スポンサーリンク

【無職転生】ロインはロキシー想いの優しい父親??娘にまた会える日が来るのか??

スポンサーリンク

無職転生の主人公ルーデウスの妻であるロキシーの父親にロインがいます。

彼は、ロキシーを常に心配している優しい親です。

村を出たロキシーと音沙汰がない事を非常に不安に感じています。

 

ロインは、再びロキシーに会う日がやってくるのか非常に気になります。

そんな、ロインの詳しい話をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインはロキシーの父親!!どんな見た目??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロイン・ミグルディアは、ロキシーの父親です。

ミグルド族で、青い髪と小柄な体格をしています。

20代から30代の男性にしか見えないです。

 

ミグルド族は、寿命が200歳と長いです。

10歳から150歳になるまで、容姿の変化がありません。

 

若そうに見える父親を持つロキシーが羨ましいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ロインは魔大陸のビエゴヤ地方に住んでいる!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、魔大陸のビエゴヤ地方で生活をしています。

魔大陸にある最大の都市であるリカリスから、北東の方向に3日掛けて到着する場所にビエゴヤはあります。

 

因みにロイン達、ミグルド族の住む家は、魔大陸に生息する大王陸亀の甲羅が使われた家に住んでいます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインは念話で意思疎通ができる!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、ミグルド族の持つ能力である念話で意思疎通が可能。

声を出さずに、離れた相手と会話する事ができるのです。

 

人族と魔族の激しい戦いが起こったラプラス戦役では、以前から親しかったスペルド族と協力。

スペルド族は、額の宝石を使い、魔力をレーダーの様に確かめる担当。

ミグルド族は、念話を使い通信兵的な役割を果たします。

 

互いの種族が相性も良く、戦場で大きな活躍をしたとされています。

ロイン達の念話の有効活用が最大限に発揮されています。

 

しかし、ロイン達ミグルド族が使用できる念話の所為で、娘のロキシーが村を去ることになってしまいます。

その話は、また後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインがルーデウスに渡したユリアンの無銘剣とは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、ルーデウスにユリアンが作った無銘の剣を譲っています。

ルーデウスが魔大陸を無事に渡り切る様に、旅費と共に渡しているのです。

しかも、その剣は、ルーデウスの妻であるエリスが愛用して行くことになります。

 

ここで、ロインがルーデウスに手渡した無銘剣がどんな物だったのか軽く紹介して行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ロインが譲った無銘剣は、ユリアン・ハリスコが作った業物

ロインの持っていた無銘剣は、魔界の名工と呼ばれたユリアン・ハリスコが打って作った物です。

ユリアン・ハリスコは、魔界の名工と呼ばれた魔族の有名な鍛冶師。

彼が作る武器の鍛冶では、世界に名を轟かせて有名です。

 

ユリアンは、王竜王カジャクトの死体の骨から48本の魔剣を作成します。

その後最高傑作の王竜カジャクトを完成させました。

 

ロインが所有したユリアンの剣は、その後に作られたのか定かではないです。

片刃で幅が広く、小ぶりで少し湾曲しています。

特殊な能力や力はないですが、長い年月使用しても刃毀れしない頑丈さがあります。

 

この無銘剣は、ルーデウスからエリスに渡されます。

エリスは、少女時代に愛用し続けて戦います。

 

エリスが成長し、身長が伸びて、サイズが次第に合わなくなります。

彼女は、その後、無銘剣を家に保管。

 

でも、時々、腰に差している事もあります。

無銘剣とは言え、ユリアンの打った剣なので耐久性も抜群。

強い剣だと思います。

 

ロインは、無銘剣をルーデウスに渡していますが、彼の懐の広さを感じます。

または、意外と手放しても良いという考えなのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインはなぜ村を出たロキシーを心配している??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、主人公ルーデウスに娘ロキシーが20年以上前に出て行き、音沙汰が無い事を非常に心配しています。

しかも、村を出た原因はロキシー自身が念話を出来なかったからだと教えています。

 

ロインは、妻のロカリーと共にロキシーが誕生した時に彼女が念話が使えないと理解。

彼は、念話を使わずにロキシーと接して行きます。

 

しかし、ロキシーは、耐えられずに村を出て行きます。

ロインは、それを静かに受け入れます。

それでも、姿を見せに帰ってこないロインを思い続けていたのです。

 

ロインは、そんなにペラペラと自分の心境を語るキャラクターではないです。

自分の思った事や考えは、しっかり発言します。

 

何も言わずに、ロキシーを信じている愛情。

とても痛いほど伝わってきます。

 

ロインのロキシーに対する深い愛情が、心に沁みます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインの娘ロキシーとのわだかまりとは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、娘であるロキシーとのわだかまりはないです。

逆に、ロキシーは勝手に自分自身が念話を使えないという葛藤によるわだかまりを持っています。

それでもロインは、深い愛情でロキシーを見守っているのです。

 

どうして、ロインはわだかまりを抱かずにいられたのか、その話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

父親ロインは、ロキシーに対し深い愛情しかなかった

ロインとロカリーの間にロキシーが誕生。

しかし、ロイン達は、ロキシーの異変に気づきます。

それは、ロキシーがミグルド族特有の能力・念話が使えなかった事です。

 

ミグルド族は、この能力を使い、言葉を発することなくコミュニケーションを行っていたのです。

ロインは、それを知り考えを変えます。

 

それは、普段通りにロキシーと接する事。

但し、念話を使用せずに、言葉で会話する事を心掛けたのです。

 

ロインは、ロカリーと共にロキシーと会話。

ロキシーの成長を楽しみにして、日々を過ごして行きます。

 

スポンサーリンク

娘ロキシーは、念話を使えないコンプレックスで村を出てしまう

ロキシーは、ロインとロカリーの愛情を受けてすくすくと育ちます。

やがて、ロキシーは、1つの事に気づきます。

それは、自分が念話を使えないという事実。

 

それは、次第にロキシーを追い詰めて行きます。

村の中で疎外感を感じ、生活する日々が次第に辛いと感じる様になってきます。

 

ミグルド族の誰もが簡単に念話で交流するのに、自分だけできないという悲しさと葛藤。

やがて、ロキシーはある決断をします。

それは、ミグルド族の村を脱出。

 

ロキシーは、自分は念話はできないが、外の世界に出れば言葉での意思疎通は可能。

そこで知り合いを作り、生活する事を考えたのです。

 

そして、ロキシーは、ロイン達に別れを告げ村を出ます。

その後、冒険者として生活。

彼女は、自分の住む世界はここだと実感します。

 

ロキシーは、ロイン達に念話が使えなかった事に対する恨み言はないです。

彼女なりの悩みと苦悩が、ロイン達とのわだかまりを作ってしまう事になったのだと思います。

ただ、ミグルド族の閉鎖的な環境は合わなかったのかもしれないです。

 

ロイン達には全くなかったのです。

ロキシーがそう考えたくなる気持ちは、とてもわかる気がします。

 

ロキシーが村を出なければ、ルーデウスにも出会う事はなかったです。

世界の歴史を変えることも発生しなかったと思います。

 

ロキシーの中に生まれた疑問や苦しみ等が、彼女に勇気ある一歩を踏ませた事。

それを受け入れたロインは、良い父親だと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロインはロキシーとルーデウスの結婚を祝福した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、ロキシーとルーデウスの結婚を祝福しています。

彼は、涙ぐんでロキシーの手を握りとても喜んでいます。

その部分について少し触れて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ロイン、帰ってきた娘ロキシーと対面する

ルーデウスは、ロキシーやエリス達と協力し、各地に居る魔王に書状を届けて回ります。

その最中、リカリスの町に立ち寄った時の事です。

 

ロキシーは、ルーデウスに直ぐに帰ってくるので故郷のミグルド族の村に戻りたいと言います。

ルーデウスは、それを承諾。

家に戻り、娘のララと結納品を取りに行きます。

 

ルーデウスは、ロキシーとララの3人でミグルド族の村に到着。

彼らは、母親のロカリーと対面。

結婚と子供が生まれたことを報告します。

 

ロカリーは、それを知りとても喜びます。

そして、念話を使い、夫のロインを呼びます。

ロインは、直ぐに家に戻ってきます。

 

ルーデウスは、ロキシーと結婚し、ララが生まれたことを報告する覚悟を決めます。

ロインに怒られて、土下座する準備もします。

ロインは、ルーデウス達の前に姿を見せたのです。

 

スポンサーリンク

ロイン、ロキシーとルーデウスの結婚を祝福する

ルーデウスは、ロインにロキシーとララの事を正直に告白。

すると、ロインは、ロキシーの幸せそうな姿を見て安堵。

涙ぐみおめでとうと言います。

 

ロインは、ロキシーの手を握ります。

涙ぐみ、娘の幸せを心から喜んでいたのです。

 

ロキシーもロカリーも涙ぐみます。

ルーデウスも感極まる光景です。

この場面は、個人的にとても大好きです。

 

ロインがずっと大事に育てた愛する娘ロキシーが幸せを掴んだ事。

それを素直に喜ぶロインが魅力的に見えるのです。

 

ロインが、ロキシーの結婚とララの誕生を喜んでくれて本当に良かったです。

孫の顔を見れて良かったと感動しているロインの発言。

とても印象的に残っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ロインは、本当に素敵な最高の父親だと思います。

娘のロキシーが念話を使えなくても差別せずに、普段通り育てた事は涙が出てきそうです。

大きな深い愛情で接するロインは、素晴らしいと思います。

 

念話が使えない娘を苦労させない様にする配慮が感じられます。

ロインが、ロキシーの父親で本当に良かったと思います。

 

ロキシーの気持ちを察して黙って送り出すロインは、熱くて最高のキャラクターです。

また、少年時代のルーデウスに、ユリアンの剣を譲る懐の大きさも偉大過ぎます。

 

姿を見せなくなった娘に対して、静かに待ち見守る理想の父親像なのかもしれないです。

ミグルド族の寿命の長さで、待つ事はなれているのかもしれないです。

それでも、大事な一人娘を思うロインの気持ちは、心打たれます。

 

ロインは、ルーデウスの結婚。

孫のララの誕生を、本気で喜んでいます。

涙ぐみ嬉しそうに祝福。

ロインの人柄が滲み出ています。

 

ロインとロキシーの仲も深まった感じがします。

その後、ララが再びロインの所に訪れたりする光景が個人的には見たいです。

 

ロインが、幸せな長い人生を歩んでくれることを願います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA