気の怒りを感じた五反田は思わず口走ります。

「お前…アクアからDVDの話聞いてないのか?」

ルビーはキョトンとした顔をしました。

どうやら、アクアはルビーにまだ秘密にしていることがあるようですね…。

 

スポンサーリンク

重なる面影

五反田はアクアがルビーにDVDのことを隠していることを察知すると、慌てて誤魔化しに入りました。

同時に、アクアの考えていることは瞬時にわかりました。

(全部まとめておっかぶるむもりか)

どう考えても、アクアはDVDの存在を”あえて”ルビーに隠しています。

(このシスコンが。過保護にも程がある)

このDVDにはルビーを傷つける何かが映されているのかもしれません…。

五反田はアクアの意志を汲みつつ、兄を許せずにいるルビーに優しくフォローを入れました。

アクアは決して悪気があったわけじゃない、と…。

でもルビーの怒りは静まりません。

アクアがどんなつもりでアイの秘密を暴いたのか、今さら興味もありません。

「結局、誰も信用しちゃダメってことなんだよね」

ルビーは完全に闇落ち状態です。

「誰もがみんな嘘を吐いてるんだから…」

五反田はそう話すルビーを見てハッとしました。

悟ったようなその言葉と表情が、生前のアイと重なったからです。

そういえば、アイが子供を産んだのはちょうど今のルビーくらいの歳でした。

「すまんな…」

五反田はそれ以上は何も語らず、その場を去りました。

 

スポンサーリンク

きっかけ

今回の映画「15年の嘘(仮)」が動き出したきっかけは、アイが残した2枚のDVDでした。

「カントク!これ預かっておいて!」

ある日、アイが持ってきた2枚のDVD。

未来に向けたビデオレターだと言います。

アイは五反田にアクアとルビーが15歳になったら渡して欲しいとお願いしました。

自分で渡せと言う五反田にアイはキラキラした瞳で言いました。

「私が持ってたら絶対に紛失するでしょ?」

妙に納得してしまった五反田は2枚のDVDを預かることになります。

アイは五反田に内容を見てはいけないと伝え、最後に「絶対だよ?」と念を押しました。

五反田はこの時のことを後悔していました。

もっと考えるべきだった、と…。

アイがなぜ”15歳”のアクアとルビーに宛てたのか。

なぜ五反田に預けられたのか。

なぜDVDを2枚に分けたのか。

なぜアイは自分が亡くなる直前にDVDを託したのか。

五反田がその答えに気がついた時、「15年の嘘(仮)」の企画を始める決意を固めたのです。

 

スポンサーリンク

アイ役はルビー?!

ルビーと別れ、今度はアクアと会っていた五反田。

話はアイ役のキャスティングに及びます。

元々の想定キャストは黒川あかね。

アクアの本音としては、あかねともう関わらないつもりでした。

でもこればっかりは仕方ありません。

実際、あかねの演技はアイを演じるにあたって文句なしの合格点です。

ただしその予定は変更され、鏑木Pは主演に不知火フリルをあてる意向を五反田に伝えていましたが…。

五反田は主演のアイ役にルビーを推したいと考えていました。

ルビーを直に見た五反田にとって、ルビー以上にアイを演じられる人物は思いつかないのでしょう。

アイの想いを知る五反田が決めたアイ役候補…果たしてその推しは反映されるのでしょうか?!

そして、ルビーを守りたいアクアにとって、この選択は許されるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『推しの子』ネタバレ112-113話のまとめ

今回のお話は、有馬の卒業と映画のキャスティングのお話でした。

3月を迎え、有馬は無事に高校を卒業。

進学の道は選ばず、芸能界で生きていく決意をしていました。

アイドル業も夏のライブで卒業、これからはやりたかった女優として、生涯をかける覚悟を決めたのです。

有馬の「B小町」卒業は、ルビーにとっては寂しい話ですが、卒業は笑顔で送り出すものです。

ルビーは有馬の門出を祝いました。

その頃、鏑木Pは映画「15年の嘘(仮)」の主演を、不知火フリルに決めようとしていました。

元々の想定キャストは黒川あかねでしたが、不知火フリルのスゲジュールの都合もあり、ほぼ本決まりの雰囲気です。

五反田は腑に落ちない顔をしていましたが…。

その後、五反田はルビーに出会います。

久しぶりにあったルビーはますますアイに似てきました。

ルビーの持つ空気はアイのイメージにぴったりです。

それと同時に、五反田はアクアの強い思いにも気がつきます。

五反田が「15年の嘘(仮)」を企画するきっかけになったのはアイが残した2枚のDVDでした。

アイの想いを知った五反田は、この企画を書かずにはいられませんでした。

ルビーにアイを重ねた五反田は、主演だけは譲れなかったようです。

アクアに主演はルビーで行きたいと伝えますが…。

興行的な面も気にしなければならない映画製作で、五反田はルビーを主演に押し上げることができるのでしょうか?!

そして、アイが残したDVDの内容とは?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒推しの子114話!個人間オーディション開始!?テーマは嘘吐・・

⇒推しの子113話!役者には役者の事情がある!?キャスト選び・・

⇒推しの子111話!日本映画界の裏側とは?!鏑木Pの実力はい・・

⇒推しの子110話!豪華キャスト陣!ついに映画企画が動き出す・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA