スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲はタイムリーパー?天竺編で稀咲との決着にタケミチが終止符を打つ!?

スポンサーリンク

天竺編は東卍VS天竺の抗争を描いた人気の高いエピソードの一つです。

天竺編でタケミチはある仮説に辿り着きました。

稀咲はタイムリーパーでは?!

タケミチは稀咲の秘密を暴くべく、ついに直接対決へ

因縁の対決に終止符は打たれるのでしょうか?!

天竺編における稀咲とタケミチの対決についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編でミッションコンプリートを果たしたタケミチは再び現代へ。

しかし、そこで待っていたのは今までで1番最悪の未来でした。

ヒナはもちろん、東卍の主要メンバーはマイキーの手で殺されていました…

マイキーが変わってしまったのは何故なのか?

過去に再びタイムリープしたタケミチはその真相を探ります。

見えてきたのは”天竺”の存在でした

天竺はマイキーに因縁のあるイザナと東卍を追放された稀咲、それから極悪世代が集まった巨大なチームです。

後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争が”天竺編”です。

果たしてその結末とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】天竺編は何巻?

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には天竺編が何話からスタートしているのかは明らかにされていません。

ただ、東京リベンジャーズは話の区切りとしてタケミチのタイムリープが発生するので、ここを起点として考えていいと思います。

それを踏まえると、天竺編は13巻の第114話から21巻の第185話までとなります

ただし、本編の中で185話で”天竺編完”とされているものの、現代に戻るまでが天竺編という見方もあります。

その場合は22巻の192話までがMAXではないかと推察されています

最悪の未来を引き起こした張本人であるマイキーとの悲しい再会と別れ。

東卍を追放された稀咲のリベンジ。

マイキーを変えてしまったエマとイザナとの出来事…。

多くの人が絡み合った関東事変は、死者まで出す大きな抗争となりました

東卍史上最大にして最後の抗争と言われる”天竺編”は見どころ満点です。

その熱い戦いを最後まで見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲とイザナの関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

稀咲とイザナの出会いは、稀咲が聖夜決戦編の後、東卍を追放された後です。

当時のイザナは真一郎の死を知って灰のようになっていました。

イザナの中にあるのはどこまでも空虚な”孤独”です

イザナにとって大切なのは”真一郎の愛したもの全て”だけです

一方の稀咲が執着しているのはマイキーであり、そのマイキーを思うままに操るために邪魔なものは全て排除しようとしていました。

イザナの妹でもあるエマであっても例外ではありません。

それが稀咲のやり方でした。

稀咲の悪意はイザナの心を満たしました

エマを失えば、マイキーはイザナと同じ空虚を味わい、イザナは真一郎の愛した2人を奪ったも同然です。

「だから利用されてやるよ」

イザナは稀咲に利用されていることを知りつつも、受け入れて手を組みました

2人の関係は利害関係のみと言っていいでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】タケミチが稀咲に抱いた疑念とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変が始まる直前、天竺メンバーに襲われたタケミチたち。

その中から現れたのが稀咲でした。 

稀咲は今の自分は”天竺の総参謀”だと名乗りました

「よう ヒーロー」

そのセリフはどこかで聞いたことがある響きでした。

そう、タケミチは未来でも稀咲に「ヒーロー」と呼ばれていたのです…!

タケミチはここである疑念を抱きました。

これまでタケミチが何度タイムリープを繰り返しても結局失敗に終わってきました。

何をやっても変えても、未来はよくなりません。

それはなぜか?

タケミチはある仮説を立てました。

自分が未来を変えた後に、さらに未来を改ざんしている奴がいるのでは

未来が暗転するきっかけはいつだって稀咲でした。

となれば答えは1つ。

タケミチが稀咲に抱いた疑念とは”稀咲もタイムリーパーだとしたら?”ということでした

稀咲は自分の理想の東卍を作るという目的で一貫しています。

それはタケミチの”みんなを救う”という目的とは相反するもの。

稀咲がもう1人のタイムリーパーだとすれば、これまで何をしてもうまく行かなかったことも納得できます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】現代で稀咲は生きていた?

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦後の現代において、稀咲は東卍幹部と同様に死んでいるとされていました。

ナオトから聞いた情報であり、それは間違いないと思われていましたが…。

千冬の助言で一旦過去から現代に戻ったタケミチはナオトにこれからのことを相談しました。

ヒントはイザナが8代目黒龍総長だったこと。

そこでタケミチは10代目黒龍と対決した教会に向かいました。

教会で偶然柴大寿と再会したタケミチはナオトを連れて改めて情報収集です。

その際、2人は大寿から衝撃の可能性を指摘されます。

“稀咲は本当に死んでいるのか?”

大寿の指摘は間違っていませんでした。

ナオトがイザナについて調べ直した結果、イザナは警察に顔が効くことがわかりました。

イザナは稀咲を”死人”にし、本人を海外に逃していたらしいのです

…稀咲は現代で生きていました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲はナオトを殺した?

東京リベンジャーズ/©和久井健

タケミチとナオトが大寿の店にいる時、イヌピーとココが現れました。

危機を察知した大寿はタケミチとナオトを裏から逃がしてくれました。

「タケミっち」

逃げるタケミチの耳に聞き慣れたあだ名と声が聞こえました。

現れたのは…海外にいるはずの稀咲でした

しかも稀咲は銃を構えています。

笑顔のまま「死ね」と呟き、稀咲はタケミチに銃を向けました。

咄嗟にタケミチを突き飛ばしたのはナオトでした。

稀咲が撃ち放った銃弾はナオトの背中に命中しました…。

倒れ込むナオトにタケミチが駆け寄ると、奥からイザナも現れます。

もともとは稀咲がタケミチを、イザナがナオトを殺す役割だったようですね。

タケミチは後から現れたカクチョーに撃たれ、瀕死のナオトと握手を交わします。

間一髪のところでタイムリープしたタケミチはナオトの元に向かいました。

ナオトと握手すれば、また現代に戻れる…!

タケミチは祈るような気持ちでナオトの手を握りますが、タイムリープはおきませんでした

それは、現代のナオトが死亡したことを示しています。

ナオトは稀咲の手で殺されてしまったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲はエマを殺した?

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変が始まる直前、エマはマイキーと一緒に真一郎の墓参りに来ていました

その場にイザナも鉢合わせます。

マイキーはエマをタケミチに任せ、場所を変えさせました。

これが稀咲の狙いであることに気が付かず…。

イザナと離れ、墓地の外から見守ることになったエマとタケミチ。

エマはマイキーの弱さを受け入れ、支えていました。

タケミチはここであることに気がついてしまうのです。

エマがいるのに、現代のマイキーが闇落ちしているのはなぜか?

そして、思い返せば現代にはエマの存在がないことに気がつくのです…。

タケミチが恐ろしい事実に気づくと同時に、稀咲がバイクで迫ってきました。

スピードに乗り、バットでエマを殴りつけました

エマは吹っ飛び、倒れ込みます…。

稀咲がエマを狙ったのはマイキーを孤独にするためです

孤独になったマイキーの心につけ入り、理想の東卍を作るつもりだったのです…。

マイキーは倒れたエマを背負いました。

意識が弱まるエマに精一杯話しかけました。

エマは最期の力を振り絞ってタケミチに願いを託しました。

「マイキーをお願いね」

その言葉を口にし、エマの手は力無く揺れました…。

エマもまた、稀咲の手で殺されてしまったのです…。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲の狙いとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

稀咲の狙いは”理想の東卍を作ること”で一貫しています

それは稀咲の最終目標である「日本一のヤクザになること」に繋がると考えているからです。

稀咲の持論では、人の上に立つ為に必要なのは頭(プレーン)ではなく容貌(カオ)です。

稀咲にとってマイキーは理想の東卍に欠かせない媒体(カオ)でした

稀咲はマイキーを孤独にさせ、自分に依存させ、自由自在に操れるようにしたかったのです。

そのためのドラケン殺し(未遂)であり、一虎を使った血のハロウィンであり、エマ殺しなのです。

そして、天竺編ではイザナに近づきました

でも、稀咲がそこまでして理想の東卍を作りたい本当の理由は”ヒナ”です

稀咲はヒナに惚れていたのです。

ヒナが恋する相手であるタケミチは「日本で1番の不良(ヒーロー)になる」と言っていました。

稀咲は、自分が”日本一の不良”になればヒナが振り向いてくれると考えたわけですね

愛する女のためにここまで変われる稀咲…。

頭のいい稀咲なら、ヒナがタケミチを好きになった理由が”不良だから”ではないことくらい、わかりそうなものです。

恋は盲目、ということなのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲VSタケミチ

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変でタケミチはカクチョー相手に根性を見せます。

タケミチの粘りはついに稀咲を引き摺り出すことに成功しました。

稀咲は手に銃を持ち、タケミチの顔面に向けました

天竺メンバーからも銃を持ち出したことに驚きの声が上がる中、タケミチは不思議と怖くありませんでした。

自分を信じ、支えてくれたナオト。

想いを託してくれた場地、そして千冬…。

みんなの想いがタケミチに勇気を与えていたのです。

逆に、銃を持って怯えているのは稀咲の方です

覚悟もないのに、人を殺せる道具を手にしたからでしょう。

稀咲は思わずタケミチの足を撃ちました。

それでもタケミチは怯みません。

タケミチには負けられない理由が数えきれないほどあります。

自分にできることはただ1つ。

“諦めない”ことです

稀咲はついに銃を下ろしました。

代わりに既にボロボロのタケミチを殴り倒しました

そんなタケミチを支えてくれたのはアッくんを始めとした東卍メンバーでした。

みんなタケミチの勇気に奮い立たされたのです。

“一人一人がみんなの為に命を張れる”

そんな場地の想いが繋がりました。

戦力では圧倒的なはずの天竺ですが、東卍のアツい絆を前にその差を見せつけられました。

力で負けたわけではありませんが、この喧嘩の勝者はタケミチでしょう。

稀咲、気持ちの上で完敗です。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲はイザナを殺した?

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーとドラケンの登場で東卍は息を吹き返します。

マイキーVSイザナの頂上決戦はマイキーが優勢になっていきました。

負けられないイザナはついに銃を手に取ってしまいます

しかし、カクチョーはそれだけは許せませんでした。

イザナから銃を叩き落としたのです。

その銃を拾ったのが稀咲でした

マイキーはすでにエマの死から立ち直り、もう操ることは不可能でしょう。

今の稀咲はイザナをマイキーの代わりの媒体にするしかありませんでした

その為には、イザナにも空虚で居てもらわなくてはならないのです。

いつもイザナの側に居て忠実なカクチョーは、稀咲にとって邪魔でしかありませんでした。

稀咲はカクチョーを撃ち殺そうと発砲します…!

しかし、銃弾が当たったのはカクチョーではなくイザナでした

王であるイザナが下僕であるカクチョーを庇うことは完全に想定外…。

稀咲はイザナとカクチョーの絆の深さに気がつくことができなかったのでしょう…。

結果として、稀咲はイザナも殺してしまったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲VSタケミチ 決着

東京リベンジャーズ/©和久井健

関東事変は悲しい幕切れとなりました。

稀咲は敗北が確実になると半間と共に逃げ出しました

対するタケミチはドラケンと共に2人を追います。

焦る稀咲はバイクを運転する半間を引っ張ってしまい、横転させてしまいます…。

見上げた先にはタケミチが待っていました

稀咲は今度は走って逃げ出します。

追い詰めた先は、あの因縁の場所でした。

ヒナが車の中でタケミチに「愛してる」と言ってくれた場所。

炎に包まれて死んでいった場所。

この場所で、ついに2人の最後の対決が始まります

タケミチは稀咲に自分がタイムリープしていることを明かしました

それは、稀咲もタイムリーパーであると思っていたからです。

稀咲はその事実を知って納得しました。

何度も完璧だったはずの計画がタケミチに邪魔される理由はタイムリープにあったのですから…。

稀咲は邪魔され続けた元凶がタケミチであると知り、銃を構えました

邪魔者は消す。

今まで何度も繰り返してきたことです。

タケミチもヒナを何度も殺してきた稀咲への憎しみが暴走しました。

銃を奪い返し、稀咲に向けたのです

(この男さえ殺せば…ヒナは助かる!)

引き金を引く直前、追いついたヒナとマイキーがタケミチの名前を呼びました。

戦況の悪化を察知した稀咲は再び逃げ出すのです…。

結局タケミチと稀咲の対決は2人だけで決着をつけることはできませんでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編で稀咲は死亡した?

東京リベンジャーズ/©和久井健

タケミチとの対決から逃げ出した稀咲は道路に向かって走り出しました。

稀咲は諦めてなどいませんでした

何度でも目標達成のためにやり直す決意を持っていたのです

しかし、稀咲の野望が叶うことはありませんでした。

追いかけられた稀咲が道路の真ん中に立ち、タケミチに自分の正体について口を開いた時、運命の時は訪れたのです。

突如飛び込んできたトラックに撥ねられ、稀咲は吹き飛びました…!

稀咲の腕や足はありえない角度で曲がり、立つこともできません。

稀咲は最期に「死にたくねぇ」と呟き、絶命しました…。

あれほど執念を燃やし、黒幕的存在であり続けた稀咲は呆気なく死亡してしまったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】天竺編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は、聖夜決戦編の後に起きる東卍史上、最大にして最後の抗争です。

聖夜決戦後に戻った現代は、これまでで最悪の未来でした。

マイキーによって東卍メンバーは殺されていて、マイキー自身もナオトの手によって殺されてしまいます…。

タケミチはこの最悪の未来を変えるため、再び過去にタイムリープ!

マイキーが闇落ちした理由を探り、その元凶と思われるイザナ&稀咲率いる天竺と激突します。

圧倒的な強さを誇る天竺に、満身創痍の東卍は苦戦しますが、マイキーとドラケンの参戦で勝利

2人を立ち直らせたのはヒナでした。

こうして関東事変は東卍の勝利で終わりましたが、エマ・イザナ・稀咲…3名の死者を出す壮絶な幕切れとなりました

大きな犠牲を払った天竺編を経て、未来は変わりました。

東卍メンバーも、ヒナも、みんなが生きている幸せな未来です。

マイキー1人を除いては…。

タケミチの戦いはまだ続きます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲がヒナに抱いた想いとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

小学生時代、稀咲とヒナは同じ塾に通っていました。

勉強ができた稀咲は神童と呼ばれていましたが、周りからはその暗さのせいで敬遠されていました。

ヒナだけが差別することなく明るく接してくれたのです

稀咲は神童である自分をヒナも好きに違いないと思い込んでいました。

そこに突然現れたのがタケミチだったのです。

ヒナはタケミチに恋をしました。

ヒナの心を自分のモノにしたい稀咲は、ヒナが恋するタケミチが目指した”日本一の不良”を目指します

大人になり、理想の東卍を作り上げた稀咲はヒナにプロポーズをしました。

しかし、答えは「ごめん」

稀咲はその後、どの未来でもヒナを殺しています

その理由はヒナをタケミチに渡したくないからです。

タケミチに渡すくらいなら殺す。

その激しすぎる愛が稀咲を暴走させていたのでした…。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】稀咲はタイムリーパー?

東京リベンジャーズ/©和久井健

結論から言えば、稀咲はタイムリーパーではありません

稀咲はタケミチに自分がタイムリーパーでは無いことを明確に答えています。

「オレは」

稀咲は自分の正体について口を開きかけた時、トラックに轢かれて死亡してしまいました。

結局、あの時の稀咲が何を言いかけたのかは今の時点で謎のままです

タケミチが何度も繰り返したタイムリープ。

未来が暗転するきっかけはいつだって稀咲でした

これではタケミチが稀咲をもう1人のタイムリーパーだと思うのも仕方がないことです。

稀咲はたった一度の人生で、タケミチが何度も変えてきた過去に合わせて軌道修正をかけ、見事に自分色の東卍に仕立てあげてきたのです。

タケミチは過去を変える難しさを嫌と言うほど知っています。

だからこそ、タイムリーパーでもなく、やり直しの効かない稀咲が頭と度胸だけでやり遂げたことに感嘆もしました。

本当に稀咲はすごかったのです。

そんな稀咲の呆気ない死には読者も強い驚きを感じたはずです。

どこかで稀咲は実は生きている…という展開も期待してしまいますよね!

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

天竺編は後に”関東事変”と呼ばれる、東卍史上最大にして最後の抗争を描いた人気エピソードです。

長らくタケミチを苦しめてきた黒幕的存在の稀咲はここでも現在です

過去をいくら変えても、結局未来は好転しません。

その影には度重なる稀咲の存在がありました。

そこでタケミチは稀咲がもう1人のタイムリーパーではないか?と疑念を持ちます

稀咲は現代でナオトを殺し、過去ではエマを殺しました。

タケミチは必ず稀咲の悪事を暴き、未来を変えることを誓い、関東事変に挑みます。

戦況は圧倒的に不利ですが、タケミチには負けられない理由が数えきれないほどあります。

タケミチの覚悟に、稀咲は完全に敗北しました

マイキーとドラケンも復活!

追い詰められた稀咲は邪魔者であるカクチョーを殺そうとしますが、各チャーを庇ったイザナを殺してしまうことに…。

関東事変は東卍の勝利で終わりますが、犠牲はあまりにも大きいものでした。

稀咲だけは許せない!

マイキー、ドラケン、タケミチに追われる稀咲は半間と共に逃げ出しました

タケミチと稀咲の最後の対決も、稀咲が逃亡したため、決着はつきませんでした。

その上、稀咲はトラックに轢かれて死亡してしまうのです…。

ここまで圧倒的な存在感を見せつけてきた稀咲の死に、タケミチは呆然としました。

結局、稀咲はタイムリーパーではありませんでした。

彼が最期に何を言おうとしていたのか、その秘密がいつか明かされることを期待したいですね!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒天竺編でヒナが真実を知る?稀咲がヒナにこだわる理由も明らか・・

⇒天竺編でドラケンが稀咲を憎む理由が明かされる?ドラケンにと・・

⇒タケミチ以外にタイムリーパーはいる?稀咲はタイムリーパーで・・

⇒聖夜決戦編で稀咲とタケミチが手を組む?稀咲の本当の狙いとは・・

⇒本当に稀咲鉄太(きさき てつた)が黒幕!?なぜ東卍にこだわ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA