スポンサーリンク

【無職転生】クレアはゼニスを治療できたのか??その驚きの治療法とは??

スポンサーリンク

 

「無職転生」に登場するルーデウスの祖母であり、ゼニスの母親であるクレア。

心神を喪失してしまったゼニスを助けるために、古い文献から驚きの治療法を発見します。

また、その治療法を実行するための行動が、予想もしていなかった事態を巻き起こすことになりました。

今回はクレアのプロフィールから、ゼニスの治療までご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアのプロフィールは?(小説Ver)

ラトレイア伯爵夫人でゼニスの母親であるクレア・ラトレイア。

息子1人と娘4人の母親です。

自分だけでなく他人にも厳しい性格をしています。

もともと意地っ張りだったこともあり、たとえ自分が間違っていたとしてもなかなか素直に謝ることができないところを持っています。

夫であるカーライルはクレアの父であるラルカン・ラトレイアの部下だったことが縁で知り合いました。

カーライルは、クレアが口では強がっていても本心では自分の過ちを認めていることを察しており、クレアに対する理解が深かったため生涯の伴侶となるのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】クレアはどんな見た目をしている??(小説Ver)

クレアの見た目は金髪ですが、ある程度年齢を重ねているためか白髪交じりです。

夫であるカーライルが家にほとんど帰らないために、家の切り盛りを1人で行っている影響かもしれませんね。

子供も5人育てているので、クレアの苦労をうかがい知ることができます。

 

ちなみにルーデウスが初めて対面したときに神経質そうな見た目をしていると評していましたが、実際に神経質と言える性格なのでそういった性分が見た目に出てしまっているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアはフィットア領移転事件でパウロに協力!!(小説Ver)

フィットア領転移事件では、助けを求めてきたパウロから娘であるゼニスが行方不明だと聞くと、クレアは夫であるカーライルを説得して資金や人的資源を確保しました。

クレアの支援も後押しをして、パウロたちは迷宮内で魔力結晶の中に閉じ込められたゼニスを発見することができました。

 

所説ありますが、フィットア領転移事件からゼニスの救出までは2~6年程かかったと見られます。

その影響により、救出されたゼニスは心神を喪失しており廃人同然の状態でした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアがノルンとアイシャの不仲の原因を作った??(小説Ver)

クレアはもともと敬虔なミリス教徒であるために、家柄や教義を慮る人物ですが、家族のことを非常に大事にする人物です。

ゼニスの娘であり孫にあたるノルンはもちろんのこと、パウロとリーリャの娘で血縁関係のないアイシャのことも、責任をもって育てようとしていたようです。

しかしノルンに対しては「妾の子よりも出来が悪い。」、アイシャに対しては、「正妻の子を立てろ。」と叱り付けることで、ノルンとアイシャにコンプレックスを抱える原因を作ってしまいました。

実の娘であるゼニスやテレーズにも反発されているので、かなり厳しい教育方針であることが想像できますね。

とはいえゼニスが反発して家出をしなければゼニスとパウロが出会うこともなく、ルーデウスが誕生することもなかったので皮肉なものです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアが見つけた心神喪失後のゼニスの治療法とは??(小説Ver)

パウロたちが命がけで救出したゼニスは魔力結晶に閉じ込められた影響で心神を喪失している状態でした。

クレアは娘であるゼニスを何とか助けるために色々な文献から情報を探します。

そこで200年前に耳長族の女性が多数の男性と交わることで回復したという資料を発見しました。

冷静に考えても眉唾ものですし、自分の娘に試すにはなかなか難しい治療方法ですね。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアはなぜゼニスを誘拐した??(小説Ver)

ゼニスの精神を回復するために、複数の男性と交わって回復した耳長族の資料を発見したクレア。

実の娘にそれを試すのは想像しただけでおぞましいもの。

世間や、回復したゼニスからは非難され後ろ指を指されることもあるでしょう。

ゼニスもクレア自身も不特定多数の異性との関係を嫌う敬虔なミリス教徒です。

仮に回復したとしても以前のように生活することは難しかったでしょう。

そういった経緯もあり、孫であるルーデウスを巻き込むことを嫌い、自分だけの責任で前述の治療法を試すためにゼニスを誘拐することを選んだのでした。

おそらくですが現代人(読者側)に近い感覚を持っているルーデウスはこの治療法をなんとしてでも止めていたでしょう。

絶対に実行するという意味ではクレアの選択はある種の正解なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアはゼニスの治療をすることができたのか??(小説Ver)

結論から言うと、ゼニスの治療をすることは出来ませんでした。

というよりも複数の男性とゼニスを交わらせるという治療法自体が実行できていません。

 

のちにゼニスが実は廃人になっているわけではないことが判明します。

表情や言葉を失っていたので、廃人だと勘違いされていましたが、それ以外の機能はしっかり残っており、状況を判断することはできていました。

そう考えると、クレアの発見した治療法を試していたらそれこそ廃人になってしまっていたかもしれないと考えるとぞっとしますね。

 

スポンサーリンク

【無職転生】クレアはゼニス誘拐事件後どうなった??(小説Ver)

ゼニスの誘拐に関連して、ルーデウスによって記憶の神子の誘拐事件が誘発されます。

記憶の神子は非常に重要な存在なので、誘拐の原因を作ったクレアが断罪されそうになってしまいます。

しかし廃人と思われていたゼニスがクレアをかばったことで、クレアが罰を受けることなくその場はおさまりました。

クレア自身は罰を受けることを望んでいたので、教育方針に口出しをしないこと、魔族の融和派になることをルーデウスからの罰として受け入れることになりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

気難しい性格で他人にも厳しく接するクレア・ラトレイア。

娘であるゼニスや孫のアイシャ、ノルンとは苛烈な教育方針が原因のトラブルが起きてしまいました。

とはいえ廃人同然となったゼニスを助けるために様々な文献を探したり、ルーデウスを巻き込まないように誘拐事件を起こしたり、アイシャやノルンに対して平等に厳しく接したり。

やり方は間違っていたのかもしれませんが、クレアの家族愛はかなり深いものであることが想像できますね。

今回はゼニスの母親で、ルーデウスの祖母にあたるクレア・ラトレイアについてご紹介してみました。

いかがでしたでしょうか?

アニメや漫画ではまだ登場していない人物なので、気になる方はぜひ原作小説を読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA