【無職転生】ロキシー・ミグルディアのギャップがたまらない!!ロリっこ魔術師の秘めた魅力とは!?

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」の人気ヒロインの1人といえば、「ロキシー」ではないでしょうか。

ロキシーは優れた魔術師ですが、実はかなりのドジっ子です。

その性格と行動のギャップから、無職転生を読んだ多くのファンの心をつかみました。

ロキシーには、少女時代に抱えた苦悩と、広い世界を知るために生まれ育った里を飛び出した過去があります。

しかし、その決断と行動が、ロキシーを優秀な魔術師へと導きました。

彼女が優秀な魔術師へと成長した背景、過去には何があったのでしょう。

今回は、みんなの愛されキャラ「ロキシー」の過去と強さについて、詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーってほんとは何歳?(小説Ver)

ロキシーの見た目は14歳といわれていますが、実際の年齢は何歳なのでしょうか。

ルーデウスをベースに計算をしてみると、その年齢は明らかになります。

彼は甲龍歴407年に生まれました。

一方ロキシーは、甲龍歴373年生まれです。

その年の差は、34歳になります。

ルーデウスは、3歳のときにロキシーと出会いました。

つまり、この時点でのロキシーの年齢は、「37歳」という計算になります。

 

ロキシーが生まれたミグルド族の寿命は、200歳ほど。

約10歳で成人し、150歳までその容姿が変わることはありません。

彼女の実年齢と、見た目との違いに驚きます。

「さすがは魔族!」といったところでしょうか。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ロキシーは勤勉なドジっ子?(小説Ver)

ロキシーは、勤勉で努力家です。

ルーデウスの家庭教師を終えた後、シーローン王国で家庭教師になった彼女。

そこで見つけた魔術教本で勉強し、水王級の魔術師になっています。

ラノア魔法大学の教師になってからは、魔法陣の研究を重ね、火聖級魔法陣や転移魔法陣を描けるようになりました。

その他にも、詠唱魔法の短縮にも成功しています。

将来的にはラノア魔法大学の校長になりますが、そこで無詠唱魔法の方式を論文化したり、学習法を確立したりしました。

この成長ぶりを見れば、いかにロキシーが勤勉で努力家であるのかがわかります。

 

しかし、ロキシーはかなりのドジっ子です。

例えば、ゼニスが大切にしていた木を魔法で折ったり、ルーデウスの卒業試験ではグレイラット家の愛馬カラヴァッジョに「豪雷積層雲(キュムロニンバス)」を当てたりなど、見事なドジっ子ぶりを発揮しています。

また、ルーデウスとは旅先で何度もすれ違うなど、タイミングの悪さも筋金入りです。

ロキシーが優秀な魔術師であることは間違いないのですが、彼女が愛される理由は、このギャップにあるといっても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーの孤独な少女時代とは?(小説Ver)

ロキシーは魔大陸にある、ビエゴヤ地方のミグルド族の里で生まれましたが、同じ種族同士で使う「念話」が使えませんでした。

そのため、念話で話す家族や周囲の人を尻目に、疎外感を抱きながら少女時代を過ごしていたのです。

 

しかし、1人の魔術師との出会いがロキシーの人生を変えることになります。

その魔術師とは、人族でS級冒険者の「ブラッディーカント」です。

彼女は「世界を歩く」の作者で、世界中を旅しながら、いわゆるガイドブックを書いています。

カントは、魔術師だった実親から魔術を習いましたが、外の世界が見たくなり、生まれた村を飛び出しました。

旅先で、ミグルド族の里を訪れたものの、カントは空腹で倒れます。

それを助けたのが、ロキシーでした。

しばらくロインの家で過ごすことになったカントは、そこでロキシーの期間限定の師匠となり、魔術を教えます。

初級魔術を覚えたロキシーに杖をあげた彼女は、中級魔術が書かれた本を置き土産にして、再び旅に出ました。

 

カントと別れた1年後、ロキシーは冒険者となっています。

ちなみに、冒険者となったロキシーは、アスラ王国でカントと再会を果たしました。

ロキシーの孤独な少女時代を変えてくれたのは、この「カント」との出会いが大きかったといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーはルーデウスにとってどんな存在?(小説Ver)

ルーデウスにとってロキシーという存在は、尊敬に値する人物です。

ロキシーは、家庭教師としてルーデウスに魔術を教えていました。

そして、魔術の卒業試験をきっかけに、ルーデウスのトラウマを克服させます。

転生前のルーデウスは34歳のニートで、学校でのイジメが原因となり、引きこもりになりました。

そのため、転生した後も、彼は人を信用することができず、外に出るのを怖がっていたのです。

 

ルーデウスの反応に気づいたロキシーは、「私がいるから大丈夫」と伝え、彼を外の世界へと連れ出しました。

これが転機となって、ルーデウスはトラウマを克服します。

彼にとって、自分を変えてくれたロキシーは、恩人であり、尊敬できる人物であるのは間違いありません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーの磨き上げられた戦闘能力とは!?(小説Ver)

ロキシーは、魔術に関してとても優れています。

そして、魔術の精度も、申し分ありません。

特に水系魔術は得意のよう、タルハンドいわく「氷槍吹雪(ブリザードストーム)」の使い手といわれています。

その証拠に、「水弾(ウォーターボール)」や「フロストノヴァ」など、扱える水系魔術は少なくありません。

魔術は、初級<中級<上級<聖級<王級<帝級<神級と7段階の強さに分かれていますが、水王級の魔術師である彼女は上から3番目の水系魔術を使えるのがわかります。

聖級魔術師1人で、兵士1000人分の強さがあるといわれているため、水王級であるロキシーは、それ以上の戦闘能力を持っていることになります。

また、ロキシーは戦闘経験も豊富で詠唱の短縮に成功しており、素早く魔術の発動ができるため、中距離戦闘を得意としています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーの胸アツ!迷宮での単独バトル!(小説Ver)

ロキシーは、転移事件(魔力災害)で行方不明となっていたゼニスの捜索に参加しました。

迷宮都市ラパンにある「迷宮」にパウロたちと行きますが、転移魔法陣の罠にかかり、メンバーとはぐれてしまいます。

戦闘中に一歩下がろうとしたときに、つまずいてよろめき、その先にあった転移魔法陣を踏んでしまったのです。

 

飛ばされた先には大量の魔物がおり、二桁単位の魔物がひしめく死の空間で、彼女は1カ月もの間、単独で戦い続けます。

水は魔法で出せたので問題はありませんでしたが、食料が尽きると魔物を倒して解毒し、それを食べることで生きのびていました。

広範囲の魔物の殲滅には慣れていたロキシーでしたが、魔物はいくら倒しても湧き出て来る状態です。

死を覚悟した彼女は最後の戦に挑みます。

まず、「土砦(アースフォートレス)」で砦を作り、そしてフロストノヴァを使いました。

さらに、「氷槍吹雪(ブリザードストーム)」を唱えて魔物に追い打ちをかけます。

激しい戦闘の末、魔物の殲滅に成功したかのように見えましたが、それは一時的なもので、ロキシーの力を持ってしても、魔物が湧き出てくるのを押さえられませんでした。

最終的には、魔力が枯渇して倒れたところをルーデウスに助けられ、ロキシーは一命を取り止めます。

 

迷宮のエピソードを読むと、「戦闘経験が豊富なロキシーでなければ生き残れなかったのではないか」と思ったファンは、意外に多いかもしれません。

この状況で生きのびたロキシーは、まさに、「不屈の魔法使い」といっても、過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーの見た目と裏腹!?混合魔術「フロストノヴァ」とは!?(小説Ver)

フロストノヴァは、ロキシーが得意とする魔術のひとつで、「水蒸(ウォータースプラッシュ)」と「氷結領域(アイシクルフィールド)」からなる混合魔術です。

水滴を冷やして、敵を凍結させます。

具体的には、「水蒸」で作った水の弾丸を周囲に飛び散るように撒いて、その水滴が付着した表面を「氷結領域」で凍らせるのです。

フロストノヴァは、水帝級魔術「絶対零度(アブソリュート・ゼロ)」の下位互換魔術でもあります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ロキシーも驚愕!「絶対零度(アブソリュート・ゼロ)」がヤバすぎる!!(小説Ver)

絶対零度(アブソリュート・ゼロ)は、氷帝魔術のひとつです。

広範囲を一瞬で凍結させるフロストノヴァの上位魔術ですが、「水蒸(ウォータースプラッシュ)」の水滴で、表面を濡らすという手順が不要になります。

ロキシーを迷宮から救出する際に、ルーデウスがフロストノヴァを使いましたが、その威力の凄さから、彼女は「絶対零度(アブソリュート・ゼロ)」だと思ってしまいました。

ルーデウスは、タルハンドから、ロキシーが使っていた効果的な魔術と聞いて、フロストノヴァを真似しただけです。

しかし、ルーデウスは無詠唱でフロストノヴァを使ったため、効果が増し、その結果、絶対零度級の威力になったと推測されます。

ロキシーが勘違いしても、無理はありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、しっかりしていそうで、実はドジっ子な「ロキシー」についてご紹介しました。

見た目と違ってかなりオッチョコチョイなところもあるロキシーですが、年の功というのか、経験と知識が豊富なので、どんな苦難も乗り越えていける力を持っています。

少女時代の苦悩も、冒険者としての困難も、すべてを糧にしてロキシーという人物が成長したのは間違いないでしょう。

どこかほっておけない性格も、ファンを増やした理由のひとつかもしれません。

これからも、ロキシーというヒロインの存在は、無職転生を盛り上げていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です