スポンサーリンク

【ブルーロック】世界最高峰のストライカー!ノエルノアがフェーズ2で登場?その目的とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品の中で、主人公である潔世一が尊敬する憧れの選手にノエルノアがいます。

彼は、世界一のストライカーとして名を馳せているドイツのクラブチームの選手です。

ノエルノアは、何とブルーロックのフェーズ2で姿を現す事になります。

その目的や人物像がとても興味深いです。

これから、その詳細について述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアのプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアは、フランス代表の31歳のサッカー選手です。

ドイツのクラブチームであるバスタード・ミュンヘンに所属。

絶対的なエースとしてストライカーの実力を見せ付けて、世界中に名を轟かせているサッカー界のスーパースターです。

 

スポンサーリンク
"
"

 【ブルーロック】ノエルノアの特徴

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアは、短髪で長身の男性。

表情を全く変えないサッカー選手です。

機械の様に冷たい印象しか感じられません。

でも、作品を見ていくとそうでもないと感じられることが多いです。

それは、後程機会があれば話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアの性格は、強気の揺るぎない自信を持っています

それが理解できる内容について、述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ノエルノアは、強いエゴイストの塊?!

ノエルノアは、名実ともに世界一のストライカーとして作中に登場しています。

その中で、彼は、サッカーの試合についてとある発言をしているのです。

それは、味方にアシストして1対0で勝利するよりも、自分がハットトリックを決めて3対4で負けた方が気持ちが良いと話しています。

これは、余程自分に絶対的な自信が無ければできないと思います。

 

スポンサーリンク

ノエルノアは、幼稚な振る舞いをする者をしっかり注意できる大人の男?!

潔世一は、ドイツを選択し基礎能力のトレーニングを開始。

ゴール地点のボールドリブル&シュートで高得点を出そうとします。

しかし、バスタード・ミュンヘンのFWミヒャエル・カイザーに邪魔をされます。

カイザーは、糸師冴と同じ新世代世界11傑の1人でした。

彼は、潔を挑発。

自分が世界一のストライカーになるまでの道化だと馬鹿にしたのです。

するとそこにノエルノアが現れます。

彼は、カイザーの言動が幼稚だと注意したのです。

ノエルノアは、更に厳しい表情で他人をマウントする癖を直せとも指導します。

カイザーは、謝罪します。

でも、それは場を盛り上げようとした演出だと笑顔で弁明したのです。

ノエルノアは、カイザーにハッキリ言います。

自分が規則で、口答えはするなと睨みつけました。

実力がある者でも、悪口や良くない部分を否定する所はなかなかだと思います。

世界一のストライカーですが、人間的にも優れている人物なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの実績とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアですが、バスタード・ミュンヘンの絶対的なエースとして世界最高選手の称号を持っています。

まだ作中では、ノエルノアの実績が描かれていません。

でもドイツ代表になっているからには、相当なゴールをゲットしてきているのだと個人的に思います。

その功績が無ければ、世界最高選手とは呼ばれません。

相当の高い実力者だと感じています。

恐ろしい程の得点を挙げているのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの生い立ちとは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアの生い立ちは、フランスのスラム街で育った過去を持っています。

彼がそんな境遇だった事を知った時は、驚きを隠せなかったです。

その点について触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ノエルノアは、フランスのスラム街出身者だった?!

ブルーロックの作中の中で、ノエルノアの名前が必ず出てきます。

主人公の潔世一が尊敬する世界最高のストライカーです。

ノエルノアは、裕福な家庭で育ってきた訳ではありません。

何と彼は、フランスのスラム街に生まれて育った過去があったのです。

とても貧困で、毎日が犯罪と暴力の中で生活をしていました。

その最中、ノエルノアは、自分の運命を変える術を発見。

それが、ボール1つで世界を変えることが出来るサッカーと出会います。

そして、彼が試合で見せるゴール欲が世界一の道を開いて行くのです。

過酷な環境を抜け出す為に、血の滲むような努力を続けてきたのかもしれません。

トッププレイヤーになる人間は、格段に違います。

彼のスラム街の過去の話が見てみたいものです。

どんな青年時代で、何を考えていたのか気になります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアは実在する?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアですが、実在はしません。

ブルーロックの作品に登場する架空のキャラクターなのです。

しかし、彼の様なプロサッカー選手が現実の世界に居てもおかしくない雰囲気にさせてくれます。

とてもストイックで、アグレッシブな姿勢の彼が本当に活躍している錯覚をしそうです。

実在していたら、とても凄い事です。

個人的には、そんな選手がいれば嬉しいなと感じます。

 

スポンサーリンク

 【ブルーロック】ノエルノアと潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアと潔世一の関係は、指導者と選手の仲です。

潔は、ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦のドイツチームを選択。

彼は、そこでノエルノアと出会う事になります。

現在、ノエルノアは、潔をバスタード・ミュンヘンの11人のレギュラーになる為に挑む日本の一選手としてしか見ていません。

この関係が今後どう変化するのか、注目をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアがフェーズ2で登場?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアは、ブルーロックのフェーズ2で登場しています。

コーチの絵心甚八は、ブルーロックの選手達が世界一となる為に新英雄大戦を提案。

それは、ブルーロックの施設内で世界最高峰の欧州5大リーグを開催する為でした。

その中でドイツで1番強いバスタード・ミュンヘンのチームを招集します。

そして、潔達ブルーロックの選手を指導するのは、チーム内のエースストライカーだと打ち明けます。

ドイツを担当するのがノエルノアだったのです。

主人公である潔世一がずっと憧れていたストライカーでした。

まさかノエルノアがここで登場するとは思わなかったです。

ノエルノアとの劇的な出会いが、潔の意識を更なる高みに向けていくのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの目的とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアの目的は、作品内で常に試合に勝利するための数値を持っている人間をレギュラーに選ぶ事です。

自分のチームであるバスタード・ミュンヘンが確実な勝利をして行く為なのでしょう。

ドイツは、常にフットボールがゴールを多く奪う為のスポーツだと徹底的に理解させています。

非情なまでに突き詰めていく勝利という名の結果を残す為なのかもしれません。

とは言え、ノエルノアの真の狙いはまだわからないです。

別の所に焦点を持ってきている可能性もあります。

それがこれから明らかになって行く事を、個人的に楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの試練とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアは、潔達にトレーニングという過酷な試練を与えています。

その状況について話していきます。

 

スポンサーリンク

ノエルノア、潔達の身体能力の数値を出すトレーニングを行った?!

ノエルノアは、潔達と出会った早々、ゴールで待つと言い残し姿を消します。

潔達は、カウントダウンと共に5つのゾーンを開始。

直線ダッシュや坂道ダッシュ、ラダースプリントを続けて行きます。

更にステップジャンプ、最後にボールドリブル&シュートを行っています。

潔は、復活した國神やドイツメンバーの強さや速さに驚愕します。

そして、レベルの差を痛感して行くのです。

 

スポンサーリンク

ノエルノアの試練は、レギュラーになるチャンスを均等に与える?!

ノエルノアは、トレーニングの数値がレギュラーを決めると発言しています。

潔は、3位に浮上した國神を見てあることに気づきます。

高い数値を叩き出せば、レギュラーになる機会が巡ってくると理解したのです。

自分の肉体1つで試合に出場できる権利を掴み取れると期待を抱きます。

その後も、潔達は、動体視力やミニゲーム等のトレーニングを熟して行きます。

ノエルノアは、厳しくて過酷な試練を与えます。

しかし、その反面、実力のある選手達には平等に見ていく目線があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ノエルノアの哲学とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアの持つ哲学は、超合理性を重視しています。

更に世界一になる為の努力や行動についても潔に教えています。

彼自身も作中でその発言をしています。

その様子を少し述べていきましょう。

 

スポンサーリンク

ノエルノアは、趙合理主義の哲学者?!

ノエルノアは、トレーニングを終えた潔達にある発言をします。

今までのトレーニングは、各選手の身体能力を測定するものだったと暴露。

それは、自分のチームであるバスタード・ミュンヘンの哲学が趙合理性だからだと説明します。

彼は、選手達の持つ印象や感情という視えない力や能力は、基準にしないと断言。

常に勝利する為に、必要な数値を持つ人間をレギュラーに選択する事を大事にしていると教えたのです。

即ち、ノエルノアの所属するバスタード・ミュンヘンは、理で勝つチームを目指しているということです。

トレーニングの結果や試合のデータを見て、上位11名に入れば試合に使用する事を約束。

しかし、それ以下の者にはチャンスが訪れないと宣言したのです。

厳格な彼の哲学の怖さが、ビリビリと伝わってきます。

緊張感が漂うのも当然だと思いました。

 

スポンサーリンク

ノエルノア、潔に世界一のプレイヤーになる為の哲学を教えた?!

潔は、日々のトレーニングで高い数値を叩き出す様に努力します。

全ては、ドイツ最強チームであるバスタード・ミュンヘンのレギュラー獲得とミヒャエル・カイザーに勝つ為でした。

潔は、その為に自分のランキングを上げてアピールする事が重要だと理解します。

そこで、ノエルノアの居るマスターストライカールームへ足を運びます。

彼は、ノエルノアにカイザーに勝ちたいと素直に打ち明けます。

すると、ノエルノアの目の色が変わります。

彼は、潔に自分の武器は何だと質問を開始。

潔は、ダイレクトシュートや敵の裏を掻いた戦術や視野と運動量だと回答して行きます。

しかし、ノエルノアの質問は止まる事はありません。

彼は、更に潔にそれらを実行可能な能力は何かと問い詰めていきます。

予想外の言葉に潔は、戸惑って言葉に詰まります。

ノエルノアは、全ての能力が入手できたのなら自分に勝てるのかと迫ります。

潔は、わからないと発言。

ノエルノアは、潔に次々とダメ出しをしていきます。

思考をやり直す事や、今の彼の理論は破綻したと冷たく言い放ちます。

わからない要素を含めずに、全て言語化できる説明をする事が理想に近づけるマストなのだと教えたのです。

そして、そんな事が出来ない人間はレギュラーに選ばないと宣言したのです。

それでも潔は、ノエルノアに喰らい付きます。

すると彼は、1つのアドバイスをします。

起床したら一体何をするのかという内容だったのです。

世界一を目指す為の行動なのか自問自答する必要性。

全ての時間を費やしてまで、真剣に挑んでいるのかと自分の哲学を叩きこんだのです。

潔は、ノエルノアのスケールの大きい理論に驚きを隠せません。

このノエルノアの無駄のない哲学が、潔に良き化学変化を発生させることになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

ノエルノアは、正直見ているだけで世界一のストライカーという雰囲気を出しています。

冷徹で厳しく、ストイックさもあり納得できます。

未だ明らかにされていない部分も多いミステリアスな選手ですが、非常に気になる存在です。

フランスのスラム街から成り上がり、頂点に立った男が見る視野がとても興味深いです。

傲慢な人物かと思いましたが、カイザーを叱る所を見るとそうでもないと感じてしまいます。

レギュラー争いに悩む潔に、強烈な哲学を叩き込みます。

それは、もう芸術というか美学と言っても過言ではないです。

超合理的で常に世界のトップに立ち続けるノエルノアは、痺れる程カッコいいです。

これから、主人公の潔との関係がどう変化して行くのかも見物です。

個人的にノエルノアが試合に出場して、スーパープレイが見れる事を期待したいです。

ノエルノアの今後の動向に注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA