PR

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィは別名「高速のパシリ」??水神との戦いで見せた戦いぶりとは??

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • アルマンフィが光速の使い魔であり、ペルギウスに仕える経緯。
  • フィットア領転移事件でのルーデウスとの遭遇とその影響。
  • 水神レイダ・リィアとの戦いで見せた戦いぶりと、その後の復活。

無職転生に七大列強の1人、甲龍王ペルギウスに仕える光輝のアルマンフィというキャラクターがいます。

彼は、光速の速さを持つ使い魔です。

 

やがて、水神と呼ばれる水神流の最強剣士と戦う事になってしまいます。

そんなアルマンフィについて詳しく話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【無職転生】アルマンフィの正体は??

アルマンフィは、甲龍王ペルギウスが召喚した、12の使い魔の1人です。

光の速度で動く為、光輝のアルマンフィという異名を持っています。

 

元々は、初代の甲龍王であるドーラが作った強い力と高い知能を備えた精霊。

しかし、1日しか召喚できないという欠点があったのです。

 

ペルギウスは、何百年も維持可能な術式を開発。

彼は、12の使い魔を目的達成のため上手く利用します。

 

アルマンフィは、各地の偵察や奇襲等を主に担当しています。

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】アルマンフィどんな見た目をしている??

 アルマンフィは、金髪で狐の様な黄色の仮面を被っています。

白い学生服の様な衣服を着用。

細身の男性に見えます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィの初登場はルーデウスの召喚??

アルマンフィの初登場は、フィットア領の異変の際に現れます。

でも、ルーデウスの召喚が原因で出会ったのではないです。

 

ルーデウスは、フィットア領の城塞都市ロアの郊外で聖級水魔術の披露を準備。

その時にアルマンフィが初めて姿を見せたのです。

 

ルーデウスは、水魔術の最大奥義を詠唱。

アルマンフィを召喚で呼び出したのではないです。

 

その点については、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィの能力と戦闘力は??

アルマンフィは、光を司る精霊。

光に変化して移動する能力を持っています。

 

ペルギウスの命令を受ければ、彼が拠点としている空中城塞に瞬時に戻ることが可能。

全身を発光させて、目を眩ます能力もあります。

 

また、偵察した際に自ら視覚に見た情報を、ペルギウスに伝えることもできるのです。

ただ、光速の速さで行動できるのはあくまで移動中だけなのです。

相手を攻撃する時は、通常の体で戦わなければならないです。

 

アルマンフィは、ルーデウスを殺そうと攻撃しています。

ギレーヌのお陰でルーデウスは、回避して生きています。

 

戦闘能力は、そんなに高くはないです。

光速の速さで攻撃できたのなら、驚異的です。

 

光速の力を戦いで使用すれば、誰も勝つことのできない最強の存在となったのかもしれないです。

アルマンフィが光速で動けるのは、とても羨ましいです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィはなぜフィットア領転移事件の本流から避難することになった??

アルマンフィは、フィットア領転移事件の本流から避難をしたのは、主人公ルーデウス達が怪しい事をしていないと理解した為です。

何故、アルマンフィは、素直に非難をすることになったのか興味津々です。

 

その部分について話してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、甲龍王ぺルギウスの命を受けてフィットア領へ向かう

七大列強の1人である甲龍王ペルギウスは、空中城塞の玉座に座り地上を監視。

すると、フィットア領の異変に気づきます。

 

ペルギウスは、空の色の変化を見て魔力が暴走していて、召喚光だと判断。

更に、ペルギウスが地上の監視を続けていたのには、理由があったのです。

 

それは、仇である魔神ラプラスの討伐。

ペルギウスは、過去にラプラスに4人の親友を殺害されていたのです。

 

ラプラスが復活したら、虎視眈々と倒す機会を待っていたのです。

ラプラスの封印が解けたらすぐに動けるように、常に警戒を継続。

 

ペルギウスは、召喚する光が魔界大帝がラプラスの封印を解く可能性があると見解。

彼は、1人の男を即座に呼び出します。

 

それは、アルマンフィだったのです。

ペルギウスは、アルマンフィに現地に調査に行くように命令。

ラプラス復活に関わっている怪しい者を見つけたら、即座に殺せと付け加えます。

 

こうしてアルマンフィは、フィットア領に直行したのです。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、ルーデウス達を始末しようとする

ルーデウスは、フィットア領の城塞都市であるロアの郊外の丘に向かいます。

彼は、ギレーヌとエリスに自分が魔なんだ聖級水魔術を披露する目的があったのです。

 

ルーデウスは、傲慢なる水竜王を取り出し、水弾を作成。

調整し、自分の最大級の奥義を見せる為に詠唱を開始。

 

杖を天に掲げると、空の色が変化していくことに気づきます。

ギレーヌは、眼帯を外し魔眼で目視。

空で凄まじい魔力反応が起きていると発言。

 

ルーデウス達は、避難をする為にその場を離れようとします。

その瞬間に、ルーデウスに何かが通り過ぎます。

 

ルーデウスは、反射的に伏せてそれを躱します。

ギレーヌは、剣神流の剣聖技・光の太刀で応戦。

しかし、彼女の攻撃は、簡単に回避されてしまいます。

 

ルーデウス達の目の前に、1人の男が出現。

大振りのダガーを持ち、名前を名乗ります。

自分の名前は、光輝のアルマンフィと宣言。

 

アルマンフィは、ルーデウスが膨大な魔力を召喚した怪しい存在だと判断。

フィットア領の異変を止める為に、殺そうと攻撃を仕掛けたのです。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、ルーデウス達が無関係だと理解し去る?!

アルマンフィは、ルーデウス達に向かって話し始めます。

自分は、ペルギウスの命でここに参上したと告げます。

 

アルマンフィは、ルーデウスを殺害すれば異変が止まると判断。

ギレーヌは、空の異変は自分達とは関係ないと否定。

 

アルマンフィは、信じられないので証拠を見せろと詰め寄ります。

ギレーヌは、自分の名前を名乗り、愛用している剣がを見せます。

 

自分の剣は、剣神七本剣の1つである名刀・平宗だと宣言。

彼女は、自分の師であり剣神ガル・ファリオンと、ドルディア族の名誉に誓うと発言。

 

アルマンフィは、ギレーヌの言葉を信じます。

そして、ペルギウスの所に戻ろうとします。

 

その瞬間、空から一乗の光が地面に到達。

光が一気に、フィットア領を覆います。

 

アルマンフィは、その光を目にして金色の光を放ち消滅。

転移直前に回避する事が出来たのです。

 

後にこれが、フィットア領転移事件と呼ばれる最大級の魔力災害と語り継がれていくことになります。

 

アルマンフィは、ルーデウスの魔術召喚が原因だと判断。

彼の早とちりや勘違いがあったのかもしれないです。

 

でも、ペルギウスの命を受けて、任務を果たそうとする真面目な姿勢もあったのだと信じたいです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィはなぜルーデウスと契約した??その後の展開は??

アルマンフィは、ルーデウスが宿敵ヒトガミから家族を守る為に守護魔獣を召喚した際に強制的に契約。

その後は、契約解除され、元々の主であるペルギウスの使い魔として再契約を果たしています。

 

何故、アルマンフィは、ルーデウスと契約するイレギュラーな出来事が発生したのか、気になる方も多いのではないかと思います。

その状況を話していきます。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、ルーデウスに召喚され契約した?!

ルーデウスは、七大列強の1人であるオルステッドの配下となります。

オルステッドの手伝いをする為に、家から離れるとヒトガミに家族が狙われる危険性が高くなることを理解。

 

自分がいない間に家族を守る強力な守護魔獣の召喚を決意。

その為、オルステッドから与えられた魔方陣を使用。

 

すると、魔方陣から光を放ち何かが出現。

それは、奇妙な唸り声を上げてやって来ます。

 

それは、アルマンフィだったのです。

彼は、ルーデウスの強制的召喚で、ペルギウスとの契約を切られてやってきたのです。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、ルーデウスに怒りを見せる?!

アルマンフィは、体を震わせて静かな怒りをルーデウスにぶつけます。

ルーデウスは、素直に謝罪。

オルステッドの魔方陣を起動して、守護魔獣を呼び出すつもりがこうなってしまったと説明開始。

 

アルマンフィは、オルステッドの魔方陣の内容を理解。

ルーデウスの家族に降りかかる厄災を、未来永劫払い続けるとなっていたと愕然。

 

アルマンフィは、ルーデウスに自分はペルギウスの誇り高き下僕だと宣言。

この契約を解除しろと噛み付いたのです。

 

アルマンフィにとっての突然の召喚は、本当に迷惑だったと思います。

怒りを見せるのも当然の事だと思います。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、破壊のドットバースの力で再びペルギウスの使い魔となる

アルマンフィは、ルーデウスに直ぐに自分をペルギウスの所に戻せと依頼。

空中城塞に待機している同じ使い魔である破壊のドットバースが、契約を破棄してくれると教えます。

 

ルーデウスは、アルマンフィにオルステッドの魔方陣を持って帰る様に命令。

ペルギウスの力で強くて頼りがいのある守護魔獣を呼び出せるように依頼します。

 

アルマンフィは、無事にペルギウスの下に帰還。

破壊のドットバースの力で契約解除。

ペルギウスと再度契約を結びます。

 

その後、アルマンフィは、ペルギウスが描いた新しい魔法陣をルーデウスに届けます。

ルーデウスに次は許さないと言い空中城塞ケィオスブレイカーへ戻って行ったのです。

 

オルステッドの魔方陣の威力も凄いです。

アルマンフィが呼び出されたのが意外です。

 

もし、アルマンフィがルーデウスの守護魔獣として契約したのなら、大活躍してくれそうな気がします。

そんな姿も個人的には、見て見たかったです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】アルマンフィはなぜ水神レイダ・リィアと激突した??

アルマンフィは、水神レイダ・リィアと激突しています。

それは、レイダ・リィアが、自分が仕えるペルギウスや、ルーデウス、アリエルの殺害を阻止する為です。

 

その状況な内容について、少し述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、水神レイダ・リィアと対峙する

アルマンフィは、甲龍王ペルギウスと共にアスラ王国へ行きます。

それは、アリエルを次の王にすることが目的。

 

アルマンフィは、王城に到着。

会場を警固していきます。

 

ペルギウスの一声で、アリエルが王になることが決定。

すると天井から1人の老婆が下りてきます。

 

それは、水神流最強の剣士レイダ・リィアだったのです。

レイダは、第一王子グラ―ヴェルを推していた上級大臣ダリウスの救助に参上。

 

アルマンフィは、レイダがペルギウスやルーデウス、アリエルを殺しに来たと肌で理解。

ペルギウス達を守る為に、レイダと戦う覚悟を決めたのです。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、レイダの水神流奥義で瞬殺される

レイダ・リィアは、周りにいる人々に誰も動くなと宣言。

すると、アルマンフィは、最速で行動開始。

レイダの背後を取ろうとします。

 

が、次の瞬間、アルマンフィは真っ二つに切断。

アルマンフィは、その場で死亡。

死体は、光の粒子となり霧散します。

 

それは、レイダが放つ水神流の奥義である剥奪剣界を受けてしまったからです。

剥奪剣界は、あらゆる体勢から全方位に居る相手を斬撃できる強力な技。

相手が一歩でも動けば、その動作に即座に反応。

全てを切り捨てて倒す事が出来たのです。

 

このレイダの最大の奥義で、アルマンフィと同じ使い魔の波動のトロフィモスも死亡。

ルーデウスは、レイダに魔力で対抗しようとした瞬間、籠手を切り落とされたのです。

逃げようとした上級貴族も、足の健を切られて容赦ないです。

 

レイダの天才的な才能と、習得が困難な奥義の組み合わせで生まれた最強のオリジナル奥義。

レイダの有能さと強さを見せつけています。

光の速さを誇るアルマンフィの敗北は、衝撃的です。

 

スポンサーリンク

アルマンフィ、空中城塞で復活を遂げる?!

アルマンフィは、レイダに敗北。

殺されて消滅してしまいます。

 

その後、ルーデウスやオルステッド達の活躍でレイダは倒されます。

そして、アスラ王国の騒動も一件落着。

 

ルーデウスは、空中城塞に戻ろうとするペルギウスに声を掛けます。

彼は、ペルギウスにアルマンフィとトロフィモスが死んだことを悔やみます。

 

しかし、ペルギウスは、ルーデウスに空中城塞で復活できるから問題ないと返事。

その後、アルマンフィは、復活。

ペルギウスの為に、役に立つ為、各地を駆け回って行くのです。

 

殺されても直ぐに復活できるというのは、凄いです。

ペルギウスの力は、偉大過ぎます。

 

スポンサーリンク

まとめ

アルマンフィというキャラクターは、当初はとてもクールで凶悪な感じがあります。

触れる者が居たら、容赦なく切り捨てる鋭さや雰囲気を感じます。

 

でも、話したら意外に理解力も高く、非常にいい奴なのではないかという印象を受けます。

優秀で仕事も真面目に熟し、ペルギウスに忠実。

彼に仕える事を誇りに持つ素敵な使い魔です。

 

光速の速さで行動できるのは、正直憧れちゃいます。

戦闘でもその速さが使用できれば文句なしです。

最強のキャラクターになったんじゃないかと、今でも考えてしまいます。

戦闘力がもう少し高ければ、七大列強に匹敵したのかもしれないです。

 

アルマンフィが、ルーデウスに召喚されたのには驚きと笑いが止まらなかったです。

取り乱すアルマンフィが見れて、最高です。

ペルギウスの契約を切られてしまった事はとても印象的です。

 

レイダに殺されても、ペルギウスの力で復活できた事には安堵。

影ながらペルギウスを支える縁の下の力持ちで、個人的には大好きです。

 

アルマンフィが活躍するスピンオフみたいな作品があれば、見てみたい気がします。

ペルギウスの命令で、光速移動で各地を周り活躍している姿が頭に浮かびます。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ルーデウスは最高の転生ヒーロー!!エロと笑いと涙!!この魅・・

⇒ルーデウスは何度も死亡の危機に!!窮地をどう脱した??彼の・・

⇒レイダは健気なおばあちゃん??命をかけて守った「その人」は・・

⇒ペルギウスの威厳と威圧感にゾクゾク!!強さと優しさが共存す・・

⇒世界で4番目に強い剣王ギレーヌ、最強ですが、性格が可愛い。・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA