スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編で半間とタケミチが手を組む?半間と稀咲の関係性とは!?

スポンサーリンク

聖夜決戦編は読者にも人気の高いエピソードの1つです。

見どころの一つに稀咲&半間がタケミチたちと手を組む異例の展開が挙げられるでしょう。

半間は稀咲のいくところに常に現れる相棒的存在ですが、2人はどこで出会ったのでしょうか?

半間が稀咲についていく理由とは?!

聖夜決戦と掴みどころのない半間についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編は、血のハロウィンの後、6回目のタイムリープが失敗に終わったことを知ったタケミチが再び過去に戻るところから始まります。

タケミチは最悪の未来の原因が黒龍であることを一虎に教えられます。

元黒龍メンバーの八戒は、黒龍11代目総長・柴大寿(八戒の実兄)を殺し、黒龍の総長となった男です。

タケミチは未来を変えるため、八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰すミッションに挑みます。

大寿がクリスチャンであることから決戦日時はクリスマス、場所は教会!

これが聖夜決戦編と呼ばれている所以です。

果たしてタケミチはミッションコンプリートできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編は何巻?

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には聖夜決戦編が何話から何話までとは公表されていませんが、血のハロウィン後のタケミチのタイムリープ後を起点とすれば、8巻の第70話から13巻の第114話までがMAXではないかと推察されています。

メインとなる巻数としては10巻〜12巻となるでしょう。

10巻では、タケミチがタイムリープした先で八戒に出会います。

八戒が兄殺しを考えていることを知ったタケミチたちは稀咲たちと手を組み、それを阻止することに…。

11巻では、タケミチとヒナ、稀咲の繋がりやヒナとの別れ…。

それからいよいよ大寿を相手にした聖夜決戦が開戦されました。

12巻では、八戒の隠してきた真実が明かされ、満身創痍のタケミチたち。

そこにマイキーとドラケンが現れた、聖夜決戦はあっという間に終結します。

見どころ満点の聖夜決戦を見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】半間とタケミチが手を組む?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒から兄殺しの決意を聞いてしまったタケミチは、何とかそれを阻止しようと東卍幹部たちに協力をお願いします。

しかし、すでに三ツ谷と大寿の間で和平協定が成立している為、東卍のチームとしてできることはありません。

この和平を破れば東卍と黒龍は当然、全面戦争になるでしょう。

それは三ツ谷の顔に泥を塗ることにもなります。

仕方なく、タケミチは千冬と2人で行動する事を選ぶのですが…。

その時に声をかけてきたのが、まさかの稀咲でした。

稀咲はいつものように半間を伴って協力を申し出たのです。

半間は稀咲が協力するからついてきているだけで、そこに本人の明確な意思はないのでしょう。

結果的に半間はタケミチたちと手を組むことになります。

ここに歪な期間限定のチームが結成されるのです。

ちなみに半間はチーム名に「ハンマーズ」や「チーム鏖(みなごろし)」などのアイディアを提供するなど、割と乗り気なのが印象的です。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】半間と稀咲の関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

半間と稀咲は不思議な関係性を持っています。

半間が稀咲についていくのは、稀咲のすることが単純に面白いからです。

2人の出会いは23巻に収録されている特別編で描かれました。

稀咲と出会う前の半間は”歌舞伎町の死神”という異名を持ち、喧嘩ばかりの日々を送っていました。

半間にとって、それは色のない日々でした。

そんなある日、稀咲は半間の前に現れ「自分の駒になれ」と言い放ちます。

半間はその瞬間、他の奴らとは違う色を感じたのです。

それ以来、稀咲を気に入った半間は行動を共にするようになります。

稀咲は持ち前の人の心を操るスキルを武器に次々と面白い舞台を作り上げていきます。

パーちんをけしかけ、ペーやんに囁き、柚葉にナイフを渡し…。

半間はそれを側で見守り続けました。

「テメェも道具だぞ」

稀咲は半間にも容赦なしですが、なぜか半間はそんなところも気に入っているようです。

「好きだぜ その生き方が」

「オマエといると世界に色がつくんだよ」

色のない退屈な世界を生きてきた半間にとって、稀咲と出会いは世界を変えました。

毎日、非日常なことばかり!

抗争、騙し、裏切り…。

稀咲のすることは、一般的には汚い事かもしれませんが、半間にとっては生きている事を実感させてくれたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】半間の裏切りとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

いよいよ決戦の日。

タケミチたちの作戦はこうです。

クリスチャンである大寿は、渋谷にある”宇多川キリスト協会”で1人になることがわかっています。

八戒が大寿を狙うならここしかありません。

そこに合わせ、タケミチは八戒を説得。

残る3人(稀咲・半間・千冬)は外で大寿を待ち構え、中に入るのを阻止する。

この作戦なら、大寿と八戒が遭遇することはなく、八戒の兄殺しを止めることができるはずでした。

しかし、タケミチが1人で教会の中へ入り、八戒の説得を試みていると…教会の扉が開き、大寿が中に入ってきたのです。

大寿は怪力の持ち主。

稀咲たちがやられた可能性もなくはありませんが、あまりにも早い登場にタケミチは直感しました。

“裏切られた?!”

実は、稀咲と半間はタケミチが教会に入った直後に千冬を縛り上げてその場を去っていたのです。

やはり、半間はタケミチを裏切っていたのです。

半間は裏切り行為の後、稀咲に何で最初から裏切るつもりだったのに手を貸したのかを聞いています。

稀咲の答えは面白いから。

半間も稀咲の言う”面白いこと”が大好きです。

稀咲と半間は人を騙し、痛ぶる…そんなことに快感を覚える最凶コンビなのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】半間の狙いとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

半間には稀咲のような明確な狙いはないと思われます。

半間は昔から何をしてもつまらなく、色のない世界を生きていました。

そんな半間の世界に色をつけたのが稀咲です。

半間は色のある世界を楽しみたいだけ。

だから稀咲にとことんついていく道を選んだのでしょう。

聖夜決戦でも半間は稀咲の裏切りに便乗し、困惑したり怒りを感じたりするタケミチや千冬を見て楽しんでいただけなのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦は、タケミチが八戒の兄殺しを止めるために単身乗り込みますが稀咲や半間の裏切りでピンチに陥ります。

その後、稀咲が渡したナイフで柚葉が大寿を刺してしまいます。

結局、八戒にはどの道、大寿を殺すことはできなかったのです。

ナイフで刺され怒れる大寿は、柚葉にも容赦しません。

その時、千冬が三ツ谷をつれて再登場しますが、大寿の強さは半端なく、三ツ谷もタケミチも押され気味になってしまいます…。

ついに八戒は”今まで柚葉を守ってきた”と言っていたのが嘘で、本当は柚葉に守られてきたことを告白します。

衝撃的な告白でしたがタケミチたちは八戒を見捨てたりしませんでした。

八戒だけがダメなわけじゃありません。

こんな兄がいるから…黒龍があるから…八戒は立ち直れないのです。

タケミチは大寿から黒龍を奪う決意を固め、化け物のような大寿に立ち向かいました。

しかし、何をどう頑張ってもタケミチでは大寿に勝つことはできません…。

ボロボロになり、絶体絶命のピンチの時…マイキーが教会に入ってきたのです。

「メリークリスマス」

マイキーは穏やかな顔で言いました。

聖夜が終わる音を告げる鐘が鳴り、マイキーは大寿に強烈な蹴りをお見舞いし、一撃で沈めした。

ちなみに外にいた黒龍の下っ端100人はドラケンが一人で片付けていましたw

聖夜決戦は東卍トップ2人の登場であっという間に終結したのでした。 

結果は…八戒は兄・大寿を殺していません!

黒龍に東卍が勝利した事で再び黒龍を潰すこともできました。

ミッションコンプリートです!

これで未来はまた大きく変わるはずです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】半間が東京卍會を脱退?

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦の後、東卍の全体集会にて稀咲はクビを言い渡されます。

実は千冬がマイキーに稀咲の裏切りを報告していたのです。

クビを言い渡され、動揺を隠せない稀咲に代わり、半間はすかさず前に出てきます。

もしも稀咲をクビにするなら自分も出ていくと言い放ったのです。

もともと半間は稀咲の“刀”として「愛美愛主」「芭流覇羅」に所属していました。

半間が抜けるという事は、元芭流覇羅総勢300人が一気に抜けることを意味します。

半間はマイキーに脅しをかけ、稀咲を救おうとしていたのでしょう。

しかし、マイキーは動じませんでした。

そもそもマイキーにとって、今の東卍はデカくなりすぎていたからです。

稀咲とマイキーの夢の形は既に変わってしまっていたのです。

半間は失意の稀咲と共に東卍から脱退しました。

その後の半間は稀咲と共に天竺結成へと進んでいくことになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編はアニメ第2期で描かれることでも話題となっている人気エピソードの一つです。

事の発端は未来が再び最悪に転じたことを知ったタケミチがタイムリープを決意する事から始まります。

未来の東卍が最悪のチームになった原因が黒龍であることを知っているタケミチは、元凶となる柴八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰すという難解ミッションに挑みます。

決戦の日はクリスマス!

今回の作戦に東卍の協力はなく、タケミチ・千冬・稀咲・半間のたった4人の戦いです。

しかし、決戦当日、半間は稀咲と共にタケミチを裏切りました。

裏切られても、ボロボロになっても、タケミチは諦めません。

諦めれば未来は救えません。

その姿に、八戒もついに立ち上がります。

激しい激闘の末、マイキーとドラケンが参入したことで、聖夜決戦は終結し、東卍が再び黒龍を潰しました。

ミッションコンプリートです!

その後開かれた全体集会では、稀咲が追放されるというサプライズが待っていました。

稀咲についていく形で半間も東卍を抜けることに…。

半間にとって、稀咲は世界に色をつけてくれる人物。

離れれば再び色のないつまらない世界に逆戻りです。

だから半間はどんな結末が待っていても最後まで稀咲についていく道を選ぶのでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA