スポンサーリンク

【チェンソーマン】「死んだウチの犬に似てる!」から始まったレゼとデンジの出会い!レゼ編が最高に面白い!!

スポンサーリンク

悪魔や魔人などが多く登場し、どちらかと言うとホラー要素の強い「チェンソーマン」。

そのストーリーの中で、珍しい恋愛模様が展開されたのがレゼが登場した時でした。

今回は「チェンソーマン」作中でも面白いと言われるレゼ編を詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼのプロフィール

チェンソーマン/©藤本タツキ

レゼは雨宿りしているデンジの前に現れた美少女で、「喫茶店」で働くウエイトレスです。

詳しいプロフィールは明かされてないながら、デンジと同世代の高校生だという設定でした。

ですが、実はソ連からやって来たスパイだったのです。

更に実験材料にするため集められた身寄りの無い子供、「モルモット」と呼ばれる生き残りだという事が後に判明します。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】レゼの特徴

チェンソーマン/©藤本タツキ

レゼは首に幅の広いチョーカーを着けた華奢な美少女なのが、特徴です。

人好きする柔らかい物腰と程よく赤い頬でデンジに勘違いさせるスキンシップも特徴的で、かなり可愛げのあるキャラクターになっています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの性格とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジの前に現れたレゼですが、デンジの体をやたら触ったりし、「十中八九、俺の事が好きじゃん」と思わせるくらいの小悪魔的な性格をしています。

そのデンジもレゼに好意を持っていっている事からかなり良い性格(思わせぶり)だと思わせている様子です。

また、働いている喫茶店のマスターにも好かれている事からレゼの性格と愛嬌が分かるほどです。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの悪魔とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

ソ連からやってきたレゼが契約しているのは「爆弾の悪魔」です。

デンジ同様に悪魔と融合した人間となっており、首元の特徴的なチョーカーは「変身」する為のピンでした。

「変身」すると頭は落下爆弾に歯が生えたような形状になり、体にはダイナマイトや爆竹を連ねたような衣装を纏っている姿です。

デンジの代理バディ「サメの魔人」ビームからは「銃の悪魔」の仲間とされ、恐れられている存在でもあります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの強さとは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「爆弾の悪魔」レゼは、自由自在に爆弾を爆発させることが可能です。

そして、自分の手足を爆破させ攻撃したり、火花を飛ばし直接攻撃を行う事ができます。

また、その攻撃には様々なバリエーションがあり、アキの先輩である2課の公安デビルハンターも皆殺しにする強さを見せています

「サメの魔人」ビームもビビッているほどなんで、かなりの強さだと分かります

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの目的とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

レゼは偶然にもデンジと出会っています。

体に触れるスキンシップや頬を赤く染めたりと恋愛関係、さながらデンジと「普通の幸せ」な時間を過ごしています。

ですが、「爆弾の悪魔」レゼの目的はデンジが持つ「チェンソーの悪魔」の心臓でした。

そして、レゼはデンジを殺さずに祖国に連れて帰ろうとします

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼ編は何巻?

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジとレゼの淡い恋愛模様から始まるレゼ編は「チェンソーマン」単行本5巻第40話から6巻第52話で描かれています

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼとデンジの出会い

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジは、ある雨の日に電話ボックスで女の子に出会います

それがレゼでした。

レゼはデンジを見て「死んだウチの犬に似てる!」と笑顔を見せます。

その後、レゼのバイト先のカフェに行ったデンジは徐々に好意を寄せて行く事になります。

そして、2人は夜の学校や縁日、花火と恋人のような日々を送る事になります

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの正体とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジに好意を寄せている姿を見せるレゼですが、実はソ連で実験材料にするため集められた身寄りの無い子供ら「モルモット」の生き残りでした。

レゼがデンジに近づいたのは国からの命令によるもので、ソ連からのスパイだったのです。

そして、レゼはデンジに好意を持たれる事で目的を果たそうとします。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの目的は失敗に終わった?

チェンソーマン/©藤本タツキ

ソ連のスパイ・レゼは花火を見ながらデンジにキスをすると「デビルハンターを辞め、2人で一緒に生きよう」と提案します。

ですが、デンジはこの申し出を嬉しいと言いつつも、「仕事も楽しくなってきた」という理由で断ります

このデンジの答えを聞いたレゼは、デンジを連れ去る事を諦め「爆弾の悪魔」ボムに変身するとデンジの「チェンソーの悪魔」の心臓だけを持ち去る作戦に変更します

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼとデンジが逃避行?二人が交わした約束とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「爆弾の悪魔」ボムになったレゼは、デンジに致命傷を与えます。

このピンチに駆けつけたのが「サメの魔人」ビームです。

その後、何とかボム(レゼ)から逃げようとするビームはアキに助けを求めました。

ですが、ボムはかなりの強さでアキや公安をも大苦戦させる事になります

かなりの被害が出る中、復活したデンジはビームと抜群のコンビネーション(ビームはチギュウと言ってましたが)を見せます。

そして、「爆弾の悪魔」の弱点をつき海に飛び込む事で能力を奪う事に成功します

「爆弾の悪魔」を湿気させるという荒技でレゼを倒したデンジ。

その後、打ち上げられた海岸でデンジはまだ好きだったレゼに向かって「一緒に逃げよう」と提案します

この言葉に驚きを見せたレゼでしたが、デンジを振り切りその場から去っていきます。

デンジはそのレゼに「あのカフェで待ってるから!」と呼びかけ、一方的な約束を交わします

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼは死亡した?

チェンソーマン/©藤本タツキ

任務に失敗したレゼは東北に向かう新幹線で逃げようとしていました。

ですが、偶然にも「花」を見たレゼはデンジを思い出します

レゼはデンジが待つカフェへと向かう決意をすると走り出しました。

もう少しでカフェに到着する寸前、レゼの前にマキマが現れます

この時、マキマと戦おうとするレゼでしたが「天使の悪魔」の能力で「変身」すらさせてもらえなくなっていました。

そして、レゼは「天使の悪魔」の槍によって胸を貫かれ死亡してしまいます

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼが再登場?なぜ復活した?

チェンソーマン/©藤本タツキ

マキマと「天使の悪魔」により殺されたレゼ。

その後、「チェンソーマン」86話にて「公安対魔特異5課」のメンバーとして再登場を果たします

この時、レゼは「支配の悪魔」の洗脳状態でマキマに好意を抱いており、以前のレゼではありませんでした

レゼが再登場した「公安対魔特異5課」は武器人間のみで構成されたマキマの私隊です。

まさに「チェンソーの悪魔」の心臓を奪う為に集められた精鋭達です。

また、レゼの他に「天使の悪魔」やクァンシも「支配の悪魔」の能力により自我がない状態で再登場を果たしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「チェンソーマン」作中で、胸を切なくさせるエピソードになっているのが「爆弾の悪魔」レゼ編です。

偶然出会ったレゼとデンジの2人は夜の学校や花火大会など、恋愛漫画のような展開を見せていました。

ですが、レゼの正体はソ連からの任務で「チェンソーの悪魔」の心臓を狙っていたのです。

この事実にデンジは「俺の周りの女は俺を殺そうとする」と愚痴りながら交戦します。

その後、倒す事の出来たレゼを嫌いになれなかったデンジは駆け落ちを提案する事になります。

結果としてこのレゼはマキマに殺されてしまい、デンジの願いは叶う事はありませんでした。

戦闘シーンはもちろん、デンジの失恋を描いたレゼ編。

「アニメ」も始まった事から、読み返してみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA