【無職転生】ロキシーはなんでそんなにかわいいの??見た目だけじゃない魅力に迫る!!

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」には、絶対に外せないヒロインがいます。

それが、「ロキシー」です。

無職転生の人気投票においても常に上位に位置する彼女は、ツンデレでドジっ子という、人気ヒロインに必要な要素をすべて持っています。

何せ「ロリ・ジト目・無愛想」の三拍子が揃っているのですから、ファンタジー作品には欠かせないキャラクターです。

しかし、彼女の本当の魅力は、その「優しい性格」にあります。

無愛想でも、いつも誰かを気づかい助けている姿が読者の胸に響くのです。

それを踏まえて今回は、無職転生の人気ヒロイン「ロキシー」の魅力について、かわいいエピソードを交えながら詳しくご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ジト目でツンデレなロキシーがかわいい!!(小説Ver)

ルーデウスの小さい頃から「ツンデレ」要素が濃いロキシー。

ロキシーのツンデレぶりは無職転生において、彼女の人気につながった魅力の1つです。

彼女がツンデレであるというのがわかりやすい話として、原作第4話の「師匠」が有名でしょう。

ルーデウスはロキシーの第一印象を、「ロリ・ジト目・無愛想」と言っています。

この彼の第一印象の感想で、ロキシーの性格がなんとなくわかるのではないでしょうか。

第4話では、依頼主のゼニスに対して、「自分の子供に才能があると思いこんじゃう親バカ」と、ぼそりとつぶやくシーンがあります。

まさに、上から目線のロキシーです。

しかし、ゼニスの希望もあり、渋々ルーデウスに魔術を教えることをロキシーは了承します。

このエピソードでは、一見ロキシーが相手を馬鹿にしてしるように見えるでしょう。

ですが、結局は相手を「ほっておけない」と思ってしまう彼女の優しさが、表現されています。

このことからもわかるように、ロキシーのツンデレは見た目だけではなく、そこにかわいさがあるのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ドジっ子なロキシーがかわいい!!(小説Ver)

ロキシーのドジっ子エピソードには、微笑ましいものが多いです。

彼女が冒険者になった頃、スリに遭ったり、後払いで武器が買えるお店で、「持ち合わせがないから」と武器を買うのをあきらめたり、最初からロキシーはどこか抜けていました。

ルーデウスに魔術を教えようとウォーターボールを放ち、ゼニスが大切にしていた木に当て、その木を折ってゼニスにものすごく怒られたことがあります。

また、ルーデウスの卒業試験で、水聖級攻撃魔術「豪雷積層雲(キュムロニンバス)」を、グレイラット家の愛馬カラヴァッジョに当ててしまい、中級魔術を使って治したこともありました。

フィットア領転移事件の際には、ルーデウスを探すもすべてすれ違いになるなど、とにかくどこか足らないことがロキシーには多いようです。

このドジっ子ぶりは、ある意味彼女の「代名詞」と言っても過言ではありません。

しかし、そこがロキシーのかわいいところでもあります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】思わせぶりなロキシーがかわいい!!(漫画Ver)

ロキシーは天然なのか、ときどき思わせぶりな態度をとります。

例えば、無職転生のコミック1巻では、ロキシーが顔を紅潮させて息を荒くし、しかも夜更けにルーデウスに迫るシーンがありました。

ルーデウスにしてみれば、単純に「女性」として、ロキシーが迫って来たと思ったでしょう。

「心の準備が・・・」と戸惑うルーデウスでしたが、実は重い本をもっていたロキシーが息を切らしていただけです。

これにはルーデウスも、心の底からため息をついて残念がっていました。

ロキシーの見た目で、息を荒くして迫って来られれば、誰だって勘違いするでしょう。

彼女の思わせぶりな態度は、見た目がかわいいうえに、ロキシー自身に悪意がないので、手に負えません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】念話にコンプレックスのあるロキシーがかわいい!!(小説Ver)

ロキシーは魔大陸にある、「ミグルド族」の出身です。

ミグルド族の特徴は、髪が青色、平均寿命が200歳となっていますが、もう1つの特徴として、「念話(テレパシー)」という能力を持っています。

この「念話」という能力は、声を出さずに離れた場所でもお互いに会話ができるというものです。

通常ミグルド族はこの念話の能力を持っていますが、ロキシーは生まれながらに持っていません。

その理由から、彼女は村で孤立し、孤独な幼少時代を送っています。

ロキシーに言葉を教えるために両親は魔神語の勉強をするなど、家族も大変だったようです。

自分のせいで両親に迷惑が掛かっていると感じていたロキシーは、そんな状況からコンプレックスの塊のようになってしまいました。

しかし、「世界を歩く」の著者「ブラッディーカント」との出会いにより魔術を覚え、やがてロキシーは村から旅立ち、冒険者になります。

つまり、コンプレックをもっていた彼女を、師匠であるブラッディーカントが変えたわけです。

このあたり、ルーデウスのトラウマを克服させたロキシーの行動と重なります。

コミカライズ版「無職転生~ロキシーだって本気です~」の1巻で、当時のロキシーの様子が詳細に描かれていました。

彼女がラノア魔法大学の教師になったときには、自分を振り返り、幼少期の自身の性格を分析しています。

ロキシーいわく、「卑屈で不遜で不躾」な子供だったそうです。

彼女のツンデレで無愛想という性格は、幼少のころに体験したできごとが深く関わっているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】夜の営みを覗き見するロキシーがかわいい!!

ロキシーは、ルーデウスの家庭教師になった当時、ルーデウスの両親であるパウロとゼニスの情事を覗き見て、興奮した姿をルーデウスに目撃されたことがあります。

ロキシーは当時37歳ごろで、現世でいえば立派に成長した大人の女性です。

見た目は子供でも、性欲があるのは当然のことでしょう。

その姿は逆に人間らしく、読者のなかには「かわいい」と思った人は多いかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】迷宮でルディと再会!!ピンチを救われ一目ぼれ??(小説Ver)

ロキシーは、ルーデウスに一目ぼれをしています。

その理由は、迷宮でルーデウスに助けられたからです。

ゼニス救出のため、ミリスでパウロたちと合流したロキシーは、ベガリット大陸にある迷宮都市ラパンに向かいました。

迷宮でゼニスの捜索を手伝っていたロキシーでしたが、転移魔法陣の罠に足を踏み入れてしまい飛ばされてしまいます。

パウロたちと離れたロキシーは、1人で魔物と戦わなくてはなりませんでした。

やがて、食料が尽き、魔力が枯渇して、ロキシーは窮地に追い込まれます。

死を覚悟したロキシーでしたが、そこに、彼女が理想とする男性が突如現れるのです。

それが、「ルーデウス」でした。

彼は、ロキシーの前に立ちはだかる多数の魔物を一瞬で殲滅し、彼女を救います。

ロキシーは、その助けてくれた男性が、すぐにルーデウスだとは気づきませんでした。

なぜなら、ルーデウスとは11年ぶりの再会だったからです。

ロキシーが知っているルーデウスは5歳の少年で、再会したときの彼は16歳でした。

カッコよく成長したルーデウスの姿を見て、ロキシーが一目ぼれするのも無理はありません。

ですが、1カ月もの間、水浴びすらできなかったロキシーは、ルーデウスに抱きしめられたとき、真っ先に気にしたのが、「自分の臭い」でした。

こういうところが、ロキシーのかわいいところです。

この行動は、好きな人の前では少しでもかわいく思われたい、嫌われたくないと考えてしまう、人間らしいロキシーの一面だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】心が折れたルーデウスに身体を捧げるロキシーがかわいい!!(小説Ver)

ゼニス救出の際、残念ながらルーデウスの父親パウロが命を落とします。

ヒュドラとの戦いで、ルーデウスをかばって亡くなったのです。

ゼニスの救出は成功しましたが、彼女は言葉を話すことはできず、意識も朦朧としており、まるで廃人のようになっていました。

パウロの死だけでも、ルーデウスにしてみれば、とてもつらいことです。

しかし、助けたゼニスさえ廃人同然になっていれば、彼の心が折れても無理はありません。

無気力になったルーデウスでしたが、ロキシーが助けます。

すでに結婚していたルーデウスに、覚悟のうえで身を捧げたのです。

彼が立ち直ったあとは自ら身を引いて、ルーデウスの元を去ろうとロキシーは考えていました。

そこまでするのは、ルーデウスを大切に思っていたからでしょう。

実に健気であり、大人の女性の行動です。

結果的に、シルフィエットの理解を得て、ロキシーとルーデウスは結婚し、彼女の思いが無駄になることはありませんでした。

このエピソードは、ロキシーファンには、ホッとした一幕だったかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルディと結婚後イチャつくロキシーがかわいい!!(小説Ver)

ルーデウスと結婚し2人目の妻となったロキシーでしたが、結婚後もかわいさは増す一方です。

口調はいつものツンデレですが、ルーデウスのいうことは従順に受け入れています。

例えば、ルーデウスがロキシーの裸を見たいと言えばあっさり見せたり、男女の交わりであっても「次は何をしたらいいでしょうか」「次からはもっと教えてください」と、真面目で勤勉な態度をとったり、他の女性にはない不思議なかわいさがありました。

また、ルーデウスにキスをせがんで頬を赤らめる姿や、服を着替えた後にルーデウスの前でクルクルと回り、「おかしなところはないですか?」と聞くあたりは、本当にかわいい女性なのだと思わせてくれます。

結婚後もルーデウスの仕事を手伝うなど、彼に献身的に尽くすロキシーの姿は、まさに理想の女性像なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、無職転生の人気ヒロイン「ロキシー」の魅力についてご紹介しました。

ロキシーについては、ネット上でもさまざまな感想が寄せられています。

それは、彼女が無職転生に登場する人物の誰よりも、魅力的だからではないでしょうか。

しかし、ロキシーの魅力はただかわいいだけではなく、基本的な性格の良さにあります。

そこに、ツンデレでドジっ子という要素が加わり、彼女の魅力を倍増させているのです。

「無職転生~ロキシーだって本気です~」では、そのかわいさと人気の理由が描かれていました。

今後、彼女がどのような活躍をしてくれるのか、ロキシーファンのみならず、無職転生ファンにも楽しみなところです。

彼女の新たな一面に出会えることを、期待して待ちましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA