スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2でミヒャエル・カイザー登場!カイザーが潔世一の新たなライバルとして立ちはだかる!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品にミヒャエル・カイザーが登場しています。

彼は、ブルーロックのフェーズ2で主人公・潔世一の前に立ちはだかります

カイザーは、潔を下に見て高圧的な態度を示して行きます

そして、潔が目標とする存在として圧倒的な実力も新英雄大戦で見せていく事になります。

そんな、カイザーについて詳しく注目して話をして行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】カイザーのプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーは、ドイツ最強のクラブチームであるバスタード・ミュンヘンのFWです。

リーダーでカリスマ的存在。

サッカーの新世代を支える世界11傑の1人で、糸師冴と同じく名を轟かせています

未だ不明な点も多い、謎多きストライカーなのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】カイザーの特徴

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーは、やせ形でイケメンのストライカーです。

髪型は、ミディアムヘアで、後ろに長く伸びた2本の髪を垂らしています。

上半身の首筋から左手首に掛けて、青い薔薇のタトゥーをしているのです。。

ミステリアスな雰囲気を常に漂わせて、只者ではない威圧感が凄まじい特徴があります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】カイザーの性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーの性格ですが、凄まじい程の大胆不敵で不遜過ぎる性格の持ち主です。

自分の能力に絶対の揺るがない自信を持っています

相手が隠したと理解したら、暴言も平気で吐きます。

自分が常に上だと示し相手に納得させようと、マウントを取ろうとしています

美しい容姿に、優しそうな笑顔と雰囲気が漂っていますが騙されてはいけません。

ブルーロックの糸師凛を凶悪にした感じがします。

世界を獲るためには、このようなメンタルでないと通用しないのかもしれないです。

ただ、あまり良いとはいえないでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】カイザーの能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーの能力ですが、必殺技であるカイザーインパクトというとんでもない大技を持っています

更に身体能力や、ボールコントロール・センスも抜群

パーフェクトすぎるプレイヤーなのです。

そんな彼の能力について、色々と語って行きます。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーの能力に、カイザーインパクトという名の強烈な必殺技があった?!

ミヒャエル・カイザーは、新英雄大戦でスペインと試合をします。

彼は、前線に出て行き得点を獲ろうとします。

そこに蜂楽廻が阻止しようとやって来ますが、動揺せずに自分のチャンスを譲りません。

トラップから、シュートコースを作り強烈なシュートを撃ちます。

ボールは、ゴールに突き刺さりドイツチームの初得点を挙げます。

その光景を見ていた潔世一は、振りが見えずに驚愕

その脇に居た指導者ストライカーのノエル・ノアは、潔に教えます。

今のシュートが、ミヒャエルの得意技であるカイザーインパクトだと説明。

全身のバネを善集約させて繰り出される右足のシュートで、振りの速さは世界一

自分をも凌ぐ才能だと語ったのです。

全ての得点の終着点となるカイザーインパクトの存在が、絶対的で無駄の無い強いドイツチームを作っていると潔は理解します。

ミヒャエルにこの強力な火力がある限り、勝利は揺るがないのかもしれません。

カイザーインパクトの場面は、強烈な印象があります。

ミヒャエルの武器は、とんでもないです。

これからの展開でも何度か登場してくれれば、個人的に嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーは、身体能力やボールコントロール等怪物級のパーフェクトストライカーだった?!

ミヒャエル・カイザーは、カイザーインパクトと言ったシュート力だけに優れている訳ではありません。

トレーニングでは、潔世一のボールを撃ち落とす程の高い精度のコントロールと身体能力の高さを見せています

スペインチームとの試合では、ボールを貰う体勢や、敵味方との距離を把握。

蜂楽廻が阻止しにやってきても、平気でハンドリングで制止させてシュートチャンスをキープしています。

潔は、彼の動きを見て自分の理想を体現していると認識します

全てにおいて世界一のストライカーになってもおかしくないくらいのパスセンスやスピード、コートビジョンやオフ・ザ・ボール等の立ち回りは、潔を完全に上回っています。

ミヒャエル、とんでもないプレイヤーです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】新世代世界11傑とは?

ブルーロック/@金城宗幸

新世代世界11傑とは、ブルーロックの作品の中でPIFAが選ぶ優秀な選手達の集まりです。

世界中のクラブチームが欲しがる程、大注目をされている若手有望なプレイヤーが多いです。

サッカー界の未来を背負って突き進む、重要なメンバーと言っても過言ではありません

その中で、ミヒャエル・カイザーの名前も当然入っています

彼の実力なら、ランクインされていてもおかしくないでしょう。

ブルーロックチームの糸師凛の兄である糸師冴は、世界一のMFとしてミヒャエルと同じく選ばれているのです。

まだ、作中の中で新世代世界11傑は、数人しか登場していません。

これから、どんなストライカー達が登場してくるのか期待をしたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】カイザーと潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーと潔世一の関係性は、正直非常に悪いです。

彼らは、出会ってからもう険悪状態に突入しているのです。

どうして、この様な状況に陥ってしまったのか興味深いです。

これから、2人の関係について語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーは、トレーニングで潔世一の邪魔をしてランキングを落とす行為をした?!

ドイツチームの指導者ストライカーであるノエル・ノアは、集結した潔世一達にトレーニングをクリアしてゴールで待つと告げます。

潔達は、スタートして直線・坂道ダッシュ、ラダースプリントやステップジャンプを熟して行きます。

そして、ファイナルゾーンのボールドリブル&シュートに挑んで行きます。

潔は、ゴールポイントを狙って高得点を叩き出そうとコントロールしたシュートを叩き込みます。

しかし、1人の選手が現れ、潔のボールを撃ち落としたのです。

潔は、邪魔をされて驚きと怒りが込み上げます。

それを実行したのは、ミヒャエル・カイザーだったのです。

ミヒャエルは、潔を見下して上から目線で語り掛けます。

潔を世一と呼び捨てにして、自分が不可能を啓示する存在だから跪けと冷たい笑いを浮かべます

そして、ミヒャエルは、自分の人生にしっかり立ちはだかれと宣言。

潔は、ムカつき自分がミヒャエルの人生を破壊してやると反論します。

ミヒャエルは、自分が世界一のストライカーになるまでの主役と勘違いした憐れな道化だと馬鹿にして去ります。

潔は、この影響でランキングが21位になってしまいました。

クリアできなかったと見なされたのです。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーは、常に潔世一に接触し辛辣な意見をぶつけるプレイヤーだった?!

ミヒャエル・カイザーは、新英雄大戦でスペインチームとの試合の中で、潔世一が國神錬介と交替で出てきた事を喜びます。

潔は、憧れのノエル・ノアと共にプレーをしながらも自分の存在を必死に証明しようとします。

ノエル・ノアとスペインチームの指導者ストライカー・ラヴィーニョとの一対一の空間に割り込もうとします。

しかし、失敗しラヴィーニョの華麗なるステップで得点を決められてしまいました。

するとミヒャエルが、潔に近づいてクソ失点のピエロだと頭を軽く叩きます。

そこで彼は、潔に対して格が足りないと指摘

自分は、ノエル・ノアとラヴィーニョの呼吸が乱れるまで乱入は考えていなかったと告げます。

更に、潔の様に下手で雑音となる動きは、世界一の実力者達の邪魔になると容赦なく教えます。

それを理解できない格下は、自意識過剰のピエロの役割しかないと追い払う様な仕草を見せたのです。

潔は、何も反論できずに悔しがります

ミヒャエルの意見は、正に正論。

言葉は汚くて冷たいですが、説得力もあり納得させられる材料が多いです。

ミヒャエルの思考も、世界クラスです。

こうでないと、世界一のストライカーにはなれないのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーは、潔世一の主張やアピールを快く思っていない?!

ミヒャエル・カイザーは、とにかく自分に対して圧倒的な自信と実力を持っています。

バスタード・ミュンヘンを率いるカリスマとして、攻撃は彼を中心となって動いています

しかし、指導者ストライカーのノエル・ノアは、チームの更なる得点力の強化と世界に通用する為にある考えを抱きます。

それは、ミヒャエルを軸に様々な選手が絡む新たな選択肢を作り上げる事。

若しくは、彼を凌駕したストライカーを中心に能力を示していく新スタイルの発生に期待をします。

潔世一は、ミヒャエルを嫌い、自分の証明の為に必死の行動を繰り返します

そして、ミヒャエルにアシストする道を選ばずに、復活した國神錬介との化学反応で道を切り開く事を決断。

スペインチームとの試合で連携を見せて、決勝点を決め勝利しました。

ミヒャエルは、それを面白く感じません。

彼は、ノエル・ノアに反論しますが、相手にされなかったのです。

その後、潔は、控室でブルーロックのメンバー達と話し合いをして行きます。

潔側に付く者もいれば、反論する存在も出てきました。

その中に、ミヒャエルは、突然の乱入

自分側に点いた方が有益だと告げて、去って行ったのです。

ミヒャエルにとっては、今までの攻撃システムがチームにとって必要だと感じたのでしょう

新勢力で、フィールドでブルーロックの革命を表現した潔の存在が疎ましく思ったのかもしれません。

今後の彼らの関係性が、より悪化するのか、柔軟になって行くのか見所です。

凄まじいライバル関係に発展する可能性もあります。

全ては、潔の成長次第です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!ネオ・エゴイストリーグ開幕!

ブルーロック/@金城宗幸

ブルーロックでは、W杯で優勝する為に次のフェーズ2に進みます

絵心甚八は、新英雄大戦を開催すると告げ更なる高みを目指す事にしたのです

その内容について、説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

絵心甚八が新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)を開幕させたのは、W杯優勝の為だった?!

総責任者の絵心甚八は、集結した主人公・潔世一達の前で計画を発表。

ただ、今のままではW杯の優勝が絶望的だと断言します。

しかし、可能性はあると希望を覗かせる話も展開して行ったのです。

フェーズ2の段階として、ブルーロック内を更なる過酷な環境に造り替えて、プレイヤー達を進化させるのが目的だと語ります。

そして、世界最高峰である欧州5大リーグを開始すると宣言

ドイツやイングランド、スペイン、フランス、イタリアの国を選択し、サバイバルを得て自己のオリジナリティを証明する事がプロフェッショナルの道にも繋がると発言しました。

各国を選択し、そこで最も強いクラブチームに所属。

指導者ストライカーに従い、トレーニングに参加して新次元のフットボールを学び、吸収する事が重要だと伝えます

その中で、スターティングメンバーに選ばれ5か国と戦う新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)の開幕を明らかにしたのです。

全ては、W杯で優勝する為の絵心が企画した荒っぽいやり方だったのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】カイザー率いるドイツチームの指導者(マスター)とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザー率いるドイツチームの指導者ストライカーは、何とノエル・ノアです。

彼は、ブルーロックの主人公・潔世一が幼い頃から憧れる世界一のストライカーでもあります

ミヒャエルとチームに関わるノエル・ノアについて少し触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーは、ノエル・ノアには頭が上がらない?!

ミヒャエル・カイザーは、潔世一の事を自分が世界一のストライカーになる踏み台だと馬鹿にします。

彼は、潔を自意識過剰すぎる憐れな道化だと酷評。

すると、それを見ていたノエル・ノアがミヒャエルを注意します

ノエル・ノアは、彼に上から見下ろすマウント癖をいい加減に治せと注意されてしまいます。

ミヒャエルは、素直にそれに従います

その後、潔と國神錬介とのコンビネーションが、チーム内に新たな風を吹かせてスペイン戦に勝利。

ノエル・ノアは、世界一の座を掴むためにミヒャエル中心に新たな人材が加わる発想の戦術か、それ以外のストライカーを基盤にして行く新しいスタイルで行くか提言します。

流石のミヒャエルも心中穏やかではなくなります。

しかし、ノエル・ノアは、説得力のある説明を淡々としていきます

ミヒャエルは、余計な事だと呟きながらも渋々と従ったのです。

彼はああ見えて、ノエル・ノアを尊敬しているのかもしれません

世界一の実力を見ていて、理解できるからこそ追及はしないのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】上位11人(レギュラー)に選ばれる為の戦い

ブルーロック/@金城宗幸

新英雄大戦は、各国の最強クラブチームにブルーロックのメンバー達が加入。

その混合チームで、評価を勝ち取り11人のレギュラーに選ばれる為の戦いです。

そこから欧州5大チームのリーグ戦を開始。

試合で活躍し、順位を上げていきランキング上位者の中からU-20W杯日本代表を決定するのが狙いだったのです。

指導者ストライカー達に鍛えられて、勝ち上がればプレイヤー達はレベルアップします。

そして、世界一の道が開かれると主人公の潔世一は、大興奮します。

彼が選んだドイツチームに、驚異的なミヒャエル・カイザーがいました。

ミヒャエルは、潔に力の差と現実を思い知らせる為に冷徹に絡んで行きます。

潔も、ミヒャエルの能力を吸収し頂点から引きずり堕ろそうと、バチバチの戦いを繰り広げていく事になります

他国を選択したブルーロックの選手達も、厳しいサバイバルゲームに挑みレギュラーを目指していく事になるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

ミヒャエル・カイザーですが、クールでイケメンですがとんでもないキャラクターです。

青薔薇のタトゥーがもう、只者ではない感が漂っています。

笑顔も柔らかく優しい印象ですが、糸師凛を上回る程のエゴイストストライカーです。

自分に絶対の自信と力を持ち、バスタード・ミュンヘンを率いるカリスマ級の選手

必殺技カイザーインパクトや万能過ぎる能力を備えていて、潔世一が理想とイメージする程です

上から目線で高圧的に見えますが、世界一になる為の最短距離を走っているだけで、実は努力家で真面目な奴かもしれません。

ただ、現段階では彼の過去の話も明らかにされていないです。

U-20日本代表戦に勝利した潔に注目して、色々と絡んで行きます。

トレーニングで潔のボールを撃ち落とした精度の高さは、世界一レベルに近いのではないかと感じています。

潔の必死の足掻きが、彼のポジションを脅かして考えを改めさせるか非常に興味津々です。

それでも、簡単にミヒャエルが揺らぐ事はないでしょう。

今後も、新英雄大戦での更なるミヒャエルの活躍に期待して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA