【無職転生】転生する前のルーデウスは、まわりもあきれる「クズ」だった?!

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場する主人公「ルーデウス・グレイラット」。

転生者の彼は、2度目の人生を本気で生きようと心に決めていました。

なぜなら、転生前のような人生を送りたくなかったからです。

前世の彼は、お世辞にもしあわせだったとはいえない生活を送っていました。

それは、「ある出来事」が、彼の人生は大きく変えてしまったからです。

では、彼の人生を大きく変えたものとはなんだったのでしょうか。

そして、彼は何を思い、どんな結末を迎えてしまうのでしょうか。

今回は、ルーデウスの「転生する前の人生」について、くわしく解説していきます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゴミクズのように死んだ、転生前のルーデウス(小説Ver)

彼は、そこそこ裕福な家庭に三男として生まれました。

5人兄弟の4番目です。

小学生のころは、頭がいいとほめられて育ちました。

勉強はできませんでしたが、ゲームが得意なお調子者で、クラスの人気者だったのです。

パソコンも得意で、自作で組み立てるほどの腕前には、家族も一目置いていました。

ですが、パソコンにかまかけるあまり勉強がおろそかになり、やがて県内でも最低底辺と噂される高校に進学します。

それでも、彼は「ほかの馬鹿どもとはちがう。俺はやれる」と思っていたのです。

ある日、学校の購買でお昼を買おうと並んでいたところ、1人の生徒が割り込んで来ました。

その生徒は、校内でも有名な不良でしたが、彼はそれを知らずに注意をしてしまったのです。

彼にしてみれば、正義感から生まれた行動でした。

ですが、それが原因となり、彼への酷いいじめが始まってしまいます。

殴られ、蹴られ、バカにされつづけた彼は、わずか1カ月で不登校になり、それ以降10年以上も家に引きこもる「無職のニート」になってしまったのです。

家族はなんとか彼を励まそうと応援していましたが、人を信用しなくなった彼にその言葉が届くことはありませんでした。

そんなある日、親が亡くなります。

葬儀の日であっても、彼が家族の前に顔を出すことはありませんでした。

そんな態度に耐えきれなかった家族は、彼を家から追い出します。

傍若無人にふるまいつづけていた彼に、もう、味方などいなかったのです。

そして彼は、家を追い出されたあげく、交通事故に巻き込まれて亡くなるという悲しい一生を終えるのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】転生前のルーデウス、外見は?(小説Ver)

彼は、体重100キロを超えた体型でした。

本人いわく、「ブサメンのナイスガイ」といっています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】転生前のルーデウス、一体何歳?

転生前の彼の年齢は34歳です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】転生前のルーデウスの名前は?

現在のところ、彼の生前の名前に関しては明かされていません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】転生前のルーデウス、親のお金を使いたい放題!(小説Ver)

彼を応援していた母親は、ねだられれば、いくらでもお金を出していました。

彼自身も、プラモを作ったりフィギュアを塗装したりと、何かをやろうとはしていたようです。

ですが、どれも1年以内にはあきてしまい、長つづきはしませんでした。

自分より「上の人間」をみて、やる気が失せてしまったようです。

ちなみに、彼が亡くなり転生した直後、兄弟たちのことを「俺をのけ者にして、遺産を山分けするような守銭奴だ」と罵っていました。

この言動から、働きもせず親のお金をあてにして、自分勝手に生きていた彼の性格がよくわかります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】異世界行ってもドン引きだった、ルーデウスのキモいエロさ(小説Ver)

生まれたときから、ルーデウスの「キモいエロさ」はきわだっていました。

例えば、ルーデウスが生まれたときのことです。

彼を抱きかかえたメイドのリーリャは、鼻をふくらませ、息も荒く、彼女の胸に顔をうずめてくるルーデウスを、「この赤ん坊は何かがおかしい」と思っています。

実際、何かがとり憑いていると感じた彼女は、パウロに内緒で「魔よけ」をおこなったほどです。

さらに幼少のころになると、魔術の師匠であるロキシーの下着を盗み「御神体」といって保管したり、両親の情事に聞き耳をたてたりと、とても子供とは思えない行動をしています。

これでは、まわりがドン引きしてしまうのも無理はありません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】前世の中学時代、幼なじみとの想い出(小説Ver)

彼には、中学時代に幼なじみがいました。

ベリーショートの髪形をしていた彼女は、陸上部の選手だったようです。

町を歩けば2~3人はふりかえるような、かわいい女の子でした。

家も近く、小中学校と同じクラスになることも多かったため、口喧嘩をしたり一緒に帰ったりするほどの仲でした。

ですが、当時の彼は「2次元」にハマっており、彼女に告白はしていません。

そんな幼なじみの彼女は、彼が亡くなる7年前に結婚しています。

彼自身も、「彼女と同じ高校に行き、同じ陸上に入っていれば、何かが変えっていたかもしれない」「告白すれば、つきあうことぐらいはできたかもしれない」と後悔をしています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】リア充高校生3人を助けた理由は?その3人はどうなったの?(小説Ver)

彼は家を追い出されたあと、道端でケンカをしている高校生の男女3人の光景を目にします。

痴話ゲンカらしく、少女と背の高い少年が言い争いをしていて、もう1人の少年が仲裁をしている様子です。

しかし、その3人に向かって、居眠り運転をしている車が猛スピードで近づいていました。

彼は、3人の高校生を助けなければきっと後悔すると直感します。

自分はこれから、どこかそこらへんで野垂れ死にするかもしれないが、せめて亡くなるときぐらいは「誰かを助けたという満足を得たい」「後悔はしたくない」という思いがありました。

なんとか、彼らを助けることができましたが、トラックとコンクリートの外壁に挟まれて、彼は命を落とします。

 

3人の高校生のうち、2人はルーデウスと同じ世界に転移しています。

1人の女の子はルーデウス誕生の10年後に転移召喚された「ナナホシ」、もう1人の男の子はルーデウス誕生の93年後に転移召喚される「篠原秋人」です。

残りの1人については「黒木誠司」という名前だけはわかるものの生死も転移の有無も明かされていません。

「黒木誠司」だけは転生前のルーデウスにひっぱられたために、事故に巻き込まれなかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゴミクズのように死んだ無職ニート氏の後悔とは(小説Ver)

家から放り出された彼は、大雨のなか歩きながら、「やりなおせればな」とつぶやきます。

そして、「戻りたい」と後悔をしていました。

「最高だった小学生か中学生ころでなくても、1年でも2年でも時間を戻したい」「何もかも中途半端でやめていた自分なら、途中からでもはじめられる」と思ったのです。

彼が本気で生きていれば、人生は変わったかもしれません。

ですが、過ぎた時間を取り戻すことはできないと、彼自身もわかっていました。

結局、「中身の薄い人生だった」と、彼のなかには後悔だけが残るのでした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】無職ニート氏がなぜルーデウスに転生したの?(小説Ver)

ルーデウスが亡くなった未来に、「再生の神子」と呼ばれる少女がいました。

名を「リリア」といいます。

リリアは物体の時間を1日だけ巻き戻す能力をもっていました。

リリアの人生は、片田舎に生まれ、大人たちに気味悪がれ、王宮に行き、そして死ぬという人生を、何度もくり返しています。

その人生は、あまりにつらく地獄のような日々でした。

 

絶望したリリアは、「誰か助けて」と強く願い、そして運命が変わります。

やがて、生まれ変わったリリアが10歳のとき、再生の神子の力を使い、1人の少年を召喚しました。

その少年が「篠原秋人」、ナナホシの彼氏で、転生前の彼(ルーデウス)が事故から救った高校生の1人です。

この経験は、リリアがくり返す人生のなかで初めての出来事でした。

やがて、篠原秋人は彼女の希望となり、支えとなります。

ですが、ある戦争で篠原秋人は亡くなってしまうのです。

絶望し悲しんだリリアは、「篠原秋人とともに生きたい」と強く願い、1日だけ時間を戻す能力を「世界を改変する能力」へと変化させました。

 

このころから、世界はリリアを中心にまわり始めます。

フィットア領・ロアの町は篠原秋人が亡くなった場所でした。

そこに時空の裂け目が出現し、1つの魂が迷いこみます。

その魂は、今にも死にそうな赤子へと入りこんだのです。

やがて、その子供には「ルーデウス」という名前がつけられます。

そして彼は、世界を変える存在でした。

その後、魔力災害が起き、今度はナナホシが召喚されます。

ルーデウスの存在が、彼女の予想を超えた変化を起きし、未来を変えていきました。

ルーデウスが亡くなる前に夢のなかで、ララと篠原秋人と思われる少年、そしてオルステッドがヒトガミを封印するシーンが書かれています。

ルーデウスが転生したのは、リリアの「篠原秋人が生きる未来を作りたい」という願いが起こした奇跡だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、転生前のルーデウスについてくわしくご紹介しました。

転生前の彼の人生は後悔の連続で、正直「しあわせ」とはいえるものではなかったでしょう。

ですが、生まれかわった2度目の人生では、本気で生きて、後悔のない生涯を送っています。

彼の人生は、「本気で生きないと、後悔するぞ!」ということを、教えてくれたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA