【無職転生】魔界大帝ですが、キシリカ・キシリスの愛くるしさにほっこり

スポンサーリンク

 

豪快な笑いとともに突然現れる少女といえば、「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場するキャラクター、「キシリカ・キシリス」です。

彼女のその見た目と言動は、この物語をいつも盛りあげてくれます。

アンポンタンでありながらどこかまじめなところもあり、その愛くるしさにほっこりするファンの方も多いでしょう。

そんな彼女は、ドジっ子でおバカといわれようが、実はすごい能力の持ち主なのです。

今回は、そんな愛されキャラクター「キシリカ・キシリス」の魅力についてくわしくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】魔族を率いる「魔界大帝」、キシリカって一体何者?(小説Ver)

魔界大帝キシリカは初代魔王とキリシス・カリシスの娘で、魔界消滅前に生まれました。

そのため現在は生後1万年ほどだと思われます。

過去2回死んでいますが、1000年ほどで生き返るため「復活の魔帝」「不死身の魔帝」といわれています。

ですが、本人の戦闘力が低く実力がないため魔界大帝のままで、「魔人」と呼ばれていません。

魔族を率いて戦うも、あっさり大敗した過去を持っています。

 

能力は、他者の眼を魔眼にかえる力です。

魔族のなかには力が欲しいがために、キシリカの配下に加わる者もいました。

そのため、キシリカの配下は全員魔眼を持っています。

呪いか何かの影響で、魔大陸からは出られません。

人間と同じく空腹でも死ぬことがあるようで、バーディガーディいわく「奴はうかつゆえ、時にあっさり死ぬからな」と、本編88話(森の雨・前編)で語っていました。

また、かなり適当な性格でもあります。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】キシリカの外見は、スーパーアイドル!!!

魔界大帝キシリカの特徴といえば、その「外見」でしょう。

長生きの彼女ですが、見た目は「幼女」です。

頭には魔族らしく2本の山羊のような「角」があります。

そして、ウェーブがかかったボリュームのある紫色の髪は、彼女のチャームポイントといえるでしょう。

ファッションはかなり派手です。

膝まである黒のブーツ、レザーのホットパンツとチューブトップという服装。

青白い肌をもち、寸胴でおヘソがみえています。

ルーデウスはその派手なファッションを見て初見で「サキュパスか?!」とつぶやいています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカのアンポンタンレベルはどの程度?(小説Ver)

キシリカのアンポンタンレベルは、簡単にいうと、1年に1回食事をとらなければならないことを忘れるレベルのアンポンタンです。

魔界大陸の北西先端にある、クラスマの町でロキシーの一行と出会っています。

そこで厳しき大峰のタルハンドと飲みくらべの勝負になりました。

結果キシリカの勝ちになるのですが、酔っ払ってカウンターの上で、全裸で踊ってしまいます。

酒場はめちゃくちゃになり、店主が弁償を請求するも、キシリカはお金を持っていません。

結局、ロキシーがかわりにお金を払うという、アンポンタンなことをやらかしています。

 

また、アトーフェラトーフェがリカリスの町で受け取るはずだった「ゲクラ地方産のお酒」を全部1人で飲んでしまい、半年間追いまわされたあげく捕まっています。

食べものに弱く、「おいしい物あげるから、ちょっとおいで」といわれて何も考えずについていったら落とし穴に落とされて捕まるなど、頭を使って行動するのは苦手のようです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカの魔眼の能力は、魔眼を持つだけではなく、GIVEすることができるのだ!ワァーハッハッハッハッハー!(小説Ver)

「魔眼大帝」といわれているとおり、キシリカは体内に12の魔眼を持っています。

気にいった相手や、自分に親切にしてくれた者に、魔眼をあげることができるのです。

ですが、復活してから500年ほど経過しないと全盛期の力が戻らないため、低ランクの魔眼しかあげることができません。

 

魔眼にはピントが2つあり、制御できないうちは物が二重にみえます。

そのため、ふだんは視界をふさぐ「眼帯」をしておく必要があります。

眼の奥の方で魔力をしぼって、薄くすると現実がみえる仕組みになっています。

つまり、魔力で「みえ方」を作り、魔力で「制御」するということです。

ただし、魔眼の制御はむずかしく、安定するまでに3日ほどかかります。

ルーデウスも魔眼の扱いに、1週間ほどかかっていました。

またリスクが高く、魔眼を2つもつと廃人になるともいわれています。

さらに、魔眼を授ける方法が直接キシリカの指を相手の眼に入れて行うため、激痛を伴います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカが持つ12の魔眼(小説Ver)

キシリカは、体内に12の魔眼を持っています。

そのうち現状分かっている7つの魔眼をご紹介します。

現状分かっているキシリカの7つの魔眼
  • 魔力眼 : 魔力をみることができる眼。もっともポピュラーで、1万人に1人ぐらいが持っています。
  • 識別眼 : 眼でみると、その対象の詳細がわかります。ただし、キシリカが知っていることだけしかわかりません。知らないことは「知らない」と表示されます。
  • 透視眼 : 眼でみると、壁などを透視することができます。ただし、魔力の濃い部分は透視できません。
  • 千里眼 : 遠くをみることができますが、ピントをあわせるのがむずかしいです。
  • 予見眼 : 数瞬先の未来がみえる眼です。千里眼同様に、ピントをあわせるのがむずかしい眼です。
  • 吸魔眼 : 魔力を吸う眼です。ただし、自分の魔力も吸ってしまいます。
  • 万里眼 : 上位魔眼の1つです。この世をみとおす力を持っています。ただし、魔力が濃い場所を特定するのはむずかしいようです。

キシリカが持っているとされる残り5つの魔眼に関しては、現在のところ明かされていません。

 

参考として、次の登場人物も魔眼を持っています。

◆ランドルフ・マリーアン(七大列強5位死神) : 空絶眼

能力の詳細は不明ですが、シーローン王国で起きた反乱軍との戦いで、城を守るために使ったとされています。

◆ガンダルフ=ランジード(「ロキシーだって本気だす」) : 魅了眼

眼をみた相手に、恋心を植えつけます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカからルーデウスへのご褒美、その魔眼とは(小説Ver)

キシリカは、魔大陸の港町であるウェンポートで、ルーデウスに初めて出会います。

そのときは、空腹のキシリカにルーデウスが串焼きを3本あげたことに対して、キシリカはお礼として「予見眼」をあげました。

「予見眼」でみえる距離(未来)は、最長で1秒ほどです。

魔力をこめれば2秒以上先の未来をみることも可能ですが、視界が濃くなり、物が2重や3重にぶれてみえます。

遠い未来をみようとすると、脳に負担がかかるようです。

 

2度目は、ルーデウスがくれたドーナツのお礼に、「千里眼」をあげています。

「千里眼」を使うと遠くの場所をみられますが、強めに魔力をこめると視界が空を飛んだように際限なく拡大して、映像がみえるようです。

また、このときキシリカは、行方がわからなくなっていたギースの居場所も「万里眼」を使って教えています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカの胸キュンする恋バナ、結婚しない理由とは?(小説Ver)

遠い昔、キシリカはイケイケでした。

人族から巻きあげた金銀財宝で、毎日のように好き勝手遊んでいたのです。

ですが、そんなある日、黄金騎士アルデバランによって、魔族は壊滅状態になります。

アルデバランの強さをみたキシリカは、死を覚悟しました。

そのとき現れたのが、八大魔王の1人、バーディガーディです。

激しい戦いの末、バーディガーディがアルデバランを倒しますが、アルデバランは最後の最後で、2人を道連れに自爆しようとします。

バーディガーディにはすでに力は残っておらず、亡くなる前に「生まれかわったらあなたの夫にしてほしい」とキシリカにお願いします。

キシリカも「無論、結婚しようぞ」と伝えたあと、2人は吹き飛んでしまいました。

その後、2人は生き返って婚約したのです。

キシリカが結婚しない理由は、このエピソードに隠れていました。

バーディガーディとの約束をちゃんと守っていたキシリカですが、見た目とちがい、意外にまじめなタイプなのかもしれません。

キシリカはこの話をするたびに胸がキュンキュンするようです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】キシリカは第二次人魔大戦のおバカ戦犯だった(小説Ver)

4200年前の第二次人魔大戦では、ヒトガミに利用されています。

バーディガーディがキシリカを守るために、魔龍王ラプラスと戦ったのです。

そのせいか、キシリカ自身は「ヒトガミとは関わりたくない」と話しています。

また、7000年前の人魔大戦を勃発させた人物でもあります。

このときは、好戦的な魔王の傀儡になっており、魔族の頭になって世界全土を巻き込むとてつもない戦争を引き起こしました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「キシリカ・キシリス」についてご紹介しました。

魔帝でありながら、アンポンタンな彼女ですが、人に助けられたら必ずお礼をするという律儀な面を持っていました。

おバカでも、どこかほっておけないその性格は、「みんなに愛されているキャラクター」だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です