【無職転生】エリナリーゼは美人で真面目だけど趣味は男漁り??彼女にかかった呪いとは?

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場する、男好きの女性キャラクターといえば、「エリナリーゼ・ドラゴンロード」でしょう。

彼女はその見た目とは違い、S級冒険者であり、有能な戦士です。

性格も気さくで明るく、誰に対しても優しく接します。

時に誰かを励ましてアドバイスをする彼女の姿は、「頼りになるお姉さん」だとわかります。

しかし、彼女はある呪いに侵され、普通の生き方ができません。

では、彼女にかけられている呪いとはいったいどんなものでしょうか。

そして、どんな過去を彼女は背負っているのでしょう。

今回は、美人で妖艶な戦士、エリナリーゼの魅力や過去についてせまります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼのプロフィールは??(小説Ver)

彼女の本名は、「エリナリーゼ・ドラゴンロード」。

パウロが率いたS級冒険者パーティ、「黒狼の牙」の元メンバーです。

長耳族の戦士で、エストック(剣の一種)とバックラー(盾の一種)を装備し、堅実な前衛を務めていました。

ヘイト管理が極めて上手いと評判の彼女は、戦闘において頼りになる存在といえるでしょう。

 

注目すべきは、エリナリーゼの容姿です。

年齢は不詳ですが豪奢な見た目で、異世界ではお約束とされる「金髪・縦ロール」という髪形、そして、スタイル抜群の美人です。

性格も社交的で明るいため、男性にモテないわけがありません。

 

ある呪いの影響とその性格から、他の冒険者には忌み嫌われている存在ではありますが、戦闘力が高く面倒見の良い人柄は、戦士としての腕前だけではなく、人としても優秀な冒険者であることがわかります。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】エリナリーゼの呪いってどんなもの??(小説Ver)

エリナリーゼには、「定期的に男性と交わらないと魔力が溜まって死んでしまう」という呪いがかかっています。

彼女には、200年前に迷宮から救出されたという過去がありました。

しかし、記憶と感情を失っており、彼女は同じ種族の集落に預けられます。

記憶は戻りませんでしたが、感情は戻り、いつしか集落にいた男性と恋仲になりました。

ですが、その頃から、彼女は「性欲の肥大」に悩むことになるのです。

また、エリナリーゼの体にも変化がおきます。

男性と関係をもったあと、月に1度「魔力結晶を生む」というものです。

彼女と付き合っていた男性は、それを売ってお金にしていました。

 

ある日、その男性が殺害され、エリナリーゼは未亡人になりました。

しかし、次々に別の男性との関係を持つという行為を繰り返したため、集落から追放されてしまいます。

 

エリナリーゼは、その呪いから2~4週間に一度は男性との行為が必要でした。

過去の経験から、「一夜だけのあとくされない関係」を心がけているようです。

彼女の呪いを解く方法は今のところ明らかにされていませんが、人には話しづらい過去であり、呪いであることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼとクリフが結婚??クリフの一目惚れって本当??(小説Ver)

彼女はラノア魔法大学に、ルーデウスと一緒に入学しました。

そこで、「クリフ・グリモル」と出会います。

クリフはミリス教団教皇の孫で、若くして魔術を使いこなす天才少年でした。

ミリス教団の権力争いが激化し、教皇自らが孫を守るためにラノア魔法大学に避難させたのです。

そんなある日、夕暮れ時に窓際に立っていたエリナリーゼを目にします。

クリフは心臓を撃ち抜かれ、一目で恋に落ちました。

彼に気づいたエリナリーゼは、やさしく微笑んで手を振ります。

そのシーンすべてが、クリフにはド直球だったようです。

やがて、ルーデウスの紹介によって2人は付き合うことになり、その後、結婚して子供を授かっています。

ちなみに、クリフはエリナリーゼの呪いのことを本人から聞かされましたが、気持ちが変わるどころか、彼女の呪いを解く方法を調べ、一生愛することをルーデウスに話していました。

エリナリーゼも、同じ「黒狼の牙」のメンバーだったギレーヌに「クリフは素晴らしい」とのろけ倒すほど、クリフを愛しているようです。

つらい過去と呪いを抱えたエリナリーゼにとって、クリフという存在は、運命の相手だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼはどんな能力と魔術が使える??(小説Ver)

エリナリーゼは戦闘のとき、特殊な武器を操ります。

彼女が使う「エストック」は、本来冒険者が持つ武器ではありません。

北方大地の剣闘士が、甲冑を着て戦うときに用いる武器だからです。

このエストックには魔力付与がされており、一振りするだけで数メートル先の木を切り倒す「真空波」を発生させます。

 

また、「バックラー」にも魔力付与がされていて、受け止めた衝撃を緩和する能力がついています。

彼女が戦闘において前衛を務めるのは、このバックラーが使えるからでしょう。

エリナリーゼが持つ武器は迷宮で手に入れた魔力付与品のため、このような能力が使えるようです。

 

エリナリーゼには、S級冒険者チーム「黒狼の牙」で前衛を務めるだけの能力があります。

実戦経験が豊富な彼女は、魔術の知識も持っています。

ラノア魔法大学では、初級の水魔術と解毒魔術を習得しました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼはラノア魔法大学ではどんな生徒だった??(小説Ver)

エリナリーゼは、「男性を探すため」といってラノア魔法大学に入学しています。

呪いの影響もあり、複数の男子生徒との不純異性交遊を楽しんでいました。

男子生徒の間で「行為できる女性」として噂になるほどでした。

そんな彼女ですが、意外にも授業態度は真面目で、勤勉だったようです。

覚えた水魔術を自身の戦術に組み込もうとするなど、研究熱心なところもあり、成績は優秀でした。

 

クリフと結婚して子供が生まれた後は、卒業にこだわらずにあっさりとラノア魔法大学を退学しています。

長年生きてきた年の功というのか、切り替えの早さもエリナリーゼらしいといるでしょう。

「今、1番大切で、やらなければならないものは何なのか」ということを、彼女はわかっていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼとルーデウスの関係は??(小説Ver)

フィットア領消失事件のあと、パウロの依頼を知ったエリナリーゼは、彼の家族を探すために、ロキシーやタルハンドと一緒に旅へ出ました。

やがて、ミリシオンへの報告が遅れるのを防ぐため、彼女は1人でルーデウスを探します。

その後、中央大陸北西部にあるバシェラント公国で、冒険者として活躍していたルーデウスを見つけました。

これが、2人の初めての出会いです。

予想よりイケメンだったルーデウスに、彼女の悪い癖が出そうでしたが、なんとか踏みとどまります。

なぜなら、エリナリーゼにとってルーデウスは、パウロとゼニスの間に生まれた子供です。

つまり、元冒険者仲間の子供ということになります。

ルーデウスに手をださなかったのは、パウロの子供になるのは避けたいという思いもあったようです。

 

エリナリーゼとルーデウスは、その後ラノア魔法大学に入学しますが、そこからの関係は良好でした。

ルーデウスに協力したりアドバイスをしたりと親身に接しており、彼もエリナリーゼを頼りにしていたようです。

彼女はルーデウスという青年を、母のような気持ちで見守っていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼはなぜベガリット大陸に行った??(小説Ver)

行方不明になっていたゼニスが、ベガリット大陸にある迷宮都市ラパンにいることがわかりました。

パウロたちが先立って救援に向かっています。

そのパウロたちに同行していたギースからの救援要請の手紙がルーデウスに届きました。

ルーデウスは、ベガリット大陸へ行く旅に、エリナリーゼに同行してもらおうと相談をします。

しかし、ルーデウスの妻シルフィが妊娠したこともあり、エリナリーゼは、彼に残るように伝えました。

ギースの早とちりの可能性もあったため、彼女1人で行こうとしていたのです。

 

結局、2人でベガリット大陸へ行くことになり、エリナリーゼとルーデウスは綿密な計画を立てて、出発しました。

ルーデウスにすれば、旅慣れているエリナリーゼが側にいてくれたのは、何よりも心強かったのではないでしょうか。

ゼニスの救出においても、エリナリーゼの活躍を見れば、ルーデウスの人選は間違っていなかったといるでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼはシルフィのおばあちゃん??(小説Ver)

ルーデウスとシルフィの結婚披露宴で、エリナリーゼがシルフィの祖母であることが発覚します。

シルフィにお祝いの言葉を伝えようとしたエリナリーゼが、泣いてしまったからです。

しかしシルフィは、エリナリーゼが自分の祖母ではないかと気づいていました。

それは、シルフィの父親ロールズから、「祖母はパウロの仲間だった」という話を聞いていたからです。

 

また、ロールズは、エリナリーゼのせいで大森林を追われ、結婚を反対された過去がありました。

そういった過去があるため、シルフィには自分が祖母であることを、彼女は明かさないかもしれないと聞いていたようです。

 

結果、エリナリーゼとシルフィは2人で話し合い、彼女が過去の話をシルフィに打ち明けたことで、2人は良好な関係を作ることができました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリナリーゼは何人子供がいる??父親はだれ??(小説Ver)

呪いの影響で複数の男性と関係を持ったエリナリーゼには、子供が各地にいます。

シルフィエットの父ロールズもその1人と判明していますが、クリフに会う前までの子供の身元やその人数はわかりません。

「男好き」といわれるだけあって、クリフに会うまでの200年の間に結ばれた男性の数は相当なものが想像できます。

ラノア大学で男子学生の噂になるほどだったことを考えても、父親不明の子供も多いことでしょう。

 

彼女の子供が一人前になった頃には、名前を明かさず縁を切るということを続けていました。

なぜなら、エリナリーゼが、ハーフエルフを何人か生んだため、長耳族の間では根深い禍根があり、彼女が生んだ子供たちは、酷い迫害を受けていたからです。

子供が迫害されることを防ぐために、縁を切るという方法をエリナリーゼは選択してきました。

しかし、生まれた子供はしっかり育てて自立させています。

重い話ではありますが、エリナリーゼ自身は自分が好きでやった結果そうなっているので、「慰めはいらない」と思っているようです。

 

しかし、クリフと出会ってからは、心はクリフに一筋、他の男性との行為もなるべく控えているようです。

クリフが呪いに関する研究をして作ったオムツ型の魔道具により、男性との行為を1年以上控えることができるようにもなりました。

クリフとの間には男の子を1人、授かっています。

クライブ・グリモルと名付けられた2人の子供は、クリフに似て少々背の小さい、成績優秀な美少年です。

クライブは、のちにルーデウスとシルフィエットの子供であるルーシーと幼なじみとなり、純愛を実らせ結婚します。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、美しい戦士「エリナリーゼ・ドラゴン」についてご紹介しました。

数々の冒険をこなし、呪いに侵されたせいで多くの男性と関係を持った彼女ですが、その人柄は面倒見が良く、頼りになる「お姉さん」でした。

つらい過去を抱えていたエリナリーゼも、クリフという男性と出会ったことで、その人生はしあわせなものになっています。

良母、良妻になったエリナリーゼが、その後どのような日々を過ごしたのかは明確には明かされていませんが、きっとその人柄と美しさで、まわりの人たちに愛されて人生を送ったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です